【注意喚起】カップ麺「蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ 118g」へのリニューアルは誤情報!!

その他

どうも、taka :aです。

今回の記事はカップ麺の実食レビューではないのですが、早めにお知らせしておきたいことがあったので、それをお伝えします。

蒙古タンメン中本」ファンの皆様、 “セブンプレミアムのカップラーメン「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」がリニューアルする” という情報をご存知でしょうか‥

中本のカップ麺が「太直麺仕上げ」にリニューアル?

私は毎週このブログで「週報」というカップ麺の新商品リストを作成・公開しているのですが、今週(2018年12月第3週)の新作カップ麺の情報を集めていた時、「ついに来たか‥!!」と、思わず興奮が抑えられないページがあったんです。

2018年12月17日リニューアル!激辛ラーメンの名店「蒙古タンメン中本」の「辛旨味噌タンメン」を再現しました。味を付けたコシの強い麺は、スープとの相性がよく、食べ応えのある存在感。まさに「辛さの中に旨みあり」の一杯です!

(出典:セブンプレミアム向上委員会「蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ 118g」)

「セブンプレミアム向上委員会」とは、 “セブンプレミアムについて語り、商品開発に参加できる公式コミュニティサイト” です。「セブン-イレブン」や「株式会社セブン&アイ・ホールディングス」の公式ウェブサイト内にあるキャンペーン特設ページ及びニュースリリースなどでは公表前の新商品情報が掲載されることも多いので(IYグループ専売品とか)、中本のカップ麺がリニューアルするという情報を見た時には飛び上がりました。

「蒙古タンメン中本」のカップ麺について詳しい解説は不要かと思いますが、初版が発売されたのは2008年。毎年の恒例となっている期間限定の激辛バージョン「北極ラーメン」、また「チーズの一撃」といったアレンジ系の変わり種、最近ではカップ麺の発売10周年を記念したシリーズ初のカップ焼そば「辛旨焼そば」もリリースされましたが、オリジナルはスープの辛味と旨味のバランスが絶妙で、麺はクオリティの高い太ストレート麺を採用しています。

さらに大きな豆腐を筆頭に大量の具材を実装し、コンビニ定価購入204円(税込)というコスパの高さから文句の付け所が見当たらず、しかも数量・期間限定ではなくセブンイレブンに行けば高確率で確実に買える常時販売の通年商品ということで、もはや逆らいようがない素晴らしいカップ麺なんです。(※すいません信者です)

現行品の公式タイトルは「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」なんですけど、リニューアル後とされるタイトルは「蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ」となっています。そうかそうか、最近は各社それぞれ個性的で面白い麺の新開発に取り組んでいるし、今度の中本は麺がリニューアルされるんだなと楽しみにしていたのですが‥

セブンイレブンに電話をかけまくった

根強い人気を誇る超ど定番商品のリニューアルということで、もしかするとリニューアル前の在庫が捌けていない店舗では取り扱いがない(発注されていない)かもしれない‥そう思って行動圏内にあるセブンイレブンの店舗に電話で在庫確認を開始しました。

直接セブンイレブンに行って確かめろよw と思われたかもしれませんが、私の家から最寄りのセブンイレブンまで往復2時間半かかるんです(車で)。もちろん週に1度は新商品があろうとなかろうと遠征するのですが、今回は定番品のリニューアルということで、確実な店舗を押さえておきたかったんです。

なんだったら高速道路の移動も加味した上で車移動往復4時間以内に行ける範囲のセブンイレブンにも問い合わせてみたのですが、同じくセブンプレミアム向上委員会に掲載されていた同日リニューアル品「銘店紀行 龍上海」は入荷しているけど中本のカップ麺は入荷していない、入荷したけどカロリーの表示は一緒、「辛旨飯」ならさっき入ったんですけどね‥(でも別にリニューアルではない)という回答ばかりでした。(「龍上海」はアナウンス通りにリニューアルされたのでレビューしています)

リニューアル後の中本カップ麺ゲット!?

先ほども書いたように定番品のリニューアルなので、おそらく在庫の関係で入荷が遅れているのだろう‥でも早くレビューしたい! そう思ってネット通販サイトでの購入を検討しました。ええ、ご存知の方も多いかとは思いますが、イトーヨーカドーのネット通販サイト「オムニ7」や「Amazon」でも中本のカップ麺は購入できるんです。

リニューアル後の目印は「太直麺仕上げ」というキーワード‥ありましたよありました!「蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ」というタイトル、内容量のグラム数もセブンプレミアム向上委員会に掲載されていた118gとピッタリ同じですし、すぐさま購入手続きを済ませました。

商品が届いた

注文したのは火曜日の深夜3時頃、プライム会員だったので水曜日の昼には商品が到着。まるで子ども時代のワクワク感を取り戻したような、しばらく忘れていた胸の高鳴りを覚えながら段ボール箱を開封したところ‥これ6個とも「辛旨味噌」じゃないですかコノヤロー。(現行品も好きですよ! 大好きですけど‥)

いわゆるアレか? 宣材写真はリニューアル後だけど先に在庫捌いときましょう的な感じなのか? などと思いつつ念のために確認。リニューアル後の目印となっていた「太直麺仕上げ」のロゴもありませんし、栄養成分表示(カロリー等)や原材料名、パッケージデザインの隅々まで確認しても目立った変更はなく、届いたのは「いつもの」中本のカップ麺‥あれ、でもそういえば現行品の内容量も118g‥

ええ、最初のスクショでファンの方はピンときたと思いますが、セブンプレミアム向上委員会に掲載されていた「太直麺仕上げ」のデザインって2016年のパッケージなんです。現行の中本カップ麺は大好きなので、もちろん返品する予定はありませんが、なぜ‥どういうことだろうと‥

日清食品に問い合わせてみた

商品の出品者に連絡しても埒が明かない(らちがあかない)だろうと思ったので、製造元の日清食品に問い合わせて事の真相を確かめました。(中略)taka :a「セブンプレミアムの公式コミュニティサイト『セブンプレミアム向上委員会』で中本のカップラーメンがリニューアルされると紹介されていたのですが、リニューアルされたのですか?」

日清食品「いやぁ‥‥リニューアルはしてないですね」(キッパリ解決かw)

実は2018年8月にリニューアルされているのですが、フタ裏の「おかげ様で、創業から50周年」という限定デザインの導入、「標準栄養成分表」(ナトリウム表記)から「栄養成分表示」(ナトリウム表記の廃止)への切り替え、原材料名の「醤油」が「しょうゆ」になる(漢字からひらがなに)など、2018年現在の標準とされている仕様にあわせてパッケージのみ順次切り替えの変更だったので、製品の中身自体は変わっていません。

応対していただいた担当者の方にセブンプレミアム向上委員会のURLを知らせ、もしかすると別年同月日のリニューアル情報と混同して間違えているのではないかと一緒に調べたのですが、とりあえず日清食品としては2018年12月に蒙古タンメン中本のカップラーメンをリニューアルする予定はないとの回答でした。

まとめ

日清食品「セブン&アイグループさんとの契約が切れたわけでもありませんし‥(苦笑)」

セブン&アイグループが勝手にリニューアルしたわけでもなければ日清食品のデータベースにも2018年12月にリニューアルするという情報もなかったので、もし私と同じようにネット通販サイト等でリニューアル後とされる「太直麺仕上げ」を手に入れようと考えている方は、現行の「辛旨味噌」が届くことを承知した上で注文してください。

そもそもリニューアルしていないので、当たり前ですが届くのは現行品です。この記事を執筆している2018年12月20日(木)現在、セブンプレミアム向上委員会のリニューアル情報を何人の方が掴んでいるかわかりませんが、少なくとも注目しているファンの方は64人(ハートマークを押した人の数から推定)どころではないでしょう。

2018年12月に蒙古タンメン中本のカップ麺がリニューアルする予定はないことがわかったので、ここにお知らせします。(※2018年12月21日追記:まだ「セブンプレミアム向上委員会」から問い合わせに対しての返信はありませんが、この記事を公開した後に「蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ 118g」のリニューアル情報は商品一覧から削除され、問題があったページの発売日は2011年06月20日に上書きされていました)

タイトルとURLをコピーしました