東洋水産「MARUCHAN QTTA フライドチキン味」やみつき度MAXな超スナック系の第3弾

東洋水産

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年10月15日(月)新発売のカップ麺、東洋水産「MARUCHAN QTTA(クッタ)フライドチキン味」の実食レビューです。

やみつき度MAXな超スナック系カップ麺の第3弾として開発され、すでにレポ済みの同時発売品「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」と同じく “「ファストフード」の味わいを再現したラーメン” がテーマの変わり種がリリースされました。

フライドチキン味のカップラーメンは美味しい?まずい?ちゃんと味は再現できてるの?実際に食べてみた感想と経験をもとに評価し、その疑問を解消します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

何事?! フライドチキン味のカップ麺

以前、ケンタッキーフライドチキンに通い詰めていた時期があって、その味を家で再現したこともあるんですけど、別に今回はKFCの関連商品ではありません。ただ、やっぱりフライドチキンと聞いてパッと思い浮かぶ味のイメージって、ハーランド・デーヴィッド・サンダース(カーネル・サンダース)が築き上げてきた “あの味” ですよね。

あとはなんだろう‥チキチキボーンとか?(けっこう好きw)先ほども触れたように今回のテーマは「ファストフード」の味わいを再現したラーメンなので、その代表格とも言えるKFCやコンビニホットスナックの立役者と言っても過言ではないファミチキ、Lチキ、ななチキなどのコンビニチキンもイメージの対象でしょうか。

「ハンバーガー味」のフタ上にはバンズのイラストが掲載されていましたが、こちらにはフライドチキンがデザインされています。ただ、どちらも同時発売品なのに同じ茶系統のパッケージなので、一緒に並べてあると店頭で見分けがつきにくいんですよね‥

実際に私も購入の際、隣同士に並べてあった両商品をカゴに入れたつもりが会計の直前にハンバーガー味×2だったことに気が付き、またレジに並び直しました。ええ、こういった凡ミスは後に長く記憶に残る事例です。

ちゃんとハッキリ書いてあるんですけどねw ちなみに「QTTA」の場合、サブタイトルがローマ字だと通年商品(レギュラー商品)、今回のようにカタカナだと数量・期間限定商品と棲み分けが図られています。それでは、 “そっと” 開封してみましょう。

開封

鶏肉加工品、コーン、赤ピーマンが視認できるのですが、この鶏肉加工品はシリーズ初となる “FDフライドチキン” だそうです。FDというのは、フリーズドライの略ですね。

香りは「ポテトスナック」(いづみ製菓)や「ポテトフライ」(東豊製菓)なんかの駄菓子路線かと思ったんですけど、チキチキボーン(日本ハム)とか業務スーパーの冷凍唐揚げ(大容量のやつ)に近い雰囲気かもしれません。

さきほど “そっと” と書きましたが、クッタはポリプロピレン(PP)製の特殊な容器を採用していることが原因か、勢いよく開けると粉末スープがパフッと手前に飛び散ってくるんですよね。ヨーグルトのフタを開けるかの如く、できるだけ圧をかけないのがポイントです。

(※くれぐれも開け口を嫌いな人に向けて開封してはいけません)

製品情報・購入価格

製品名:MARUCHAN QTTA フライドチキン味
販売者:東洋水産
製造所:関西工場
内容量:80g(めん66g)
発売日:2018年10月15日(月)
JANコード:4901990361644
希望小売価格:180円(税抜)

発売地域:全国(CVS・量販店・一般小売店 他)
購入価格:105円(税込)
取得店舗:ローカルスーパー(ミニフレッシュ)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PP)
必要湯量:300ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、植物性たん白、たん白加水分解物、チキンエキス、発酵調味料、しょうゆ、卵白)、添付調味料(粉末野菜、砂糖、チキンエキス、香辛料、食塩、粉末あられ、豚脂、香味油脂、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(鶏肉加工品、コーン、赤ピーマン)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香料、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
えび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

実食開始

別添の小袋は付属していないため、お湯を入れたら3分待つだけなんですけど、待ち時間については「めん」の項目で少しアドバイスします。香りは胡椒を中心とした香辛料とスナック的な趣で、お湯を注ぐ前と調理後のギャップは少ないですね。

ただ、具材が寂しいかなぁ‥初のFDフライドチキンにコストがかかったのかもしれません。それでは、具材のチキンと味の再現度、また個性的なクッタの麺とスープの相性にも注目しながら食べてみます。

1食(80g)当たり

カロリー:350kcal
たん白質:7.4g
脂  質:13.9g
炭水化物:48.9g
食塩相当量:4.0g
(めん・かやく:2.0g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:144mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
エネルギー:350kcal(めん・かやく:305kcal)(スープ:45kcal)

めん

チキンの旨味で味を付け、ラードを使用した油で揚げ香ばしい風味を加えた、スナック感のある麺。「つやもち製法」により、なめらかな食感に仕上げました。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

スナック感がプラスに作用

クッタの「超スナック系」に使われている共通の油揚げ麺で、同時発売品の「ハンバーガー味」と同じです。3分ジャストだと開封してすぐ見える表面の部分(粉末スープが多く付着している部分)が少し硬いので(その食感が好きならオーライですが)、30秒〜1分ほど長めに待つ、もしくは2分ちょっと経過した時に箸でグルッと天地返しを行って残り1分ほど待つのが得策かもしれません。

幅の広い縮れた平打ち麺で、かなりスープとの一体感が高く、精製ラードの芳ばしい風味もフライドチキンを意識しているスパイシーなスープに対してプラスに作用しています。そのスパイシーなスープの香辛料があったからこそ、油揚げ麺特有のコクも間延びすることはありませんでした。

あまり食感の強いタイプではありませんが、今回は特に一体感が印象に残ったので、すぐに食べ始めるのでなく、ちょっと馴染ませるのがオススメです。

スープ

香辛料と香ばしさのあるチキンの風味を利かせた、スパイシーなスープ。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

あ、再現度けっこう高いw

超スナック系クッタのスープはジャガイモを中心とした粉末野菜の含有量が多く、わりと「ハンバーガー味」はサラッとしていたのですが、「フライドチキン味」はザラついた舌触り。それによって濃厚さが加速し、物量的な食べ応えもアップします。とろみ剤で付けられた不自然な粘性率ではなく、ポテトだから自然なんですよね。

それについてはフライドチキンと何の関係もないんですけど(サイドメニューのフライドポテトと強引に紐付けられないこともありませんがw)きちんとチキンの旨味も意識されていて、しっかり香辛料のスパイス感を体現。反面、あまりハーブは意識されておらず、ケンタッキーほど奥深い複雑味ではありませんし、チキチキボーンほどスパイシーでもないんですけど、例に挙げた冷凍唐揚げや電子レンジで加熱するタイプの鶏肉加工品に近く、落とし所を履き違えた味ではありません。

粉末野菜(ジャガイモ)の存在感でスパイスをかけたシャカシャカポテト的なイメージが瞬間的に過ったりもしたんですけどw いい意味でチープなフライドチキンのイメージは掴めると思います。

かやく

鶏肉加工品、コーン、赤ピーマン。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

うーん、ちょっと寂しいかも‥

唐揚げとフライドチキンの区別は洋風・和風、また鶏肉に下味を付けてから揚げたものが唐揚げ、鶏肉ではなく衣にハーブやスパイスなどで味付けを施して揚げたものがフライドチキン、というのが一般的な見解になるのですが、おそらくFDフライドチキンは中の鶏肉にも下味を施していると思います。

食感は少しパサついていたのですが、それこそ業務スーパーの冷凍唐揚げを電子レンジで加熱して、あ‥ちょっと失敗したかな?まぁいけるだろうw くらいの食感(伝わってますかねw)。つまり、まったくもって許容範囲内です。

もちろん衣のサクッと感は望めませんが、スパイシーで洋風な味付けから唐揚げよりもフライドチキンの雰囲気。肉質もナゲット(成型肉)ではなく鶏肉だったので、そこも好印象だったポイントでした。

コーンと赤ピーマンで彩りもよかったんですけど、全体的に見て絶対量が少ないですね。コーンは普通に美味しかったし、赤ピーマンもホロ苦さと甘味が嬉しいアクセントでしたが、フライドチキンの観点から見ると蛇足的な存在と言えなくもありませんよね。

いっそ具材はFDチキンのみに特化してスープのハーブやスパイスをガンガンに効かせたほうが楽しかったかも‥いや、でもカップ麺としてのバランスは今回の構成で正解かもしれません。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
(標準は★3です)

やや保守的な仕上がりにも思えた反面、押さえるべきポイントはソツなく押さえていたので、けっこう再現度は高いと思います。主に香辛料はハーブではなくペッパー系が主体だったので、あまり複雑で奥行きのある味ではなかったんですけど、落とし所の分かりやすさは逆に評価すべきポイントかもしれません。

具材の量的な寂しさが否めないところではあるものの、FDフライドチキンは雰囲気の演出に寄与しており、ひとつのカップ麺として単純に美味しいか不味いかでいえば美味しかったです。食べた人に「はぁ~、くった~」とホッと一息ついて前向きな気持ちになってもらいたい、そんな「QTTA」のスローガンも体現できていたと感じました。粉末野菜がポイントですね、粉末野菜。

個人的には、「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」よりもオススメです。