週報:今週の新商品(2018年10月第2週)

週報:新作カップ麺発売予定

どうも、taka :aです。

2018年10月7日(月)・10月8日(火)に新発売&リニューアルされるカップ麺をリストにし、経験からの所感を交えて解説しました。

カップ麺の新商品や最新情報、ニュース等が気になる方は、お時間よろしければ最後までご覧ください。

今週の新作カップ麺&リニューアル情報

日清食品
カップヌードル nano謎肉キーマカレー 180円 | 全国

明星食品
明星 みかさ監修 ソース焼そば 218円 | 全国

東洋水産
マルちゃん 縦型ビッグ 豆乳ごま担々うどん 205円 | 全国
マルちゃん 復刻版 赤いきつねうどん 180円 | 全国
・マルちゃん 復刻版 緑のたぬき天そば 180円 | 全国
(R)マルちゃん 白い力もちうどん 180円 | 全国

エースコック
俺たちのガッツ飯 爆汗 エビチリ風油そば 230円 | 全国
スープはるさめ おろしと生姜 野菜鍋風 218円 | 全国(コンビニ限定)
(R)ワンタンメンどんぶり タンメン味 180円 | 全国
(R)ミニワンタンメン タンメン味 | 全国

サンヨー食品
サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ 205円 | 全国
サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味 180円 | 全国
(R)サッポロ一番 塩とんこつらーめんどんぶり 180円 | 全国
※すべて2018/10/09(火)発売

ヤマダイ
(R)ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ 218円 | 全国

寿がきや食品
赤から麻婆風ラーメン 210円

ファミリーマート
麺屋はなび 台湾まぜそば 258円 | 全国
※2018/10/09(火)発売

・表示価格は “税別”
・(R)はリニューアル
・一部の重複したURLは省いています
・上記のリンク先はメーカーの製品情報です

解説と所感

日清食品

カップヌードル nano謎肉キーマカレー

(出典:日清食品「ニュースリリース」)

2018年10月6日、発売日の前に先駆けてレビュー済みです。感想が気になる方は、レビュー済みの記事をご覧ください。せっかくなので、通常の「カップヌードル カレー」と食べ比べてみました。

明星食品

明星 みかさ監修 ソース焼そば

(出典:明星食品「ニュースリリース」)

行列の絶えない東京・神保町の焼そば専門店、「みかさ」が監修したカップ麺が約1年ぶりに復活します。そう‥2017年10月16日に颯爽と現れた初版の「明星 みかさ監修 ソース焼そば」は、突然に麺のクオリティが尋常じゃなく、その圧倒的な “むっちり” 食感を誇る極太麺は明星食品の歴史を変えたと言っても過言ではない秀作でした。

昨年10月に発売し、本格的な品質がご好評いただき、終売後、再発売を望まれる多くのお客様の声にお応えして、この度復活発売します」とニュースリリースにも書かれているのですが、やはり再販の声が多かったようですね。移転前の当ブログでも高評価を叩き出しているので、もし当時と同じ完成度なら再び高評価が期待できそうです。

東洋水産

縦型ビッグ 豆乳ごま担々うどん

(出典:東洋水産「ニュースリリース」)

約11ヶ月前にあたる2017年11月13日(月)、「赤いきつねうどん」や「緑のたぬき天そば」でおなじみ、マルちゃんの和風丼カップ麺シリーズから、どんぶり型の「豆乳ごま担々うどん」が発売(同じ日に「紺のきつねそば」がリニューアル)され、当時は★5の高評価を叩き出しているのですが、今年はタテ型ビッグで再登場します。

今季の東洋水産は秋・冬にかけて豆乳に力を入れているようで、最近だと「マルちゃん 麺づくり 豆乳担担麺」や「マルちゃん 激めん ワンタンメン 豆乳担々麺」がありました。麺づくりではノンフライの中華麺で豆乳重視、激めんワンタンメンでは油揚げ麺+味噌&生姜のキレが印象に残るカップ麺でしたが、タテ型うどんの方向性は前者なのか、後者なのか、それとも‥タイトルにもあるように、「ごま」重視の豆乳担担だと高評価を叩き出しそうです。

復刻版 赤いきつねうどん / 緑のたぬき天そば

(出典:東洋水産「ニュースリリース」)

2018年8月に発売40周年を迎えた「赤いきつねうどん」の記念商品で、発売当時の商品をイメージして再現することをコンセプトにした復刻版が期間限定で登場します。果たして40年前の味を鮮明に覚えている御仁が何人いらっしゃるかが問題ですが、もともとクラシックな赤いきつねと緑のたぬきの復刻版ということで、現行品との違いが気になりますよね。

ただ、「復刻版 赤いきつねうどん」は東西で味が分かれているのですが、「復刻版 緑のたぬき天そば」の味は全国共通みたいです。よし、これも食べ比べ候補ですね。先日、コンビニの赤いきつねコンビニの緑のたぬきを関西限定の通常商品と比較してみたので、よかったらあわせてご覧ください。

白い力もちうどん リニューアル

(出典:東洋水産「ニュースリリース」)

1996年に発売された和風丼カップ麺シリーズの「白い力もちうどん」ですが、実は個人的に聞くも涙語るも涙の思い入れの深いカップ麺なんですよね‥と、それはさておき2018年8月にデザインを一新した「赤いきつね」と「緑のたぬき」に連動した企画だそうなので、中身の大幅な変更はないかもしれません。

エースコック

俺たちのガッツ飯 爆汗 エビチリ風油そば

(出典:エースコック「商品情報」)

寸胴型の容器にインパクトがあった「俺たちのガッツ飯 爆汗 四川風麻婆油そば」に続く、がっつり食べたい男性に向けた汁なしカップめんシリーズから第2弾が登場します。前作の「四川風麻婆油そば」も “爆汗” と題し、 “汗が噴き出るほどの辛さがクセになる” とアピールされていたのですが、いうほど刺激は強くありませんでした(個人差あり)。

今回も「唐辛子やガーリックなどをブレンドした後がけスパイスで爆汗必至の刺激的な一杯!」と書かれているのですが、具材のエビは小えび天‥まぁ本物のエビチリもエビ天といえばエビ天(フリッター)ですがw どこまでエビチリの味が再現されているのか、そして爆汗必至の刺激なのか、税別230円という定価も加味した上で評価しなければいけません。

スープはるさめ おろしと生姜 野菜鍋風

(出典:エースコック「製品情報」)

「スープはるさめ」シリーズから寒い季節にぴったりの鍋メニューが新登場!なんですけど、あまり当ブログでは春雨の記事がウケないようなので、レビューしようか迷っているのですが、おろし生姜‥あ、じゃなくて “大根おろし” と “生姜” ですね。とりあえず野菜鍋風ですよ、野菜鍋風。「みぞれ鍋」のイメージなのかなぁ‥個人的に食べてみたい!というわけで、探してみます。

ワンタンメンどんぶり タンメン味 / ミニワンタンメン リニューアル

(出典:エースコック「商品情報」)

発売55周年を迎えた「ワンタンメン」シリーズのカップタイプ(ミニワンタンメンを含む2品)がリニューアルされ、ワンタンメンの最大の特長である「ワンタン」がモチっとした食感に進化するそうなんですけれども、「野菜たっぷりワンタンメン タンメン味」以降の新商品ではワンタンが戻りにくくなっており、それは「まる旨 ワンタン中華そば」でも感じたことでした。なので、リニューアルというよりも改悪の兆しに不安を覚えている現在なんですけれども、ど定番商品ですからチェックしなければいけません。

サンヨー食品

サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ

(出典:サンヨー食品「製品情報」)

約1年前にあたる2017年10月16日にもリリースされていたカップ麺ですが、パッケージにも「キムチ30%増量」と書かれているように、その当時と比較して‥ということなのでしょう。前作は移転前のブログで★4と評価しているのですが、袋めん「サッポロ一番 みそラーメン」の味わいをベースにキムチ風味のオイルを加えた「BESTレシピ」からの新作(実質リニューアル?)です。

前作では具材のキムチが浅漬風だったことに少し不満を覚えたのですが、豚肉の質が高く、結果的にソツなくポイントを押さえていたんですよね。さて、今年のキムチはどうでしょう。

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味

(出典:サンヨー食品「製品情報」)

定番商品としてスーパーの棚にも並んでいる「オタフクお好みソース味焼そば」ですが、ソースにガーリック風味をあわせ、具材にもフライドガーリックを採用するなど、なかなかパンチの効いたテーマの変わり種が登場します。2018年6月25日に発売された「サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば」は★2と評価しているのですが、今度のガーリックは見掛け倒しなのか、それとも‥

できたらTPOをわきまえなければいけないレベルに期待したいですよね。そもそもタイトルに「ガーリック」と掲げられている時点で、それなりの覚悟を購入者は決めているわけですから(笑)

サッポロ一番 塩とんこつらーめんどんぶり リニューアル

(出典:サンヨー食品「製品情報」)

袋めん「塩とんこつらーめん」を再現した、どんぶり型の定番カップ麺がリニューアルされるのですが、何がどう変わるのか製品情報に細かく明記されていません。ただ、パッケージにもフリーズドライの文字があるので、具材が大幅に変わるのでしょう。あれ、今のリニューアル前の現行品もフリーズドライじゃなかったっけ‥

私が最後に食べたのは発売日の2015年で、その頃は普通の「かやく」だったんですけど、今度はザク切りにしたチンゲン菜、白菜、キャベツ、その他コーン(その他コーン‥?)、人参が入っているそうです。スープの味が落ちていなければ、正当な進化かもしれません。

ヤマダイ

ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ

(出典:ヤマダイ「商品情報ページ」)

このシリーズけっこう好きだったんですけど、途中でノンフライ麺が熱湯2分に変わり、ややスープの豚骨臭が弱くなって、それからというものブログを始めて手が回らなくなり、もう長いこと食べていません。今回のリニューアルではスープの濃厚感をさらにアップしたそうで、福岡県の一番食品株式会社と共同開発しているそうですし、スープに期待したいと思います。いつも凄麺の新作は入手に手間取るのですが、2週間ほど前に注文済みなので、今週中に紹介できる‥はず!たぶん!

寿がきや食品

赤から麻婆風ラーメン

もともとローソン先行で2週間前に販売され、9月26日にレビュー済みなのですが、当時の記事にも書いたように、やはり一般発売が開始されましたね。コンビニで購入すると割高だったので、そこだけがネックだったんですけど、すでにイオンなどで品揃えが整っていました。とりあえず、刺激の強いカップ麺が苦手な方は要注意です‥

ファミリーマート

麺屋はなび 台湾まぜそば

(出典:ファミリーマート「商品情報」)

最強のカップ台湾まぜそばが帰ってきました!そう、まだ経営統合前に「プライムワン」ブランドから2014年08月12日に東海限定で発売されたカップ麺だったんですけど、それはそれは美味しかったと記憶しています。ノンフライ麺を使った汁なしカップ麺で、これまでに食べてきたカップ台湾まぜそばの中では最も本格的な一杯と言っても過言ではない再現カップ麺でした。

それが今度はファミリーマート・サークルK・サンクス限定とはいえ販売エリアは全国ですし、ほぼほぼパッケージは同じ。しかも製造も同じくサンヨー食品が担当しているので、今のところ今週イチバンの注目株かもしれません。

今週の展望

まずファミリーマートの「麺屋はなび 台湾まぜそば」は外せませんし、同じく復活した明星食品の「明星 みかさ監修 ソース焼そば」。豆乳の打ち出し方が気になる東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 豆乳ごま担々うどん」や刺激の強さとエビチリ感に期待半分不安半分のエースコック「俺たちのガッツ飯 爆汗 エビチリ風油そば」など、ヤマダイ「ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ」のスープも地味に楽しみですし、新商品の数が多いとは言えませんが、リニューアル商品や定番品を織り交ぜつつ、ちょっとコアな製品も狙っていきますので、どうぞ今週もよろしくお願いいたします(ぺこり)

  1. 10月22日だと、マルちゃん:ごつ盛り・スパイシーオイスター焼そば
    なんてのも出るようです

    • Re:わにしげさん

      お久しぶりです!ちょうど昨日、ニュースリリースが発表されましたね^^

      それにしても情報が早いw 確認が遅くなって申し訳ありません‥;

  2. ”みかさ”が楽しみです。とても。( ^ω^ )ニコニコ

    • Re:風の兄弟

      みかさは “買い” で!