週報:今週の新商品(2019年4月第1週)

スポンサーリンク
週報:新作カップ麺発売予定

どうも、taka :aです。

2019年4月1日(月)に新発売&リニューアルされるカップ麺をリストにして、これまでの経験に基づいた所感を交えながら各製品の解説を行ない、今週の注目カップ麺を選定しました。

カップ麺の新商品や最新情報、話題のニュースなどが気になる方は(こっそり公式未発表のタイトルも公開しているので)、お時間よろしければ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

今週の新作カップ麺情報

2019年4月1日(月)新発売のカップ麺

日清食品
カップヌードル 味噌 180円 全国
カップヌードル しお 180円 全国
日清麺職人 台湾麺線風鰹とろみそば 180円 全国
・日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば 180円 全国

明星食品
明星 中華三昧タテ型 ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺 210円 全国

東洋水産
マルちゃん正麺 カップ 焼そば 220円 全国
・マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺 220円 全国
マルちゃん 赤いきつねうどん 浜松まつり 180円 静岡限定
・マルちゃん 緑のたぬき天そば 浜松まつり 180円 静岡限定
※2019年4月上旬より限定発売「浜松まつり」共産記念パッケージ商品
マルちゃん バリうま ごぼ天うどん 博多どんたく 180円 九州限定
・マルちゃん バリうま 黒とんこつ 博多どんたく 180円 九州限定
※2019年3月下旬より限定発売「博多どんたく港まつり」協賛記念パッケージ商品



エースコック
タテロング THE中華 ラー油を利かせた野菜タンメン 205円 全国
産経新聞 大阪ラーメン あまから醤油 180円 全国
焼そばモッチッチ 180円 全国
・塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし 180円 全国
ワンタンメンどんぶり タンメン味 180円 全国
・ミニワンタンメン タンメン味 180円 全国
※こぶた誕生60周年バースデー記念パッケージ

サンヨー食品
・サッポロ一番 カップスター しょうゆ味 復刻版 180円 全国

まるか食品
ペヤング かきあげ味やきそば 175円 全国
※関東のセブンイレブン先行発売品から4月1日より一般販売開始。

▼即席袋麺の新商品及びリニューアル商品
お椀で食べるどん兵衛 ゆず香る鯛だしおそうめん 3食パック 230円 全国
(袋)ワンタンメン 5食パック 525円 全国
・(袋)ワンタンメン 関西だししょうゆ 5食パック 525円 全国
※こぶた誕生60周年バースデー記念パッケージ
・カルディオリジナル くりぃみぃ担担麺 159円 カルディ限定
・真麺堂 台湾汁なし刀削麺(醤油味)165円 カルディ限定

▼先週発売分のリスト未掲載カップ麺
・日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て 180円全国
・サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨 205円 全国
・サッポロ一番 ポケモンヌードル しょうゆ味 130円 全国
・サッポロ一番 ポケモンヌードル シーフード味 130円 全国
All-in PASTA 400円(袋タイプ・パスタのみ)
・All-in PASTA SAUCE ボロネーゼ 500円(別売ソース)
・All-in PASTA SAUCE ジェノベーゼ 500円(別売ソース)
・All-in PASTA SAUCE アラビアータ 500円(別売ソース)
・All-in PASTA 粗挽き牛肉のコクと旨みの濃厚ボロネーゼ 600円(カップタイプ)
・All-in PASTA 国産バジルを贅沢に使った香りとコクのジェノベーゼ 600円(カップタイプ)
・All-in PASTA 完熟トマトに唐辛子をきかせたスパイシーアラビアータ 600円(カップタイプ)
※「All-in PASTA」各種、「日清食品グループ オンラインストア」及び「LOHACO」限定発売品。



キャンペーン情報
チキンラーメン×ぐでたま #ぐでチキキャンペーン
明星 一平ちゃん夜店の焼そば×名探偵コナンキャンペーン
マルちゃん「早チャン! 夏休み満喫」 キャンペーン(チルドめん対象)
マルちゃん「平成最後の冷し中華を食べて投稿しよう!」キャンペーン(チルドめん対象)
マルちゃん焼そば「おこづかいプレゼント」キャンペーン(チルドめん対象)

・掲載している表示価格は税別です
・同時発売品等の重複したURLは省いています
・上記のリンク先は販売者及び取扱店の公式ページです

解説と所感

日清食品

カップヌードル 味噌

世界初のカップ麺「カップヌードル」から待望の新定番「味噌」が登場! これまで2018年4月2日に発売されたミニサイズ商品、「カップヌードル 味噌 ミニ」でのみ展開されていた味噌がテーマの和風フレーバーでしたが、多くの方からレギュラーサイズ化してほしいとの要望があり、この度めでたくレギュラーサイズになりました。

しかも日清食品のニュースリリース(プレスリリース)に “カップヌードルから待望の新定番” と書いてあったので、数量・期間限定のスポット商品ではなく、いきなり通年販売のレギュラー商品という位置付けで発売されます。つい先日、「おだしがおいしいカップヌードル」の「肉だしうどん」と「鶏南蛮そば」がリリースされましたが、カップヌードルも和風化に力を入れ始めたようですね。

3種の味噌(麦味噌、赤味噌、白味噌)を合わせた濃厚仕立ての「カップヌードル 味噌 ミニ」は、1都3県の20歳~49歳男女100人を対象に「塩むすび」と「カップヌードル ミニ(レギュラー、カレー、シーフード、味噌)」との食べ合わせ調査を実施した結果、みごと “おにぎりに合うランキング第1位” を獲得。ミニサイズの美味しさそのままにレギュラーサイズ化されているのであれば、高評価を叩き出しそうです。

カップヌードル しお

発売以来最大の進化!? 定番カップヌードルの隠れた名作「しお」がSMOKY(スモーキー)&SPICY(スパイシー)をテーマに生まれ変わって新登場! というわけで「カップヌードル しお」は純然たる新商品ではなくリニューアル商品になるのですが、2003年の発売以来、今回のリニューアルによって最大の進化を遂げるのだとか——



「カップヌードル しお(SiO)」が初めて発売されたのは、2003年5月19日の月曜日。カップヌードルブランドの新バリエーションとして開発され、いきなりレギュラー化しました。当初のコンセプトは「鶏の香草焼」をイメージした、バジル&オリーブオイルの洋風しおスープ。2003年当時に盛り上がっていた大リーグをモチーフに、大リーガーのスーパールーキーをイメージしたキャラクターを起用したCMも話題になったのを覚えています。

その後、ホクホクポテトを30%増量したり、2年後にはエキストラバージンオリーブオイルを採用するなど、発売から何度もリニューアルを繰り返しているのですが、最終リニューアルは2016年6月 13日に発売された炭火焼チキン&蒸し鶏のWチキン入りで、カップヌードルシリーズNo.1の具材量となる刷新でした。まだ正式にレビューしたことはないのですが、初めて発売された2003年に食べた時、まさにカップヌードルならではの「しお」だと感動したものです。歴代最大の進化を遂げるということで、仕上がりが楽しみですね。

日清麺職人 台湾麺線風鰹とろみそば / 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば

いま話題!? “まるで、生めん。” のフレーズでおなじみの全粒粉入りノンフライ麺が美味しい「日清麺職人」シリーズから、アジアの麺メニューが手軽に楽しめる新商品「台湾麺線風鰹とろみそば」と「蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」がリリースされます。昨年から引き続きトレンド味覚として「麻辣(マーラー)」が持て囃されていると思いきや、「アジアの麺メニュー」も話題になっているようですね。

台湾のソウルフード「麺線(めんせん)」は以前から話題になっているのとカップ麺でも再現されたことがあるので、まだ聞き覚えのあるフレーズだったんですけど、「蘭州拉麺(らんしゅうラーメン)」というのは初めて耳にしました。中国の蘭州・甘粛省を中心に提供されている牛肉のスープに手打ち麺を合わせたピリッと辛い麺料理で、2017年〜2018年にかけて日本でも話題になっていたのだとか——

正直ぜんぜん知らなかったんですけど、来週(2019年4月8日)にはカップヌードルからも「カップヌードル 蘭州牛肉麺」がリリースされるので、けっこう本気で流行らせようとしているようですね。もしかすると日清食品香港子会社株式の一部売却が一枚嚙んでいるのかも‥? というのは憶測ですが、どちらも具材にパクチーを使用しているようなので、本格さとエスニック感に注目しながらレビューします。

明星食品

明星 中華三昧タテ型 ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺

酸辣湯麺(スーラータンメン)発祥の名店「赤坂榮林(あかさかえいりん)」が監修した本格的な味わいが手軽に楽しめる「中華三昧」ブランドのタテ型カップ麺なんですけど、今回が初めての発売ではなく、2018年10月1日(月)にも「明星 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺」という同じ商品名・同じ製品スタイルで販売されていました。

「明星 中華三昧 赤坂榮林」シリーズは、袋めん、タテ型カップ(レギュラーサイズ)、カップスープ(酸辣湯春雨)を通年商品として展開し、どれも本格的な味わいからクオリティが高く、当ブログでも高く評価しているのですが、今回の縦型ビッグはスポット商品として、数量・期間限定での発売が基本となっているようです。



もう通年商品に格上げしちゃったらいいのに——などと思いつつ、しかも前回発売品と一見して見分けがつかないようなパッケージのデザインですが、今回の発売では2018年10月発売品と比較して麺と具材を強化しているらしく、麺を増量して具材にポークチップを追加しているとのこと。麺増量とポークチックの追加でマイナスが生じていないかが心配ですが、基本的に基礎クオリティの高いブランドなので、発売前から一定の安定感はありますよね。

東洋水産

マルちゃん正麺 カップ 焼そば / 汁なし担々麺

カップ焼そばタイプの人気が高まっていることや日本の平均気温が右肩上がりに上昇していることを背景に、「マルちゃん正麺 カップ」ブランド初の汁なしタイプが登場します。以前からマルちゃん正麺カップの “生麺ゆでてうまいまま製法” のノンフライ麺を実装した汁なしタイプのカップ麺が出たらと密かに願っていたのですが、ついに2011年11月の発売以来、シリーズ初となる「焼そば」と「汁なし担々麺」が開発されました。

「焼そば」にはトマトケチャップをブレンドした液体ソースにポークの旨味を効かせた粉末ソースを合わせ、「汁なし担々麺」には旨味と酸味のバランスが取れたスープにトレンドの花椒(かしょう)を強く効かせているとのこと。さらに新規で開発した「湯切りタイプ」に最適な新容器を採用するなど、徹底的な気合の入れようです。

麺も単純に既存の汎用ノンフライ麺を流用するのではなく、ブランドのアイデンティティともいえる一度ゆでた麺を東洋水産独自の技術で乾燥させる特許製法「生麺ゆでてうまいまま製法」を使用し、2年以上の歳月をかけて新規開発したという湯切りタイプ専用の麺を実装しているらしいので、各ソース・スープの味付けも然る事乍ら新開発の容器やノンフライ麺にも注目ですね。

エースコック

タテロング THE中華 ラー油を利かせた野菜タンメン

中華めん料理を手軽にカップ麺で味わえる新シリーズ「THE中華」第1弾が新登場!「THE 和」は通な大人たちに向けたこだわりの和風カップめんシリーズを題材に、蕎麦(そば)をテーマにしたカップ麺が展開されているのですが、「THE 中華」は「THE 和」の中華麺ブランドと思われる大人の男性をメインターゲットとした新シリーズです。

その記念すべきシリーズ第1弾は、大人の男性をメインターゲットとした特製ラー油で仕上げる「野菜タンメン」がテーマ。飾らないから、うまい――そうパッケージの側面にも書かれているのですが、「リンガーハット」のコラボカップ麺よろしく国産野菜使用しているようで、そんなところにも “こだわり” が見られました。

容器のフタ上には小袋が何も別添されていないので、特製ラー油の小袋(調味油)は事前に容器の中に入っている定番のエースコックスタイルとなっているのですが、「THE和」と同じようにシュリンクフィルムを採用したPPカップを採用。特製ラー油の存在感と国産野菜具材のこだわりも然る事乍ら、麺の仕上がりにも注目です。

産経新聞 大阪ラーメン あまから醤油

産経新聞(産經新聞)社とエースコックが共同開発した異色のコラボご当地カップめんが人気漫画「じゃりン子チエ」とのコラボパッケージで新登場! 産経新聞社の「それゆけ!大阪ラーメン部」と大阪に本社を構えるエースコックが手を取り合い、大阪の食文化ともいえる「あまからの味わい」をコンセプトに共同開発したカップラーメンがリニューアルします。

大阪のご当地ラーメンといえば個人的に「高井田系ラーメン(たかいだけいラーメン)」が思い浮かんだりもするのですが、厳密に大阪のご当地ラーメンは定められていません。そこで産経新聞の記者が “記者の視点” でアプローチし、さまざまな取材の結果に導き出されたのが食材を無駄にしない「始末の料理」と「甘辛(あまから)」という製品の開発コンセプト。

最初に発売されたのは2011年12月5日の月曜日、大阪産(もん)の泉州玉ねぎを使用した甘辛い醤油味のラーメンで、とろろ昆布の入ったタテ型カップ麺として開発されていたのですが、2016年に製品スタイルを「わかめラーメン」と同じレギュラーサイズ・どんぶり型に変更し、「大阪王将」の協力を得てリニューアル。そして今回は連載40周年を迎えた大阪が舞台の人気漫画「じゃりン子チエ」とコラボし、作者・はるき悦巳先生の描き下ろしイラスト(全4種)が入ったパッケージに刷新されます。けっこう重要な立ち位置だった「とろろ昆布」が廃止されたようなので、その変化が気になりますね。

焼そばモッチッチ / 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし

湯戻し時間を5分から4分に短縮!? 定番商品「焼そばモッチッチ」と姉妹品「塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし」が調理時間を熱湯5分から熱湯4分に短縮してリニューアルされます。 “まるで、手作りの” あの焼そばをテーマにした真空仕立て麺が個性的なブランドで、スタイリッシュなホカホカ長続きボックス容器も人気の秘訣。

リニューアル後も引き続きブランドのアイデンティティである「真空仕立て麺」を踏襲しているようですが、調理時間を1分縮めるってすごいことですからね。それに伴うトレードオフが生じていないかどうかが不安なポイントではあるものの、たかが1分、されど1分——特に仕事中の昼休み時間などにカップ麺を召し上がる方にとっては大きな短縮になるのではないでしょうか。

人気モデル・ローラさんを起用したTVCMも話題になっているのですが、今回のリニューアルにあわせて新CMのO.A.(オンエア)も予定されています。容器の材質や形状などの製品スタイルは変わっていないようですが、熱湯4分にリニューアルされた真空仕立て麺の仕上がりが気になるところですし、ソースの味や具材の量などにもビハインドがないかチェックしなければいけません。

サンヨー食品

サッポロ一番 カップスター しょうゆ味 復刻版

1975年1月18日発売当初の味をイメージした「復刻版」カップスターが復活!「週報」公開時現在、まだサンヨー食品公式発表前の新商品になるのですが、2006年10月に限定発売された「復刻版しょうゆ味」が再び登場するとの情報を掴みました。復刻版の復刻版というわけではないんですけど、今回が初の復刻版ではありません。

「カップスター」ブランドのアピールと活性化を促進するため、発売45周年目を迎える「カップスター しょうゆ味」発売当初の味わいとレトロで懐かしいパッケージデザインをイメージし、復刻版として再現した期間限定の新商品。今回の情報を知ったとき、2006年10月発売品は入手できずに食べ損なっていたのを思い出しました。

発売当初から紙製の容器を使い続け、初期の蛇腹型(ギザギザ)デザインは容器を持った時に熱くないようにとの工夫。その後、現在はフラットなデザインの容器に変更されていますが、発売から32年目の2007年に初期のギザギザを踏襲したデザインに回帰し、その一因となったのが2006年10月に発売された復刻版だともいわれています。発売当初の味は記憶にありませんが、漠然と懐旧の念を想起させるような味わいに期待ですね。

今週の展望

いよいよ「平成」が終わり、新元号が発表される記念すべき2019年4月1日発売の新商品カップ麺ですが、今週の注目カップ麺は新発売の「カップヌードル 味噌」と「カップヌードル しお」のリニューアルが気になるところ。そして「マルちゃん正麺 カップ」シリーズ初となる汁なしタイプ、「マルちゃん正麺 カップ 焼そば」と「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」も見逃せません。

そして新たなトレンドとして予想されているアジアの人気ご当地麺メニューを再現した「日清麺職人 台湾麺線風鰹とろみそば」と「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」、「THE和」に続く新ブランド「THE中華」の第1弾「タテロング THE中華 ラー油を利かせた野菜タンメン」、それからロングセラーブランドの復刻版「サッポロ一番 カップスター しょうゆ味 復刻版」が今週の注目したいカップ麺ですね。

また、まるか食品が2019年3月にリリースしていた関東のセブンイレブン先行販売商品「ペヤング かきあげ味やきそば」が全国で一般販売が開始されますし、寿がきや食品の「岐阜タンメン デス辛」や某人気定番PBカップ麺のリニューアルなど、先週にレビューできなかった商品などもあるので、それらと今週のリニューアル品などを織り交ぜながらブログを更新していく予定です。

【悲報】販売30年以上「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」終売

1981年2月、具材にカップ焼そばとして初となるイカを採用した「いか焼そば」を発売。1988年2月に大盛りブームの火付け役となった1.5倍の大盛りタイプ「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」を発売し、ビッグサイズ化の先駆け商品として30年以上となる長年の間、多くのファンに愛され続けてきましたが、2019年3月末の生産をもって “販売終了” となりました。

現在、各販売店の店頭及び倉庫に残っている商品で最後になるのですが、 “様々な変化の中でも多くのお客様のご支持を得て販売をしておりましたが、昨今の市場環境の 変化などを受け、誠に勝手ながら販売を終了することとなりました。” と、メーカーのニュースリリースで発表されています。残念ながら、エイプリル・フールの悪い冗談ではありません。

おそらくですが、原材料(イカ)の高騰により、販売を継続していくことが困難になったのでしょう。そして、2019年3月11日(月)に発売された「スーパーカップ MAX 太麺濃い旨スパイシー焼そば」が後釜入り(後継者)になると思われますが、前任の穴は大きすぎるほどに大きいですね——これは追悼式ならぬ追湯式が必要です。

発売が予定されているカップ麺のマル秘リスト公開

それでは、最後に私の把握している新作カップ麺の発売予定リストを公開します。中には検索しても出てこない公式非公開の未発表タイトルも混ざっているため、発売日が変動する、またはリリースされない場合もあるかもしれませんが、こんなカップ麺が出るかもしれないよー、くらいの軽い気持ちで話のネタにしていただけると幸いです。マル秘リストの新規追加分の公式未発表タイトルは、2019年4月27日発売予定の「マルちゃん正麺 カップ 濃い煮干醤油」が気になりますね。

2019年04月15日
・明星 チャルメラ 油そばカップ
・エースコック CoCo壱番屋 刺激のスパイスカレーラーメン
・エースコック CoCo壱番屋 クリーミーカレーラーメン
・サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば
・サッポロ一番 金沢カレー風ラーメン
・サッポロ一番 北九州門司港焼きカレー風ラーメン
2019年04月22日
・明星 一平ちゃん夜店の焼そば大盛 炙りいか風醤油味
・マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン
・マルちゃん 謹製 山椒香る塩そば
・マルちゃん ごつ盛り 塩担々麺
・マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん
・エースコック 全国ラーメン店マップ 奈良編 天理スタミナラーメン
・エースコック わかめ あさりタンメン
2019年04月22日
・ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン
2019年04月27日
・マルちゃん正麺 カップ 濃い煮干醤油

タイトルとURLをコピーしました