寿がきや食品「カッパ64(ロクジューシ)シーフードらーめん」

寿がきや食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年9月17日(月)新発売のカップ麺、寿がきや食品「カッパ64(ロクジューシ)シーフードらーめん」の実食レビューです。

男性人気No.1メニューを再現!

「カッパ64(ロクジューシ)」は、東京都福生市にあるラーメン店で、以前は「カッパヌードル」という屋号だったそうです。

※CRではありません

個性を活かした “イカした” 店作りをモットーに、地域に根ざした個人らーめん店を目指しているそうで、お店の公式ホームページも個性的でした。

他にも埼玉県所沢市旭町に「カッパハウス」、埼玉県所沢市久米には「カッパラーメンセンター」という系列店があり、カッパラーメンセンターの敷地内には「餃子のカーニバル」という “お持ち帰り餃子専門店” もあるそうです。

今回はカッパ64で男性人気No.1とされる「シーフードらーめん」が店主監修のもとカップラーメンで再現されたのですが、お店のホームページでは当店人気No.1として「とまとらーめん」が紹介されていました。

他にも限定らーめんの「まぜまぜトマトタンタンつけ麺 」や所沢限定の「とまと味噌つけ麺」など、個性的なメニューが掲載されていたのですが、オーソドックスな「中華そば」もあるみたいですね。

シーフード味のカップ麺といえば日清食品の「カップヌードル シーフードヌードル」を筆頭に、タテ型カップの容器を採用していることが多く、そのほとんどが “らーめん” というよりも “ヌードル” と表現したほうがシックリくる仕上がりの製品が多いように思います。

なので、このカップ麺を手に取った時はノンフライ麺・どんぶり型で “シーフード” という響きに少し新鮮味を感じたんですよね。カップ麺のパッケージでは “濃厚魚介とんこつ” と味の説明があり、お店のホームページでは “塩味こってり” と表現され、「濃厚豚骨スープに魚介と野菜の旨みをプラスしたクセになる?味です。」という意味深なクエスチョンマークにも興味をそそられました。

開封

小袋の構成は先入れの「かやく」、後入れの「液体スープ」と「あとのせかやく」の計3袋。あとのせかやくの袋は大きめなんですけど、パッケージのイメージ写真がブラックペッパーたっぷりなので、ブラペパ愛好家としては期待せざるを得ません。

販売者は「寿がきや食品」ですが、製造所は「加ト吉水産株式会社フーズ部群馬工場」となっています。え、テーブルマークのカトキチ?と思われるかもしれませんが、2017年より寿がきや食品が販売しているノンフライ麺を採用した再現カップ麺のほとんどが加ト吉製造なんですよね。

メーカー希望小売価格は税別258円と高めの設定で、私はイオンで購入したのですが、それでも税込235円でした。よくある魚介系のスープとは違うのか、シーフードのニュアンスに注目しながら食べてみた感想をもとにレビューします。

製品情報

製品名:カッパ64(ロクジューシ)シーフードらーめん
販売者:寿がきや食品
製造所:加ト吉水産株式会社フーズ部群馬工場
内容量:128g(めん75g)
発売日:2018年9月17日(月)
JANコード:4901677082237
希望小売価格:258円(税抜)

発売地域:全国(沖縄除く)
取得価格:235円(税込)
取得店舗:イオン

麺の種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:450ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋(液体スープ / かやく / あとのせかやく)

原材料名・アレルギー表示

【原材料名】
めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(チキンエキス、動物油脂、香味油、ポークエキス、たん白加水分解物、煮干エキス、食塩、ゼラチン)、かやく(キャベツ、ねぎ、イカ、えび風味乾燥品、香辛料)/ 加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、重曹、着色料(クチナシ、パプリカ色素、カラメル)、膨張剤、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E、V.C)、粉末セルロース、香料、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・いか・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
卵・乳成分・小麦・えび・いか・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン




実食開始

1食(128g)当たり

カロリー:462kcal
たん白質:13.7g
脂質:19.6g
炭水化物:57.6g
食塩相当量:6.8g
(めん・かやく:1.7g)
(スープ:5.1g)
カルシウム:120mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
エネルギー:462kcal(めん・かやく:350kcal)(スープ:112kcal)

東京福生の「カッパ64」は個性的な店づくりと味を目指した人気店。その店舗で男性人気No.1の『シーフードらーめん』を、店主監修のもと再現しました。

(寿がきや食品「商品情報」より引用)

めん

もっちりとしたノンフライ中太めん。

(寿がきや食品「商品情報」より引用)

いつもより一回り太い中太麺

さきほど製造所は「加ト吉」と書きましたが、その表記がカップの側面に見られるようになってから寿がきや食品の汎用ノンフライ麺が変更され、この麺が一般的となりました。

最近ではバリエーションも増えてきたのですが、その中で最も使用頻度の高い縮れのあるオーソドックスな中太ノンフライ麺‥いや、同じ熱湯5分でも同社が製造していた「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」の汎用ノンフライ麺よりも一回り太いですね。

強いスープの中にあっても小麦の香りが芳醇で、しっかりとしたコシの強さと密度の高い弾力が楽しめます。粘り気のある弾力の持ち主なのですが、どこか粉っぽい小麦感も印象的なんですよね。加えて耐久性にも優れており、時間の経過に伴う食感の劣化も控えめ。麺の量も75gだったので、レギュラーサイズのカップ麺よりも食べ応えがあります。

多方面のスープに合わせやすく、汎用性の高いノンフライ麺なのですが、いつもより少し太くなり、今回はスープとの兼ね合いもあって、ちゃんぽんを食べているような気分でした。縮れ麺ですけどねw

スープ

濃厚魚介とんこつに、エビ、ショウガ、ニンニクなどの香味油、ブラックペッパーを加えたスープ。

(寿がきや食品「商品情報」より引用)

なるほどシーフード!

先ほども書きましたが、ちゃんぽんのスープと路線が似ています。しかし、コクがありながらも柔らかいタイプではありません。チキンとポークをベースに動物油脂の主張も明白で、スープだけのカロリーが112kcal、ノンフライ麺を採用したカップ麺なのに脂質も19.6gとパワフルですね。

塩のエッジも効いていたので、後味にはキレがあり、塩とんこつ系のスープに軽めの煮干とシーフードの旨味を詰め込んだような印象です。もひとつ特徴的だったのはニンニクのインパクトで、けっこう強めに効かされていました。それもパウダーではなくリアル系だったので、それ相応の爪痕を残しますw

豚骨の骨っぽさは控えめですが、丁寧な動物系の土台に加えて海鮮の旨味も濃厚。そこに煮干のアクセントが加わることで、ちゃんぽんとは違う個性が見られました。一言に要約すると、味のジャンルは魚介塩‥いや、タイトル通りシーフードという響きのほうが合いそうな雰囲気だったので、 “シーフード塩とんこつ味” と表現するのが適切かもしれません。

あとのせかやくには黒胡椒と乾燥ねぎが入っていたのですが、これは先ほども例に挙げた「香味徳」のカップ麺に使われていたものと同じ構成ですね。黒胡椒は粗挽きでパンチがあり、コクとキレを両立したスープに清涼感と一癖ある個性を与えてくれていました。

かやく

キャベツ、イカゲソ、エビボール、ネギ。

(寿がきや食品「商品情報」より引用)

これは寿がきや食品のカップ麺ですか?

お店の宣材写真には大きな海老、貝、胴体と思われる大きなイカが写っていましたが、残念ながらカップ麺ではイカのゲソ、海老はエビボール(えび風味乾燥品)、貝も入っていません。しかし、これまで具材は二の次とでも言わんばかりの寿がきや食品としては、かなり頑張っているのではないでしょうか。

まず大きめにカットされたキャベツが多めに入っていたのですが、ザクザクとワイルドな食感から食べ応えがあり、キレとコクを両立したシーフードスープと絶妙なマッチング。エビボールは食感がパサパサでイマイチだったんですけど、そこから滲み出る風味はスープに多少なりとも影響を及ぼしていました。ちょっとジャンクな風味だったので、場合によっては雑味に思えるかもしれません。

イカゲソは少なめでしたが、きちんと本物の海鮮具材を入れてくれていたことに交換が抱けました。その香りはプラスにスープのシーフード感を高めることに寄与しており、あとのせかやくの乾燥ねぎも香りがよく、ちょっとエビボールが怪しかったけどw たくさんのキャベツで大きな不満は感じませんでした。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
(標準は★3です)

今回のカップ麺、寿がきや食品「カッパ64(ロクジューシ)シーフードらーめん」は、黒胡椒の清涼感とニンニクのパンチで最後まで飽きずに食べられる、そして魚介よりも “シーフード” と表現するのが適切だと思えた魚介感に個性が見えた一杯でした。男性人気No.1という力強さにも頷ける、ニンニクのパンチと後味のキレもポイントですね。

寿がきや食品にしては具材にも力が入っていたし、シーフードという表現にも納得できるクオリティの高いスープも個性的だったんですけど、もしコンビニで定価購入するとなれば税込278円になるので、本物の海老を使用、もしくは税込258円だったら‥と思って★の数を調整しています。

けっこうニンニクのインパクトが強かったので、仕事の合間に食べるかどうか悩んでいる方は、TPOを考慮した上で選択してください。黒胡椒は容器の底にある溝に溜まりがちだったので、食べる時は容器の底から定期的に混ぜながら食べましょう。

寿がきや食品株式会社:〒470-1198 愛知県豊明市沓掛町小所189
お客様相談室:0120-730261
寿がきや食品
taka :aをフォローする
プロフィール

カップ麺ブロガーなのに塩気の強い食べ物が苦手で、激辛好きなのに猫舌。

実際のラーメンでは専ら豚骨派で、豚骨臭フルスロットルが好み。ジャンルを問わず食のストライクゾーンは広いが、基本的に揚げ物は苦手。アボカドと馬肉、きのこ、セロリが好き。

趣味はブログ・執筆、ワードプレス、食べること、料理、ギター。

taka :aをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
本日の一杯 -Cupmen review blog-

  1. ビー玉 より:

    ネギがなぁ・・・ちょっと多すぎる気がする(゚∇゚ ; )
    見た目はエビホールがきになるけど、残念パサパサかぁ(。-`ω´-)ンー

    • taka :a より:

      Re:ビー玉

      ネギそんなに多くないよ?かのエースコックに比べたらカワイイものw

      エビボールの完成度には期待しないで;