「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」“どんぎつね” に化かされた‥

日清食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年11月26日(月)新発売のカップ麺、日清食品「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」の実食レビューです。

話題の “どんぎつね” 吉岡里帆さん考案によるアイデアレシピ第2弾! 彼女のこだわりが詰まった冬にピッタリのどん兵衛がリリースされました。

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

どん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん

「日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば」と同時にリリースされた冬仕様の期間限定どん兵衛で、2017年11月20日(月)発売のアイディアどん兵衛(うどんサイド)第1弾も “あんかけ” がテーマの「生姜香る鶏塩あんかけうどん」でした。

昨年は別添の生おろし生姜がサプライズで、もう少しトロミが強いと嬉しかったかなぁ‥などと思っていたのですが、今年は打って変わって「明太風あんかけ」と新鮮味を感じる変わり種。まるで明太子のような味わいが楽しめる新具材、「明太風かまぼこ」が入っているそうです。

でも、パッケージには「※明太風の具材は魚肉練り製品です」と注意書きがあるんですよね。先週、「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」に “ほぼウニ” という魚肉練り製品が起用されていたのですが(見た目はカラスミっぽかったけどw)、かまぼこっぽい食感ではなく、ふわっふわの口当たりでした。なので、今回も大きく化けるかもしれません。

「どん兵衛」の「どん」から起用にヒョコッ、と姿を見せている “どんぎつね” こと吉岡里帆(よしおか りほ)さんは、1993年1月15日生まれの京都府出身、A-Team.Inc(エーチーム)に所属している女優さんで、日清食品では2017年から “どんぎつね” としてCMキャラクター・広報として活躍中です。

星野源さん共演、「どん兵衛」から現れる “どんぎつね” のCMを見た視聴者の方から、「どん兵衛を食べても出てこない!」という声が多く寄せられたそうで(逆に出てきても困るでしょうに‥w)その声に応えるべく、なんとスマホ用の「どん兵衛ARアプリ」が開発されました。で、ちゃんと出てきましたよ(笑)(※星野源さんも出てきます)

対象商品は「日清のどん兵衛 きつねうどん / 天ぷらそば」なんですけど、北海道限定「北のどん兵衛」からも出てきました。今回の「とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」にARアプリをかざしても出てきませんでしたが、ARなしで登場の特別パッケージなので、ご安心ください。

それでは、開封して中身をチェックしてみましょう。(※余談ですが、「どんぎつね」は「ポンスキー」というポメラニアンとシベリアンハスキーの “ミックス犬” なので、狐ではありません)

開封

別添の小袋は「粉末スープ」と「かやく」の合計2袋構成で、どんぎつねは開封しても出てきません。くれぐれも、日清食品にクレームの電話は入れないようにしましょう。小袋の色は黄とピンク、おそらく具材の卵と明太風かまぼこをイメージしたものと思われるのですが、統一感があっていいですね。

で、ちょっとマニア的な話になるんですけど、今回の必要なお湯の目安量は380mlと「きつねうどん」(410ml)よりも少ないので、どん兵衛の廉価版シリーズ「日清御膳」などにも使われている容器の底に三重丸が刻まれたカップになっていました。お湯の目安量が異なると内側にある線の位置も変わるため、このように使い分けています。

ちなみに「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」は、11月27日(火)から販売されるローソンの新商品として、ローソンの公式ホームページでも紹介されているのですが、確認したところJANコード(バーコードの数字)は同じでした。

よーく見ると、今回のパッケージには写っていない “花形かまぼこ” が描かれていたりするのですが(「明太風」の左上)、おそらくローソンのホームページには企画段階途中のパッケージを採用しているので、その関係でしょう。(※よくあります。ふちがセロハンテープでとめてあったりとかw)

製品情報・購入価格

製品名:日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん
製造者:日清食品
製造所:静岡工場(製造所固有記号:F)
内容量:80g(めん66g)
発売日:2018年11月26日(月)
JANコード:4902105251010
希望小売価格:180円(税別)

発売地域:全国(全チャネル販売)
購入価格:127円(税込)
取得店舗:イオン

麺の種類:油揚げ麺
スタイル:どんぶり型レギュラーサイズ
容器材質:プラ(PS)
湯量目安:380ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋(粉末スープ・かやく)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(食塩、糖類、粉末しょうゆ、魚粉、たらこ、魚介調味料、卵粉、昆布調味料、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(卵、魚肉練り製品、ねぎ)/ 加工でん粉、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、香料、カラメル色素、ベニコウジ色素、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)カロチノイド色素、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・鶏肉・さば・大豆・ゼラチン

実食開始

今回は後入れの小袋がないので、「粉末スープ」「かやく」どちらも熱湯を注ぐ前に開封します。かやくパックに入っていた具材は明太風かまぼこ、たまご、ねぎなので、花形かまぼこは入っていません。なんか、明太風かまぼこの見た目がアレですね、ノーベルの「梅ねり」(お菓子)っぽいw

明太風かまぼこからは特に明太子っぽい香りとかは感じなかったんですけど、粉末スープを開封するとピンク色の粉末が入っていて、スープの原材料にも「たらこ」とあります。最初に一瞬‥え、ピーナッツ? みたいな雑味が混ざっていたので、ちょっと驚いたのですが、端的に表現すると「たらこふりかけ」+魚醤っぽいニオイです。

さて、5分後にフタを開けたら、 “しっかり” 混ぜてください。というのも、今回の粉末スープにはトロミ成分が含まれていて、かなり高粘度なんです。30秒は短すぎ、最短でも1分は混ぜ続けたほうが安全。さらに私は2分ほど混ぜ続けましたが、どんどん粘度が増していったので、ちょっと止め時がわかりませんでした。

それでは、実際に食べてみましょう。「めん」「つゆ」「かやく」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。

1食(80g)当たり

カロリー:353kcal
たん白質:6.5g
脂  質:14.6g
炭水化物:48.8g
食塩相当量:5.5g
(めん・かやく:1.9g)
(スープ:3.6g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:143mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
熱量:353kcal(めん・かやく:343kcal)(スープ:10kcal)

めん

どん兵衛ならではの、もっちりとしたつるみのあるうどん。

(出典:日清食品「ニュースリリース」)

いつものストレート麺

おそらく「日清のどん兵衛 きつねうどん」と同じ油揚げ麺にだと思うのですが、期間限定の変わり種だと麺の量が「きつねうどん」の74gと比較して66gと気持ち少なめになります。ただ、実は同シリーズの「カレーうどん」も麺の量は66gなんですよ。(ちなみに「肉うどん」と「かき揚げ天ぷらうどん」は70gと微妙に麺の量が違う)

ちょっと普段よりも柔らかめだったんですけど、おそらく混ぜ時間+撮影時間+保温能力に優れたあんかけ風つゆということで、そのように感じただけだと思います。撮影前に弾力を確認してみたところ、 “いつもの” どん兵衛でした。

ただ、実際につゆの温度は長時間キープされるので、10分どん兵衛すると13分どん兵衛くらいのニュアンスが生じるかもしれません(※とろみ成分の関係で混ぜずに長時間放置はオススメできませんが)。とはいえ柔らかめの状態も優しくて印象は悪くなかったし、フライングすると独特の “ふっくら” もっちり食感が楽しめないので、きちんと5分(徹底的に混ぜる気概なら4分30秒)待ちましょう。

つゆ

和風だしをベースに明太子の風味をアクセントにきかせた、まろやかな口あたりのあんかけつゆ。

(出典:日清食品「ニュースリリース」)

しっかり餡掛け!

昨年は “あんかけ” というタイトルのわりに粘度の低さが気になったんですけど、今年はバッチリあんかけです。実食前にも触れましたが、混ぜれば混ぜるほど粘性率が上昇し、このまま厚揚げ豆腐とかにかけて鰹節、生姜、ネギを散らしたら一品になりそうな雰囲気です。

味付けの基本は食塩と粉末しょうゆなんですけど、たらこ “加工品” ではなく「たらこ」が入っていて(あんまり違いは理解してないけど響きとしては漠然と自然なイメージ)、味わいとしては明太子の‥そう、これ “明太” なんです。そんなに辛くないのですが、ピリッと唐辛子のアクセントを感じました。

魚介調味料は魚醤系の成分構成なのか、それっぽい風味が明太風の印象にマッチしていて、昆布調味料の旨味が土台を支えます。味の方向性としては、うどんつゆというよりも明太子の味付けに近いかも。ただ、しっかり “あんかけ” が好印象だった反面、明太ほんのりなので、後半は抑揚のなさを覚えるかもしれません。

かやく

まるで明太子のような味わいが楽しめる「明太風かまぼこ」、かきたま、ネギ。

(出典:日清食品「ニュースリリース」)

どんぎつねに化かされた‥

明太風かまぼこスゴいですよ‥原材料名が「魚肉練り製品」なので、いちおう名目上としては「かまぼこ」としているのでしょうけれど、実際の舌触りは加熱した時の明太子に近く、口に入れて解けると明太子らしいリアルな粒感が伝わってきます。

かまぼこっぽさは皆無に等しく、前述した「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」の “ほぼウニ” と比較しても食感は別物。さらに、つゆの味付けも相俟って、なるほど明太風とは恐れ入りました。

かきたまはたっぷり、ふんわり優しい口当たりで、たまごの優しい風味も粘度の高い餡掛け風つゆとマッチ。それとは対比を描くようなネギの歯触りと風味も気分転換に心地よく、それぞれの存在感とたまごの量から、どん兵衛の変わり種に有り勝ちがった具材に貧弱なイメージはなかったです。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
(標準は★3です)

ばっちり “あんかけ” だった高粘度つゆ(※しっかり混ぜましょう)は好印象だった反面、味としては無難な印象で、後半は少しピンボケが否めませんでした。味だけで評価したら★3が妥当な気もしたのですが、具材の明太風かまぼこに関しては素晴らしいですね。ほぼ明太子、特に食感。

これまでにもサンヨー食品×かねふくコラボから本物の明太子を使用した明太そぼろが何度も採用されており、風味のリアリティについては比較して劣るものの、リアルな歯触りと舌触りに大きなサイズから存在感は記憶に強く残るレベルだったので、その後にリピートしたくなるタイプのカップ麺にはならないかもしれませんが、とりあえず一見の価値ありかと思います。

おそらく同じだと思うのですが、もし火曜日からローソン各店で販売される「日清食品 どん兵衛 とろつゆ明太風あんかけうどん」と今回の「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」に大きな違いがあった場合、あらためて比較・実食レビューしますね。