エースコック「MEGA味噌 超濃厚味噌ラーメン」史上最大の液体スープ重量を実現!

エースコック

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年10月15日(月)新発売のカップ麺、エースコック「MEGA味噌 超濃厚味噌ラーメン」の実食レビューです。

メニューの持つおいしさの代表要素を “とことん高めた” カップ麺「MEGA」ブランドから寒い季節にピッタリの味噌ラーメンが登場!なんと別添の液体スープは2パック仕様で、エースコックのタテロングカップ採用商品における史上最大の液体スープ重量を実現したのだとか‥

味が濃すぎない?塩辛くない?味噌の割合どんな感じ?実際に食べてみた感想と経験をもとに評価し、その疑問を解消します。読むだけで味の詳細や雰囲気が伝わるような記事を心がけて執筆しておりますので、お時間よろしければ最後までお付き合いください。

MEGA味噌 超濃厚味噌ラーメン

2015年の「MEGAニボ ど煮干し中華そば」を皮切りに、「MEGAゴマ 担担麺」「MEGA豚 どトンコツラーメン」「MEGAカツオ 荒ぶる中華そば」「MEGA きのこ蕎麦」などが発売されてきたエースコックの素材特化型シリーズ。メーカーのニュースリリースでは今回の新作で第8弾となっているのですが、「ど煮干し中華そば」と「どトンコツラーメン」は2度焼き直されているので、フレーバーの種類としては第6弾になります。

同じようにインパクト重視のブランドで「EDGE」というシリーズもあるのですが、EDGEは刺激重視だったり “ぶっとび路線” の奇行に走ることが多く、MEGAは “素材” をピックアップしてブラッシュアップするのがコンセプト。今回は肌寒くなる季節に食べたくなる味噌ラーメンに着目し、おいしさのポイントである「味噌」のコクや風味を “とことん高めた” そうです。

パッケージでも大きくアピールされていますが、やはり気になるのは味の濃さ。それに、よく見るとイラストの左右でスープの色が違いますね。

ところで「メガ味噌」というワードだけで検索すると、カップ麺の情報よりも先に二郎系「野郎ラーメン」の「メガ味噌野郎ラーメン」や、「東京スタイルみそらーめん ど・みそ」の激辛系「みそオロチョンメガファイヤー」などがヒットしたんですけど、今回のカップ麺は有名店監修ではなく、エースコックのオリジナル商品です。(非公開でモデルにしている店があるのかもしれませんけどね)

私は味噌のエッジが強すぎるラーメンが苦手なので、ちょっと小刻みに震えているのですが、とりあえず開封して液体スープの存在を確認しましょう。

開封

はい、エースコックのタテ型カップ麺では毎度お馴染みの光景で、最初から小袋が容器の中に入っています。ただ、さすがに2袋だと強引ですよねw ごく稀にフタの上に貼り付けられていたケースもありましたが、基本的に粉末スープまみれなのがメーカーの特色です。

以前、エースコックのタテロング商品で別添の小袋が重複し、ふりかけや液体スープが間違って2袋も入っていたイレギュラーと何度か遭遇したことがあるんですけど、今回は “液体スープ2袋” が正しいので、もし1袋しか入っていなかった、または3袋も入っていた場合は異例です。

どちらも名前は「液体スープ」ですが、ピンクの小袋は流れるような行書体、青の小袋はポップなゴシック体をモチーフにしているようなデザイン。触った感じピンクのほうが柔らかく、比較的に青いほうは硬いので、味噌系の成分が多いのは青い小袋なのかもしれません。実食の際、それぞれ分けて撮影してみますね。

視認できる具材は肉そぼろ、ねぎ、コーンの3種類なんですけど、よく見ると生姜と思われる粒も確認できます。あ、奥の茶色い粒は粉末みそなので、写真では分からないかも‥この時点で生姜の香りが強く、粉末的ながらも香りからはポークの存在が感じられました。

製品情報・購入価格

製品名:MEGA味噌 超濃厚味噌ラーメン
製造者:エースコック
内容量:109g(めん70g)
発売日:2018年10月15日(月)
JANコード:4901071239954
希望小売価格:205円(税抜)

発売地域:全国(スーパー・コンビニ等)
購入価格:216円(税込)
取得店舗:コンビニ(ローソン)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋(液体スープ2袋)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、砂糖)、スープ(みそ、ポークエキス、粉末みそ、発酵調味料、ぶどう糖、動物油脂、食塩、香辛料、おからパウダー、ポーク調味料、チキン調味料、でん粉、酵母エキス、香味油、香味調味料、メンマパウダー、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、コーン、ねぎ、しょうが)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、香料、増粘多糖類、重曹、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、カラメル色素、甘味料(カンゾウ、アセスルファムK)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

実食開始

液体スープ2袋は両方ともフタの上にのせてよく温め、食べる直前に入れるようにと書かれています。容器がタテ型ビッグなので、なんとかギリギリのりますね。ちょっと食み出るけど‥w 待ち時間は5分間なので、カップ麺としては長いです。気長に待ちましょう。

それでは、ただ闇雲に味噌を増強したようなスープではないことを祈りつつ、味噌の割合や濃度、例の「程良く味付けした肉そぼろ」が “アタリ” なのか “ハズレ” なのかにも注目しながら食べてみます。見た感じ、けっこう肉そぼろ怪しいですけどね‥w

1食(109g)当たり

カロリー:412kcal
たん白質:11.4g
脂  質:15.3g
炭水化物:57.1g
食塩相当量:7.3g
(めん・かやく:2.2g)
(スープ:5.1g)
ビタミンB1:0.82mg
ビタミンB2:0.50mg
カルシウム:255mg

※参考値(調理直後に分別した値)
エネルギー:412kcal(めん・かやく:313kcal)(スープ:99kcal)

めん

適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めんです。適度な味付けを施し、食べごたえのあるめんに仕上げました。

(エースコック「商品情報」より引用)

クオリティは低くないけれど‥

緩やかに縮れた平打ちの中太麺で、やや加水率は高めですが、適度な歯切れのよさも兼ね備えています。もっちりとした弾力の強い食べ始めから徐々に歯切れのよさが目立ってくるのですが、食感の変化は早くもなく、遅くもありません。

滑らかな表面だったことと縮れも強いわけではないので、がっつりスープを掴むタイプではありませんが、醤油や砂糖などの下味が功を奏し、孤立することもなかったです。

しかし、今回のスープとの相性は可も無く不可も無しでしょうか。麺の重量は気持ち少なめの70gでしたが、油揚げ麺でも野暮ったさは控えめで、もちろん出来の悪い麺ではありません。うーん、たぶん相性に関してはスープの問題ですね。

スープ

ポークをベースにジンジャーやオニオン、ガーリックを利かせたスープです。2パック仕様の別添液体スープを加えることで、これまでにない味噌の強さを感じることができる、まさに「MEGA味噌」な一杯に仕上げました。

(エースコック「商品情報」より引用)

少しイメージと違うかも?

さて、皆さまは「MAGE味噌」と聞いて “どんな味噌” を想像されたでしょう。てっきり私は赤味噌がガツンと効いたエッジのあるスープに期待して(と、同時にビビって)いたんですけど、思いのほか丸いですよ。もちろんスープの食塩相当量が5.1gという数値が表しているように、それなりの塩分濃度ではあるのですが、白味噌の含有量も多く、ぶどう糖の甘さも目立ちます。

ピンクの小袋には油脂成分と白味噌系の成分が入っていたのですが、ほんのちょっとだけ箸先に付けて舐めてみたらビックリ。とんでもなく塩っぱい上に人工的な旨味成分が強く、青い小袋を入れる前の段階だとイヤに化学的で正直ぜんぜん美味しくありません。

この状態で味見する方は稀だと思うので、参考程度に聞き流していただいても結構なんですけど、なるほど “いろいろ入ってるんだなぁ‥” って。あと、この瞬間から独特のニオイが漂い始めます。

青い小袋は赤味噌系のペーストがメインで、これも直接舐めたら味噌らしく塩っぱかったんですけど、ピンクの小袋ほど化学的な旨味は控えめ。いろいろ添加されているのだとは思いますが、まだ純粋に味噌らしい旨味成分で好感が抱けました。

さて、それらを合わせて完成するスープは “納豆” とまでは言いませんけど、かなり発酵臭というかアルコール臭というか‥あ、もしかすると酒精の含有量が多いのかもしれない。そんな鼻の奥にクッと来る独特の癖も強かったので、それを熟成した味噌の複雑味とするか単なる雑味とするかで評価が分かれそうな嫌いが見えます。

なまじ私は小袋単体の味を確かめてしまったが故に(すみません‥)それは化学的な雑味として舌に残ってしまったのですが、さておいても八丁味噌などの豆味噌がキリッとした輪郭のあるスープに期待して手に取った場合、だいぶボヤけた味だと感じてしまうかもしれません。

かやく

程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いコーン、ねぎ、風味の良いしょうがを加えて仕上げました。

(エースコック「商品情報」より引用)

残念、肉そぼろはハズレです

エースコックの “程良く味付けした肉そぼろ” は基本的に2種類あって、片やスポンジ食感のハズレ系なんですけど、今回その “ハズレ” です。味付けも何も下味はイマイチで、食感はスカスカ。生姜は効果的だったので、食べ応えのない肉そぼろを使うくらいならカットした分だけ生姜を増やしてほしかったです。(まぁ見栄えとかイメージの問題もあるのかもしれませんが‥)

コーンは普通に美味しいコーンだったんですけど、そこそこの量。ねぎは歯触りシャッキシャキのタイプだったので、最も存在感のある具材だったかもしれません。先ほども書いたように生姜のキレは抑揚のないスープのアクセントに寄与していたのですが、もうちょいガッツリと主張させてほしかったですね。

総評

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
(標準は★3です)

今回は「味噌」に特化した新作でしたが、それについては同社が「一度は食べたい名店の味」シリーズで再現していた「ど・みそ」のカップ麺、「特みそこってりらーめん(同 PREMIUM)」のほうがよっぽど “メガ味噌” でした。

それくらいの気概で挑んだ私の期待値とイメージにも問題があったことは認めますが、とりあえず赤味噌のコクとキレが両立した輪郭のあるスープ、また豚骨や味噌が濃厚なコクのあるテイストに期待しているとギャップを感じてしまうことになるでしょう。それから、発酵臭(酒精?)も人を選ぶターニングポイントになると思います。

ところどころ具材の生姜が味にアクセントをつけることに寄与していたのですが、塩気のキレと稀に飛び込んでくる生姜の他にメリハリがなかったので、アレンジ用に山椒やアオサ、一味唐辛子や七味唐辛子(こっちがオススメ)などを用意しておいたほうが安心かもしれません。