東洋水産「マルちゃん ホットワンタン しょうゆ味」45周年限定パッケージ

東洋水産

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年9月3日(月)新発売のカップ入り即席ワンタンスープ、東洋水産「マルちゃん ホットワンタン しょうゆ味」45周年限定パッケージの実食レビューです。

おいしさ包んで45年!

ニュースリリースには “リニューアル” と書かれているのですが、おそらくパッケージのみ期間限定で変更しているのだと思います。ただ、メーカーの公式ホームページを確認してみると「マルちゃん ホットワンタン しょうゆ味」の製品情報は「Not Found」(404エラー)で閲読できず、サイト内検索すると製品情報が削除されていました。(※2018/09/12 現在)

東洋水産「マルちゃん ホットワンタン ピリ辛わかめスープ」
東洋水産「マルちゃん ホットワンタン ピリ辛わかめスープ」の実食レビューです。食べるスープ型のホットワンタンがシリーズ発売45周年を迎えました。ワンタンの数や食べ応えにも注目しながら解説します。2018/09/03新発売

同日、2018年9月3日に新発売となった「ホットワンタン ピリ辛わかめスープ」はレビュー済みです。その情報は掲載されていたのですが、まさか発売45周年にして定番品が終売!なんてことはないでしょうし、たぶん製品情報の更新による一時的なエラーか何かでしょうね。

「ホットワンタン」シリーズは、1973年にサイドメニューや軽い食事に合う「食べるスープ型」のワンタンスープをコンセプトに誕生し、今年で発売45周年を迎えます。それを記念して、「ピリ辛わかめスープ」が新発売、定番フレーバーの「しょうゆ味」が45周年の期間限定パッケージに変更されました。

そのミニサイズ版である「ミニワンタン」も今年で発売25周年を迎え、2018年3月19日(月)に発売60周年の「マイクポップコーン」(ジャパンフリトレー)とコラボしたタイアップ商品がリリースされています。

45周年限定パッケージのホットワンタンがリリースされた同日、2018年9月3日(月)にミニワンタンシリーズの定番「マルちゃん ワンタン わかめスープ味」が “焼肉屋さんで食べるわかめスープ” をイメージさせる一杯にリニューアル。「しょうゆ味」「たまごスープ味」「スープカレーワンタン」のパッケージが刷新され、シリーズの統一感が図られました。

ところで写真に「マルちゃんワンタンサイトはこちら!」と書いてありますが、そのページに掲載されていた「ホットワンタン しょうゆ味」のリンクが404エラーだったんですよねw

開封

小袋は「粉末スープ」1袋で、ワンタンぎっちり詰まってます。

新発売の「ピリ辛わかめスープ」にはワンタンが13個入っていましたが‥

こちらも同じく13個入っていました。

何百個もホットワンタンを食べたわけではないので、個体差の数や発生率については断言できませんが、過去にブログ仲間が書いたホットワンタンの記事にも12〜13個入っていたと紹介されていたので、だいたい13個前後がシリーズの平均的な個数と言えそうですね。

ワンタンを放り出した後の容器には、欠けたワンタンの皮、たまご、椎茸、人参が入っていました。

原材料名・アレルギー表示

【原材料名】
油揚げワンタン(小麦粉(国内製造)、植物油脂、味付豚肉、粉末野菜、食塩)、添付調味料(食塩、しょうゆ、ポークエキス、ねぎ、野菜エキス、たん白加水分解物、香辛料、酵母エキス、植物油)、かやく(卵、にんじん、しいたけ)/ 調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉・ゼラチン

実食開始

1食(46g)当たり

カロリー:235kcal
たん白質:4.4g
脂質:15.4g
炭水化物:19.8g
食塩相当量:4.2g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:3.0g)

※参考値(調理直後に分別して分析)
エネルギー:235kcal(ワンタン・かやく:196kcal)(スープ:39kcal)

「ホットワンタン」シリーズ発売45周年!

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

ワンタン

つるっとなめらかな口当たりのワンタン。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

とりあえずワンタン解剖しました

たぶん東洋水産のカップ麺にも入っている具材のワンタンと同じで、エースコックのワンタンよりも柔らかい皮、地味に舌触りが気になる中の餡w しかし、油揚げ麺と混在しいるカップ麺と違って熱湯を独り占めできるので、戻りのスピードが違います。

熱湯3分ジャストだと完全には戻り切っていなかったのですが、だいたい4分くらいで戻りますね。「ピリ辛わかめスープ」とは少し戻り加減に差があったんですけど、実食当時と比較して室温が下がっているので、その関係かもしれません。

中の餡は中華風の味付けが施されているのですが‥

味付豚肉と粉末野菜で構成されています。で、これは熱湯を注いでから7分ほど経過したところで撮影したんですけど、すでに中身がスープに流れてますね。とりあえず箸で餡だけ掬って食べてみると‥あの独特なザラついた舌触り健在w ワンタンの皮と一緒にツルッと食べたら誤魔化せるのですが、そもそもの仕様みたいです。

ただ、このワンタンはあえてスープに崩すことで真価を発揮するように感じました。

スープ

ポークの旨味とたまねぎの甘味を利かせた、あっさりとした醤油味。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

よくも悪くも無難な味だけど‥

やや食塩の主張が強く、醤油もキリッとしています。副菜としては味が濃いめに思えますが、これを軽食のメインとするならば味の濃さは食べ応えとして評価できるポイントと言えるかもしれません。

玉ねぎの旨味も感じるのですが、やや化調(旨み調味料)特有のピリピリとした刺激が気になりました。ポークの旨味も記憶に残るような存在感ではなかったし、まぁ当たり障りなく普通に美味しいね(★3)だったんですけど、ワンタンを崩すと一気に印象が変わります。

ワンタンの中に仕込まれた餡が溶けて全体に旨味が広がり、無難だったスープが華やかに垢抜けたんですよね。もし邪道な食べ方だったら申し訳ないのですが、ワンタンの餡を溶かし、一体化させることで初めて完成する中華風のスープなのではないかと思いましたというか確信しました勝手にスミマセン。

かやく

たまご、にんじん、しいたけ、ねぎ。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

効果的な名脇役

人参は歯応え控えめでしたが、ほのかに特有の風味が香り、見た目にも朱のアクセントが嬉しいですね。たまごも彩りがよく、口当たりのいい掻き玉で、スープに寄り添う一体感がポイント。ネギは粉末スープに同梱されており、食感よりも香り担当でした。で、椎茸は具材の中で最も目立っています。

サイズは小さめですが、噛んだ時にジュワッと滲み出る椎茸の旨味。しかし、その旨味は嚙む前から湯戻しの段階でスープに寄与しており、全体としては主役級の立ち位置ではないものの、きちんと椎茸の恩恵を感じました。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
(標準は★3です)

そのままだと当たり障りなく美味しいけど、あんまり印象に残る味でもないなぁ‥から、ワンタンの餡をスープに溶かして一体化させることで独特の中華風味が広がり、無個性な味からホットワンタンならではの唯一無二な味わいに昇華する‥みたいな。それを踏まえた上での総評です。

ただ、まだ私はホットワンタンのレビューに慣れていないことと、カップ麺のように4桁以上の場数を踏んできたわけではないので、総評の基準が定まっておらず、完全に客観視できていません。なので、主観的な満足度も大きく干渉している評価になってしまうのですが、なるほど45年も支えられてきたロングセラーの実力を体感しました。

邪道な食べ方なのかメジャーな食べ方なのかは分かりませんが、餡を失った皮だけワンタンは頼りなくも一反麺のような楽しみ方もできるので、抵抗がなければ “あえて” 崩してみてください。

製品名:マルちゃん ホットワンタン しょうゆ味
販売者:東洋水産
製造所:東洋水産(株)関東工場
内容量:46g(ワンタン39g)
発売日:2018年9月3日(月)
JANコード:4901990050241
希望小売価格:165円(税抜)

発売地域:全国(CVS / 量販店 / 一般小売店 他)
取得価格:105円(税込)
取得店舗:スーパー

麺の種類:-(ワンタン)
容器材質:紙
必要湯量:290ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(粉末スープ)
東洋水産株式会社:〒108-8501 東京都港区港南2-13-40
お客様相談室:0120-181-874

  1. 本当だ!HPの醤油がエラーになってるね・・新発売でエラーはアカンやろうー(≧∇≦)
    それにしてもワンタンたっぷりだなぁ〜( ´艸`) つるつると美味しそう♪ワンタン大好きなので、気合が入るわ♪ これは店頭でみた気がするからこんど買いに行ってきます(๑•̀.•́ฅ✧ 半分はワンタンをくずしてたべるね〜♪