「MARUCHAN QTTA サワークリームオニオン味」2019年ついに再販!

東洋水産

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2019年01月28日(月)新発売のカップ麺、東洋水産「MARUCHAN QTTA サワークリームオニオン味」の実食レビューです。

「超スナック系」QTTA(クッタ)第1弾のサワークリームオニオン味が満を持して復活!

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

QTTA サワークリームオニオン味

「MARUCHAN QTTA」(マルちゃん クッタ)とは、 “しっかりとした食べごたえがあり、食べた人に「はぁ~、くった~」とホッと一息ついて前向きな気持ちになってもらいたい” というコンセプトを掲げ、2017年3月27日(月)に発足した東洋水産のタテ型カップ麺ブランドです。

その変わり種として定期的に新作がリリースされているのが「超スナック系」シリーズで、超スナック系第4弾として発売された同時発売品の「MARUCHAN QTTA わさび&ビーフ味」はレビュー済みなんですけど、今回の「サワークリームオニオン味」は超スナック系QTTA第1弾として2018年1月29日(月)に販売されていました。

ほぼ当時のパッケージデザインを踏襲していますが、「QTTA」の「Q」にサワークリームがトッピングされていたり(笑)、栄養成分表示も初版発売当時の数値と比較してカロリーや脂質、たん白質などの数値が微妙に変わっているので、まったくの再販ではないようです。

当時の記事は現在のブログに移転する前のブログになるのですが、当ブログでは超高評価の「★6」を叩き出しており、主観的な好みでいえば★7と評価していました。あんまりサワーは意識されていなかったんですけど、明白なクリームとオニオンが絶妙で、特に女性からの支持を獲得していたようですが、やはり再販を望む声が多かったようですね。

先月、2019年1月8日(火)放送分の「マツコの知らない世界」(マツコの知らないインスタントラーメンの世界)でも紹介されていたので、見覚えのある方も多いかとは思いますが、私も何度か東洋水産に再販の予定はないかと尋ねており、再販が確定したという知らせを聞いた時には、とても嬉しく思いました。

さて、問題は中身です。実は初版リリース時に箱買いしてリピートしていたのですが、まったく飽きなかったサワークリームオニオン味。そのレベルは落ちていないかどうか、しっかりチェックしたいと思います。それでは、開封してみましょう。あ、QTTAを開封する時は注意してくださいね。というのも‥‥

開封

ヨーグルトのフタじゃないけれど、かなり粉末スープの量が多いので、うっかり開封すると勢いよく手前に粉末スープが飛び散って面倒なことになります。今回まだマシだったんですけど、静電気なのか材質なのか、ひどい時にはフタまで満遍なく粉末スープが張り付いているので、開封前にフタを指で弾いてから開けるといいかもしれません。

「QTTA」の容器を手に取ってみると、一般的なプラ容器のカップ麺よりも明らかに材質が硬いのですが、一般的なプラ容器には電子レンジで溶ける「PS」(ポリスチレン樹脂)が使用されているのに対し、「QTTA」シリーズにはプロピレンを重合させた熱可塑性樹脂「PP」(ポリプロピレン樹脂)が採用されています。

「PP」は電子レンジ加熱にも耐え得る硬い素材になるのですが、カップ麺の場合は電子レンジ調理不可となっているので、試しに放り込んだりしちゃダメですよ。とりあえず別添の小袋などは付いていないので、熱湯を注いで3分待機です。それにしても香りが完全にプリングルズw 明らかに狙ってますよね。

製品情報・購入価格

製品名:MARUCHAN QTTA サワークリームオニオン味
販売者:東洋水産
製造所:関西工場
内容量:87g(めん66g)
発売日:2019年01月28日(月)
実食日:2019年01月31日(木)
JANコード:4901990362351
希望小売価格:180円(税抜)

発売地域:全国(CVS・量販店・一般小売店 他)
購入価格:127円(税込)
取得店舗:イオンリテール

麺の種類:油揚げ麺
スタイル:タテ型レギュラーサイズ
容器材質:プラ(PP)
湯量目安:280ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、植物性たん白、チキンエキス、しょうゆ、卵白)、添付調味料(粉末野菜、豚脂、砂糖、乳等を主要原料とする食品、食塩、香辛料、食酢、チーズ加工品、でん粉、パセリ)、かやく(ポテト、たまねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香辛料抽出物、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【本品原材料に含まれているアレルギー物質】えび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン
(特定原材料及びそれに準ずるもの)

実食開始

熱湯を注いで再度フタをしたら3分待機、そして上記の画像はフタを開封して直後の写真になるのですが、経験上このくらいがポテトの平均的な量ですね。以前、箱買いした時にポテトの数を比較してみたんですけど、けっこうバラつきがあったんです。少ない個体だとポテト2個の時もあれば、多い時にはポテトだけでスープ表面の面積を半分以上は占めるくらいの差がありました。

ただ、ポテトの数が少ない個体には玉ねぎが大量、逆にポテトが大量の時は玉ねぎ少量‥みたいなバランスだったので、もしかすると機械が総重量で判断しているのかもしれません。中にはポテトも玉ねぎも少なかった‥みたいなのもあったんですけどw 東洋水産のカップ麺は特に具材のバラつきが多いように思います。

それでは、実際に食べてみましょう。お湯を注ぐ前からプリングルズのサワークリームオニオン風の香りでしたが、お湯を注いでからもプリングルズインスパイアですw そもそものテーマがスナック菓子なので、オマージュしているのは間違いないでしょう。さて、初版の感動が鮮明に蘇るような味に仕上がっているのでしょうか‥‥

1食(87g)当たり

カロリー:393kcal
たん白質:6.7g
脂  質:16.6g
炭水化物:54.2g
食塩相当量:4.0g
(めん・かやく:1.9g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.49mg
カルシウム:148mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
エネルギー:393kcal(めん・かやく:313kcal)(スープ:80kcal)

めん

ラードを使用した油で揚げ香ばしい風味を加えた、スナック感のある麺。「つやもち製法」により、なめらかな食感に仕上げました。

(出典:東洋水産「ニュースリリース」)

4分は待ちたい

製品説明も原材料名も同時発売品の「わさび&ビーフ味」と同じですし、おそらく同シリーズの第3弾「ハンバーガー味」「フライドチキン味」などにも使用されていた超スナック系クッタの汎用麺ですね。微妙に調整しているのかもしれませんが、おおむね初版の頃から体感的な印象に差はありません。

ラードの芳ばしさが特徴的な幅の広い油揚げ麺で、東洋水産が得意とする「つやもち製法」を採用しているように、もちもちとした弾力と艶のある見た目もポイント。かなり精製ラードの風味が強く、開き直ったかのようにスナック的なので、「超スナック系」というテーマにはフィットしているのですが、ちょっと人を選ぶかもしれませんね。

それから熱湯3分だと所々に戻りムラがあるので、ちょっと長めに待つのがいいでしょう。ちなみに箱買いしてリピートした結果、1分長めに待ってから(熱湯4分で)開封、1分混ぜ続ける、1分放置、もういっかい念入りにかき混ぜて食べ始めるのが個人的にベストだと感じました。いや、これほんとに。むしろ余分に待つことで麺は伸びるどころかベストコンディションに到達するので、よかったら意識してみてください。

スープ

オニオンとガーリックを利かせた、爽やかな酸味とクリーミーな味わいが広がるサワークリーム風味のスープ。パセリ入り。

(出典:東洋水産「ニュースリリース」)

サワクリ完全復活!

よっしゃ、ほぼほぼ初版の味と濃度を踏襲していますね。ふんだんに使用したポテト(粉末野菜)によってポタージュ状の高粘度スープに仕上がり、それはザラついた舌触りを感じるほど濃厚で、スープの食塩相当量は2.1gとカップ麺にしては控えめですが、クリーミーなスープに適度なガーリックとオニオンのアクセントが映えていて、まったく薄味などということはありません。

原材料に食酢も使用されているのですが、スープ自体の酸味は控えめなので、今回もサワークリームの「サワーは弱い」です。しかし、乳等を主要原料とする食品とチーズ加工によるクリーミーでマイルドな乳製品のコクによって「クリームについてはバッチリ」で、パセリのアクセントもジャストフィット。ただし、このスープは待機時間によって大幅に印象が異なります。

たとえば熱湯3分でフタを開封し、軽く混ぜただけの状態だとシャバシャバなので、上記のレビューよりも圧倒的にライトだと思います。ただ、4分待って念入りに混ぜる、そしてポタージュ状の粘度に到達してからがコイツの本領発揮なので、濃厚なスープが好きなら余分に待つのが鉄則、逆に軽く食べたい方は無視してください。

かやく

皮付きポテト、たまねぎ。

(出典:東洋水産「ニュースリリース」)

肉なんていらねぇぜ

業界最高峰の(と、私が勝手にブログで言い続けている)東洋水産の皮付きポテトなんですけど、熱湯を注いでから途中で浮き上がってくる麺の上で蒸らされているだけの状態なので、最初は中がサクサクです。ある意味その状態は超スナック系なので、サクサクが好きなら問題ありませんし、ホクホクが好きならスープに沈めてケアすれば解決です。

で、存在感抜群のリアルで大きなポテトも然る事乍ら、何と言っても凄まじいのがオニオン。形状は細切りで食感はシャッキシャキ、風味は香味野菜としての適度なキレを感じさせながらも辛味を覚えるほどではなく、濃厚なポタージュ系スープを引き締めます。場合によっては食後の口臭が気になるレベルなので、お気を付けください(笑)。

総評

★★★★★★☆☆☆☆(★6)

初版と比較して大幅な進化もなければ退化もなかったので、あの感動をもう一度です。つまり初版のサワークリームオニオン味を食べて好みに合わなかった方は今回もネガティブかもしれませんが、初版でドハマりした方は安心して手に取ってください。

本文中でも触れましたが、このカップ麺はスープを超高粘度に仕上げるのが肝だと思います。たとえば麺の項目で解説した調理方法を実践すると “食べるスープの状態” まで持っていけるので、食塩相当量の低さを逆手に取りましょう。

ちなみに「QTTA」のレギュラー商品はサブタイトルがローマ字、スポット商品(数量・期間限定)はカタカナと棲み分けが図られているのですが、今回のサワクリは「MARUCHAN QTTA SOUR CREAM ONION」に格上げすべき逸品だと思います。素晴らしい。

タイトルとURLをコピーしました