【価格破壊】麺のスナオシ「醤油ラーメン」税込58円だった激安カップ麺は美味しいのか?

麺のスナオシ

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、なんと税込58円で手に入れた激安カップ麺、麺のスナオシ「醤油ラーメン」の実食レビューです。

MEGAドン・キホーテの売り場にあるカップ麺コーナーで発見したのですが、特に安売りされていたわけではなく、常時この値段で販売されていました。でも、税込58円って完全にワゴンセールの価格ですよね。

製造者は茨城県水戸市に本社を構える「麺のスナオシ」というメーカーなのですが、いったい麺のスナオシとは、実際の希望小売価格はいくらなのか、「おいしいの?」「まずいの‥?」そんな疑問を解消します。実際に食べてみた感想をもとに評価しますので、激安カップ麺の味や製品情報が気になる方は、ご参考ください。

激安! スナオシのカップ麺

「麺のスナオシ(めんのすなおし)」とは、茨城県水戸市に本社工場を置く即席麺(インスタントラーメン・カップラーメン)や各種乾麺の製造・販売を行なっているメーカーで、社名の由来は創業者・砂押解介氏の苗字をカタカナにしたものだそうです。

2018年10月現在の役員は5名、従業員数はパート・アルバイトを含む30名、資本金は2,000万円。ちなみに日清食品の資本金は50億円なんですけど、それを除いても大企業とは言えません。しかし、税込58円のカップ麺を世に解き放っているメーカーですから侮れない。

1915年、初代社長・砂押解介氏が藁(わら)加工の卸売と漁業用資材の加工を主体とした会社を創業。今回のカップ麺が初めて製造されたのは昭和62年〜63年頃だそうで、2016年(平成28年)6月の製造ライン更新によってパッケージと製品の中身がリニューアルされました。

カップ麺の現行ラインナップは12種類で、「うどんだっぺ」「そばだっぺ」を除く10製品のフタ上部には「麺」と「s」をデザインしたロゴが掲載されているのですが、おそらく「麺’s(メンズ)」と「麺(めんの)」「s(スナオシ)」を掛けているのでしょう。雰囲気としては、いかにもドラッグストアやディスカウントショップに溶け込むタイプの少し垢抜けないデザインですね。

激安カップ麺といえば先日、イオンのトップバリュベストプライスの 「ノンフライ麺 うどん」をレビューしたばかりですが、そちらは本体価格58円(税込62円)だったのに対し、こちらは “税込価格” 58円だったので、おそらく今までに私が購入したカップ麺(レギュラーサイズ)の中では賞味期限間近の見切り品を除いて最安値かもしれません。

通販サイトにも力を入れているようですが、ドンキホーテ以外の店舗でも特にドラッグストアでは頻繁に見かけます。公式の通販サイトでは12食入で税込1,000円、1食あたりのメーカー希望小売価格を訪ねてみたところ、120円に設定しているそうですが、おそらく税込100円以上で販売している場面に遭遇するほうが珍しいでしょう。

今回、「醤油ラーメン」「味噌ラーメン」「塩ラーメン」「ソースやきそば」を購入しているのですが、まずは醤油ラーメンからレビューします。

開封

小袋は「かやく」と「スープ」の計2袋で、どちらも先入れです。と、よく見たらスープの製造者は「三求化学工業株式会社」となっていますね。

東京都目黒区に本社を置く “粉末に特化した食品メーカー” だそうで、オリジナル粉末スープ・粉末調味料・粉末飲料やデザートなどの味開発からOEM(委託製造)、小分け包装までオリジナル商品(特注品)を少量で製造することをモットーとしているそうです。さらに無添加・低糖質・栄養強化・アレルギーフリーなど、かなり幅広いニーズに対応してくれるのだとか。

“昔懐かしいチキンベースの醤油ラーメン” とのことですし、値段が値段なので、けっこう気楽な実食になるはずだったんですけど、なんか未知数すぎてドキドキしてきた‥w

製品情報・購入価格

製品名:醤油ラーメン
製造者:麺のスナオシ
内容量:78g(めん65g)
発売日:2016年6月リニューアル
JANコード:4973288734560
希望小売価格:120円(税抜)

発売地域:全国
購入価格:58円(税込)
取得店舗:MEGAドン・キホーテ

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:400ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(かやく・スープ)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(食塩、粉末しょうゆ、砂糖、チキンエキス、粉末オニオン、たん白加水分解物、香辛料、ブドウ糖、昆布粉末、植物油脂)、かやく(卵、イリゴマ、ワカメ、ネギ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、ソルビトール、クチナシ色素、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(トレハロース)、膨張剤、パプリカ色素、(原材料の一部に小麦、卵、大豆、豚肉、鶏肉、ごま、乳を含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

実食開始

おぉー!なんだか思っていた以上に壮観ですよ。もっと貧相な完成写真を思い描いていたのに、わかめの量がブワッと多くてビックリしました。たまごの黄色で見た目も華やかですし、たっぷりの胡麻も好印象。いやいや、かましてくれますねスナオシさん。

それでは、実際に食べてみましょう。

1食(78g)当たり

カロリー:363kcal
たん白質:6.3g
脂質:14.9g
炭水化物:51.3g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.1g)
(スープ:1.5g)

(食塩相当量:4.1g)

めん

あ、あれ‥? 予想と違うw

えっと、けっこうイケますよw かなりの色は濃いめの黄色で、丸刃の縮れた中太麺なんですけど、もっちもち。色と食感が相俟って、味噌ラーメンに合いそうな雰囲気です。ちょっと焦げたような風味(?)が気になったりもしたのですが、もっと頼りな〜い食感を想像していたので、思いのほか弾力が強くて驚きました。それなりに油揚げ麺特有の風味も並行しますが、わかめと一緒に食べたら気になりません。

麺の量は65gと異様に少ないわけではなく、むしろレギュラーサイズどんぶり型の平均値。ゆっくり食べると後半は柔らかくなってくるのですが、食感の持続性もあって、最終的に弾力が消えるほど頼りない食感になることはありませんでした。わかめと一緒に食べたら先ほど気になると書いた焦げたような風味も気にならず、いきなり(いい意味で)予想外の展開です。

スープ

わかめスープっぽい!

かなりベースはシンプルで飾り気のない作りとなっているのですが、さっぱりとした鶏ガラしょうゆスープにオニオンの優しい甘味が重なって、高級感の感じられないインスタントらしい味ではあるものの、ぜんぜん普通に美味しいです。ベースがシンプルだったからこそ、わかめや胡麻がスープに及ぼす味の影響力が強く、典型的な即席わかめスープの雰囲気に近い、といえば味のイメージが掴みやすいでしょうか。

別添の調味油や液体スープは付属していないので、豚脂や鶏油などの厚みや芳ばしさは得られませんが、それだけにサッパリと頂けます。そういえばアッサリとしたスープなのに油揚げ麺臭が幅を利かせることはなかったので、そこちょっとスゴイと思いました。値段が値段だし化学調味料バリバリのテイストだったら‥などと懸念を抱いていたのですが、そんなことなかったです。これについては製造を委託された、三求化学工業さんに拍手ですね。

かやく

わかめ・たまご・ねぎ・ごま

調理後の写真からも伝わったかと思いますが、エースコックの「わかめラーメン」ほどではないものの、わかめはスープの味に多大な影響を及ぼすレベルの量です。そこまでサイズに厚みはありませんが、このボリュームが格安カップ麺で楽しめるのは素直に嬉しいですね。

たまごは‥なんか異様に甘かったんですけどw ジャンクでよろしい。ごまも多めに入っており、わかめスープのイメージが真っ先に浮かんだのも、ごまの芳ばしい香りにプチッとした食感が大きく関係していました。ネギもシャキッとした歯触りがアクセントに効果的で、意外なボリュームに満足です。

総評

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
(標準は★3です)

もし定価180円だったら印象に残らない製品になってしまいますが、税込58円は安すぎるにしても80円前後だったら、ぜんぜん問題ないと思います。もっちりとした食感の麺、すっきりとしたスープ、わかめも多くてスープの味にも大きく貢献しており、ごま・ねぎのアクセントと甘くてジャンクなタマゴも雰囲気あってw そもそも希望小売価格が税別120円ってスゴいですよね。

まったく期待していなかったというか、まぁ値段相応で記憶に残らないカップ麺かと思っていたんですけど、なかなかどうして悪くありませんでした。特にコストパフォーマンスを重視されている方は、遠慮なく試してみてください。もし税込60円以内で購入できたら、ばっちり価格破壊です。たとえば大手メーカーの製造するオープン価格の廉価版でも100円前後ですから、さすがに食べ応えでは100円前後の大盛り製品に負けてしまいますけど、スナオシの格安カップ麺は思っていた以上にデキる一杯でした。

  1. takaさん、こんばんは!

    「麺のスナオシ」はカップ麺以上に袋麺の印象が強いですね!

    大阪では昔からスーパーによく並んでいて、
    最近はスーパーで見る機会は減ったものの100円ショップの常連で、
    2~3袋で100円で購入できる格安ラーメンとして有名でしたね!(●・ω・)

    そしてスーパー玉出では1円セール(1000円以上買うと特定の商品が1円で買える)に
    この「麺のスナオシ」の袋麺が使われることが定番になってました!

    しかし北関東のマイナーメーカーのはずなのに大阪でよく見かける・・・、
    このメーカーの地域ごとの認知度がどうなってるのか気になりますね!

    ちなみにカップ麺ではソース焼そばが好きですが、
    まぁそれは単に自分が汁なし好きだからというのが大きいですね!

    ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

    • Re:かーと氏

      逆に袋麺は見たことないかもしれない^^;

      大阪には7年以上住んでたし、玉出にも通ってたけど(1円セールでは弁当と豆腐と竹輪の印象が残っているw)、でもスナオシの記憶がないのは、その頃まだブログやってなかったからだろうなぁ‥ちなみに兵庫県でもディスカウントドラッグコスモスとかゴダイとか、薬局で見かけることは多い!税込58円は破格だけどw たしかに認知度は気になる。とりあえずコスパ重視の印象が強いことは確実だと思うけど、ソースやきそばは良品だよね!

  2. 値段考えたら、美味しいんだろうなと思いますよ!
    我が家の財布にも優しいし(笑)

    • Re:biz子さん

      そう!意外と侮れない58円!だけど、味噌は相応というか、うん^^;

  3. ☆3でも値段を考えれば…( ゚д゚)ウム あり。

    • Re:風の兄弟

      さすがに値段以上とは言えないけど、最低限の押さえるべきポイントは押さえていたからね!粉末スープを専門の業者に委託していていたのも勝因かもしれない。