「用心棒監修 超ガリマヨまぜそば」を二郎インスパイア風にアレンジした結果‥

明星食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、明星食品と用心棒のコラボカップ麺、「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」の再現アレンジ実食レビューです。

もし、用心棒のカップ麺を二郎インスパイア風にアレンジしたら‥

実際に調理して食べてみた感想と調理方法を紹介します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

用心棒 超ガリマヨまぜそば 二郎風アレンジ

「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」とは、明星食品と二郎系ラーメン店「用心棒」のタイアップ商品として開発された用心棒初のカップ麺として大きな話題となり、新作カップ麺のリリースが少なかった1月第1週目の中で最も注目されている新商品のビッグネームです。

明星食品の特製マヨ史上(従来比)最大量となるガリマヨ(ニンニクマヨネーズ)を「サイコー(315)」の語呂合わせで31.5gも使用しているのが最大のポイントで、とにかく量が異様に多いw お店の方も “マジで明星の担当ぶっ飛んでます” というツイートを発信されていたのですが、どう考えても規格外の量でした。

「ガリマヨ」というのは実際の店舗でも提供されている “まぜそば専用” のトッピングで、他にも無料トッピングとして「野菜マシ」「ニンニク(刻みニンニク)」「アブラ(豚の背脂)」「ショウガ(刻みしょうが)」「辛玉(数種の唐辛子を練ったもの)」「全部(『辛玉』以外のトッピング)」などがあるそうなんですけど、カップ麺は完全にガリマヨ特化型仕様となっています。それはもう潔く。

たしか「一平ちゃん夜店の焼そば」(レギュラーサイズ・ソース味)に別添されている「からしマヨネーズ」は7g(約50kcal)だったと思うので、ジャスト4.5倍(225kcalくらい?)の量になります。のっけから全投入すると完全に退路は断たれますし、もちろん実食後の背徳感も避けられなかったのですが、それも二郎系らしさに通じるポイントですからね。それに、割り切ったら美味しくて‥w

ただ、むっちり食感の麺はハイクオリティで、ふりかけも効果的ではあったものの、お店のようにヤサイどか盛りではありませんし、潔くガリマヨに特化していた分どうしても極端な仕上がりでした。というわけで、お店の「まぜそば」を意識して具材をトッピングしたら満足感(と、背徳感)が跳ね上がるのではなかろうかと行動に移した次第です。

「二郎インスパイア」とは、東京・三田に本店を構える「ラーメン二郎」で修行を積んだ、もしくはラーメン二郎に影響されて作られているジャンクな大盛りラーメンの総称になるのですが、恥ずかしながら私は「用心棒神保町」にも「用心棒本郷店」にも行ったことがありませんし、その道のプロでもありません。しかし、以前に用心棒の関連店である「千里眼」のカップ麺をアレンジした際は、けっこう美味しく作れました。

というわけで、お店の特徴を詳しく書いているブロガーさんの記事や公式ツイッターアカウントの投稿写真を参考にしながら見よう見まねで表現してみようと思います。とはいえ二郎素人カップ麺マニアの挑戦なので、ジロリアン(ラーメン二郎のファン)の方も、そうでない方も、この記事ではシンプルに「カップ麺をアレンジして楽しく食べよう」のスタンスでご覧いただけると幸いです。

アレンジに必要な具材の下準備

お店の「まぜそば」は大量のヤサイ(もやし)が印象的だったので、もやしを茹でます。今回はカップ麺の容器が大きいため、調子に乗って600g(3袋)鍋に放り込みました。もやしはシャキッとした食感が命なので、その魅力を失わないようにサッと茹でましょう。ちなみに前回(千里眼)の二郎系アレンジでは、通称「豚」と呼ばれる肉具材を豚バラ肉(スライス)で代用したのですが‥‥

今回は豚の塊肉を買ってきて、可能な限り柔らかめに煮込んでおきました。ちょっと角煮っぽくなったけどw 甘辛テイストに仕上がっております。 「用心棒」の豚は二郎インスパイアの中でも一二を争う完成度の高さといわれており、分厚くカットした豚は食べ応え抜群なのに柔らかくてジューシーで、どのクチコミを読んでも絶賛の評判が多く、本気で美味しそうでした。

「ガリマヨ」については明星食品がカップ麺としては規格外の量を用意してくれていましたが、おそらく足りないと思ったので、おろしニンニクとガーリックパウダー、マヨネーズを混ぜ合わせて待機。あとは写真とメニューを参考に、「揚げ玉」「卵黄」「白ネギ」「青ネギ」「かつお節」「刻みニンニク」「刻み生姜」を用意してみました。上手に盛り付けられるか不安ですが、頑張ります。

カップ麺の製品情報・購入価格

製品名:明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛
販売者:明星食品
製造所:埼玉工場(製造所固有記号[R])
内容量:172g(めん130g)
発売日:2019年1月7日(月)
JANコード:4902881419413
希望小売価格:225円(税抜)

発売地域:全国
購入価格:192円(税込)
取得店舗:スーパーマーケット(フレッシュバザール)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
湯量目安:770ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋(粉末ソース・特製マヨ・ふりかけ)

カップ麺の原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、でん粉、粉末油脂、卵粉、香味調味料)、ソース(半固体状ドレッシング、糖類、食塩、香辛料、たん白加水分解物、鶏・豚エキス、香味調味料、植物油脂)、かやく(キャベツ、香辛料、かつおぶし粉末、ねぎ、香味調味料)/ 加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、pH調整剤、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・牛肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン(コンタミネーション:かに)

実食開始

できました! カップが汁なし大盛用の容器なので、もやし600gも無事に全員搭乗しております。最初の写真は正面から見て左側からのアングルになるのですが、お店の写真を意識して写真の向かって左から順に揚げ玉、青ネギ、卵黄を並べてみました。ガリマヨはオリジナルと明星食品製をミックスしてから細く射出できる容器に移し、ダーッとかけてから鰹節(花かつお)をトッピングしています。

なぜか正面からのアングルでは急にボリューム感が控えめに見えてしまうんですけど(でもって卵黄が窮屈そうなんですけどw)、卵黄の向かって右隣には白ネギ(ガリマヨまみれで見えませんが)、その横に自家製の煮豚をゴロッと3切れ配置。もやしは正面からだとガリマヨビームで隠れているのですが、もやし600gでズシッと重ために仕上がりました。

こちらが真後ろからのアングルになるのですが、煮豚の裏(写真の向かって左手前)に刻みニンニク・刻み生姜を多めに盛っておいたので、途中の気分転換に効果を発揮してくれることでしょう。スーパーと肉屋を巡ってみたところ残念ながら背脂は入手できなかったんですけど、まだ追加用のガリマヨが100g以上ありますし、ジャンクさなら大丈夫です。それでは、実際に食べてみましょう。

1食(172g)当たり[アレンジ前]

熱  量:810kcal
たん白質:9.6g
脂  質:43.5g
炭水化物:94.9g
食塩相当量:6.6g
ビタミンB1:0.69mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:189mg

ヤサイ

カップ麺の容器が大盛仕様の大容量(ほぼ最大容量)なので、あまり多そうに見えないかもしれませんが、たかだか麺の量なんて容器の高さ半分程度、しれてます。というわけで、もやし600gすべてが呆気ないほど滞りなく収まってしまったのですが、さすがに「まぜそば」したくても混ざらないw で、上のヤサイから攻略しなければいけないんですけど‥‥

ちょっと待てコレおいしすぎる。もやし味付用に煮豚の煮汁をスタンバイさせていたのですが、ぜんぜん必要ないですね。もやしは味付まったくしてない単なる茹でもやしで、まずは登頂のガリマヨ with 花かつおゾーンから攻めてみたのですが、とんでもねぇ相性です。インパクトのある写真を撮ろうと調子に乗ってガリマヨビームしたので、ちょっとミスッたかも‥‥などと思ったりもしたのですが、むしろ足りない。

あまり普段もやしを600gも盛ることがないので侮っていたんですけど、さすがモヤシほぼ水分。見た目のわりにサッパリと食べやすく、しかしながらガリマヨ効果で異様にボリュームがあり、なんと言っても花かつおとガリマヨの相性が絶妙!(用心棒天才か‥)。刻みニンニク・刻み生姜をチビッと添えれば強烈な味変で最後まで飽きませんし、コスパ最強ですね。

無駄のない計算されたトッピング

文字通り「まぜそば」なので、ある程度もやしが減ってきたら見た目を気にせず豪快に混ぜて食べるのがセオリーだと思うんですけど、部分的に食べると大幅な変化が楽しいです。青ネギ&揚げ玉ゾーンは揚げ玉のサクサク感に青ネギのシャキシャキ感と清涼感のギャップが面白く、さらに生の白ネギを添えるとシャープなキレが気分転換に。

卵黄を崩して絡めると嫌味のないコクがジャンクなガリマヨとは違った方角からアピールしてくるのですが、用心棒ワールドの中にあるとナチュラルな卵黄でさえも背徳的な濃度に変わります。写真では麺に卵黄が絡んでいる状態ですが、もやしと合わせて麺もろとも味わうと卵黄濃厚もちもち麺にシャキシャキもやしで箸が止まりません。

今回のカップ麺には液体系の別添がないので、ゆっくり食べても麺は最後まで一定の弾力をキープしてくれますし、ほぐれにくさについてはセルフ追いガリマヨコーティングで解決。茹で加減さえ間違えなければシャキシャキもやしの食感があるので、途中から食べ飽きてしまうこともないでしょう。

そして、忘れちゃいけない刻みニンニク&刻み生姜のアクセントを超えた存在感。刻みニンニクは強烈なジャンクさをブーストし、刻み生姜はニンニクとは違う清涼感重視のテイストがサッパリとイメージを一変させる手放しに必須なアイテムと言っても過言ではありません。お店の「辛玉(数種の唐辛子を練ったもの)」と「アブラ(豚の背脂)」は用意できませんでしたが、充分です。

ぜったいオススメ「スキヤキ」アレンジ

用心棒の「スキヤキ」とは、生卵、小口ねぎ、魚粉、醤油で構成されている実際のメニューにもある強烈な味変アイテムで、文字通り牛肉を溶き卵に潜らせるスキヤキよろしく麺を付けながら食べるんですけど、これがもう逆らえないくらい非常識に美味しくて‥‥実は粉チーズ大量投下も試していたんですけど(それもジャンクでウマイw)、スキヤキの魅力には敵いません。

単なる溶き卵ではなくネギ、魚粉、ちょっと醤油を入れているのがポイントで、これがもう絶妙なんですよね。どれも一般のスーパーで入手可能ですし、この組み合わせには惚れ込んでしまいました。シンプルなのに中毒性が高く、さらに料理のジャンルを超えて応用も効くので、是が非でもパクってください。←

うっかり明星食品が用意していた「ふりかけ」をかけ忘れていたんですけど、それを途中で加えた場合、さらなる味の変化が得られるでしょう。そちらには魚粉をベースにガーリックも仕込まれていたので、スキヤキの魚粉がわりに入れるとジャンクさ倍増でヤバいだろうなぁ‥と思って試してみましたが、やばかったですw

まとめ

今回のアレンジで最もコストをかけた自作の煮豚を解説する間も無く食べ終わってしまったのですが(バッチリおいしかったですよw)、ぶっちゃけセルフアレンジなら煮豚なくても大丈夫です。もし肉具材が欲しかったら、コンビニの惣菜コーナーにある豚角煮をトッピングしたら間に合うかと。最低限「もやし」「卵黄」「ネギ」「かつお節」「刻みニンニク」「刻み生姜」「追加のガリマヨ」があれば満足感が跳ね上がりますし、揃えるのも簡単でロープライスなので、全力でオススメします。

そこまでするの面倒臭いわ! という方は、ほんと世界観変わると思うので、用心棒オリジナルの「スキヤキ」だけでも試してみてください。カップ麺をノーマルの状態でレビューした時にも試したんですけど、本気で美味しかったです。ちなみにカップ麺の「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」はスーパーマーケットやドラッグストアでも購入可能ですが、ファミリーマートとセブンイレブンでは取り扱いがありません。

大手コンビニならローソン、駅ナカならNewDays(ニューデイズ)で販売されているので、食べたいけど最寄りのコンビニに売ってない! という方は、ローソンを中心に探してみてください。思い切ってマシマシにアレンジしてみたら激ウマでしたが、オリジナルのままでもインパクト抜群で記憶に残る名作ですよ。