CGC こだわりの沖縄風そば@日清食品

CGC

どうも、taka :aです。

最近ちょっとパソコンの変換機能が変でして‥先ほども「ベニコウジ色素(べにこうじしきそ)」とタイピングしたら「紅子宇治色素」←何色素?みたいな単語が出てきたり‥

ひとつ前の記事では「ニュータッチ(にゅーたっち)」と入力したら「m」←なぜw

なーにを考えとるんでしょうね私のパソコンは‥(いま凄絶な勢いで空冷ファンが唸ってますw)

CGCのカップ沖縄そば!

本日の一杯は、CGCのPBカップ麺、「CGC こだわりの沖縄風そば」のレビューです。なんだかパッケージが東洋水産の「四季物語」シリーズにありそうな見た目ですがw(そういえば新作が出ませんね‥)製造は日清食品です。この「沖縄 “風” 」が大切なんでしょうね、きっと。

レギュラーサイズのタテ型カップ麺で、定価はオープンプライスの廉価版。CGCグループ加盟店と八社会で取り扱われているプライベートブランド商品なんですけど、当ブログでは初紹介となる「CGC(シジシージャパン・CGC JAPAN CO.,LTD.)」について軽く説明します。

CGC」とは、“Co-operative Grocer Chain”(共同食料品チェーン)の略称で、社名表記は「シジシー」ですが、通常は「シージーシー」と発音します。「キユーピー」「エドウイン」「キヤノン」などと同じアレですね。グループ総年商は4兆5,757億円*1で、CGCグループの加盟店は全国214社*1・4,084店*1という日本最大のコーペラティブ・チェーンです。

卸売業者などが主宰するチェーン本部に小売店が加盟して協業することを「ボランタリー・チェーン」というのですが、CGCグループは「コーペラティブ・チェーン」という小売業者を主宰とした組織で、全国の中堅・中小スーパーマーケットが加盟するCGCグループの本部機能をシジシージャパンが担っています。今回の「こだわりの沖縄風そば」は、CGCグループの加盟企業店である「にしがき」という関西のローカルスーパーで購入しました。

ついでに「八社会」とは、日本の私鉄系スーパーマーケット8社*2が共同で設立した、共同企画商品の企画と開発を手がける企業で、「Vマークバリュープラス」というPB商品を取り扱っています。今回のカップ麺は、そちらの店舗でも購入可能だそうです。

なにせネットを開けばスマホで簡単に情報が入手できる高度情報化社会にもかかわらず、製造メーカーである日清食品のホームページはおろかCGCの商品情報一覧にも掲載されていません。他にも「こだわりのえび味噌ラーメン」や「こだわりのサンマー麺」というカップ麺もあって、どちらも購入しましたが、今回は夏っぽい「沖縄風そば」を紹介することにしました。

ネットに詳細は掲載されていませんでしたが、KSP-SPの食品POSデーターベースを検索するとJANコードがヒットし、出現日は2018年5月23日(水)*3、平均売価は89円*3とのことでした。長くなりましたねw オープン価格のPB商品なので、肩の力を抜いて食べてみます。

*1 2018年7月1日時点
*2 小田急商事(株)・(株)京王ストア・(株)京成ストア・(株)京急ストア・相鉄ローゼン(株)・(株)東急ストア・(株)東武ストア・松電商事(株)
*3「集計期間:18/06/25~18/07/01」「新商品対象期間:18/04/02~18/07/01」全国食品スーパーマーケット約1,030店舗からの統計

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、ポークエキス、香辛料)、スープ(糖類、ポークエキス、魚介調味料、豚脂、食塩、かつお節粉末、昆布調味料)、かやく(味付豚肉、かまぼこ、ねぎ、紅生姜)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、かんすい、グリセリン、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、野菜色素、フラボノイド色素、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

1食(68g)当たり

熱量:307kcal
たんぱく質:7.6g
脂質:11.7g
炭水化物:42.9g
食塩相当量:4.1g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:3.0g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:96mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:307kcal(めん・かやく:287kcal)(スープ:20kcal)




めん

オーソドックスな細麺

安もんカップ麺の代表格とも言える立ち位置ですが、レギュラーサイズのタテ型カップ麺でも麺量60gをキープしていることに日清食品とシジシージャパンのプライドを感じます。最近の新作カップ麺では、定価180円だと麺量50gがザラになってきましたからね。

軽く縮れた平打ちの細麺で、当然のように油揚げ麺です。質感としては食べ始めの段階から柔らかく、やや加水率は低めでプリプリとした歯切れの良さがポイントでしょうか。イメージとしては「カップヌードル」の油揚げ麺を分厚くしたような雰囲気で、油揚げ麺特有の風味もタイプが似ています。しかし、オープン価格のPB商品だからといって盛大に油揚げ麺臭が幅を利かせているような野暮ったさは感じられず、思っていたほど悪くありませんでした。

むしろ適度な味付けによってスープとの一体感は高く、油揚げ麺特有の甘味が素直に心地好いと思えるクラシカルな印象には素直に好感が抱けました。まぁこれのどこが沖縄そばなんだと言われたら私のフォロースキルでは上手に切り返せないのですがw「カップヌードル」を食べ慣れている方であれば違和感なく楽しめると思いますし、平均売価を考慮すればオッケーでしょう。「カップヌードル」と比較して、こちらのほうが耐久力も勝ります。

スープ

それっぽい雰囲気を感じるスープ

調理前の写真に遡っていただけると分かるのですが、なんかこう‥明らかに “私うまみ調味料です” 的な白い顆粒が入っていますよねw 実際まぁたしかに旨味の指標はインスタントの顆粒チックなタイプなんですけど、なかなかどうして美味しいです。

もちろん本格的な沖縄そばには敵いませんが、さすが看板ブランドの「どん兵衛」を鍛え上げてきた日清食品らしく魚介系粉末出汁の使い方が上手ですね。原材料は糖類、ポークエキス、魚介調味料、豚脂、食塩、かつお節粉末、昆布調味料とシンプルで、糖類の含有量が多いように甘味が強く、穏やかで柔らかいスープです。甘い和風出汁が好みの方は、たぶん違和感なく入れると思います。しかしながらポークの旨味も感じるので、うどんつゆっぽいのとは少しベクトルが違うんですよね。いや、うどんでも違和感なさそうな味ではあるんですけどねw

けっして本格的な味ではありませんし、それなりの雑味も感じますが、わりとカップ沖縄そばの雛形と言っても過言ではないオーソドックスさで、それっぽい雰囲気は感じられました。甘みが意識されていたので、その柔らかさが個性と言えるかもしれません。

かやく

しょぼいw

味付豚肉、かまぼこ、ねぎ、紅生姜なんですけど、ご覧の通り味付豚肉は搔きまぜると完全に行方不明。かまぼこは「日清のどん兵衛」でも見慣れた子で、クオリティはカップ麺かまぼこの枠を出ませんが、これ2枚あるだけで違いますね。たぶん、なかったら悲惨w

ネギは「カップヌードル」に入っているようなシャキシャキとした歯触りのネギで、食感に飽きが来ないように上手くサポートしてくれています。で、けっこう紅生姜が多いですね。どんぶり型もしくはタテ型ビッグだと少量ですが、容器のサイズがレギュラーなので、わりとハッキリめに存在感を放っていました。湯戻しの段階でスープに酸味が移るんですけど、スープとの相性は悪くありません。変に衝突したり酸味一辺倒になるようなこともなく、むしろ糖類の甘味を適度に引き締める役割として効果的に作用していました。

総評

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3+)
(標準は★3です)

スーパーカップ1.5倍 沖縄 島そば」の記事を執筆した時、ちょっと沖縄そば(島そば)について勉強したのですが、沖縄そばのイメージとして挙げらる代表的なトッピングだと思っていた紅生姜は離島の沖縄そば(島そば)には見られないそうなので、およそイメージとしては沖縄本島で提供されるオーソドックスな沖縄そばが題材なんでしょうね。

結果的に味としては普通に美味しい一杯でしたが、なかなかどうして平均売価89円のカップ麺としては麺やスープはバカにできない感じで、まぁそれでも具材は廉価版らしくショボかったし、100円前後で購入できる安もんカップ麺の枠は出ませんでしたが、きちんと沖縄そばの雰囲気が意識されていたため、思っていたよりも満足感は高かったです。

具材は明らかに廉価版の量ではあるものの、甘いスープに紅生姜のアクセントが効果的で、食べ終わるまで一定の端切れをキープしていた麺も地味に好印象だったし、夏に嬉しいテイストでした。とある仲良しの美容ブロガー(兼業務スーパーブロガー)曰く、「『こだわりのえび味噌ラーメン』は★2だな」とのことだったのでw また折を見て紹介したいと思います。「こだわりのサンマー麺」は美味しそうな雰囲気なんですけどね、パッケージ。販路はCGCグループ加盟店と八社会限定になりますが、派手さはなくとも地味に美味しい一杯でした。

製品名:日清 こだわりの沖縄風そば
製造者:日清食品
内容量:68g(めん60g)
出現日:2018年5月23日(水)
発売地区:全国(CGCグループ加盟店及び八社会)
取得店舗:スーパー(にしがき)
取得価格:105円(税込)
希望小売価格:オープン価格
JANコード:4902105240854

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-

日清食品株式会社:〒160-8524 東京都新宿区新宿6-28-1
お客様窓口:0120-923-301

CGC
taka :aをフォローする
プロフィール

カップ麺ブロガーなのに塩気の強い食べ物が苦手で、激辛好きなのに猫舌。

実際のラーメンでは専ら豚骨派で、豚骨臭フルスロットルが好み。ジャンルを問わず食のストライクゾーンは広いが、基本的に揚げ物は苦手。アボカドと馬肉、きのこ、セロリが好き。

趣味はブログ・執筆、ワードプレス、食べること、料理、ギター。

taka :aをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
本日の一杯 -Cupmen review blog-

  1. キャロット より:

    沖縄らしいパッケージだね。
    沖縄は料理も海も大好きだったから、本島、離島ともよく通ったよ。
    ソーキそばだけど、離島のにもけっこう紅生姜が入ってたイメージだよ。
    紅生姜なくしてソーキそばなし、みたいな雰囲気すらあったわ。笑
    こちらは味は普通なんだね。
    美味しかったら買って帰りたかったんだけどな。

  2. 「ニュータッチ(にゅーたっち)」でなぜに「m」???(;・∀・)
    これは意味わからんけど、カタカナは上手く変換してくれないですよねー
    ちなみに、私のPCでは「ベニコウジ色素(べにこうじしきそ)」は、「紅工事色素」と変換されました(´ー`*)

  3. ( ゚д゚)ハッ! これはマダ見つけてない奴。
    他の奴は…。(ΦωΦ)フフフ…

  4. ぽぺ より:

    コレ近所のスーパーで見かけたけど、どうしようか?迷った・・・で、買いませんでした!更新がめっちゃ早い!ついて行けましぇんww

  5. ジュエミ より:

    きやーーー(((( ;°Д°))))
    taka :aさんのパソコンもヤバイよヤバイよぉおおおおおおお(←一緒にしないでください。)

    そうそう「風」というのがポイント高いですよね…「風」なんだk
    大事なのは「それっぽさ」☆
    (ムダにわかったような口を聞く。)

  6. ビー玉 より:

    私、CGCっていう会社が地味にカップ麺を作ってるんやと思ってた∑(゚Д゚) 日清やったんやぁ・・これは検索かける人はけっこうおるんちゃう?こんなん知らんけど?って感んじで(((uдu*)ゥンゥン このパッケージは見たことがあるねんなぁ・・もしかしら、うちの店舗もコンビ部門にならんでたかもしれないw 今日行ったらみてここよう(((uдu*)ゥンゥン このカップ麺は素朴な感んじがいいなぁ・・見つけたら買ってみよう♪

  7. leaves より:

    この間沖縄料理店行って沖縄そば食べたところだったよ。美味しかった(๑˃́ꇴ˂̀๑)。なので、当分沖縄そばはそこの味のいい思い出に留まるため、よそで食べるの自粛ちぅw。
    カップ麺と言えど浮気はしないぞっw。

    あ、「西郷どん」って入力するといつも「最後うどん」と麺ブロガーばりの変換してくれる私のPC!