寿がきや食品「赤から監修 麻婆風ラーメン」ローソン先行発売

寿がきや食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年9月25日(火)よりローソン先行で新発売となったカップ麺、寿がきや食品「赤から監修 麻婆風ラーメン」の実食レビューです。

赤から監修のカップ麺

公式のアナウンスはありませんでしたが、名古屋に本店を構える「赤から鍋」と「鶏せせり」が有名な「赤から」と寿がきや食品がコラボしたカップ麺で、ローソン “先行” 発売品です。なぜ限定ではなく先行なのかというと、最初は販売期間の目安を約2週間としてローソンを中心に取り扱ってもらい、それから販売数量などの事情によってドン・キホーテなどの他店にも流通する予定とのことでした。

「赤から」は名古屋に本店を構える居酒屋で、現在では全国に店舗を構える人気店。カップ麺では寿がきや食品と何度もコラボしているのですが、チルド商品や袋麺、 “肉豆腐の素” や “麻婆豆腐の素” など、寿がきや食品はカップ麺以外の赤から監修製品(通年商品)も多数取り揃え、期間限定のタイアップも定期的に行っています。

花椒のシビレがきいたやみつきの辛さ!!

2018年のトレンド味覚として特に夏は賑わった “麻辣” 系ですが、今回のカップ麺にも空前のブームとなっている “花椒” がアピールされています。さきほど “麻婆豆腐の素” も寿がきや食品が製造していると書きましたが、寿がきや食品のオリジナルなのか本店のグランドメニューには掲載されていませんでした。

これまで何度か寿がきや食品の製造する赤から監修のカップ麺を食べてきましたが、けっこう甘さも強かったと記憶しています。しかしながら今回の “麻婆風” というテーマは初めてなので、どんな仕上がりなのか楽しみですね。

開封

小袋の構成は、先入れ「かやく入り粉末スープ」と後入れ「液体スープ」の2袋。これ実はローソンで買ったら税込227円もしたんですけど、麺は油揚げ麺ですし、定価180円のカップ麺と大差ない雰囲気ですなコレは‥w

販売者は寿がきや食品となっているのですが、製造所は同じ愛知県に工場を構える “ポンポコラーメン” の山本製粉株式会社となっていました。やみつきになるという花椒のシビレに期待しつつ、ローソン先行発売品ということで、コストパフォーマンスにも注目しながらレビューします。

製品情報・購入価格

製品名:赤から監修 麻婆風ラーメン
販売者:寿がきや食品
製造所:山本製粉株式会社
内容量:118g(めん65g)
発売日:2018年9月25日(火)
JANコード:4901677082244
希望小売価格:-

発売地域:ローソン先行
購入価格:227円(税込)
取得店舗:コンビニ(ローソン)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:430ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(かやく入りスープ / 液体スープ)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、小麦たん白、食塩、しょうゆ、砂糖)、スープ(たん白加水分解物、みそ、コチュジャン、果糖ぶどう糖液糖、牛脂、砂糖、しょうゆ、唐辛子、野菜エキス、しょうゆもろみ、チキンエキス、食塩、ゼラチン、ローストガーリックペースト、にんにく、香味油、カツオエキス、香辛料)、かやく(肉そぼろ、とうふ、ねぎ、フライドガーリック、香辛料、唐辛子)/ 加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、パプリカ色素、クチナシ)、炭酸カルシウム、増粘剤(アルギン酸Na、増粘多糖類)、かんすい、セルロース、酸化防止剤(V.E)、香料、トレハロース、豆腐用凝固剤、香辛料抽出物、(一部に卵・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
卵・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン
※本品製造工場では、そばを含む製品を生産しております。

実食開始

1食(118g)当たり

カロリー:453kcal
たん白質:11.8g
脂質:21.1g
炭水化物:53.8g
食塩相当量:5.7g
(めん・かやく:1.4g)
(スープ:4.3g)
カルシウム:130mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
エネルギー:453kcal(めん・かやく:348kcal)(スープ:105kcal)

めん

意外とコシのある中細麺

おそらく2010年8月より発売されている通年商品「赤から監修カップ赤からラーメン」や最近だと「カップみそ台湾ラーメン」にも使われていた山本製粉が製造する寿がきや食品の汎用麺だと思うのですが、カップ麺らしい伝統的な油揚げ麺でありながらオープン価格の廉価版とは違います。

風味も食感も素朴なんですけど、地味に弾力があり、しかも持久力は高め。今回は力強いスープの中にあったので、スープに押され気味かと思いきや、いい意味でカップ麺らしい風味と持続性のある弾力から相性は悪くありませんでした。値段に見合った麺とは言えませんが、油揚げ麺特有の風味もジャンクさの相乗効果に一役買っており、結果的な印象は悪くなかったです。

スープ

まさかの激辛w

基本は先ほども例に挙げた同社の「赤から監修カップ赤からラーメン」がベースとなっているのですが、うっかり麺をすすっている時に失敗して喉にかすると咳が出ます(←出ましたw)。しかしながら実際のところ花椒の痺れは大したことなくて、逆に唐辛子の辣味はガッツリ効いていますね。

表面には真っ赤なオイルが浮いており、たしかに花椒の香りと麻味(痺れ)も感じるのですが、そちらはアクセントに過ぎません。辛い食べ物に慣れている方にとっては普通に辛口〜辛口以上・激辛未満、激辛フリークにとっては肩慣らし程度の刺激になるかもしれませんが、少なくとも辛い食べ物が苦手な方はゼッタイに手を出してはいけないレベルです。ところでパッケージを見渡してみても警告文などは見当たらないのですが、えっと‥いいんですかねw しかし、ただの刺激物ではありません。

ニンニクは強く、ローストガーリックペースト+ニンニクの重ねワザでパンチがあり、加えて具材にもフライドガーリックが入っているため、けっこうな威力です。重ねワザといえば果糖ぶどう糖液糖+砂糖による甘さも強いのですが、けっこう唐辛子が気張ってくるので、甘味と辣味のコントラストに目がない方は中毒性を覚えることになると思います。まさに私なんぞは照準のド真ん中なんですけど、かなりツボでした。

加えてコチュジャンのコクに牛脂の厚みが「カップ赤からラーメン」らしく、先ほど花椒は大したことがないと書きましたが、表面のオイルが減ってくるとベースの甘さが増し、それに合わせて花椒の痺れが頭角を現し始めるんですよね。もし唐辛子だけだったら後半の間延びが否めなかったかもしれませんが、中盤からメキメキと痺れを放ってくる刺激の変化が面白く、かなりよくできたスープでした。花椒は激痺クラスではなかったものの、結果的に食べ始めの印象を軽く覆すくらいの刺激は得られると思います。

かやく

細切れながらも効果的

肉そぼろ、豆腐、ねぎ、フライドガーリック、香辛料、唐辛子が主な構成になるのですが、ご覧の通り細切れです。豆腐に関しては箸で持ち上げること自体が困難な柔らかさで、その分とても口当たり滑らかな優しい食感だったんですけど、税込227円のカップ麺としては寂しいところです。

しかし、先ほども触れたようにフライドガーリックはパンチの演出に寄与しており、肉そぼろは地味に多くて好印象でした。けっこう容器の底にある溝に肉そぼろが溜まっていたので、麺を食べ終えた後のシメに追い飯しちゃう方にとっては心強い相棒になってくれるかと‥(くれぐれも塩分の摂取量には注意してください)

総評

★★★★★★☆☆☆☆(6)
(標準は★3です)

いやぁ‥これは思いのほかイイですよ。しばらくはローソン先行発売なので、税込227円必至の状況が評価に迷いを生じさせたのですが、それでも他店での安売りを待たずして定価購入しても損ではない、そう素直に思えた秀作でした。もし来月あたりドン・キホーテなどのディスカウントストアにて税込200円以下で発見した場合、私だったら迷わず即購入します。とうわけで今回の総評は、ほぼほぼ★6だと思ってください。かなり悩んで記事の公開前は★5+としていたのですが、後日の販路拡大も視野に入れた上で★6に思い切りました。

唐辛子の刺激と甘さのコントラストが苦手な方にはオススメできませんし、もちろん辛い食べ物が苦手な方にもオススメできません。しかしながらパッケージでの警告が必須のレベルにあった刺激の強さにはインパクトが得られ、最初は唐辛子で中盤から花椒という刺激の移り変わりも面白く、麺は汎用で具材もコンビニ定価購入だったら値段に相応とは言えませんが、とにかくスープが秀逸でした。かなり中毒性が高かったので、もし好みにハマったらしばらく抜け出せなくなるかも‥

追記(2018/10/06):やはり発売から2週間後にあたる2018年10月8日(月)より、一般販売が開始されました。たいへん辛いラーメンですが、おススメです。

  1. この間赤からに行ってきたw(o^―^o)ニコ 〆のラーメンも美味しいもんなぁ~~
    このカップ麺も食べてみたい(`・ω・´)