「ばりよか 激辛ラーメン」激レア!? 格安シリーズ初の激辛カップ麺

サンポー食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年11月26日(月)新発売のカップ麺、サンポー食品「ばりよか 激辛ラーメン」の実食レビューです。

ずっと探していたサンポー食品の激辛カップラーメン、やっと手に入りました。

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

ばりよか 激辛ラーメン

「ばりよか」とは、博多弁で〈とてもよい〉という意味で、 “満足のいく美味しい一杯で、お客様にばりよかな体験をしてほしい” という想いから、そのままコンセプトワードをシリーズ名に採用したそうです。



以前、サンポー食品には「うまか軒」(うまかけん)というブランドがあったんですけど、現在は終売となり、「ばりよか」シリーズとして生まれ変わりました。なので、さりげなくパッケージに「うまか軒」の文字が残っているのですね。

「ばりよか 激辛ラーメン」は、シリーズ初となる激辛カップ麺で、販売エリアは全国発売なんですけども、ぜんぜん売ってない見つからない(※筆者は兵庫県在住)。サンポーファンの皆様はご存知かと思いますが、サンポー食品のカップ麺は地域性が高いので、九州を出ると途端にエンカウント率がスライムからはぐれメタルなみに下がります。いや、今回の場合もっと低いかも‥

親交の深い九州在住のブログ仲間や知人にも協力を仰いだところ、大切な時間を割いてスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどを手当たり次第に探してくれたのですが、地元民でも発見できず‥取り扱っているネットショップも‥と、思いきやサンポー食品の公式通販サイト「サンポーオンラインショップ」(旧「サンポー食品さがん亭」)にて取り扱いあり!

というわけで、がっつりケース買いしました(79g×12個)。サンポー食品曰く、 “たっぷりの唐辛子を効かせた口から火が出るほどの激辛スープに” 仕上がっているそうです。たまに近畿のスーパーに流れてくる時は100円以下が相場のシリーズなので、オープン価格だと思っていたのですが、希望小売価格は税別145円に設定されていたのですね。

それでもだいぶ安いほうですけど、公式オンラインショップで箱買いしたら本体価格が税込1,850円だったので、1食あたり154円の計算になります。ええ、それはいいのです。私はサンポー食品が大好きなので、1,850円くらいどうってことありません。ただ——



配・送・料ww(¥1,100也)もうちょっとこう‥w (※ただし5,000円以上お買い上げで送料500円、10,000円以上お買い上げで送料無料になります)それでは、開封して中身をチェックしてみましょう。

開封

別添の小袋は「かやく」「粉末スープ」の合計2袋構成で、どちらも先入れです。かやくの中には小さな茶色い粒とネギが入っているのですが、原材料名では「かやく(大豆たん白、ねぎ)」となっているので、どうやら本物の肉ではないようですね。でも、今回の主役はスープです。



調理前の麺はラード臭の漂うノスタルジックな油揚げ麺なので、この瞬間からダメな人はダメでしょう。しかし、我々サンポー信者にとってはラードを使っている油揚げ麺特有の芳ばしさも一興。最近はヘタな店より美味しいのではないかと思ってしまうほどのカップラーメンもありますが、お店のラーメンでは味わえない、この独特の雰囲気も大きな魅力ですよね。

私は公式オンラインショップで箱買いしましたが、おそらく一般的なスーパーマーケットやドラッグストア、ディスカウントショップなどであれば税込100円以下、場合によっては80円〜90円前後で捕獲することも可能かと思います。販売エリアは全国ですが、サンポー食品関係者の方曰く、「でも主に九州がメインなので、関東や関西への出荷数が少ない、というのが現状ですね‥(苦笑)」とのことでした(涙)

製品情報・購入価格

製品名:ばりよか 激辛ラーメン
販売者:サンポー食品
内容量:79g(めん65g)
発売日:2018年11月26日(月)
JANコード:4901773100026
希望小売価格:145円(税抜)

発売地域:全国(でも主に九州)
購入価格:税込1,850円(12食入り1箱)
取得店舗:サンポーオンラインショップ(旧「さがん亭」)

麺の種類:油揚げ麺
容器の型:どんぶり型レギュラーサイズ
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:340ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(粉末スープ・かやく)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、食塩、植物たん白)、スープ(香辛料、食塩、ポークエキス、しょうゆ、乳製品、チキンエキス、植物油脂、糖類、魚介エキス)、かやく(大豆たん白、ねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、pH調整剤、カラメル色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、乳化剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごまを含む)
【アレルギー表示】小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま(※コンタミネーション:えびを使用した設備で製造)

実食開始

おぉ‥思いのほか赤い。いや、厳密にはオレンジなんですけど、色だけでいえば激辛唐辛子「ブート・ジョロキア」の粉末と同じですね(※この量だと確実にヤラれますが)。ただ、香りは一般的な唐辛子粉末と同じ芳ばしい匂いで、豚骨っぽいポークのまろやかな香りが並行しています。これはウマそうだ——



サンポー食品のカップ麺では定番の注意書きになるのですが、 “スープをよく溶かすために、めんの上に「かやく」、「粉末スープ」を順にあけ、スープの上から熱湯を内側の線まで注ぎフタをする” とあるように、かやくを入れてから粉末スープを開封しましょう。

さて、完成です。とろみ成分などは特に含まれていなかったので、粉末スープさえ溶けたら大丈夫。唐辛子特有の芳ばしい香りと油揚げ麺のジャンクなニオイが重なって、なんとも背徳的な雰囲気ですよw それでは、実際に食べてみましょう。「めん」「スープ」「かやく」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。

1食(79g)当たり

カロリー:361kcal
たん白質:8.8g
脂  質:14.9g
炭水化物:47.8g
食塩相当量:4.1g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:3.0g)
ビタミンB1:0.48mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:156mg

めん

ラードを揚げ油に使用した歯切れのよい中細ちぢれめん。湯戻り3分。

(出典:サンポー食品「新着情報」)

レトロな魅力が存分に楽しめる

たとえば今回のような安売り系のカップ麺は、スープの味は違っても麺は他の味と同じ場合も多いのですが、「ばりよか 豚骨ラーメン」は熱湯2分、「ばりよか ちゃんぽん」は熱湯5分、「ばりよか 豚骨醤油ラーメン」は熱湯3分(「ばりよか うどん」は‥うどんw)と、同シリーズ内でもスープによって麺が違います。

もしかすると今回の中細麺は「ばりよか 豚骨醤油ラーメン」と共通なのかもしれませんが、いいですね‥このスナック感。丸刃でカットされた中細ちぢれ麺で、食べ始めの食感はプリッとした歯切れの良さが目立っています。加水率は低めの低加水麺、そんなに粘り気はありません。調理前に感じたようにラード臭が強く、これぞ伝統的な油揚げ麺です。



でも、こういうスナック的な麺って辛いスープと相性バツグンなんですよね。軽めの食感がスープの辛さを引き立て、また油揚げ麺特有の芳ばしさも唐辛子の風味とマッチ。生めんタイプではありませんが(むしろ真逆)、まったく食べ終わるまで歯切れの良さが衰えない、さすがサンポー食品だと思いました。安っぽいけど、悪い意味で安っぽくはない、独特の魅力。

スープ

豚骨をベースに、たっぷりの唐辛子を効かせた口から火が出るほどの激辛スープです。

(出典:サンポー食品「新着情報」)

あ、辛い‥w

実際に食べる前は、正直そんなに辛くないと思っていたんです。激辛というくらいだから辛口以上なんだろうし、香りも唐辛子のニオイだけど、値段が値段だから‥って。しかし、個人の辛さ耐性値によりますが、市販品としては激辛でも差し支えないでしょう(辛い食べ物が苦手ならダメぜったい)。私は辛い食べ物が好きなので、個人的には少し物足りなかったのですが、けっこうインパクトありますよ。

調味油などのオイル系は別添されていないので、カプサイシンは粉末のみで打ち出しているのですが、けっこう瞬発力のある辛さです。唐辛子の粒子が細かいパウダー状なので、満遍なく口の中に広がるのもポイント。のっけからビシッと辛いんですけど、スッ‥と引き際がよく、だらだらと口の中に残りません。

かなり糖類の含有量は少ないのに、ほんのりとした甘味が中毒性を醸し(たぶん油揚げ麺の甘味もある)、野趣に富んだ濃厚タイプではないけれど、粉末ながらに豚骨も丁寧。味でいえば安っぽいですし、とんこつ味か唐辛子味かと言われたら大幅に唐辛子味が強いのですが、ただ辛いだけではない魅力がありました。

かやく

チャーシュー風大豆チップ、ねぎ。

(出典:サンポー食品「新着情報」)

具材は完全に廉価です

こればっかりは寂しいとしか言えないのですが、スープのインパクトが強かったので、実際のところ気になりません。チャーシュー風大豆チップは中心部がクニッとした大豆加工品らしい独特の食感で、味も特にこだわりは感じませんでしたが、ネギのシャキッとした歯触りが食感のアクセントに効果的。

パウダー状の唐辛子とは別に粗挽き唐辛子も多めに入っていて、それは見た目だけの理由ではなく、確実に辛さを底上げすることに貢献していました。容器の底に溜まりがちだったので、定期的に混ぜながら食べましょう。もしチャーシュー風大豆チップが輪切り唐辛子にリニューアルされたら、より一層いいですね。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(★5)
【強い辛さとチープさに中毒性あり!】

端的にまとめるとチープな味の安くて辛いカップ麺なんですけど、ただ辛いだけのラーメンではありません。なんだか唐辛子の加減が絶妙で、思わず箸が止まりませんでした。かなり個人的には気に入ったんですけど、ある程度の辛さ耐性値が必要なのと唐辛子味も強いので、それも考慮した上で購入の可否を判断してください。

とりあえず市販品としては激辛クラスですが、涙が出るほどの激辛ではありませんし(何回も鼻かんだけどw)、花椒などの痺れもない唐辛子特化型なんですけど、いいじゃないですか潔くて。味わい深さや繊細な味覚を求めている時にはオススメできませんが、独特の魅力を感じました。捜索の難易度も激辛レベルなのが第一にして最も大きなハードルになるんですけど‥w サンポー食品の製品と唐辛子が好きなら強くオススメしたいカップ麺です。

サンポー食品は佐賀県に本社・工場を置くメーカーなので、その周辺に知り合いがいらっしゃる方はコンタクトを取ってみてください。またはサンポー食品の本社に連絡、そこから営業の方に繋いでもらって取り扱い店舗が最寄りにあるかどうかを調べてもらう手もありますが、その場合くれぐれもおかけ間違いのないように、また時間を割いていただくため丁寧にお願いしましょう。(0942-92-2511 平日9:00〜17:00)

タイトルとURLをコピーしました