辛さの中に粘りあり!!「蒙古タンメン中本」納豆アレンジ

【勝手にアレンジ特集】

どうも、taka :aです。

以前ご紹介したセブン-イレブンで定番のカップ麺「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌」に「チーズ」と「温泉卵」をトッピングしたアレンジレシピの記事は、大変ご好評いただきました。

絶対やっちゃダメ!! 悪魔の食べ物「蒙古タンメン中本 with 温玉チーズ」
以前よりカップ麺の激うまアレンジとしてネットでも話題になっている、セブン-イレブンの「蒙古タンメン中本」に"チーズ"と"温泉卵"を入れたら強烈な中毒性を誇ると話題沸騰中のレシピに挑戦してみました。これ悪魔の食べ物です‥

上記のアレンジは冗談抜きで、それはそれは美味しかったです。今回は、ちょっと‥いや、かなり?人を選ぶアレンジに挑戦してみましょう。

蒙古タンメン中本のカップ麺に納豆を入れてみた

私は、納豆が大好きです。

もちろん、蒙古タンメン中本のカップ麺も言わずもがなで、PB(プライベートブランド)商品の中では最強クラスだと思っています。

でも、大好きな食べ物と大好きな食べ物を掛け合わせたからといって、必ずしもサラブレッドが誕生するとは限りません。しかしながらセブンの蒙古タンメン中本に納豆を入れたらヤバい!という声は以前から何度も耳にしていたんです。(どうヤバいんだ‥?)

というわけで、納豆をトッピングするだけの簡単ちょい足しレシピですし、実際に作って食べてみることにしました。ええ、とても月並な流れですよね。←

【筆者のスペック】

・カップ麺のブログを書いている人
・カップ麺の「北極」は笑顔で完食
・納豆は大好きで毎日食べている
・納豆のトッピングは卵黄とネギ
・「納豆チャーハン」は好き
・「納豆汁」は好きじゃない

使用する納豆は、筆者愛用「タカノフーズ すごい納豆 S-903」です。別に名前の「タカ」が被っているから贔屓にしているとかではありません。タカノフーズが所有している2,000種類以上の「納豆菌」から選びぬいた健康をサポートする特許取得菌「S-903納豆菌」を採用し、添付のタレには森永乳業の「シールド乳酸菌」を100億個配合しているという腸活の強い味方だからです。

どうやら熱湯を少なめに入れると納豆の存在感が増し、より一層おいしく仕上がるとのクチコミもありましたので、お湯は気持ち少なめに調理してみましょう。

ええ、納豆が嫌いな方にとっては、この記事かなり苦痛かもしれません。もはや最初のアイキャッチ画像で「やめて〜!」ですよねスイマセン。でも、あなたは “この記事” に辿り着いてしまいました。もしかしたら納豆を好きに‥なれるかどうかは保証できませんがw 暇潰しや話のネタにでも、ご一読いただければ幸いです。

▼このまま食べても抜群に美味しい!! けど‥

1食(118g)当たり

エネルギー:540kcal
たん白質:12.3g
脂質:22.3g
炭水化物:72.7g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:1.28mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:147mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:540kcal(めん・かやく:430kcal)(スープ:110kcal)
食塩相当量:6.6g(めん・かやく:2.5g)(スープ:4.1g)

まずは納豆を用意

使う納豆は何でもいいのですが、カップ麺がタテ型ビッグサイズなので、小さい紙コップみたいなのに入っているヤツよりも、きちんと1パック用意されたほうがよいでしょう。もちろん好みに合わせて、納豆は控えめでいいよ‥という場合には、小さいサイズをチョイスしてください。

カップ麺にトッピングする前に添付のタレ、お好みでカラシを入れて、しっかりと混ぜておきます。ちなみに‥味噌や食べるラー油、お酢、ごま油などを投入している場合は除きますが、いくら混ぜてもネバネバしない納豆は「発酵」から「腐敗」の段階に突入している状態なので、混ぜても混ぜても糸を引かない納豆は食べないように注意しましょう。

カップ麺には熱湯を気持ち少なめに(内側の線から5〜7mmほど下を狙って)注ぎ、メーカー指定の5分待機。5分後にフタを開けから念入りにかき混ぜ、仕上げに納豆をトッピングします。

これより先、粘りのある画像が続きます。可能な限りフォトジェニックな写真を意識しますが、納豆が本気でダメな方は‥‥この警告まで到達していませんよね。

ここまで来てしまったのですから、ちょっと苦手な方も覚悟を決めて最後までお付き合いください。




辛さの中に粘りあり!!

フォトジェニック‥とは言い難いかもしれませんがw 侮るなかれ‥めちゃくちゃ美味!!

まずは混ぜずに納豆下にある麺を引っ張り出して食べてみると、納豆の粘りにコーティングされた麺は、まるでネバネバ系の和蕎麦を食しているかのような喉越しの良さ。

▼油揚げ麺特有の風味も吹っ飛びます

表面の摩擦抵抗が少ないストレート麺なので、喉越しの良さがツルリと光ります。しかし、絶妙な納豆の旨味と別添の辛味オイルが混ざり合い、麺が独り歩きするような不安は見せません。

これは混ぜないほうがいいのか、それとも混ぜちゃったほうがいいのか‥などと1.8秒ほど悩みましたが、カップ麺ブロガーに残された選択肢は “混ぜろ”のみです。というわけで、しっかり掻き混ぜてみると‥

▼きっと前世から結ばれる運命だった‥

スープの熱や水分、塩分などが納豆の糸を安定させている “フラクタン” という成分を不安定にして糸が伸びる前に切れてしまうので、プレーンの納豆を持ち上げた時のような糸引きは見せませんが、スープ全体に納豆の粘りを感じさせるトロミが付与されます。そして、糸を引かないだけであって大豆自体は納豆特有の風味とムチン(タンパク質と多糖類が結合した粘素)をキープしているので、存在感が埋没することはありません。※余談:納豆のネバネバが箸について鬱陶しい時は、味噌汁に箸を浸せばイッパツでネバネバ武装解除です。

突然の侵略に納豆の存在を阻もうとする中本‥いや、むしろ納豆を我が支配下に置かんとすべく勢いで猛攻に転じるのですが、負けじと粘る納豆の存在感。その緊迫が堰を切ろうとした矢先、まるでそれが嘘だったかのように互いを愛ではj(ry

納豆が参入することで刺激が緩和されるのではないかと不安に思われるかもしれませんが、たしかにストレートで食べる時よりも刺激にブレーキがかかるものの、納豆を入れたからといって目に見えて刺激が減速するわけではありません。むしろ旨味の濃度が飛躍的に高まり、ベースの中本と飛び入りの納豆が運命的に出会うべくして出会ったかのような一体感を見せ付けてきます。

これは予想以上のタイアップです!よし、もういっちょ捻ってみましょうか‥

中本 with 納豆・卵黄・ネギ

月並な組み合わせですけどw

卵黄を加えることにより、かなり唐辛子の刺激が緩和されるので、これは「蒙古タンメン中本のカップラーメンは好きだけど、もうちょっとだけマイルドだったら‥」という方にピッタリなアレンジです。しかし、攻撃性が鳴りを潜めて終わりではありません。

▼刺激的なスープに卵黄のオアシス‥

卵黄のコクが加わることでスープの包容力が上がり、中本らしい攻めの姿勢こそ少し丸みを帯びますが(それでも余裕でピリ辛以上ですよ)、納豆を活かすという点においては卵黄入りが勝ります。卵黄と納豆の旨味が結合することで互いが誇る独特のコクがブーストすることと、さすが卵黄さんですね‥妙に食べ応えもアップしましたw

▼温泉卵でもイイと思う

ネギは飾りのつもりでトッピングしましたが、青ネギなら香りを引き立てるアクセントになりますし、生の白ネギならシャープな香味が卵黄の間に切れ込んでくれることでしょう。ただ、個人的にはシンプルに納豆だけトッピングしたほうが好きでした。

危険度

★★★★★★★★☆☆(8)

サラブレッド爆誕w

これはもう納豆が好きで蒙古タンメン中本のカップ麺も好きなら是が非でも食べましょう!!

とりあえず納豆が苦手な方にはオススメできませんが、納豆に対して極度に恐怖を感じているわけでなければ挑戦する価値はあるかもしれません。納豆を入れることで緩和される中本の要素、また中本と拮抗することで威力が衰える納豆の要素(ニオイ)もありますが、むしろ相乗効果のほうが圧倒的で、なんでもっと早くに試さなかったのかと後悔しました。もしカップ麺のブログを書いてなかったら、週に3回のペースで食べたいです。たぶん、これにチーズ入れてもヤバい。

ただ、卵黄をトッピングした時に感じたように、やはりシンプルなトッピングがベストかもしれません。これが「蒙古タンメン中本」であることを忘れてはいけませんし、それを殺さない程度に楽しむためにも、今回の場合は納豆と追加でトッピングするのはネギくらいで完成形にあると感じました。もちろん、卵黄トッピングもイケましたけどね。だとすれば、卵黄だけトッピングしたほうが綺麗に纏まるような気もします。

アレンジのポイントと注意点は‥

・お湯は気持ち少なめ(推奨:線の5mmほど下)
・納豆をトッピングする前にカップ麺を混ぜる
・納豆も事前にトッピングする前に混ぜておく
強い意志を持って1日1食までとする

でしょうか。カップ麺と納豆さえあれば手軽に試せるアレンジですし、カップ麺だけ食べるよりも栄養バランスは遥かに向上するので、ただ悪魔的に美味しいだけの食べ物ではありません。

で、あまり美しいビジュアルではなかったこともあり、撮影は控えましたが‥麺を食べ終えたら納豆の残っているスープに白ご飯ぶち込んでみてください。二度おいしいどころの騒ぎじゃないですよ。たぶん、戻ってこられなくなります。

チーズ+温泉卵よりもコアな組み合わせになりますが、それに匹敵する中毒性の持ち主であると感じました。いや、むしろ個人的には納豆をトッピングしたほうが圧倒的に好みかもしれない‥うっかり★9を付けてしまいそうでしたよ。蒙古タンメン中本のカップ麺と納豆が好きな方は、是が非でも試すべきアレンジです。かなり中毒性が高いので、ご利用は計画的に‥

商品名:蒙古タンメン中本 辛旨味噌
製造者:日清食品
内容量:118g(めん80g)
発売日:-
発売地区:全国(セブン&アイ系列店舗)
取得店舗:セブン-イレブン
取得価格:204円(税込)
希望小売価格:189円(税別)
JANコード:4902105233634

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:400ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋(辛味オイル)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油、チキンエキス)、スープ(豚脂、味噌、糖類、香辛料、小麦粉、野菜エキス、ポークエキス、植物油脂、でん粉、玉ねぎ、加工油脂、酵母エキス、食塩、オニオンパウダー、野菜調味油、香味油)、かやく(キャベツ、豆腐、味付豚肉、人参、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、カラメル色素、香辛料抽出物、炭酸Mg、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

日清食品株式会社:〒160-8524 東京都新宿区新宿6-28-1
お客様窓口:0120-923-301

【蒙古タンメン中本 上板橋本店】

住所:板橋区常盤台4-33-3 浅香ビル201
電話:03-5398-1233

営業時間:11:00~24:00
座 席 数:カウンター14席 テーブル(2名掛け)7卓
師範店長:豊田浩之

※2018年8月現在

【勝手にアレンジ特集】
プロフィール

カップ麺ブロガーなのに塩気の強い食べ物が苦手で、激辛好きなのに猫舌。実際のラーメンでは専ら豚骨派で、豚骨臭フルスロットルが好み。

ジャンルを問わず食のストライクゾーンは広いが、基本的に揚げ物は苦手。アボカドと馬肉、きのこ、セロリが好き。

趣味はブログ・執筆、ワードプレス、食べること、料理、ギター。

taka :aをフォローする
taka :aをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
本日の一杯 -Cupmen review blog-

  1. 坂田 より:

    納豆攻撃が、あったんですね、もう少し早くUPされていたら、二日前私も、蒙古タンメン(カップ麺)
    私は、パクチー攻めで行こうかと思いましたが、あいにく、この異常気象この前の台風で、全滅、明日はバクチーちゃんの種再び撒こうかと!自家製パクチー食べれるのはいつになることやら

  2. なにー!?
    これを考えた人もすごいし、しっかりそれをレビューしてくれたtakaにも感謝。
    これは絶対に食べてみたい組み合わせや。帰ったらヤるぞー!(ただいま長崎遠征中)

  3. あかつき より:

    うちもこの納豆!
    口の肥えた友達が勧めてくれました。
    納豆大好き!ではないけど
    この組み合わせはそそりますね!
    普段買わないようなものだと残ると困ったりしますが
    納豆はだいたい買い置きしてるので麺を買い忘れないようメモっておきます。

  4. あー、これもやばい。まだストックが5個あるんだ。やってみよう。私はスープに焼き野菜をいれて焼き浸しみたいにして食べたりもしてるよ。

  5. 伏兎 より:

    :(´◦ω◦`):プルプル
    セルフ納豆入れを敢行するなんて・・・。納豆の上にかかっている辛味オイルが殺人事件の血しぶきに見えてしょうがないんですが私(੭;´ ꒫`)੭
    美味いのか・・・うん、だけど手を出す勇気がわかない(ノД`)シクシク

  6. 飛鳥永久 より:

    これは……!
    納豆好きーにもってこいのアレンジ……!

    是非やる……!これはやる!!!笑

    ただ今娘の離乳食用で常備してあるのはひきわりだけど……いけるよな?笑

  7. pope より:

    納豆は勘弁な!納豆とラーメンとご飯を一緒に!はOKな!

  8. ぐふう…グハッ (´゚ω゚)・*;’.、
    辛いものが駄目で、納豆もダメな僕はどうすれば。。。

  9. koichi より:

    ヤバイ「8」
    勝手にアレンジシリーズの
    虜になってしまった(笑)