サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば@サンヨー食品

サンヨー食品

どうも、taka :aです。

最近ちょっと男前豆腐店の「特濃ケンちゃん」がマイブームをリバイバル中でして、毎日1パック(90g)ずつ食べてます。調味料とかは何も使わずに、しっぽり豆腐の滋味を地味に味わう至福のひととき‥嗚呼、約35円で味わえる幸せ‥←安上がりな子ww

納豆も毎日1パック(40g)食べているので、大豆食品は打ち止めですね。大豆食品が身体に良いのは周知の事実ではあるものの、豆乳や豆腐、納豆などを好んで喫食されている方は、大豆イソフラボンの摂取量に注意してください。納豆なら2パックまで、豆腐なら1丁(300g)が目安です。納豆1パックで上限というデータもありますし、食べ過ぎは禁物ですけどね。

また、納豆に含まれるセレンも2パックで摂取量の基準に到達すると言われているので、納豆は1パックのほうがいいかもしれません。大豆イソフラボンは油揚げや豆乳、味噌などの大豆を使った食品にも含まれるので、その点も留意されたほうがよいでしょう。納豆に生卵を加える場合、生卵の白身に含まれるアビジンが卵黄や大豆に含まれるビオチンの吸収を阻害し、継続的に摂取するとビオチン欠乏状態に陥る恐れもあるので、生で喫食される場合は手間でも白身と分離して卵黄のみ投入しt‥あ、どうもカップ麺のブログです。←

定番コラボの辛口版!

本日の一杯は、2018年6月25日(月)新発売、サンヨー食品サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば」のレビューです。※納豆も豆腐も関係ありませんw

ご存知ど定番のソースメーカー「オタフクソース」社との共同開発品で、既存の通年商品に「サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば」というカップ麺もありますが、その辛口版ですね。こういったコラボの場合、「※原材料には『オタフクお好みソース』を使用しておりません」という注意書きが小さな字で描かれていたりすることもあるのですが、安心してください。ちゃんとソース原料に「オタフクお好みソース 大人の辛口」を使用されています。実は2017年7月24日にも「オタフクお好みソース 大人の辛口」を使用した同タイトルの製品があったんですけど、その頃は特製マヨネーズ付きでした。残念ながら、今回は付いてません。

そういえば「オタフクソース」の「お好みソース」って何種類あるんだろう?と思いまして、ちょっと公式ホームページの “Top > 商品情報 > ソース(お好みソース)” に飛んでみたら、なんと「お好みソース」だけで9種類ありました。「野菜と果実をつめこんだお好みソース」とか「あじわいやさしい」とか「ベシタフルーツ(ベジタブル&フルーツ)」とかスーパーで見たことないですよ。田舎だからかな‥ちなみに「コクと旨みのお好みソース」が好き。キリッ

まぁそれはいいんですけど、スーパーで税込105円だったので、あんまり期待しちゃいけない系ですね。そのスーパーではオープン価格の廉価版だと98円均一、メーカーの希望小売価格180円で安売りできる系のカップ麺* は105円均一で販売されているのですが、この差7円って地味に大きいです。前回は付属されていた、別添のマヨネーズカットも踏まえて評価しないといけませんね。スーパーで買える辛口のソースはオリバーの「どろソース」が好きなので、「オタフクお好みソース 大人の辛口」は‥あんまり記憶にないですスイマセンw

1回くらい買ったことあると思うけど‥単純にカップ麺としての総合力で判定します。

* 明白な定義は断定できませんが、たとえば同じ希望小売価格180円の製品でも、「日清麺職人」や「チャルメラ」は税込105円、「カップヌードル」や「日清のどん兵衛」「一平ちゃん夜店の焼そば」なんかは税込127円、みたいな感じでバラつきがあるんですよね。みんな105円になればいいのにw ←たぶん皆さん同じこと思ってますw

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、ソース(ソース、糖類、食塩、豚脂、植物油脂)、かやく(キャベツ)/加工でん粉、カラメル色素、増粘剤(加工でん粉、タマリンド)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・もも・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・もも・りんご

1食(115g)当たり

熱量:469kcal
たんぱく質:7.8g
脂質:19.4g
炭水化物:65.8g
食塩相当量:4.6g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:228mg

オタフクソース株式会社の人気商品「オタフクお好みソース 大人の辛口」を使用したカップ焼そばです。

(サンヨー食品の製品情報より引用)



めん

濃厚なソースによく合う、コシがあり、もっちりとした食感のナチュラルなストレートの中太めんです。

(サンヨー食品の製品情報より引用)

普通の「オタフクお好みソース味焼そば」と同じかな?

何世代か前の「日清焼そばU.F.O.」を彷彿させるような縮れのない中太‥中太?ま、まぁ細くはないけど‥w うん。いつも中細くらいで中太と表記してくるサンヨー食品なので、「ストレートな太めんです」と書いていないだけサバ読み疑惑は多少なりとも回避ですね。断面の丸いストレート状の油揚げ麺で、油揚げ麺特有の風味は穏やか。その風味は追いかけると簡単に捕まえられるものの、野暮ったい存在ではありませんでした。

粘り気のある弾力は感じられないものの、そこそこコシはあって、プリッとした歯切れの良さが売りですね。いや、ほんと何年か前のU.F.O.みたいですよw サンヨー食品はノンフライ麺の製造に関してこそ高い技術力を誇っているのですが、「和ラー」シリーズ以外の油揚げ麺だと旧世代系のイメージが強いので、今回の油揚げ麺には期待を寄せたくなりました。でも、ブランドの派閥とかで「オタフク」シリーズにしか使えないのかもしれませんけどね。そんな質感が好印象ではあったんですけれども、この手の麺は日清食品が「日清焼すぱ」というオープン価格のシリーズで成功しているので、ずば抜けて先進的な日清食品と比較すること自体ナンセンスなのかもしれませんが、定価分もう一歩踏み出してほしいところが本音です。

とは言え、それでも希望小売価格180円の製品ですから、そこそこイイ線いってると思いますよ。ただ、題材がソース焼そばだったので、もう少し粘り気も意識して欲しかったかなー、というのは好みの問題だったらスイマセンw

ソース

果実と野菜の甘みを引き立てた、フルーティでまろやかな味わいに、燻製した唐辛子のピリッとした辛みをきかせた辛口の焼そばソースに仕上げました。

(サンヨー食品の製品情報より引用)

辛口ではない

燻製した香りなどは特に目立って感じられませんでしたが、果実と野菜が由来のフルーティな味わいというのは分かります。でも、だいぶアッサリとしていますね。悪く言うと、コクが浅い印象です。私のイメージに問題があるのかもしれませんが、 “まろやか” って “コク” ありきだと思うので、どっちかといえばサッパリしてるなー、というのが食べ始めの印象でした。塩気の濃度的に薄味とかじゃないんだけど、サラッとした味です。液体ソースの中身は粘度が高く、それこそ「お好みソース」くらいのレベルでドロッとしてたので、どんだけ濃厚なソースかと思いきや意外と食べやすい。

ソースの原材料は、「ソース、糖類、食塩、豚脂、植物油脂」と実にシンプルで、「オタフクお好みソース 大人の辛口」をベースにサンヨー食品が軽く手を加えて焼そば用に調整しているようなイメージですね。これこそ勝手な想像なんですけど、「お好みソース」というブランドのイメージから、やや深みに欠ける印象で、もうちょっとコクを‥ってところにマヨネーズが入ったらピタッ、と隙間を埋めてくれそうな感じだったんですけどね。

ちなみに辛さレベルは、てんで大したことありません。極限まで唐辛子が苦手な方は除きますが(そもそも「辛口」名義のカップ麺なんて買いませんよねw)「ピリ辛お好みソース味焼そば」です。

かやく

キャベツのシャキシャキとした食感が食欲をそそります。

(サンヨー食品の製品情報より引用)

キャベツオンリー

うーん、これは頂けませんね。明星食品の「一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズのように、ふりかけやヨネーズが入っているからキャベツしか入れる余裕がなかったんだよー、とかだったら理解できるんですけど、ふりかけもマヨネーズも無しでキャベツのみは寂しいです。

それなりの量は入っていましたが、なんでマヨネーズがカットされたんでしょうねw

総評

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
(標準は★3です)

うーん、マヨネーズがあったら★4でもいいかな?という感じだったので、★ひとつマイナスしたんですけど、別に辛口というわけでもなく、もちろん甘口というわけでもなく、マヨネーズ付きの既存品があることを考慮したら、そっちでいいんじゃない?というのが正直な感想です。とりあえず、わざわざ探してまで買うような魅力の持ち主ではありませんでした。

もし税込105円ないし以下の売価であれば、わりとスッキリ食べやすいソース味のカップ麺として選択の余地はあると思います。ただ、ほとんどのスーパーでは廉価版でもマヨネーズ付きのソース焼そばを取り扱っているのが現状ですし、中には麺大盛りのカップ焼そばもありますからね。もしオープン価格で「オタフクお好みソース 大人の辛口」を使用していたらサンヨー食品の太いパイプに感動していたかもしれませんが、前回発売品と比較してマヨネーズカット‥いったい何があったんでしょうねw せめてアオサや紅生姜を入れた別添ふりかけでもあれば及第点の★3は付けたいところだったんですけれども、ちょっと厳しかったです。

味だけでいえば、ぜんぜん美味しかったですよ。驚くほど美味しいわけではありませんでしたが、酷評するほど物足りない味ではないです。ただし、ふりかけやマヨネーズなどの飛び道具なしで具材はキャベツオンリー、麺もソースも普通に美味しくて‥などという無難な仕上がりでは、現段階のカップ麺業界的に貧弱な製品と言わざるを得ませんでした。

製品名:サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば
販売者:サンヨー食品
内容量:115g(めん85g)
発売日:2018年6月25日(月)
発売地区:全国(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:105円(税込)
希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4901734034612

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:510ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(液体ソース)

サンヨー食品株式会社:〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町555
お客様相談室:027-265-6633

  1. 管理人の返信が追いつかないので、返信不要で大丈夫な方のみコメントお願いします(ぺこり)

  2. 本当に具材が淋しいような…
    辛いのが食べたい今日この頃

  3. 個人的な嗜好で
    おたふくソースはやはり甘さが好きなので
    辛口???っと思ったのでした
    焼きそば的には素通りしたくないけど
    今週はカレーズがチェックリスト入りしてるので
    そちらに席を譲ります

  4. うんっ、ふつうにソースの味は美味しいが
    これは辛口ではないので評価が下がりました。
    中辛だったらまだかろうじて納得できたかもですが。
    麺量も少ないし、具は最悪・・・
    サンヨー食品がよくこんな製品発売するなっ~て思いました。

  5. お好み焼きソースに関しては、兵庫県だからじゃないかなぁ・・大阪の店舗はすごいよ(^▽^;) お好み焼きソースとやきそばソースだけで什器2台分くらい満載してるところもあるもん(^▽^;)
    お好み焼き、焼きそば、たこ焼きにマヨネーズがデフォになったのは最近だった気がするけど(私が二十歳くらいの時w 最近?)いまじゃぁ・・無いと物足りなくなっちゃったなねぇ(;´д`)トホホ… すいませんカップ麺はスルーで(゚∇゚ ; )

  6. 広島県出身としてはオタフクソースの焼きそばで楽しみに読んでいたのだけど、、、
    ざんねーん。
    具がしょぼい、、、も少し何か入れてほしい。

  7. あらら…低評価ですねぇ。(  ̄っ ̄)ムゥ
    ま、安売りで見つけたら…ですかね。( ゚д゚)ウム

  8. 大豆イソフラボン、男性は抜け毛、ハゲ予防になるって言うもんね~。
    サプリメント使ってる人は大豆製品の摂取量に特に注意が必要だね。

    関西の人ってお好みソースはどろソースでないとみたいなこと言うよね。
    こちらはおたふくソースが主流。
    てか、私はどろソースを食べたことがない。

  9. おいしいけど、ここがポイントだよっていう強みが欲しかったってことかな^_^