日清食品「日清デカうま わかめそば」2018年9月リニューアル

日清食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年9月3日(月)リニューアル発売のカップ麺、日清食品「日清デカうま わかめそば」の実食レビューです。

つるっと喉越し麺に進化!

「日清デカうま」は、日清食品が送る2018年2月に発足したシリーズで、カップラーメンの「日清デカブト」、カップ焼そばの「日清デカヤキ」、和風カップ麺の「貫禄の逸品」、その3ブランドが統合したオープン価格のカップ麺です。

リニューアル前の「わかめそば」もレビューしているのですが‥(2018年2月19日発売品)

日清デカうま わかめそば@日清食品
廉価版だからってナメんなよ!! 日清食品が送るオープンプライスのカップ麺「日清デカうま わかめそば」の実食レビューです。3ブランドが統合されて新たに発足されたブランドですが、新発売の蕎麦はコスパ最強!! 2018/02/19より全国発売。

今回、つゆと具材を据え置いたまま、しなやかで真っ直ぐな蕎麦にリニューアルされたようです。

ここ数日、なぜに「わかめ」系のカップ麺を連続でチョイスしているのか自分でも理解しかねるのですが、リニューアル前の製品は★6の高評価を叩き出しているので、かなり期待して購入しました。

パッケージのデザインは酷似しているのですが、「日清デカうま」の左上に「NEW つるっと のどごし麺」というロゴが新たに追加されているのと、もうひとつ大きな変化があって‥

熱湯4分から熱湯3分になっているんですよね。もしやコレは、とうとう天下の「どん兵衛」に使われている蕎麦が採用されたのかも‥?などと期待が高まっている実食前の現在です。

開封

小袋は「粉末スープ」1袋で、あらかじめ具材は容器の中に入っています。小袋のデザインや具材の量など、この時点では従来品と同じように見えるのですが‥

蕎麦は一目で明らかに細くなっていることが分かりました。

熱湯4分だろうと3分だろうと蕎麦のクオリティに関しては信頼できる日清食品なので、あまり心配はしていないのですが、つゆや具材の変化など、また大盛りにも耐えられる持久力が麺に備わっているのかどうかにも注目しながらレビューします。

原材料名・アレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ)、スープ(糖類、食塩、粉末しょうゆ、魚介調味料、かつお節粉末、香辛料(七味唐辛子)、たん白加水分解物)、かやく(わかめ、揚げ玉、かまぼこ、ねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・そば・卵・乳成分・ごま・さば・大豆を含む)
【アレルギー表示】
小麦・そば・卵・乳成分・えび・さば・大豆・ごま

実食開始

▼従来品の完成写真

▼リニューアル後(わかめの量が‥)

リニューアル前と比較して内容量(106g)は同じで、あまりカロリーなどの数値にも違いは見られないのですが、「めん・かやく」の食塩相当量が0.7g上がり、「つゆ」の食塩相当量は0.6g下がるなど、微妙な変化が見られます。

せっかくなので、従来品の原材料も比較しながら解説しましょう。

※右()内はリニューアル前の数値です

1食 106(106)g当たり

カロリー:486(489)kcal
たん白質:11.3(11.4)g
脂質:20.4(21.4)g
炭水化物:64.4(62.6)g
食塩相当量:7.7(7.6)g
(めん・かやく:2.8(2.1)g)
(スープ:4.9(5.5)g)
ビタミンB1:0.31(0.28)mg
ビタミンB2:0.23(0.25)mg
カルシウム:160(164)mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
熱量:486(489)kcal(めん・かやく:438(442)kcal)(スープ:48(47)kcal)

すすり心地がクセになる! しなやかでまっすぐなそばにリニューアル!

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

めん

しなやかでまっすぐなそば。のどごしとすすり心地がさらに良くなりました。大盛り90gで食べ応え抜群です。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

This is almost a “donbei”..!

微妙な違いが無きにしも非ずですが、ほぼほぼ体感的には「日清のどん兵衛」に使われている蕎麦です。

冒頭でも触れたように熱湯4分から熱湯3分の油揚げ麺に変わっているのですが、変更されたのはサイズだけでなく、従来品に使われていた卵粉がカットされ、醤油が練り込まれていました。なるほど、めん・かやくの食塩相当量が上がっていたのにも納得ですね。

で、この原材料の構成って実は「日清のどん兵衛 天ぷらそば」などに使われている油揚げ麺と同じ配合なんです。ただ、比較して少し色が薄く、蕎麦の香りも控えめに感じたので、もしかしたらオープン価格の廉価版シリーズに合わせて蕎麦粉の含有量を減らしているのかもしれません。

しかしながら唯一無二と思われた縮れのない繊細な佇まいに、真っ直ぐな啜り心地と喉越しの良さ。それでいて表面には少しザラついた質感を残しているので、それが蕎麦粉のイメージを強めます。やや比較して蕎麦の香りは控えめと書きましたが、ちゃんと蕎麦粉の風味も感じられました。

麺の量も90gをキープしていたので、熱湯4分の頃より食感の持続性は衰えますが、それでも最後まで歯切れの良さが楽しめたことに技術力の高さを感じます。もちろん撮影の前に質感を確かめてメモしていたのですが、一般的ではない撮影という工程を挟んでも最後まで歯切れの良さが楽しめたので、普通に食べたら多少の劣化さえ感じる間も無く完食できるでしょう。

とりあえず、少なくともオープン価格で使っていいような麺ではないですよコレは‥

【リニューアル前】
小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉
【リニューアル後】
小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ

つゆ

鰹だしをきかせた関東風のつゆ。“後引く七味”がうまさの決め手です。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

甘味のある優しい蕎麦つゆ

製品説明には “関東風の” と書かれていますが、たしかに魚介は鰹が主体ではあるものの、ねっからの出汁文化で育った関西人の私でも素直に楽しめる、むしろ西日本仕様の「どん兵衛 天ぷらそば」に近い味わいです。

甘味が強いので、醤油がキリッと立った関東風の蕎麦つゆに期待していると好みから外れてしまうかもしれませんが、甘味を帯びた出汁が主体の蕎麦つゆに目がない私は逆らえませんでした。(すみません)

従来品の原材料と比較して「魚介エキス」が「魚介調味料」に変わっていますが、体感的な出汁の基準に大幅な変更はなく、細くなった蕎麦に合わせて食塩と粉末しょうゆを少し減らしているような印象で、気持ち味が柔らかく穏やかになったような気がします。どん兵衛に匹敵する蕎麦と西日本風の蕎麦つゆの相性に疑う余地などなく、文句の付け所がありません。

強いて言えば “後引く七味” の存在感が希薄なので、そこくらいでしょうか。これに関しては希望小売価格が設定されていない廉価版ということで納得できますし、物足りなければ自分で足せる項目ですからね。

【リニューアル前】
糖類、食塩、粉末しょうゆ、魚介エキス、かつお節粉末、香辛料(七味唐辛子)、たん白加水分解物
【リニューアル後】
糖類、食塩、粉末しょうゆ、魚介調味料、かつお節粉末、香辛料(七味唐辛子)、たん白加水分解物

かやく

たっぷりのわかめ、揚げ玉、カマボコ、ネギ。

(日清食品「ニュースリリース」より引用)

わかめが減った(個体差かも?)

先ほど従来品の完成写真を載せましたが、わかめが少し減ったように思います。ただ、つゆと蕎麦のクオリティを思えば正味そこまで気になりません。さすがに天下のエースコックには劣るものの、磯の香りは主張し過ぎずも蕎麦つゆの複雑味に寄与しており、何気に効果的なのが揚げ玉です。

もちろんサクサク感は得られませんが、特有の芳ばしさと適度な油脂感がコクを深め、ふやけて柔らかくなった揚げ玉の優しい口当たりも一興。かまぼこは「どん兵衛」に入っているものと同じように思いますが、枚数の違いは個体差だと思います。ねぎは歯触りに存在感があり、その食感がアクセントに効果的でした。

【リニューアル前】
わかめ、揚げ玉、かまぼこ、ねぎ
【リニューアル後】
わかめ、揚げ玉、かまぼこ、ねぎ

総評

★★★★★★☆☆☆☆(6)
(標準は★3です)

わかめの量が減ったことと、つゆが比較して優しくなったこと、でもって「日清のどん兵衛」に匹敵する蕎麦にリニューアルされたことが最大の変化です。蕎麦粉の香りでは気持ち劣るような印象を受けましたが、食べ始めのコシや持続力の高い歯切れの良さなど、まったく驚かされました。

個人的には熱湯4分の太い蕎麦も好きだったので、手放しに好印象とは言えないリニューアルだったりもしたのですが、どっちにしろ廉価版の基準が狂ってしまいます。もちろん具材の量などにオープン価格らしさは見られましたが、それを踏まえても素晴らしいカップ麺ですね。

地域的な味のハードルも低いと思いますし、まったく同じとは言えませんけど、東日本在住の方にとっては西日本どん兵衛の雰囲気が楽しめる代替品としての付加価値も見出せるのではないでしょうか。正直、主観的にはリニューアル前のほうが好みでしたが、あいかわらずコスパの高い一杯であることは間違いありません。

製品名:日清デカうま わかめそば
製造者:日清食品
内容量:106g(めん90g)
発売日:2018年9月3日(月)リニューアル
JANコード:4902105246085
希望小売価格:オープン価格

発売地域:全国(全チャネル販売)
取得価格:98円(税込)
取得店舗:ドン・キホーテ

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)+胴巻き紙
必要湯量:470ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(粉末スープ)
日清食品株式会社:〒160-8524 東京都新宿区新宿6-28-1
お客様窓口:0120-923-301
日清食品
taka :aをフォローする
プロフィール

カップ麺ブロガーなのに塩気の強い食べ物が苦手で、激辛好きなのに猫舌。

実際のラーメンでは専ら豚骨派で、豚骨臭フルスロットルが好み。ジャンルを問わず食のストライクゾーンは広いが、基本的に揚げ物は苦手。アボカドと馬肉、きのこ、セロリが好き。

趣味はブログ・執筆、ワードプレス、食べること、料理、ギター。

taka :aをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
本日の一杯 -Cupmen review blog-

  1. レビ より:

    ついさっき食べたwwウケるwwさっき食べたやつだwwウケるww

    これのうどんも買ってあるので楽しみです(≧∀≦)

    • taka :a より:

      Re:レビちゃん

      それはタイムリーすぎるw リニューアル前?リニューアル後?

      うどんはレビューしたことない‥というか、食べたことがない^^;

      いつか折を見てレビューします!

  2. 風のましゅー。 より:

    蕎麦好きな僕は常に2個ストック。(`・ω・´)シャキーン
    安いしね。2個ストック。      2個…(ry

    • taka :a より:

      Re:風の兄弟

      2個にこだわるブラザーw 正直、個人的にはリニューアル前の太蕎麦が好きだったけど、あいかわらず逆らえないクオリティの高さだったよ‥どん兵衛の立つ瀬がなくなってしまう‥!

  3. 坂田 より:

    蕎麦にワカメは、体験した事無いんですが、このカッブ麺の、麺が美味しそうな、日清さんの蕎麦に、ワカメ、期待感有るかも、見かけた是非買って見たいと思います!

    • taka :a より:

      Re:坂田さん

      個人的にはリニューアル前が好みだったんですけど、あの「どん兵衛」に匹敵する質感には脱帽でしたね!

      蕎麦の香りは少し劣りますけど、たぶんエンカウント率は高いので、リニューアル前でも後でもオススメです^^

  4. かーと より:

    >食塩と粉末しょうゆ少し減らしているような

    助詞の入れ忘れかな(=゚ω゚)