週報:今週の新商品(2019年2月第2週)

週報:新作カップ麺発売予定

どうも、taka :aです。

2019年2月11日(月)・12日(火)に新発売・リニューアルされるカップ麺をリストにして、これまでの経験に基づいた所感を交えながら各製品の解説を行ない、今週の注目カップ麺を選定しました。

カップ麺の新商品や最新情報、話題のニュースなどが気になる方は(こっそり公式未発表のタイトルも公開しているので)、お時間よろしければ最後までご覧ください。

今週の新作カップ麺情報

2019年2月11日(月)・12日(火)発売のカップ麺

日清食品
お椀で食べるカップヌードルシーフード 3食パック 230円 全国

明星食品
明星 札幌らーめん信玄 コクみそ味 205円 全国

東洋水産
マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油 麺増量 205円 全国
・マルちゃん正麺 カップ 旨こく豚骨醤油 麺増量 205円 全国

エースコック
スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 220円 全国

サンヨー食品(2019年2月12日火曜日発売予定)
・サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 2nd 250円 全国
・サッポロ一番 八幡屋礒五郎 ピリ辛けんちんうどん 180円 全国
・サッポロ一番 八幡屋礒五郎 ピリ辛味噌ラーメン 180円 全国
・サッポロ一番 グリーンプレミアム たっぷり野菜タンメン 180円 全国
・サッポロ一番 グリーンプレミアム たっぷり野菜塩レモン味らーめん 180円 全国

ヤマダイ
ニュータッチ 大盛山形鳥中華 170円 全国

ローソン先行商品(2019年2月12日火曜日発売予定)
サンヨー食品 カルビーピザポテト味ヌードル 216円(税込)
サンヨー食品 サッポロポテトバーベQあじ焼そば 216円(税込)

リニューアル(2019年2月11日追記)
明星 旨だし屋 きつねうどん 大盛(東向け)オープン価格
明星 旨だし屋 きつねうどん 大盛(西向け)オープン価格
明星 旨だし屋 天ぷらそば 大盛(東向け)オープン価格
明星 旨だし屋 天ぷらそば 大盛(西向け)オープン価格

・一部を除き表示価格は税別です
・一部の重複したURLは省いています
・上記のリンク先はメーカーの公式情報です
・下記の商品イメージは上記のリンク先より引用

解説と所感

日清食品

お椀で食べるカップヌードルシーフード 3食パック

大好評「お椀で食べる」シリーズに新フレーバーが仲間入り! 厳密には「カップめん」ではないのですが、天下のカップヌードル関連商品ということで紹介しておきます。「お椀で食べる」シリーズは、小容量の麺とかやく入り粉末スープをセットにした3食入りの袋麺。内容量は102g(麺84g)となっていますが、3食パックなので1食34g(麺28g)×3食ですね。

主に単身世帯や主婦のみ世帯のシニア層を中心に支持されているシリーズになるのですが、現行のラインナップは「お椀で食べるカップヌードル」「同 どん兵衛」「同 チキンラーメン」「同 出前一丁 醤油」「同 出前一丁 味噌」があります。最初の3種類は行きつけのスーパーにもあるのですが、出前一丁だけ現物を見たことがありません。

とりあえず2019年2月現在、5種類のフレーバーが存在しているのですが、「カップヌードル」に次ぐ人気商品、「シーフードヌードル」が満を持してシリーズの新たなラインナップとして加わりました。これまで「お椀で食べる」シリーズはレビューしたことがないので、カップ麺との食べ比べも考えています。

明星食品

明星 札幌らーめん信玄 コクみそ味

北海道・札幌の人気店「信玄」が監修した “なまら”(とても)まろやかな味噌ラーメン新登場! 以前、渡辺製麺(旧:とかち麺工房)が製造していたノンフライ麺・どんぶり型のカップ麺をレビューしたことがあるんですけど、明星食品から再現カップ麺がリリースされるのは、おそらく今回が初めてだと思います。

「札幌らーめん信玄」(さっぽろらーめん しんげん)とは、ラーメン激戦区の北海道・札幌にて観光客のみならず、地元客からも人気を集めている行列必至の名店で、カップ麺にもなっている、「すみれ」「麺屋 彩未」「狼スープ」「けやき」「らーめん空」「白樺山荘」などと肩を並べる著名店。連日、極寒の北海道における雪の中でも行列を作っているのだとか。

石狩に本店を構える「信玄」ですが、札幌の南6条店も大人気だそうで、人気メニューの「信州(コク味噌)」は塩分や脂分に頼ることのない、50時間も煮込んだスープが特徴とのこと。ニュースリリースにも “行列必至の有名店の一番人気メニューがカップめんで味わえます” と書いてありますし、タイトルも「コクみそ味」なので、かなり楽しみですね。

東洋水産

マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油 / 旨こく豚骨醤油 麺増量

2015年10月5日(月)にデビューしたカップ入り即席麺「マルちゃん正麺 カップ」シリーズが見事累計出荷数1億食を達成! というのは2018年5月の話になるのですが、2018年12月3日(月)に発売された「マルちゃん正麺 カップ 香味まろ味噌 野菜増量」「同 野菜ちゃんぽん 野菜増量」に続く記念商品第2弾だそうです。

累計出荷数1億食記念商品第1弾の野菜増量版、「香味まろ味噌」と「野菜ちゃんぽん」は両方とも食べてレビューしているのですが、ノンフライ麺やスープのクオリティは据え置いたままガッツリと野菜を増量してくれていた良品で、「香味まろ味噌」は★5、「野菜ちゃんぽん」は★6の高評価を叩き出しました。

対する今回の「芳醇こく醤油」と「旨こく豚骨醤油」は、お客様のご要望にお応えし、具材ではなく麺を増量。その割合は通常商品と比較して10g(15%)増量とのことで、麺重量75gとなっているようです。スープと具材の質とボリューム据え置いたまま単純に麺を増量したのであれば、今回も高い満足感が得られそうですね。

エースコック

スーパーカップ 大盛りブタキム油そば

更なる進化系商品が誕生!(1993年発売の豚キムチカップめん「元祖ブタキム」が進化)とのことで、おなじみスーパーカップの「ブタキムラーメン」を油そばにアレンジした汁なしカップ麺が開発されました。実は2017年10月16日(月)にもカップ油そばタイプのブタキムが発売されていたのですが、その当時と比較して大きな違いがあります。

というのも、前回は「(コンビニ限定)スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」というタイトルで、メーカー希望小売価格は税別230円、タイトル通りコンビニ限定のカップ麺として販売されていたのですが、今回は希望小売価格を10円も下げ、さらにスーパーマーケットなどでも取り扱われるとのこと。

ご存知の方も多いかとは思いますが、「ブタキムラーメン」はコンビニ限定商品、「豚キムチラーメン」はスーパーマーケットやドラッグストアなどのコンビニ以外の店舗で販売されているので、同じテーマでもブランド内で味と取り扱い店舗を分けて差別化が図られています。タイトルはブタキムですが、前回と比較して中身にビハインドが生じていないかどうかに注目してみましょう。

サンヨー食品

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 2nd

2019年2月10日(日)現在、まだ公式発表前の新商品情報になるのですが、すでに予約販売を行なっているネット通販サイトが数店舗、さらに早くも店頭に並べているスーパーマーケットやドラッグストアなどの店舗もあり、間違いなく販売されることが分かったので、製品情報を紹介します。

「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)」とは、東京・大久保にある担担麺専門店で、今回のタイトルに「2nd」とあるように、2018年4月23日(月)にも「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅(あしゅら)」というカップラーメンが発売されていたのですが、なんと今回は辛さレベルをUPしているとのこと。

「阿修羅」というのは辛さのステージを表しており、辛さの弱い順から「護摩龍」「飢餓」「阿修羅」「血の池」「無限(MAX)」となっていて、辛さアップでも「血の池」には到達していないようですが、前回のスープは唐辛子(ハバネロ)メイン、花椒についてはかなり弱かったので、どのような進化を遂げているのか期待しています。

サッポロ一番 八幡屋礒五郎 ピリ辛けんちんうどん / ピリ辛味噌ラーメン

こちらも公式発表前のカップ麺になるのですが、前項の「護摩龍」と同じく予約販売を開始している店舗があったので、分かる範囲で解説しておきます。とりあえず両方ともパッケージ上に信州・善光寺の定番「八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)七味唐からし使用」の文字があるので、そのコラボ商品ですね。

「サッポロ一番 八幡屋礒五郎 ピリ辛けんちんうどん」は、昆布、かつお、椎茸の和風だしやオニオン、白菜の旨味を効かせ、濃口醤油で味を調えているらしく、具材にはシャキシャキとしたゴボウや旨味のある椎茸、人参とネギを使用しているとのこと。豆腐や里芋は入っていないようですが、個人的に胡麻油の香りが決め手と思っているので、そこ注目したいです。豆腐も欲しかったけどなぁ‥‥

「サッポロ一番 八幡屋礒五郎 ピリ辛味噌ラーメン」は、信州味噌をベースにポークの旨味と香味野菜の風味を合わせているそうで、具材はキャベツ、肉そぼろ、ねぎ、赤ピーマンは珍しいかも。とはいえ無難に美味しそうな雰囲気なので、信州味噌と八幡屋礒五郎の相乗効果に期待ですね。そういえば先日、カルディ(もへじ)から八幡屋礒五郎のカップ麺が出ていたのでレビューしているのですが、製造はサンヨー食品のグループ企業「カナヤ食品」でした。

サッポロ一番 グリーンプレミアム たっぷり野菜タンメン / たっぷり野菜塩レモン味らーめん

さて、ここまで自信満々に書いておきながら発売日が違ったら申し訳ないんですけどw この「サッポロ一番 グリーンプレミアム」2品は、2018年8月20日(月)にも発売されていて、どちらも今回と同じタイト「たっぷり野菜タンメン」とル「たっぷり野菜塩レモン味らーめん」でした。

前回発売品は両方とも食べてレビューしているのですが、パッケージのデザインは瓜二つですし、全粒粉使用麺や食物繊維をアピールしている点なども共通しています。ただ、今回の新商品には「レタス2個分相当の食物繊維」と書いてあるように、前回のレタス1個分相当から倍にリニューアルされていますね。

また、「タンメン」は野菜のうまみUP!「塩レモン味らーめん」はレモン感UP! とパッケージにも書いてあるように、まったくの再販というわけではなく、それぞれバージョンアップを果たしている模様。当時、「タンメン」は上出来の★5、「塩レモン味らーめん」は★4と評価しているので、レモン感UPに期待しています。

ヤマダイ

ニュータッチ 大盛山形鳥中華

ニュータッチのヤマダイより山形県のソウルフード「大盛山形鳥中華」新発売! というわけで実は私、山形の「鳥中華」が大好きでして、もう「凄麺(ノンフライ麺)」からのリリースじゃないのが悔しくてしょうがないんですけど、なかなか頻繁にはカップ麺にならない題材ので、とても嬉しく思っています。ありがとうニュータッチ。

「山形 鳥中華」とは、山形県山形市及び天童市を中心に「お蕎麦屋さん」で食べられる “そば屋の隠れメニュー” なんですけど、いわゆる和蕎麦でもなければトラディショナルなラーメン(中華そば)でもありません。麺はラーメンの麺を使用しているのですが、スープは甘みのある純和風の和風出汁というのが特徴です。

和風出汁に中華麺という組み合わせとしては、我らが兵庫県は姫路(ひめじ)にある「まねきのえきそば」が近いスタイルなんですけど、もうちょっとラーメン寄りでしょうか。発祥は「天童 水車生そば」が元祖といわれているのですが、具材の天かすと海苔が絶妙なんですよね。あとは、大盛でも大味じゃないことを祈るばかり。

ローソン先行商品

サンヨー食品 カルビーピザポテト味ヌードル

ピザポテトの特長であるピザソースのようなトマトの味わいと濃厚なチーズのうまみをカップラーメンで再現! ということで、製造はサッポロ一番ことサンヨー食品、監修は天下のカルビー、ローソン先行(ローソングループ限定)商品としてポテトチップスの「ピザポテト」がカップラーメンになりました。

カルビー「ピザポテト」のカップ麺といえば、2012年7月23日(月)にピザポテトの発売20周年記念企画として、エースコックが「カルビー ピザポテト味焼そば」というカップ焼そばを発売していたことがあるんですけど、本家本元のコラボカップ麺が出るのは今回それ以来の試みになるのではないでしょうか。

2017年11月13日(月)に日清食品が「カップヌードル チーズピザポテトマト味 ビッグ」を発売していましたが、それはカルビーのピザポテトとコラボした商品ではなかったですし、今回のカップ麺はエースコックではなく実はスナック系に強いサンヨー食品が製造を担当しているので、本家のポテチと食べ比べながら再現度をチェックしたいと思います。

サンヨー食品 サッポロポテトバーベQあじ焼そば

「カルビーピザポテト味ヌードル」の発売に合わせ、同じくサンヨー食品×カルビー×ローソンとのコラボカップ麺になるのですが、こちらは「カルビー サッポロポテト バーべQあじ」のカップ焼そばです。ただ、実は「サッポロポテト バーべQあじ」のカップ麺も以前に期間限定で販売されていたことがありました。

製造は「カルビー ピザポテト味焼そば」を手がけていたエースコックで、発売日は2013年5月13日(月)。商品名も「カルビー サッポロポテトバーベQあじ コラボレーション焼そば」ということで、今回のローソン先行商品と同じくコンセプトがカップ焼そばスタイルの変わり種だったんです。

エースコックのカップ焼そばとサンヨー食品のカップ焼そばはタイプが異なるため、むしろスナック感の演出についてはサンヨー食品に強みがあるのではないかと予想しているのですが、サッポロポテトバーベQあじの特長である肉の旨味と後を引くスパイシーな味わいを焼そばで再現したとのことなので、こちらも本家スナック菓子と食べ比べてみます。

今週の展望

連休の関係か先週、先々週と比較して新商品の数は大人しめですが、とりあえず個人的に最も注目しているのは「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 2nd」。辛さのステージは前回と同じ「阿修羅」ですが、2ndの威力に期待しましょう。ご当店再現部門としては、塩分や脂分に頼ることのない、なまらまろやかな「明星 札幌らーめん信玄 コクみそ味」も気になりますね。

あとはローソン先行商品のスナック菓子再現部門「カルビーピザポテト味ヌードル」と「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」、ご当地部門の「ニュータッチ 大盛山形鳥中華」が今週注目したいカップ麺の新商品。あとは麺15%増量の「マルちゃん正麺カップ」2品やコンビニ限定ではなくなった「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」、サンヨー食品のレギュラーサイズもレビューできたらなと思います。

カップ麺ついに値上げ! 日清食品 価格改定のお知らせ

けっこう大々的にニュースなどでも報道されていたので、ご存知の方も多いかとは思いますが、日清食品の即席袋麺、即席カップ麺および即席カップライスの製品価格が2019年6月1日の出荷分から改定(値上げ)されます。価格改定率は希望小売価格の4~8%アップということで、消費者の我々にとっては地味にダメージがデカい話ですね‥。

「お椀で食べる」シリーズ、「チキンラーメン 具付き3食パック」シリーズ、「あっさりおいしいカップヌードル」シリーズ、「行列のできる店のラーメン」シリーズなど、一部の即席麺製品やカップスープ製品については価格を据え置くと発表しているのですが、この限られたシリーズ以外すべて値上げの対象なので、決定事項となった以上、もう覚悟して受け入れるしかありません。

2019年2月10日現在、価格改定について発表している当ブログとの関連メーカーは日清食品くらいですが、前回は日清食品が口火を切り(2014年9月29日発表「価格改定のお知らせ ~2015年1月出荷分から~」)、その翌月には続々と他社大手メーカーや中小企業も価格改定の発表を行った結果、業界全体の値上げとなりました。まだ断定はできませんが、今年も同様の流れを想定し、心算しておいたほうがいいでしょう。

発売が予定されているカップ麺のマル秘リスト公開

それでは、最後に私の把握している新作カップ麺の発売予定リストを公開します。中には検索しても出てこない公式非公開の未発表タイトルも混ざっているため、発売日が変動する、またはリリースされない商品もあるかもしれません。なので、こんなカップ麺が出るかもしれないよー、くらいの軽い気持ちで話のネタにでもご活用いただければ幸いです。とりあえず前回のリストからメーカー非公開の追加情報としては、2019年02月25日発売予定の「行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯」が気になりますね。

▼2019年02月18日
・日清焼そばU.F.O. 油そば(※入手済)
・カップヌードル ラザニア風 チーズミートソース味 ビッグ(※入手済)
・麻婆豆腐 シビ辛スープ
・マルちゃん でかまる チーズタッカルビ風焼そば
・マルちゃん やみつき旨辛 辛黒 富山ブラックラーメン
・マルちゃん やみつき旨辛 辛赤 担担麺
・エースコック ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん
・エースコック ロカボデリ CoCo壱番屋カレー糖質オフ
・エースコック 廣記商行監修 味覇使用 具だくさんスープ
・サッポロ一番 札幌ラーメンどさん子 味噌ラーメン
・麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
・ニュータッチ 凄麺 尾道中華そば
▼2019年02月25日
・行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯
・明星 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛
・マルちゃん やみつき屋 スタミナ旨辛醤油
・エースコック MEGA豚 どトンコツラーメン
・スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ3品リニューアル
・サッポロ一番 旅麺 広島汁なし担担麺
・ペヤング パクチーレモンラーメン
・ペヤング パクチーレモンやきそば
2019年03月01日
・レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 鶏ガラ醤油
・レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 鶏だし塩
・ホームラン軒 魚介豚骨醤油ラーメン
2019年03月04日
・明星 新華園本店 釜石ラーメン
・サッポロ一番 和ラー 神戸関西すき焼き風
2019年03月11日
・サッポロ一番 麺家いろは 富山ブラック
2019年03月18日
・サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ じゃがいもチーズ
・サッポロ リケン ふえるわかめ ホタテだし塩ラーメン
・サッポロ リケン ふえるわかめ あごだしうどん
・ペヤング ホルモン入りやきそば 甘辛味噌味
2019年04月01日
・カップヌードル 味噌

タイトルとURLをコピーしました