日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺@日清食品 2018/08/20 新発売

日清食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年8月20日(月)新発売のカップ麺、日清食品「日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺(マーラーメン)」の実食レビューです。

旨辛のバランスが絶妙な「日清のとんがらし麺」シリーズより、今年のトレンドとしてカップ麺界でも注目されている「麻辣」がテーマの新作がリリースされました。

とんがらし麺の新作はトレンドの「麻辣」味

つい先日、明星食品の「中華三昧」シリーズから「明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺」と「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」がリリースされたばかりですが、大黒食品工業からも「DAIKOKU うま辛 麻辣麺 大盛り」というカップ麺がリリースされており、その感想を公開した記事は「中華三昧」の新作よりも当ブログ内では注目されていました。

夏になると冬に比べて売り上げが落ちる傾向にあるカップ麺ですが、今年は「麻辣(痺辛)」や「酸辣(辛酸)」系カップ麺の売り上げがコンビニでも好調とのことなので、やはり波に乗っているようですね。

そんなトレンドの「麻辣」がテーマの新商品、まずは製品情報を確認してみましょう。

製品情報・取得状況

名称:即席カップめん

製品名:日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺
製造者:日清食品
内容量:63g(めん50g)
発売日:2018年8月20日(月)
発売地区:全国(全チャンネル)
希望小売価格:オープン価格
JANコード:4902105246412

取得店舗:ミニストップ
取得価格:121円(税込)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(麻辣パウダー)

フタの上には「麻辣パウダー」が別添されており、辛さレベルは辛口の「3」ということで、 “シリーズとしては” 辛口に位置しています。

一応、この反対側には「辛味成分のカプサイシンは刺激が強いので、小さなお子様や、辛味が苦手な方の飲食には十分ご注意ください。」との注意事項が記載されているのですが、このシリーズはタテ型ビッグだと刺激が強く、レギュラーサイズだと旨辛のバランスを重視する傾向にあります。(もしかしたら突然に裏切られるかもしれませんが‥)

内容量は63g(めん50g)なので、「カップヌードル」よりも少なめですが、希望小売価格の設定されていないオープン価格のカップ麺なので、それを踏まえれば特に引っかからないかと思います。ところで今回のカップ麺、まだ私の立ち寄ったスーパーには並んでおらず、半ば諦めかけていた頃にミニストップで‥

お分りいただけるだろうか‥「トップバリュ」のPBカップ麺に紛れ、なんとも地味な位置にw 最下段の右下にあるのが「日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺」で、私がカゴに入れたから1個減ってます。

コンビニの新商品は棚の上や中央などに位置した目立つところに置いてあることが一般的ですが、もちろんカップ麺の新商品も例外ではありません。たまに宝探しの如く配置がフリーダムなコンビニもありますけどw おおむね基本は “目線の高さ” です。

たま〜に、このような位置に新商品が置いてあることもあるので、注意してください。オープン価格の廉価版ですが、取得価格はコンビニで買うと税込121円だったので、120円オーバーです。しかし、ドラッグストアやディスカウントショップであれば、税込100円以内でも捕獲可能でしょう。

開封

麺はブランドのアイデンティティである唯一無二の「唐辛子練りこみ麺」を搭載、別添の小袋は先ほど写真を載せた「麻辣パウダー」1袋です。「麻辣パウダー」は文字通り粉末なので、液体スープや調味油のようにフタの上で温める必要はありません。←よくミスる

小袋にも書かれていますが、「麻」は “花椒(ホアジャオ)” のビリビリとした痺れる刺激を指し、「辣」は辣油(ラー油)などにも当てられているように “唐辛子” の辛さを意味しています。このビリビリ・ヒリヒリとした刺激が今年のトレンドとして人気を集めているんですよね。

余談ですが、小袋や容器側面に描かれているキャラクターは「うま辛ずきん」といいます。2015年4月から商品パッケージに登場するようになった公式キャラクターで、うま辛ずきん(「激辛ずきん」にも進化する)、えびかたん、いか十郎(二段)、とま美ちゃん、しろとりさん、とんでぶぅ、さかなまる、ふわたまさん、とーふ三兄弟、スカロケずきん‥などの公式キャラクターも存在しているのですが、若干名ちょっと怪しい子が紛れ込んでいましたw

原材料名・アレルゲン情報

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料(唐辛子))、スープ(香辛料、チキンエキス、野菜エキス、粉末しょうゆ、クリーミングパウダー、食塩、豚脂、小麦粉、香味調味料、糖類)、かやく(キャベツ、味付肉そぼろ、味付卵、ねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、カラメル色素、香料、炭酸Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、セルロース、乳化剤、増粘多糖類、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・りんご

スープ、かやくに変わった点は見られませんが、麺の原材料の「唐辛子」が目を引きますね。たまに「香辛料」の文字は見かけますが、現段階で唐辛子を練り込んでいる日本のカップ麺は「とんがらし麺」だけでしょう。

実食開始

シリーズの特性上あまり刺激の強さには期待していませんが、けっこうパウダーの量は存在感があるので、もしかしたらサプライズがあるかもしれません。それでは、各項目を順番に解説します。

1食(63g)当たり

熱量:281kcal
たんぱく質:7.7g
脂質:10.9g
炭水化物:38.0g
食塩相当量:4.5g
(めん・かやく:1.5g)
(スープ:3.0g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:93mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:281kcal(めん・かやく:243kcal)(スープ:38kcal)

花椒と唐辛子が特長のスパイスがきいた鶏ガラスープ。具材は肉、キャベツ、たまご、ねぎ。お好みで別添の麻辣 (マーラー) パウダーを加えれば、しびれる味の変化が楽しめます。

(日清食品「製品情報」より引用)




スープ

花椒のしびれる辛さと、唐辛子の口の中が熱くなるような辛さが特長のうま辛スープ。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

ほんのり花椒が漂う軽めのスープ

別添の麻辣パウダーを加える前から花椒の痺れは明白で、激辛クラスではありませんが、花椒特有の香りが心地よく、この時点で程よく旨辛。パウダーを入れる前はピリ辛に毛も生えない程度かと思っていたのですが、とりあえず普通にピリ辛レベルです。

比率でいうと唐辛子よりも花椒の割合を多く感じますが、唐辛子のホットな刺激も混在しており、チキンベースのスッキリとした味わい。こってり感はなく、でも野菜エキスによる優しい旨味が相俟って、特に目立った物足りなさは感じません。ややコクは浅いですが、あくまでも廉価版のスープですし、それを思えば大きな不満に直結することはないでしょう。

このままだと無難に美味しいピリッと痺辛スープですが、別添の麻辣パウダーを加えると様子は一変します‥

別添(麻辣パウダー)

お好みでしびれる辛さが楽しめる「麻辣パウダー」。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

けっこう存在感が強い!

論ずる余地もなく全投入しましたが、投入した瞬間から花椒の鮮烈な香りが花開き、パウダーと書かれてはいるものの、けっこう唐辛子も花椒も粗挽きです。かといって唐辛子の刺激が大きく増すことはありませんでしたが(多少アップしますが劇的ではない)、一見して明白に勢力を増したのは花椒の麻味。

それでも激痺クラスには足元にも及びませんが、花椒に馴染みのない方は驚いてしまうかもしれません。舌だけでなく、歯茎までキュッ‥と引き締められるような、しかも粗挽きだったので、花椒の歯触りまで得られます。(運が悪いとガリッ‥ってなるw)

「お好みで辛さを調節してください。」と書かれていますが、このカップ麺を手に取ろうか考えている方は一定の耐性値を備えていると思うので、調節しなければいけないほどの刺激ではないかもしれません。しかし、ひとつのカップ麺として記憶に残るレベルには達していると思います。

めん

辛さとうまさを併せ持つ唐辛子練りこみ麺。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

唯一無二の唐辛子練りこみ麺

シリーズ通してブランドのアイデンティティとなっている唐辛子練りこみ麺が採用されており、スープが激辛仕様だと麺に練り込まれた唐辛子も同化しちゃって分からなくなるのですが、今回はスープの唐辛子が頼りなかった分、麺の唐辛子が効力を発揮します。

形状はカップヌードルの麺を少し太くしたようなスタイルなので、そこまで経時劣化耐性に優れた麺ではありません。しかし、麺に練り込まれた唐辛子の芳ばしさから油揚げ麺特有の風味が野暮ったく作用することなく、スープとの一体感を高めることにも貢献。

もちろん唐辛子の刺激も埋没することなく、じっくり麺を噛んでいるとジワジワ上がってくるホットな刺激が楽しめます。今回はスープの唐辛子が頼りないと書きましたが、結果的に唐辛子練りこみ麺が活躍できる場が与えられているような環境となり、スープを飲んでいる時には麻味、麺を食べている時には辣味が上がってくる、なんとも計算された総合力の高いバランスでした。

かやく

キャベツ、ミンチ肉、たまご、ネギ。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

ここでコスト調整

たまごとキャベツが膨らむので、それなりにフタを開けた直後は充実して見えますが、キャベツは薄く、ミンチ肉も小さくて少ないです。ただ、このミンチ肉が地味に美味しくて、口の中に飛び込んできた時に動物系の旨味がグッと濃くなる効果が得られました。

たまごは花椒の効いたシビカラスープと対比を描くように丸くアクセントを演出し、意識的に拾って食べると箸休めに効果的。具沢山とは言えませんが、今回の主役は唐辛子練りこみ麺と花椒、そしてオープン価格の廉価版という立ち位置を思えば納得できるでしょう。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
(標準は★3です)

正直あまり期待していなかったんですけど、けっこうな手応えがえられました。具材はオープン価格らしく豊富な内容とは言えませんでしたが、麺はブランドのアイデンティティである唐辛子練りこみ麺で個性を演出し、麻辣パウダーは思っていた以上に花椒が鮮烈で、きちんとテーマの「麻辣」が楽しめる良作です。

激辛・激痺クラスの刺激に期待するとピリ辛ちょい上くらいになりますが、花椒の刺激は一般的に見ても普通に辛口くらいには到達していると思います。パウダーなしだと少し頼りないスープでしたが、麺の唐辛子はパウダーなしのほうが強めに感じられるので、麻味の威力を高めたい方は半分くらい食べてから投入すると味変で2度おいしい+刺激レベルも増加です。

コンビニで定価購入したら税込121円でしたが、それでもコストパフォーマンスは悪くありません。もちろんスーパーやドラッグストア、ディスカウントショップなどで税込100円以下だったら文句なしです。「とんがらし麺」としての個性を打ち出しつつ、手軽に麻辣味が楽しめる良品だったので、当ブログでは高く評価します。

日清食品株式会社:〒160-8524 東京都新宿区新宿6-28-1
お客様窓口:0120-923-301

  1. ピリ辛チョイ上…いや、騙されんぞ。(`・ω・´)シャキーン

  2. 最近BIGカップのとんがらし麺が出ませんね。
    もうこのレギュラーカップ路線に絞ったのかな?
    まぁ、レギュラーカップのほうがおとなしいけど
    製品的にはコスパもよいし良品も多いけど。

    で、ひょっとして今年のブームは麻辣かもね!
    この先も麻辣味の製品の発売もありますし!

  3. 公式HPみてきた!若干名怪しげな子がおったね(^▽^;) 「うま辛ずきん」だけでいいんじゃないか?と思うんだけど(゚∇゚ ; )
    本当に花椒はふえたねぇ!!私は辛いのは苦手だけど花椒の痺れは大好き・・このブームはずっと続いて欲しい(((uдu*)ゥンゥン
    麺の唐辛子がなかったらなぁ・・食べられると思うんだけどなぁ・・・

  4. 私もとんがらし麺の旨辛海鮮が大好きなので、今回のマーラーが気になっていました。ホントに旨から海鮮の辛さとクリーミーさ、安さが好きで常備しています。このブログにたどり着いたのは最近だったのですが(初心者でごめんなさい)私も辛さと旨味のバランスを崩したくなくてトッピング唐辛子はほぼかけないので、ここの最初のレビューに激しすぎる同意でした。マーラーも食べてみようと思います。

    • Re:なお様

      コメントありがとうございます!こんな偏ったブログに辿り着いてもらえただけでも光栄なのに、過去記事まで読んでいただいた上にコメントまで残してくださって‥感慨無量です。とんがらし麺の旨辛海鮮は絶妙ですよね!オープン価格なのに完成度が高く、私は辛い食べ物が好きなんですけど、おっしゃる通り旨辛海鮮は「辛さ調節パウダー」無しが至高なのではないかと思っています^^

      ただ、この「うま辛麻辣麺」については刺激のベクトルが辣味ではなく麻味(痺れ)に傾倒していることと、旨辛海鮮のようなクリーミーさは得られないので、かなり別物であることを念頭に置いておいてください^^;