明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺@明星食品

明星食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年8月13日(月)新発売のカップ麺、明星食品明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺(マーラータンタンメン)」の実食レビューです。

トレンドの麻辣味を中華三昧が吸収!

高級袋麺の先駆けとして1981年に誕生した、手軽に本格中華が味わえる「中華三昧」シリーズ。1987年には、レトルト具材にフカヒレアワビを使用した「1,000円ラーメン」が百貨店を中心に限定発売されて話題を呼びました。

通年商品として取り扱われている中華三昧のカップ麺は基本的にタテ型レギュラーサイズで、「広東風とろみ醤油拉麺」「四川飯店 担々麺」「赤坂榮林 酸辣湯麺(スーラータンメン)」の3種類。

今だと「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」も現存していますが、そちらは定番品ではなくスポット品(数量・期間限定品)と思われます。

今回の新商品は、カップ麺から「麻辣担々麺」と「中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」がリリースされ、同ブランドの袋麺からも「麻辣担々麺」と「麻辣火鍋麺」が新発売となりました。

新商品すべてのタイトルに「麻辣(マーラー)」と書かれていますが、蒸しパンの「マーラーカオ(馬拉糕)」とは関係ありません(中華という共通点はありますが)。「麻辣」とは「痺れ(麻)」と「辛さ(辣)」を指し、それは主に「花椒(ホワジャオ)」と「唐辛子」によって打ち出されます。

特に今年は「麻辣味」がトレンドとして注目されており、その流れに乗った新作になるなのですが、こちらの製品スタイルはノンフライ麺・どんぶり型の完全本格仕様。パッケージでは「芝麻醤(チーマージャン・ねりごま)」のコクについてもアピールされているので、とても楽しみです。(←芝麻醤と花椒に目がない)

スペック

内容物は、「液体スープ」「粉末スープ」「かやく」の3袋で‥

「液体スープ」と「粉末スープ」は後入れです。

液体スープの量が多いんですけど、たっぷり芝麻醤が仕込まれているのでしょうか。でもって粉末スープには花椒かな‥(楽しみでしかたないw)

もちろん麺はノンフライ麺で、乾燥状態の重量は65gと平均的な値です。

かなり本格的なオーラを放っていますが、メーカーの希望小売価格は税別205円なので、そんなにバカ高いカップ麺というわけではありません。(※これ書きながら定価210円だと思っていたのは内緒)

さて、しっかりテーマの麻辣味は打ち出せているのでしょうか。また、芝麻醤の存在感にも注目しながら食べてみます。

1食(115g)当たり

熱量:444kcal
たんぱく質:13.9g
脂質:16.7g
炭水化物:59.5g
食塩相当量:8.6g
(めん・かやく:4.0g)
(スープ:4.6g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:242mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:444kcal(めん・かやく:404kcal)(スープ:40kcal)

実食開始


名称:カップめん

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、でん粉、しょうゆ、植物性たん白、香味調味料)、スープ(ねりごま、食塩、豚脂、しょうゆもろみ、豚・鶏エキス、ごま加工品、しょうゆ、糖類、香味油、大豆加工品、ごま、香辛料、植物油脂、ピーナッツペースト、たん白加水分解物、甜麺醤、酵母粉末、酵母エキス、香味調味料)、かやく(豚・鶏味付肉、チンゲン菜、ごま、香辛料)/ 加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、セルロース、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、微粒二酸化ケイ素、乳化剤、カロチノイド色素、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・落花生・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・落花生・えび・豚肉・鶏肉・牛肉・さけ・さば・大豆・ごま・りんご・ゼラチン

本格中華が手軽に味わえる「明星 中華三昧」が贈る 花椒 (ホワジャオ) が香る「麻辣」の世界!

(明星食品「製品情報」より引用)




めん

しなやかでつるみのあるノンフライ麺です。

(明星食品「ニュースリリース」より引用)

しっとり‥でもコシは強い

しっとりとした口当たりのノンフライ麺で、サイズは細めの中細ストレート麺。しなやかな物腰と表面の滑らかな麺質からスルスルと入ってくる喉越しのよい麺ですが、噛み締めるとコシは強く、芳醇な小麦の香りと甘味に本格さを感じます。

ナチュラルな生麺タイプよりもノンフライ麺らしいタイプに寄りますが、特に不自然な食感ではありません。さらに時間の経過に伴う劣化は緩やかで、徐々に馴染んでゆく食感の変化も素直に移り変わりが心地好く、むしろ後半にかけて美味しいノンフライ麺でした。

表面の滑らかなノンフライ麺ですが、スープのリフト性能は悪くなかったです。熱湯4分待ってから急いで食べるのではなく、ちょっと気持ちと時間に余裕がある時に食べたい麺ですね。

スープ

ポークエキスをベースに甘い香りとコクが特徴の練りゴマ・すりゴマを使用した特製の芝麻醤を加えたスープに、花椒のしびれと辣油の辛みを効かせた中華感あふれる本格的な担々スープです。

(明星食品「ニュースリリース」より引用)

「麻辣」は大したことないが‥

まず刺激の強さですが、ピリ辛以上(た、たぶん‥)ではあるものの、辛い食べ物が得意な方にとってはピリ辛以下です。少なくとも激辛クラスではありませんし、一般的に見ても中辛前後のラインになるのではないでしょうか。

で、それはそれは粉末スープには大量の花椒が入っているものと思っていたのですが‥

あ、あれ?w

鮮烈な花椒の香りが漂ってくるわけでもなく(皆無ではありませんが)、結果的に辣味と麻味のバランスでいえば刺激的な要素は花椒よりも唐辛子が優勢です。製品説明には辣油の辛味を効かせたと書かれていますが、さほど強いとは思えず、また辣油によるオイル系の辣味というよりもパウダー状の唐辛子による粉末的な辣味を手前に感じました。

そんな刺激に関しては完全に肩透かしを喰らった反面、胡麻とポークはバッチリです。

芝麻醤は日清食品が「ラ王」や「行列のできる店のラーメン」シリーズで繰り出してくるような濃度には及んでいませんでしたが、主軸の1本となっているのは確か。すり胡麻のザラついた舌触りと芳ばしさが重なり、全体としては飲みやすくもガッチリと濃厚なラインをキープしています。

ポークは豚脂を軸に重心が低く、どっしりとした印象を与えてくるのですが、くどいほど重たいと感じなかったのは適度な辣味のアクセントと自然に花椒が香っていたから。明星食品の本格中華系カップ麺で目にすることの多い「しょうゆもろみ」が味の奥行きを深めて複雑味を増し、さらにピーナッツペーストが味の層を重ね、さりげない隠し味の甜麺醤も補足的に効いていました。

思い描いていたスープとは違いましたが、麻味にさえ期待しなければ単純に味の満足度は高かったです。

かやく

大きめカットのチンゲン菜とひき肉に、ゴマ・スイートチリを組み合わせました。

(明星食品「ニュースリリース」より引用)

少し寂しいかなぁ‥

大きめカットの青梗菜は、ひとつだけ異様にデカい軸の部分が入っていて‥とんでもない存在感でしたw 甘かったー。でも、残りは特筆して大きいというわけでもなく、かといって物足りないサイズでもなく。しかしながら容器が大口径なので、やっぱり体感的には寂しく思えてしまうかもしれません。

挽肉は味付けが濃く、小さいながらに明白な自己主張を放ちます。「カップヌードル」のダイスミンチ(謎肉)ほどジャンクな味ではありませんが、タイプでいえばカップ麺サイドですね。でも、本格的なスープを阻害するほどスナック的な肉具材ではなかったし、ふとした瞬間に口の中に入ってきた時の旨味増幅効果は高かったです。

もう少し胡麻は多いと嬉しかったかなぁ‥あと、なんで「麻辣味」を意識しているのに唐辛子じゃなくてスイートチリなんですかね。スープの辣味が大したことなかったので、ここはバシッと輪切り唐辛子を放り込んでもらいたかったところですが‥いかがでしょう?(聞くな)

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
(標準は★3です)

思っていたよりも刺激が弱かったので、ちょっと期待していた担担麺とは違ったんですけど、定価205円のカップ麺としては麺とスープのクオリティが実に高い仕上がりでした。胡麻とポークが濃厚な担担麺に魅力を感じるのであれば、とりあえず買っておいて損のないカップ麺と言えるでしょう。

ただし、コンセプトの「麻辣味」も加味して厳しく評価すると、★4あたりが妥当かもしれません。でも無条件で美味しい系だったしなぁ‥ちょっと悩ましかったです。などと悩んでいたのですが、よく見たらフタに書いてあるのは「芝麻醤のコクと花椒の香り」なんですよねw 私が勝手にビリビリとした刺激に期待していただけで、なるほど花椒は香りを意識していたのかと理解し(それでも弱かったけど)、総評は上出来の★5としました。

具材の寂しさは否めませんでしたが、麺とスープのクオリティは定価210円クラスに思えたし(この5円が大きな差を生みます)、日清食品レベルではなかったとはいえ、きちんと芝麻醤も効いており、ポークを中心に動物系の旨味も濃厚。コンビニ限定のカップ麺ではありませんし、とりあえず刺激的な項目に対する期待値さえ下げていれば濃厚な担担麺を手軽に楽しめる良品です。

同時発売品「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」のフタ上には「花椒のしびれがクセになる」と書かれていたので、刺激に関しては麻辣まぜそばに期待しましょう。

製品名:明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺
販売者:明星食品
内容量:115g(めん65g)
発売日:2018年8月13日(月)
発売地区:全国(全チャンネル)
取得店舗:ÆON
取得価格:213円(税込)
希望小売価格:205円(税別)
JANコード:4902881412940

麺の種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:420ml
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋(粉末スープ / 液体スープ / かやく)

明星食品株式会社:〒151-8507 東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目50番11号
お客様サービス室:0120-585-328

  1. ぐふふ…辛い物を食ってみるか。。。
    ( ゚д゚)ハッ! ストレスか??

  2. どうした!?
    中華三昧!
    と言いたいところだけど、やっぱり仕上がりのビジュアルがたまらなく好き(*^艸^)
    私はゴマが大好きだから、taka :aさんの言うピリ辛レベルがあればきっと上出来やと思う♪
    って中華三昧の平均点が高いからこんなコメントやけど、充分美味しいのには間違いないね♪♪♪

  3. え!?発売日前に先取り投稿!?Σ(-∀-;)
    今年のカップ麺は麻辣がトレンドなのか、、、
    辛いの苦手( ノД`)

  4. あまりハズレのない麺なので一度は食べておかないとですね!
    この前100均ローソンにあった見慣れないカップ焼きそばを
    食べたのですが麺がカップヌードルチックなペラ麺で
    普段何気なく食べてるカップ焼きそばの麺も
    ちゃんと考えてあるんだなあと思いました!