セブンプレミアム ゴールド「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」

セブンプレミアム ゴールド

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年5月28日(月)にリニューアルしたセブン&アイグループ限定のカップ麺、セブンプレミアム ゴールド「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」の実食レビューです。

この味、“さらに” 店味。

有名店が監修したカップ麺の人気と需要は高く、期間限定の新商品では特に数多くリリースされているのが、その中でもハイエンドに位置する高級系カップ麺のパイオニアとして金字塔を打ち立てたのがセブンイレブンの店頭でも顔馴染みとなっている「日清名店仕込み」シリーズです。

初めて登場した2000年の発売当初からセブン&アイグループの最上級ブランド「セブンプレミアム ゴールド」に位置しており、通年商品として販売が続けられている名店仕込み御三家(一風堂・すみれ・山頭火)の「すみれ」が2018年5月28日に「この味、まさに店味。」から「この味、 “さらに” 店味。」にリニューアルしました。

リニューアルから日数が経過しているのですが、数量・期間限定ではありませんし、ちょうど「純連(じゅんれん)」のカップ麺がリニューアルされたので、これを機にレビューします。「純連」と「すみれ」の歴史や違いについては、前回記事の「サッポロ一番 名店の味 純連 札幌濃厚みそ」に詳細を書いておりますので、あわせてご覧ください。

炒め油の旨みアップ

今回のリニューアルポイントはスープの調理感にあるようですが、実は最寄りのセブンイレブン店舗もセブン&アイグループの系列店も他県ないし県内でも高速道路を使わないと日帰りが厳しいような距離なので、これまでブログでは「すみれ」のカップ麺を一度も記事にしたことがありません(こっそり食べたことはありますよ)。リニューアルしてから食べるのは今回が初めてですし、ちょっとドキドキしています。

開封

小袋は、先入れ「かやく」、後入れ「粉末スープ」「液体スープ」の計3袋。麺はノンフライ麺なんですけど、かなり力強い濃黄色の‥いや、少し黒ずんで見えるくらいなので、山吹色に近いかもしれません。

すでに店頭のラインナップもリニューアル後の製品に切り替わっているため、リアルタイムに「すみれ」を食べ比べることはできませんが、前回記事の「純蓮」で受けた印象と軽く比較しながらレビューします。

製品情報・購入価格

製品名:すみれ 札幌濃厚味噌
製造者:日清食品
内容量:139g(めん80g)
発売日:2018年5月28日(月)リニューアル
JANコード:4902105243619
希望小売価格:258円(税別)

発売地域:全国(セブン&アイグループ限定)
購入価格:278円(税込)
取得店舗:コンビニ(セブン-イレブン)

麺の種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:440ml
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋(粉末スープ / 液体スープ / かやく)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(ポークエキス、みそ、豚脂、香味油、香辛料、香味調味料、野菜調味料、ごま、椎茸エキス、ポークパウダー、糖類、カラメルソース、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ調味料)、かやく(味付肉そぼろ、味付メンマ、ねぎ、フライドオニオン)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、セルロース、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、乳化剤、焼成Ca、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

実食開始

1食(139g)当たり

カロリー:559kcal
たん白質:14.8g
脂  質:24.6g
炭水化物:69.5g
食塩相当量:7.7g
(めん・かやく:1.9g)
(スープ:5.8g)
ビタミンB1:1.82mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:204mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
熱量:559kcal(めん・かやく:362kcal)(スープ:97kcal)

札幌ラーメンの名店「すみれ」の「味噌ラーメン」を再現しました。

(セブン-イレブン「商品のご案内」より引用)

めん

つるみがあり、しっかりとした食感の麺

(セブン-イレブン「商品のご案内」より引用)

ほぐれにくくて加水率は低い

まず食べてみた感想の前に、ほぐれにくいです、かなり。指定は熱湯4分ですが、けっこう強引に頑張っても厳しかったので、さらに1分ほど余分に待ってみたものの‥うーん、まだダメ。とりあえず強引に解きましたが、それでも最後までダマになっている箇所は食べ終わる頃になっても繋がったままだったので、これに関しては致命的だと感じました。

次に食べてみた感想ですが、粘り気のある多加水麺とは違う、むしろ加水率の低い歯切れのよさが先行します。もし私が勝手なイメージで多加水麺を思い描いているだけなら申し訳ないのですが、お店の麺も歯切れのよさがポイントなら再現度は高いのかもしれません。そういえば歯切れのよさに関しては、カップ麺の「純連」とも共通する特徴ですね。

つるみのあるキメの細かい麺肌でしたが、縮れた平打ちの形状からスープの掴みは悪くありません。色のわりに熟成感の得られない歯触りでしたが、小麦の風味は強いです。ただ、ほぐれにくさに関してはストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。

スープ

にんにく、長ねぎなどの香味野菜を炒めて抽出したオイルを加えて、お店の味わいを再現したスープ

(セブン-イレブン「商品のご案内」より引用)

豚脂のコクと香辛料の複雑味が印象的

味噌は赤味噌寄りですが、塩気のカドよりもコクで喰わせるようなスタイルで、以前のスープよりも味噌の含有量が下がったのか飲みやすくなりました。また、豚脂を中心とした動物系の重厚感が札幌の味噌ラーメンらしく、加えて山椒のアクセントとゴマの芳ばしい香りが絶妙です。炒め油の旨みは「純連」で感じたタンメン系の調理感ではなく、ラードを中心としたワイルドな風味だったのですが、これに関しては価格帯の差もあるでしょうね。

さらに生姜やニンニクなどによる香味野菜のコクとキレが相俟って、濃いめの味でも飽きにくく、大味ではありません。他県に住む私としては、こってりスパイシーで深い味わいが札幌のイメージにピッタリで、しかしながら味噌推しではない複雑味と奥行きが好印象でした。再現性は評価できないんですけど、かなり本格的な味です。ちょっと雑味を感じたんですけど、カップ麺だからと思えば難なく許容できました。

かやく

醤油胡椒で味付けした肉ミンチ、メンマ、玉ねぎ、ねぎ

(セブン-イレブン「商品のご案内」より引用)

肉ミンチの味付けが変わったかも‥

肉ミンチの色が黒くて驚いたのですが、味付け濃いめでサイズが大きく、そこそこ量も多めで存在感があります。けっこうスパイシーな味付けだったんですけど、これもカップ麺の「純連」と共通するポイントですね。メンマは厚みがあって特有の繊維質から食感は力強く、やや香りについては発酵感が控えめながらも明白な歯触りによって物足りなさを感じません。

お店の白ネギとは違いますが、ネギも大きめにカットされていたし、前述した具材にはないシャリッとした玉ねぎの食感と香味もアクセントに寄与しています。もうちょっと玉ねぎが入っていたら面白そうだったのと、もやしは入っていませんでしたが、特に肉ミンチは量以上の存在感でした。お店の写真と比べてみたら、ずいぶんと色は濃いめですけどね。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
(標準は★3です)

こってりスパイシーな重厚感あふれる、それでいて奥行きのあるスープは味わい深く、お店に行ったことがない私でも漠然と雰囲気や個性を掴めた気がした反面、ほぐれにくいノンフライ麺の仕様が見逃せませんでした。これは同社(日清食品)が製造する「行列のできる店のラーメン」シリーズにも言えることですが、どうしちゃったんでしょうね。

たとえばカップ麺の「純連」と比較して、製造メーカーは違えどスパイシーな肉そぼろだったり歯切れのいい太麺という共通点は面白い収穫ではあったんですけど、さすがに熱湯4分というのは設定ミスと思わざるを得ません。しかしながら余分に5分待っても厳しかったので、麺の改良に関しては次回のリニューアルに期待しましょう。

  1. (  ̄っ ̄)ムゥ これも”純連”も今回はパスやな。