週報:今週の新商品(2019年4月第2週)

週報:新作カップ麺発売予定

どうも、taka :aです。

2019年4月8日(月)・9日(火)に新発売・リニューアルされるカップ麺をリストにして、これまでの経験に基づいた所感を交えながら各製品の解説を行ない、今週の注目カップ麺を選定しました。

カップ麺の新商品や最新情報、話題のニュースなどが気になる方は(こっそり公式未発表のタイトルも公開しているので)、お時間よろしければ最後までご覧ください。

今週の新作カップ麺情報

2019年4月8日(月)・9日(火)新発売のカップ麺

日清食品
カップヌードル 蘭州牛肉麺(らんしゅうぎゅうにくめん) 180円 全国

明星食品
明星 らぁ麺 やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば 230円 全国

▼東洋水産
マルちゃん 濃厚ごま担々うどん でか盛 205円 全国
マルちゃん 麺づくり 醤油とんこつ 180円 全国
・マルちゃん 麺づくり 濃いめ豚骨醤油 180円 全国

エースコック
わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て 220円 全国
でびっと監修 鶏とん塩ラーメン 180円 全国
・でびっと監修 煮干し醤油ラーメン 180円 全国



サンヨー食品
サッポロ一番 博多純情らーめん ShinShin 炊き出し豚骨らーめん 205円 全国

まるか食品
ペヤング ソースやきそば 金粉入り 250円 限定商品

ヤマダイ
ニュータッチ 東京油そば 170円 全国

アサヒグループ食品
アサヒ おどろき麺0(ゼロ)コク旨味噌バター麺

ローソン
日清食品 無鉄砲濃厚豚骨ラーメン 216円(税込)全国
※2019年04月09日(火)発売予定・数量限定

▼先週発売分のリスト未掲載カップ麺
デルモンテ PANTO(パント)ガスパチョ 150円
日清麺職人 火鍋風麻辣麺 180円 全国
MINISTOP 燃え麺 ビリ辛野菜タンメン 216円(税込)全国
セブンプレミアム わかめと彩り具材 柚子ぽん酢味春雨スープ 149円(税込)
※東京・神奈川・千葉エリアのセブン-イレブン限定

・同時発売品など重複したURLは省いています
・掲載している表示価格は一部を除いて税別です
・上記のリンク先は販売者及び取扱店の公式ページです

解説と所感

日清食品

カップヌードル 蘭州牛肉麺

中国ソウルフードが今アツい! パクチーの香りとラー油の辛味がクセになる蘭州拉麺(らんしゅうらーめん)をカップヌードル流にアレンジして再現したカップ麺、「カップヌードル 蘭州牛肉麺(らんしゅうぎゅうにくめん)」が発売されます。蘭州牛肉面がテーマのカップ麺といえば、ちょうど先週「日清麺職人」からもリリースされましたね。



「蘭州拉麺」とは、中国・西北部の甘粛省蘭州(かんしゅくしょう らんしゅう)発祥の中国ご当地ラーメンで、2017年8月22日に日本初上陸店として東京・神保町にオープンした創業100年余の伝統を誇る老舗蘭州ラーメン店、「馬子禄(マーズルー)牛肉面」を皮切りに注目されているのですが、そろそろ一世を風靡するのではないかと期待が寄せられている新トレンド有力候補です。

それをモチーフにした「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛だしそば」は、きちんとパクチーが香っていた反面、麺職人らしく具材に乏しい仕上がりは仕方がないとしても、牛の旨味は牛脂頼みの構成から、もうちょっと牛脂以外の旨味を感じたかった——という思いがありました。しかし、今度は定評のある「カップヌードル エスニックシリーズ」 からのリリースで、具材には味付牛ミンチを使用するなど、かなり安定したランディングが予想されます。美味しそうw

明星食品

ラーメン激戦区とされる東京・高田馬場で実力店と名高い「らぁ麺やまぐち」監修! 店主・山口裕史さんが監修したコクとキレのある渾身の極上醤油ラーメンがカップ麺で再現されます。らぁ麺やまぐちのカップ麺といえば以前に東洋水産(マルちゃん)からも発売されていたのですが、明星食品とのタイアップも初めてではありません。

東洋水産とのタイアップは恒例の企画、「2013-14 TRYラーメン大賞」の「新人大賞部門 総合1位」に輝いた時、2014年7月14日(月)に再現カップ麺が発売されたのですが、「マルちゃん 縦型ビッグ やまぐち 鶏そば」というタイトルで、油揚げ麺を使用したタテ型ビッグ容器で同店の「鶏そば」を再現したものでした。

その後、明星食品にメーカーを鞍替えし、2016年10月31日(月)「明星 らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば」(写真左)を発売。製品スタイルは同じタテ型ビッグでしたが、明星食品はノンフライ麺を使用していました。そして2017年2月13日(月)に2号店が監修した「明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば」(写真右)という汁なし大盛カップ麺がリリースされていたので、明星食品とのタイアップは今回で3度目になります。

おそらく今回は、明星食品とのタイアップ及び「らぁ麺やまぐち」としても初となるノンフライ麺・どんぶり型を採用した本気モード。「ミシュランガイド東京版」に2015年から2019年まで5年連続掲載されている実力店で、しかも明星食品が誇る伝家の宝刀 “ノンフライわんたん” 実装というスタイルから、今週注目株の一つです。

東洋水産

マルちゃん 濃厚ごま担々うどん でか盛

「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でおなじみ和風丼カップ麺シリーズの人気フレーバー「濃厚ごま担々うどん」の大盛版が新登場! 毎年恒例となっている季節の準定番商品の「でか盛」版ということで、「あつあつ豚汁うどん」の大盛バージョンと同じ流れを汲んだ発想になるのですが、「濃厚ごま担々うどん」のビッグサイズ化は今回が初めてかもしれません。



通年商品の「でか盛」は、「赤いきつねうどん でか盛(東向け / 西向け)」「緑のたぬき天そば でか盛(東向け / 西向け)」「バリうまごぼ天肉うどん でか盛(九州限定)」と5種類あるんですけど、「あつあつ豚汁うどん でか盛」と同じく今回の「濃厚ごま担々うどん でか盛」も季節の限定商品になります。

前述したラインナップと同じく麺量100gの大盛仕様、そして丼型の容器がけっこうデカいw これまで丼型レギュラーサイズもしくは縦型ビッグサイズでの展開で、縦型ビッグはバランス型、丼型レギュラーは大量の煎り胡麻が印象的な仕上がりでした。昨年は縦型ビッグ・一昨年は丼型レギュラーで「豆乳ごま担々うどん」という変わり種のリリースもありましたが、丼型での魅力といえる煎り胡麻のインパクトに期待ですね。

マルちゃん 麺づくり 醤油とんこつ / 濃いめ豚骨醤油

定番の「マルちゃん 麺づくり 醤油とんこつ」がリニューアルされて期間限定の「マルちゃん 麺づくり 濃いめ豚骨醤油」新発売! しばしば日清食品の「日清麺職人」と混同される「麺づくり」ですが、 “家族みんなに愛される、スタンダードな味わい” をコンセプトにしたノンフライカップ麺で、「麺職人」と同列の販売価格から、たしかに両者はライバル関係にあるかもしれません。

黄色いパッケージの「醤油とんこつ」は、現行の味わいをベースにして、より味の深みが感じられるスープに進化。店頭でも新・旧商品の見分けがつくように、リニューアル後のパッケージにはフタの右上に『味わい深さUP!』との表記があります。そういえばちゃんとレビューしたことなかったかも‥何回か食べたことはあるんですけどね(けっこう好き)。

そして新フレーバーの「濃いめ豚骨醤油」は、文字通り濃いめの豚骨しょうゆ味になっているようですが、 “醤油豚骨” ではなく “豚骨醤油” と先に豚骨の文字があるので(マルちゃんの場合それは豚骨濃いめを表していることが多いので)、そこが注目ポイントでしょうか。東洋水産のニュースリリースには “特長が異なる2品は、食べ比べにもぴったりな味わい” と書いてあるため、食べ比べも検討します。

エースコック

わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て

わかめラーメンの油そばが今度は「ピリ辛ごまラー油仕立て」で新登場! これまでネット上でも「わかめラーメン」を湯切りして油そばにアレンジすると美味しい、というネトメシが一時期注目されていた頃もありましたが、2017年11月6日(月)に本家・エースコックの新たなる挑戦として、正式に「わかめラーメン」の姉妹品「わかめ油そば」が発売されたことがありました。

当時のサブタイトルは「ゴマ油香る醤油ダレ」でピリ辛の要素はありませんでしたが、文句の付け所が見当たらない熱湯4分の多加水ノンフライ麺を筆頭に、大量わかめのインパクトと油そばアレンジという変わり種でありながら、きちんと「わかめラーメン」の血筋を感じた味付けなど、ブランドの名に恥じないアレンジだったのを覚えています。ただ、ちょっと高かったんですよね(税別220円)。

その当時、次回はピリ辛アレンジや「ごま・みそ」バージョンの発売も検討してほしい、などとブログの記事に書いていたのですが、今回の新商品「わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て」の湯戻し時間は熱湯3分——そしてパッケージのどこにも「ノンフライめん」の文字は見当たらないのですが、あんのじょう原材料名には「油揚げめん」と書いてありました。希望小売価格は前回と同じく税別220円ということで、コスパ的な壁が立ちはだかるかもしれません。

でびっと監修 鶏とん塩ラーメン / 煮干し醤油ラーメン

ラーメン激戦区とされる東京・品川の名店「でびっと」監修のタテ型カップラーメン全国発売開始! 創業当時の人気メニュー「鶏とん塩ラーメン」と本店の数量限定メニュー「煮干し醤油ラーメン」がタテ型レギュラーサイズのカップラーメンにアレンジ・再現されます。いわゆる有名店監修の再現カップ麺になるのですが、タテ型ビッグではなく標準サイズなのは珍しいですね。

「でびっとらーめん」とは、俳優業の傍らで日夜ラーメンの研究を重ねているデビット伊藤さんが店主を務めるラーメン店で、ちょいちょい似ていると言われることもあるピエール瀧さんが話題になっていますが、もちろん別人。ヒロミさん、ミスターちんさんと結成したコントグループ「B21スペシャル」のメンバーで、元キックボクサーの世界王者・伊藤隆さんの実兄にあたるのですが、ラーメンの道では「博多一風堂」出身の経歴を持ちます。



以前、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県を地盤とするディスカウントスア・Big-A(ビッグエー)限定商品として、「煮干しの旨みに山椒の華やかな香り 煮干し醤油」「煮干しの旨みに柚子の爽やかな香り 煮干し塩」「すだち風味のコク醤油ラーメン」などの再現カップ麺も販売されていたようですが、当時それを製造していたのもエースコックで、かなり美味しいとネット上の評判でも高評価でした。

今回の「煮干し醤油ラーメン」はBig-A限定商品のように柚子や山椒、すだちなどのワードは見当たりませんが、本店の数量限定メニューとのことですし、もうひとつの「鶏とん塩ラーメン」は創業当時の人気メニューということで、レギュラーサイズのカップ麺ですが侮れないかもしれません。

サンヨー食品

サッポロ一番 博多純情らーめん ShinShin 炊き出し豚骨らーめん

まだ公式(サンヨー食品株式会社)の発表前になるのですが、2018年4月9日(月)にも発売されていた「博多純情らーめん ShinShin」の炊き出し豚骨らーめんが再びリリースされます。ただ、ちょうど1年前にもレビューしていたんですけど、あまり “炊き出し” 感は得られず、豚骨というよりも豚出汁(だし)のイメージというか、完全にライトタイプで当ブログの評価は伸び悩みました。

はたして今回は炊き出し感のあるスープなのか、それともライトとんこつ系なのか——と、それも気になるポイントなんですが、麺の湯戻し時間が熱湯2分から熱湯90秒に変更されていて、しかもサンヨー食品と業務提携している「マルタイ」のカップ麺で特徴的となっている基本は熱湯90秒でも好みに合わせて60秒・90秒・120秒と好きなタイミングで食べられるように “かたさの目安表” が掲載されています。

現在、「味のマルタイ」のカップ麺はサンヨー食品(太平食品工業株式会社)が製造しているので、納得といえば納得の仕様ですね。と、それはさておきShinShinのスープは、スープの達人・吉田茂広さんの “長年の経験による味” とShinShin店主・中牟田信一さんの “屋台叩き上げの味” を組み合わせた、博多とも長浜とも違う “食べやすくて誰もが飲み干してしまう純情なスープ” がコンセプトとのこと。

なので、前回は物足りないと感じたライトとんこつ系スープですが、まさに癖を抑えた軽い味が個性なのかもしれません。とんこつラーメンで「炊き出し」は頻繁に使われるワードですけど、なかなか奥が深いですね。

まるか食品

ペヤング ソースやきそば 金粉入り

ペヤングの「まるか食品」なにを思ったのか金粉入りのペヤングソースやきそばを開発w「ペヤング ソースやきそば 金粉入り」という一見して明白なタイトルで、もともとは4月15日(月)の発売を予定していたのですが、どうやら1週間予定が早まったようです。メーカー希望小売価格は250円税別ということで、ノーマルペヤング(170円)よりも約1.47倍の値段ですね。

まるか食品のホームページには “金粉を使用した、華やかなやきそばです。” というシンプルな説明に、 “※限定商品です。” という漠然とした注意書きがあるのですが、全国発売なのか地域限定なのか、数量限定なのかコンビニ限定なのか——とりあえず金粉入りの限定販売品という曖昧な情報しか公表されていません。

しかし、ちょっと面白いのが栄養成分表示の数値で、内容量はノーマル版と同じ120g(めん90g)なんですけど、カロリーは544kcalから559kcalに、食塩相当量に関しては3.6gから4.1gに上がるなど、身体に吸収されることなく体外に排出されるカロリーゼロの金粉をトッピングしただけの仕上がりではない模様。



さすがにド派手な金色パッケージに金粉は使われていないと思いますがw ちゃんと原材料名の食品添加物欄には「金箔」の文字。しかもパッケージでは薬玉(くすだま)の上に「祝」とデザインされているのですが、なんのお祝いなのか1週間ほど前に調査したところ、新元号「令和」の発表を祝った新商品ということがわかりました。そんな目出度いペヤングですが、通常のソースやきそばと味の違いにも注目です。

ヤマダイ

ニュータッチ 東京油そば

ニュータッチのガツンと旨い汁なしラーメン「東京油そば」リニューアル! ニュータッチことヤマダイの定番ご当地汁なしシリーズの中でも「東京油そば」が人気急上昇中とのことで、より本格感を演出するために今回のリニューアルからラー油風のアレンジを施し、旨味も強化してパンチのある味に仕上げているとのこと。

東京の油そばといえば「珍々亭」と「三幸」が元祖といわれていますが、ニュータッチの東京油そばは最近のニューウェーブ形式ではなく、どちらかというと昔ながらの硬派でクラシカルなイメージ。超特選濃口醤油をベースにポークエキスとガラスープで厚みをつけ、パッケージにも “ガツンとくる味!” と書かれています。

ちなみにニュータッチの定番ご当地汁なしシリーズには、「東京油そば」の他に「広島汁なし担担麺」「なにわ串かつソース焼そば」「仙台牛タン風味塩焼そば」「名古屋発台湾まぜそば」「東京浅草ソース焼そば」などがあるんですけど、カップ麺でもカップ油そばジャンルは不動の人気を誇るメニューとして確立し、期間限定商品だけでなく定番商品のラインナップも多くなっている中、ニュータッチの生き残り商戦に期待ですね。

アサヒグループ食品

アサヒ おどろき麺0(ゼロ)コク旨味噌バター麺

どちらかというとカップ麺(カップラーメン)というよりも「カップスープ・春雨」のジャンルに位置しているのですが、コンビニでも需要の高いアサヒの糖質ゼロ麺を採用した「おどろき麺0(ゼロ)」シリーズより、バターの旨みが効いた味噌スープがテーマの新商品がリリースされます。

2017年9月の発売以降、好調に売上げが推移しているようで、今回はシリーズの個性である寒天とコンニャクで作った糖質ゼロの麺を使用し、具材には味噌ラーメンで定番のコーン、もやし、ひき肉などをトッピング。このシリーズは1度だけローソンの限定商品(アサヒ おどろき麺0 しじみ塩とんこつ麺)をブログで取り上げたことがあるんですけど、なかなか面白い食感の麺はクセになる感じで印象に残りました。

ちょいちょいコンビニ限定の新作も登場しているようですが、今回は特にコンビニ限定の新商品ではない模様。ちなみに麺の糖質は0g、スープの糖質は3.9gなので、完全なる糖質0gではないのですが、白ご飯100gの糖質は約36.8g、パスタ(乾麺)100gの糖質は約69.5gとされているので、間食に食べる分には罪悪感なく楽しめる数値ですね。

ローソン先行商品

日清食品 無鉄砲濃厚豚骨ラーメン

濃厚とんこつスープが特徴的な「無鉄砲」のカップラーメンが数量限定で新登場! これまでにも何度か日清食品が商品化している「無鉄砲(むてっぽう)」のカップ麺ですが、久しぶりの登場で、今回はローソン先行商品(ローソングループ限定)の期間限定商品としてリリースされました。マルタイの「博多一幸舎」やサンヨー食品の「博多一双」など、ちょいちょいローソン限定の豚骨系カップ麺が出ていますね。

「無鉄砲」とは、京都府木津川市に本店を構える豚骨が濃厚なことで有名なラーメン店なんですけど、創業は奈良県奈良市で、1998年(平成10年)6月7日にオープンしました。2003年12月22日から京都に本店を移転して開店し、2007年9月24日から不定期営業の裏店舗「豚の骨」をオープンしているのですが、そちらも熱狂的なファンが多いことで有名です。

以前、「豚の骨」がカップ麺になったこともありましたが、今回は豚骨を炊き出した風味とザラザラな口当たりが感じられるスープを開発し、お店で人気の超濃厚とんこつラーメンを忠実に再現しているとのこと。日清食品のタテ型カップ麺ブランド「有名店シリーズ」での経緯もありますし、安定した完成度に期待できそうですね。

今週の展望

新商品大豊作の週とは言えませんが、今週注目のカップ麺は新トレンド最有力候補の蘭州拉麺をイメージした新作カップヌードル「カップヌードル 蘭州牛肉麺(らんしゅうぎゅうにくめん)」を筆頭に、有名店監修部門では「明星 らぁ麺 やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば」「でびっと監修 鶏とん塩ラーメン / 煮干し醤油ラーメン」「無鉄砲濃 厚豚骨ラーメン(ローソン)」が有望。

汁なしカップめん部門では人気の油そば「わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て」に何と言っても金箔の量と味の違いが気になる「ペヤング ソースやきそば 金粉入り」もゼッタイに見逃せませんw あとはマルちゃんのスーパーマーケット向けカップ麺や先週の新商品で見落としていた分(燃え麺 ビリ辛野菜タンメンなど)などを睨みつつ、余裕があったらカップ麺のアレンジのリクエストにも応えながらブログを更新します。

発売が予定されているカップ麺のマル秘リスト公開

それでは、最後に私の把握している新作カップ麺の発売予定リストを公開します。中には検索しても出てこない公式非公開の未発表タイトルも混ざっているため、発売日が変動する、またはリリースされない場合もあるかもしれませんが、こんなカップ麺が出るかもしれないよー、くらいの軽い気持ちで話のネタにでもご活用ください。前回のリストから追加したメーカー非公開情報の中では、「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」や「ペヤング 中華風やきそば そのまま皿うどん」あたりが楽しみですね。

2019年04月15日
・日清のどん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん
・明星 チャルメラ 油そばカップ
・エースコック CoCo壱番屋 刺激のスパイスカレーラーメン
・エースコック CoCo壱番屋 クリーミーカレーラーメン
・サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば
・サッポロ一番 金沢カレー風ラーメン
・サッポロ一番 北九州門司港焼きカレー風ラーメン
・寿がきや 富山ブラック風まぜそば
2019年04月22日
・明星 一平ちゃん夜店の焼そば大盛 炙りいか風醤油味
・マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン
・マルちゃん 謹製 山椒香る塩そば
・マルちゃん ごつ盛り 塩担々麺
・マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん
・エースコック 全国ラーメン店マップ 奈良編 天理スタミナラーメン
2019年04月22日
・エースコック わかめ あさりタンメン
・ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン
2019年04月27日
・マルちゃん正麺 カップ 濃い煮干醤油
2019年05月01年
・カップヌードル 新元号記念パッケージ
・サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎
・サッポロ一番 にんべん 極鰹だし きつねうどん
・サッポロ一番 にんべん 極鰹だし 小海老天そば
2019年05月20日
・ペヤング 中華風やきそば そのまま皿うどん
・サッポロ一番 レモスコ味 塩焼そば
2019年05月27日
・サッポロ一番 創味シャンタン 海鮮塩味刀削風麺

タイトルとURLをコピーしました