「ペヤング たぬきやきそば」衝撃!! “めんつゆ×大量の揚げ玉” 高コスパ格安ペヤング

まるか食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2019年6月3日(月)新発売のカップ麺、まるか食品「ペヤング たぬきやきそば」の実食レビューです。

めんつゆベースの味付けと豊富な揚げ玉で「たぬき」を汁なしアレンジしたオープン価格の格安ペヤング新登場!

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

ペヤング たぬきやきそば

金色に反射するゴージャスなパッケージに身を包み、背景は壮大な山と優雅な雲の流線をあしらった高級感の漂うデザインですが、今回の新商品「ペヤング たぬきやきそば」はメーカー希望小売価格が設定されていないオープン価格の廉価版(れんかばん)なので、実は “安売り用のカップ麺” なんです。

安売り用の廉価版ペヤングといえば、同社が製造する姉妹品「ペヨング ソースやきそば」という定番商品が絶賛通年販売中なんですけど(※あからさまに見た目はチープで怪しいのですが某国のパチモンではなく正規品です)、今回は「ペヤング」の名を冠した3つの新作、「たぬきやきそば」「きつねやきそば」「カレー南蛮やきそば」が同時にリリースされました。



それぞれ背景のデザインは同じですが、テーマカラーは「たぬきやきそば」が金、「きつねやきそば」は銀、「カレー南蛮やきそば」は銅と色違いで、うどん・蕎麦で定番のメニューを汁なしカップ麺にアレンジしているような印象です。けれども3品すべて麺は中華麺(かんすい使用)の「焼そば」なので、焼うどん・焼き蕎麦ではありません。

そろそろ秀作だった「ペヤング 和風焼き蕎麦」が復活しないかとウズウズしてる方も多いのではないかと思いますが、それはさておき今回の安売り用ペヤング3品すべて販売エリアは全国。取り扱い店舗も一般のスーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの販路を問わない全チャネル販売で、私はドンキホーテで購入しました。

今週からカップ麺の希望小売価格が平均3〜8%値上げされている中、あえてオープンプライスの新商品を出すという庶民の味方ペヤング(まるか食品)。おそらく税込130円以内で販売している店舗がほとんどだと思うのですが、関西にあるドンキホーテでは金・銀・銅を揃えて隣り合わせの118円+税で販売(税込127円)。

同じ店舗で定番の「ペヤング ソースやきそば」(希望小売価格170円から193円に改定)は158円+税、オープン価格の「ペヨング ソースやきそば」は138円+税、それぞれ20円ずつ値段差が生じていましたが、ペヤングの「ソースやきそば」って他の定番カップ焼そばよりも高級ですよね(地域差あり?)。で、よく見ると「ペヨング」のポップには「まるか商事」と書いてあるのですが、どちらも製造は「まるか食品株式会社」で、まるか商事は “まるか食品の商品を販売している営業部” です。



さて、パッケージにも写っている「揚げ玉」に「たぬき」というキーワード。おそらくテーマは “関東” の「たぬきうどん」をカップ焼そばにアレンジした商品になると思うのですが、「ペヤング かきあげ味やきそば」(2019年3月4日に東日本のセブンイレブン限定で先行販売 / 2019年4月1日に一般販売開始)の廉価版っぽい雰囲気なので、違いと共通点が気になるところ。

余談ですが関西・大阪の「たぬき」は関東でいうところの「きつねそば」を意味し、京都の「たぬき」は短冊状の刻み揚げをトッピングした「あんかけうどん」になるので、遠方の方は立ち食い蕎麦屋などの食券機で注文の際、思わぬサプライズにご注意ください。

開封

別添の小袋は「ソース」と「後入れかやく」の2袋で、どちらも後入れなんですけど、かなり揚げ玉の量が多いですね。「かきあげ味やきそば」に入っていた “かきあげ風揚げ玉” ではないようですが、極端に量が多く、開封した時に思わず笑ってしまいました。ちなみにパッケージはリッチに金ピカですが、「たぬきやきそば」に「金粉」は入っていません。



それから今回のカップ麺はドンキホーテで購入したと書きましたが、他の新商品の仕入れと並行しつつ、2019年6月の価格改定によるコンビニ大手4社の値上げ率をリサーチしていたところ、オープン価格の安売り用カップ麺がコンビニに並んだ場合、標準売価は本体価格128円(税込価格138円)になることが分かりました。

上記の画像は実際にコンビニで新商品の棚に並んでいた「ペヤング たぬきやきそば」のプライスプレートをアップで撮影した写真で、協力していただいた店舗は「ミニストップ」(2019年6月4日撮影)。基本的にオープン価格の商品は販売店に値決めを任せているのですが、値上げされる前のコンビニ標準売価は税込121円だったので、オープン価格のカップ麺は今週から「17円の値上げ」が施行されています。

製品詳細情報・購入価格等

製品名:ペヤング たぬきやきそば
製造者:まるか食品株式会社
内容量:120g(めん90g)
商品コード:4902885005643(JANコード)
規格サイズ:縦162mm×横127mm×高さ57mm

発売日:2019年06月03日(月)
実食日:2019年06月04日(火)
発売地域:全国
取得店舗:総合ディスカウントストア(MEGAドン・キホーテ)
商品購入価格:118円+税(127円)
希望小売価格:オープン価格

麺の種類:油揚げ麺
スタイル:角型容器・ペヤング標準サイズ
容器材質:プラ(PS)
湯量目安:480ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(ソース・後入れかやく)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、糖類、食塩、かつお節エキス、酵母エキス、昆布エキス、かつお節)、かやく(揚げ玉、ねぎ)/ 調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、膨脹剤、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、(一部に小麦・大豆を含む)
【アレルゲン情報】小麦・大豆(法令で規定する特定原材料27品目)

実食開始

麺は普段通りの油揚げ麺で、湯戻し時間も熱湯3分、最初から容器の中に入っている具材は無し。「ソース」も「後入れかやく」も湯切りした後に入れる仕様となっているため、2種類の小袋を取り出したら熱湯を注いで3分待ちましょう。お湯を入れる前の段階からラード由来の芳ばしい香りが強めに漂ってくるのですが、これもペヤングの魅力。



あとは火傷しないように注意しながら湯切りを行い、ソースを馴染ませて後入れかやくをトッピングしたら完成です。すごいぞ揚げ玉のボリューム感w 揚げ玉ひとつずつは小さめなんですけど、かろうじて麺が見えるか見えないかの状態。揚げ玉の種類は違いますが、「かきあげ味やきそば」と比較して2倍くらいの量に感じました。

そして液体ソースは、香りからして穏やかな甘みを帯びている鰹が濃いめの “めんつゆ” 風——これも「かきあげ味やきそば」に共通するポイントになるのですが、いよいよですね。それでは、オープン価格のコストパフォーマンスにも注目しつつ、「めん」「ソース」「かやく」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。

栄養成分表示:1食(120g)当たり

熱  量:589kcal(カロリー)
たん白質:10.2g
脂  質:33.0g
炭水化物:62.9g
食塩相当量:3.3g
ビタミンB1:-(記載なし)
ビタミンB2:-(記載なし)
カルシウム:-(記載なし)

※当ブログに掲載している「原材料名」及び「アレルゲン情報」並びに「栄養成分表示」などの値は実食時点の現品に基づいたもので、メーカーの都合により予告なく変更される場合があります。ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品パッケージに記載されている情報を必ずご確認ください。

めん

いつもの万能麺
5

まるか食品の「ペヤングやきそば」系に採用されている現行の麺は、「中華風そのまま皿うどん」と「ピーヤング(春雨シリーズ)」を除いて “まったく同じ麺” となっています。なので定番の「ソースやきそば」と「激辛やきそば」も同じ麺ですし、変わり種の新商品や廉価版の「ペヨング」、「超大盛」や「超超超大盛GIGAMAX」も量が違うだけで麺そのものは変わりません。

ちょっと今回はコシが弱いような――とか、ちょっと今回は分厚いかも——などと感じることもあるけれど、単純にロット差の問題です。以前に製造日の違うレギュラーサイズの「ソースやきそば」を食べ比べてみたところ、けっこうニュアンスがありました。とはいえ軸はブレませんし、今回もソフトで優しい食感がペヤングらしい油揚げ麺です。



この麺は一部の例外(チョコレートやきそば ギリ)を除いてソースの味付けを選ばないので、中華風からエスニック、激辛、ペペロンチーノと誰味が相手でもノープロブレム。今回の和風ソースとも違和感なくフィットしていますし、ほんと素晴らしい麺ですね。

ちなみに「ペヤング」の標準サイズや今回の「たぬきやきそば」は麺量90g、「ペヨング」は麺量80gなんですけど、同じ麺でも麺の量や具材の顔ぶれ、ソースの組み立て方なんかを調整しながらコストの折り合いをつけています。

めんつゆベースの和風ソース

もはや「めんつゆ」そのもの
6

ソースというか味のベクトルは完全に “液体つゆ” なんですけど、なんというかもう単純に「めんつゆ」の味です。それ以上でも以下でもなく、めんつゆw ソースの原材料は「しょうゆ、糖類、食塩、かつお節エキス、酵母エキス、昆布エキス、かつお節」と実にシンプルな内容で、麺に絡みやすくするためか液体ソース自体の粘度は高めでしたが、めんつゆ直球ど真ん中。

濃口醤油をベースに出汁(だし)の旨みは鰹が中心で、さば節・煮干し・室鯵(むろあじ)などの混合節を使用するのではなく、芳ばしくて膨よかな鰹節の旨味をストレートに立て、昆布がシンプルに “うま味の相乗効果” を図ります。甘味は味醂(みりん)ではなく糖類ですが、こっくりとした甘味が奥床しくていいですね。

それだけに「焼そば」ではなく「焼き蕎麦」で食べたくなったりもしたのですが、甘いカエシにガツンと効いた鰹の旨みには逆らえないものがあったので、甘濃い蕎麦つゆが好きなら確実にハマりますよ。ちなみに「ペヤング かきあげ味やきそば」とソースの原材料比較してみたところ、並びからして一言一句 “まったく同じ内容” で、実際ほとんど味も同じでしたが、比較的に醤油の主張が穏やかでマイルドです。

かやく(大量の揚げ玉)

シンプルでもインパクトはバッチリ
6

かやくの構成は揚げ玉と乾燥ネギだけなので、具材らしい具材は入っていません。けれども笊蕎麦(ざるそば)よろしく今回は麺とソースだけでも充分と思えたし、そこへ容赦無く大量の揚げ玉なので、まったく寂しくありません。食べ始めはサクサクと軽い食感が心地よく、小さめのサイズで食べやすいのも嬉しいポイント。

あまりの軽さに実食中、麺を持ち上げた拍子に3つほど容器の外に飛んでしまったのですがw これだけ入っていても軽快な食感で重くありません。かきあげ風揚げ玉のように味付が施されているわけではないものの、変な酸化臭も目立っていなかったので好印象でした(※でも賞味期限が近くなってきたら気になるかも——)。

キャベツなどの水分を多く含む具材が入っていないので、仕上がりがべチャッとしないのも利点と言えますし、食べる前は大きなネギが不自然に硬かったり、歯触りが悪くないか心配していたのですが、ぜんぜん問題なし。後入れ直後は揚げ玉と同じくらいサクサクだったので、むしろ呆気ないくらいだったんですけど、パリパリに乾燥していたためか、ほんのり揚げネギ風の甘味が面白かったです。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(★5+)

やはりソースは「ペヤング かきあげ味やきそば」の流れを汲んでいたので新鮮味はなく、麺も汎用のペヤング麺。かきあげ風揚げ玉も小さめの没個性な揚げ玉に変わっていたのですが、個人的には「たぬきやきそば」に軍配。さすがに二番煎じ感はマックスですが、小さい揚げ玉と比較的まろやかな醤油感で食べやすく、しかも値段はオープン価格。

特殊な具材は入っていませんが、大量の揚げ玉でインパクトがあり、シンプルだからこそ無駄なく正統派のイメージで、食べ終わってから素直に “また食べたい” と思いました。実は同じ店で「かきあげ味やきそば」も同じ値段(118円+税)で叩き売りされていたんですけど、もしリピートするなら迷わず「たぬきやきそば」を手に取ります。

タイトルとURLをコピーしました