「カップヌードル 味噌」待望の新定番! レギュラーサイズみそ新登場

日清食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2019年4月1日(月)新発売のカップ麺、日清食品「カップヌードル 味噌 3種の味噌を合わせた濃厚仕立て」の実食レビューです。

ついにカップヌードルから待望の新定番「カップヌードル みそ」の標準レギュラーサイズ版が新登場!

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

カップヌードル 味噌

2018年4月2日(月)——シニア世代に向けた「ミニ」だけの特別な味として発売されたミニサイズの通年商品「カップヌードル 味噌 ミニ」が大好評につき、多くのファンからレギュラーサイズ化の要望が寄せられ、ちょうどミニの発売から約1年後となる今回、その要望に日清食品が応えて満を持す「カップヌードル 味噌」のレギュラーサイズ(通常サイズ)化が叶いました。

甘みのある麦味噌をベースに赤・白の米味噌など、3種の味噌をブレンドし、香味野菜の生姜(しょうが)と大蒜(にんにく)を効かせることで、濃厚な味わいにスッキリとした後口を両立した仕上がりが多くの固定ファンを獲得しているカップヌードルの味噌。しかし、レギュラーサイズの「カップヌードルみそ」が発売されるのは、今回が初めてのことではありません。



初版となる「カップヌードル MISO(初代)」が発売されたのは、時を遡ること1992年。ファンクの帝王といわれたジェームズ・ブラウン(James Brown)をTVCMに起用し、自身の楽曲『Get Up(I Feel Like Being Like A)Sex Machine』で特に印象的なフレーズ「Get Up!」を「ミソンパ!」に置き換えたシュールなCMが一世を風靡したのですが、ファンクの帝王を “ミソンパおじさん” などと呼ぶ失礼な子どもたちが後を絶たない状況になるほど大きな話題になりました。

初代はカニと味噌の旨味をアピールしていたのですが、2005年に自動販売機専売商品として「カップヌードル MISO(2代目)」を発売。その後、2006年11月に「カップヌードル」シリーズの新メニューとして「カップヌードルMISO(3代目)」が登場し、2007年10月9日にリニューアルしているのですが、しれっと2009年に生産終了となって以来、純粋なレギュラーサイズの「カップヌードルみそ」は発売されていないので、今回およそ10年ぶりの復活となります。

初代「みそ」が登場した時のミソンパおじさんも強烈でしたがw 人工知能・AIが様々な分野で活用を期待されている昨今、2019年4月発売品となる「カップヌードル味噌」のCMにはバーチャルYouTuber(ユーチューバー)のキズナアイさんを起用し、CMタレントにAIを導入することを決定。

すでにカップヌードルの公式ツイッターアカウント(@cupnoodle_jp)が完成したCMを自身のタイムラインに公開しているのですが、ドローンを使ってキズナアイさんを投影したホログラムを映写するという、なんともハイテクな最新技術を駆使したCMとなっており、新発売となった「みそ」の他にも定番の「欧風チーズカレー」と「しお」のパッケージカラーに合わせた彼女の衣装も披露されました。

マキシマムザホルモンの楽曲が元ネタの『maximum the hormone Ⅱ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~替え歌』をBGMに提げた「日清焼そばU.F.O.」の超絶ハードな新CM、「マキシマム ザ 輝夜月2 篇 2020」のCMキャラクターに業界初の試みとして起用された日本一濃厚なVユーチューバー・輝夜月(かぐや るな)さんも話題になりましたが、どんだけ次世代なんだってくらい日清食品はいつの時代も革新的な攻めのスタンスですよね。

また、 “にこるん” こと藤田ニコルさんがブランドのアドバイザーに就任し、カップヌードルと女子のエンゲージメント創出に向けた企画を開始したことや、公式ツイッターアカウントから “おかげさまでカップヌードルは発売から48年。「正座で食事」の時代に、歩行者天国で若者たちに「食べ歩き」させて、大人たちに「けしからん」と怒られたんだよなぁ。思えばここからずう~っと僕たちは「けしからん」なんだなぁ・・・” という粋なツイートが発信されたことも話題になっています。



常に時代の流れと幅広い年代のファンの心を掴んでいるような印象ですが、日清食品の調査によると1都3県の20歳~49歳男女100人を対象に「塩むすび」と「カップヌードル ミニ」の「レギュラー」「カレー」「シーフード」「味噌」の食べ合わせ調査を実施した結果、みごと「カップヌードル 味噌 ミニ」がカップヌードルの中で「もっとも『おむすびに合うランキング』第1位」を獲得。

「レギュラー」「シーフード」「カレー」などに続く定番化を目指し、「みそ」の発売と同日にリニューアルされた「しお」や定番の「欧風チーズカレー」と肩を並べる「新時代スタンダード」としてアピールされている今回の新商品は、そんな話題性に負けない実力の持ち主なのでしょうか——

開封

フタの上に小袋などは別添されていないので、フタを半分あけたら熱湯を注ぐだけの簡単調理となっています。以前、カップヌードル初の “エナジー系” として発売された味噌テイストの変わり種、「カップヌードル エナジー味噌ジンジャー ビッグ」には “ゴールデンジンジャーフレーバーオイル” なるオイルが別添されていたのですが、今回そのような飛び道具はありません。



具材の構成は謎肉ライクな味付豚ミンチ、キャベツ、コーン、人参、ネギのラインナップで、「カップヌードル 味噌 ミニ」と同じ構成です。今回は特にカニの旨味などはアピールされていませんが、粉末煮干や魚醤の香りが相俟って、やわらかい味噌の香りとともに魚介系の旨味を覚える芳醇な香りには思わず無条件でホッとしました。

私は日清食品グループの公式オンラインストアで購入していますが、ネット通販サイト限定のカップ麺ではありません。一般的なスーパーマーケットやドラッグストア、ディスカウントストア、火曜日からは全国のコンビニエンストアを含む全チャネル販売商品です。スーパーなら税込130円前後、コンビニなら税込184円が相場なんですけど、日清食品の公式オンラインストアで買うと税込194円‥‥地味に高いw。

製品詳細情報・購入価格等

製品名:カップヌードル 味噌
製造者:日清食品株式会社
製造所:関東工場(製造所固有記号 A)
内容量:83g(めん60g)
JANコード:4902105244838
規格サイズ:縦96mm×横96mm×高さ107mm

発売日:2019年04月01日(月)
発売地域:全国(全チャネル販売)
取得店舗:ネット通販サイト(日清食品グループ オンラインストア)
商品購入価格:194円(税込)
希望小売価格:180円(税別)

麺の種類:油揚げ麺(中華麺・ヌードル)
スタイル:縦型レギュラーサイズ
容器材質:紙
湯量目安:320ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-(小袋なし)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)、スープ(粉末みそ、糖類、ごま、大豆粉末、ポーク調味料、みそ調味料、豚脂、香辛料、チキン調味料、魚醤、酵母エキス、煮干し粉末)、かやく(味付豚ミンチ、キャベツ、コーン、人参、ねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、香辛料抽出物、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
【アレルゲン情報】小麦・卵・乳成分・鶏肉・豚肉・大豆・ごま(食品衛生法で義務付けられた特定原材料7品目と表示が推奨されている20品目の合計27品目について掲載)

実食開始

「カップヌードル 味噌 ミニ」の油揚げ麺には「カップヌードル カレー」と同じ麺(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、ポークエキス、チキンエキス、たん白加水分解物)が採用されているのですが、今回その原材料名とは一致しません。ただ、調理前の見た目は親しみのある雰囲気で、警戒心を与えない “いつもの” イメージです。



通常サイズのカップヌードル(レギュラー)は麺量65gですが、それ以外のフレーバーは基本的に60gとなっていて、今回も例に漏れず麺量60gの平均的な値。「カップヌードル ミニ」はレギュラー、カレー、シーフード、味噌すべて麺量30gなので、ジャスト2倍ということになります。それにしてもイイ香り‥w 先ほど魚醤について触れましたが、ガーリックとジンジャーもキーマンですね。

さて、完成です。完成直後の具材量はカップヌードルシリーズ的に8割くらいのボリュームに見えますが、極端に少ないわけではないですね。それから少し粉末スープにとろみ成分が仕込んであるように思いましたが、軽く口当たりがまろやかになるような粘性率で、不自然な粘土ではありません。それでは、ミニサイズの定番商品「カップヌードル 味噌 ミニ」との違いや共通点に注目しつつ、「めん」「スープ」「具材」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。

栄養成分表示:1食(83g)当たり

熱  量:391kcal(カロリー)
たん白質:9.9g
脂  質:17.9g
炭水化物:47.5g
食塩相当量:5.2g
(めん・かやく:1.9g)
   (スープ:3.3g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:216mg

参考値(調理直後に分別して分析)
熱量:391kcal(めん・かやく:320kcal)(スープ:71kcal)
※当ブログに掲載している「原材料名」及び「アレルゲン情報」並びに「栄養成分表示」などの値は実食時点の現品に基づいたもので、メーカーの都合により予告なく変更される場合があります。ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品パッケージに記載されている情報を必ずご確認ください。

めん

カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺。

(出典:日清食品グループ公式ウェブサイト「ニュース > プレスリリース >『カップヌードル 味噌』」)

ベストバランス

「ミニ」と比較して原材料名は一致しないと書きましたが、今回の原材料(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)は期間限定の変わり種として販売されているカレー系統の亜種製品及び「海老の濃厚トマトクリーム」や「ラザニア風 チーズミートソース味」などと同じ構成です。とはいえ違いといえばチキンエキスとポークエキスの順序が逆転していることや、ポーク調味料が末端に追記されていることくらい——

ただ、これについては以前まで「ポークエキス」に要約されていた原材料名を新食品表示に対応させるために、ちょっと書き直しているだけ‥という理由も考えられます(もしかすると近いうちにマイナーチェンジするかも)。それに麺のサイズも通常の「カップヌードル(レギュラー)」よりも広めの幅にカットされているのですが、これも「カップヌードル カレー」と共通する項目です。



だいたい通常のカップヌードル(レギュラー)と比較して1mmほど幅の広いヌードルタイプの油揚げ麺が採用されているのですが、ほとんど体感的な差もなかったので、カップヌードルカレーに使われている油揚げ麺が入っている、というイメージの認識で問題ありません。今回のスープは優しくて深みのあるコクと力強いキレを兼ね備えていたので、カップヌードルのアイデンティティを確立させつつ太めのサイズが相性ばっちりでした。

スープ

3種類の味噌 (麦味噌、赤味噌、白味噌) を使用した濃厚なスープ。ショウガとニンニクでピリッとしたアクセントを加え、すっきりとした後味に仕上げました。

(出典:日清食品グループ公式ウェブサイト「ニュース > プレスリリース >『カップヌードル 味噌』」)

カップヌードルでは珍しい純和風テイスト

「カップヌルードル 味噌 ミニ」と比較して、原材料名の並び(使用されている原材料の含有量)に若干の違いはありますが、基本の味を守りつつレギュラーサイズ化に向けて味のバランスを調整しているような印象で、ほぼスープの構成は同じです。味の違いは「ミニ」よりも輪郭があるというか、味噌汁代わりではなく単品で主食になるサイズに合わせて濃いめに仕上げ、くっきりとした味付けを意識しているような印象を受けました。

甘みのある麦味噌をベースに赤味噌で味のアウトラインを引き締めながら、赤味噌が尖りすぎないように柔らかい白味噌が軽く赤味噌を包んで奥行きを深め、ちゃんと3種の味噌それぞれの個性を打ち出しつつ絶妙なバランスでブレンド。しっかりと味噌の力強さを感じるのですが、味噌ラーメンにキレを求めている方でも味噌の主張が強過ぎると苦手な方でも万人が楽しめそうなバランスに仕上がっている、これは実に素晴らしい着地点ですよ。

さらに生姜やニンニクによる香味野菜のキレと多めに入っていた擂り胡麻(すりごま)の芳ばしさが味にパンチを与え、製品説明には “ショウガとニンニクでピリッとしたアクセントを加え” とあるように、絶妙なピリッと感で濃厚なテイストでも最後まで飽きません。動物系のコクも丁寧で不足はなく、さらに隠し味の魚醤と煮干が動物系では出せない旨味で味を複雑にし、カップヌードルとしては珍しい純和風スープに仕上がっているのですが、ヌードルタイプの油揚げ麺との相性もバッチリ。ご当地ラーメンに例えたら、ラードの油膜が張っていない濃厚な札幌みそラーメンみたいなイメージですね。

具材

味付豚ミンチ、キャベツ、コーン、ニンジン、ネギ。

(出典:日清食品グループ公式ウェブサイト「ニュース > プレスリリース >『カップヌードル 味噌』」)

ちょっと量は少ないが味付豚ミンチの存在感大

「カップヌードル」=お湯を注いでフタを開けたら麺が見えないほど具沢山! というイメージが強かったりするのですが、チリトマトヌードルや欧州チーズカレー、トムヤムクンヌードルなど、定番の御三家(レギュラー・シーフード・カレー)以外は例に漏れることもありますし、謎肉ライクな味付豚ミンチ7.5個は食べ応えがあって好印象。

かなりスープが濃厚だったので、もうちょっとキャベツが多いと嬉しかったんですけど、ワイルドでジャンクな味付豚ミンチが全体の力強さを後押ししつつカップヌードルのアイデンティティを揺るぎないものにし、甘いコーンとコリコリ食感の人参もスープとマッチ。お湯を注いでから待っている間、味付豚ミンチは麺の上に鎮座すしていることで水分から遠く、やや陸の孤島状態に近かったので、熱湯3分後しばらくスープの中に浸けてケアしてあげるといいかもしれません。

今回のスープと相性が良さそうなモヤシとかニラが入っていたら、もっともっと満足感がアップしそうに思えたんですけど、それについては来年か再来年のテコ入れリニューアル時、または大盛サイズの「カップヌードル 味噌 ビッグ」での採用に期待しています。いや、あくまでリニューアル予定もビッグサイズ版の発売予定も勝手な憶測ですがw でも大盛り版のBIGについては、そのうち開発されそうですよね(※ご検討ください)。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(★5)

通常サイズのレギュラー商品として復活を遂げた今回の新商品「カップヌードル 味噌」ですが、何度でも食べたくなるような飽きのこない味わいから定番商品らしい安定感を打ち出し、万人ウケするタイプでありながら濃すぎることも味気ないこともない濃厚な味わいの味噌スープが絶妙で、正直これといって文句の付け所が見当たらない仕上がりでした。

オーソドックスで奇抜な印象の無さも定番商品としてはプラスに評価できるポイントですし、純和風でありながら裏切ることなくカップヌードルらしさを踏襲。ミニサイズの「カップヌードル 味噌 ミニ」が好きだった方はもちろん、それをレギュラーサイズで食べたいと思っていた方は特に高い満足感が得られるでしょう(※ただしスープの味はミニよりも濃くなっています)。

強いて言えば具材にモヤシが欲しかったかなぁ、という細やかな不満が無きにしも非ずではあったものの、これまで通りコンビニの塩おにぎりや白ご飯とも相性抜群なテイストですし、完成度の高い丁寧な作り込みから当ブログでは高評価となる★5即決でした。「欧風チーズカレー」や4代目(5代目?)となるレギュラーサイズ「みそ」の発売と同時にリニューアルされた「しお」と同じように、今度こそ「新時代スタンダード」の定番商品として末永く販売を続けてもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました