ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば@エースコック

エースコック

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年7月30日(月)新発売のカップ麺、エースコックふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば」の実食レビューです。

「フジッコ×エースコック」コラボレーション企画の第2弾として発売された、夏に嬉しい汁なしカップ麺を食べてみました。

ふじっ子の塩やきそばがカップ麺に!!

本日お昼前、大型スーパーのレジで仲良しの店員さんから、突然こんな私信が届きました。

ずーと暑い日が続いているけど、体調は、大丈夫ですか? 今 ブログで紹介されてた ふじっ子の(塩昆布)塩焼きそばを食べました。」(中略)「いつもブログ読んでますよ(ありがとう!!)

うん、それ焼うどんやね(笑)

ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん@エースコック
エースコック×フジッコ第2弾!! 2018/07/31新発売「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」の実食レビューです。「ふじっ子 塩こんぶ」が汁なしカップ麺になりました。甘塩っぱい塩昆布と甘辛テイストが絶妙にマッチします。

「ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば」は、上記の「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」と同時にリリースされたカップ麺で、焼うどんと同じくフジッコの公式ホームページに「ふじっ子塩焼きそば」という愛情レシピが掲載されています。

斯く言う私も塩焼そばやスパゲッティの味付けに塩昆布(基本的に「くらこん」なんですけど)を使用することは多いので、とても安心している現在‥と、言い切れないのが塩気に対する懸念で、ベースの味付けと塩昆布の塩気が合わさって塩っぱくないかなぁ‥というのが少々不安なポイントでしょうか。

確認してみると食塩相当量の数値は3.7gなので、「日清焼そばU.F.O.」とかよりも控えめな数値ではあるものの、体感的な塩分濃度は数値に比例しない場合も多々ありますからね。とはいえイメージとしては間違いのない、というか間違えようがない組み合わせなのと、税込105円で購入したカップ麺なので、あまり肩の力を入れずに食べてみます。

1食(82g)当たり

エネルギー:367kcal
たん白質:6.8g
脂質:15.8g
炭水化物:49.4g
食塩相当量:3.7g
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:276mg

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、たれ(植物油脂、砂糖、食塩、魚介風味調味料、発酵調味料、動物油脂、魚介エキス、醸造酢、香辛料、全卵粉)、かやく(塩昆布、紅しょうが入り揚げ玉、ごま)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、紅麹色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・さば・大豆・ごま

フジッコ×エースコックのコラボレーション企画、待望の第二弾!
「ふじっ子® 塩こんぶ」で仕上げる、暑い季節にこそ食べたい汁なしカップめん。

(エースコック「商品情報」より引用)




めん

適度な弾力を持つ、たれと相性の良いめんです。

(エースコック「商品情報」より引用)

オーソドックスで平々凡々な油揚げ麺

だけど、適切なチョイスです。プリッと歯切れのいい中細麺で、ちょっと平打ち。これと言って特筆すべき点の見当たらない、なるほど希望小売価格180円のカップ麺だね、という標準的な油揚げ麺になるのですが、高級感の無さが今回の全体像にフィットしています。

もしエースコックが誇る熱湯5分の多加水系だったら間違いなく浮いていたと思いますし、そうでなくてもカドメン系だったら、その時点で存在感が強過ぎてアウトだったでしょう。とはいえ廉価版の製品に使われている油揚げ麺ほど頼りない麺ではなかったし、ヘタに背伸びをしているような様子も見せず、適材適所の採用に好感が抱けました。

たれ

風味豊かな鰹だしの旨みに、ガーリックやペッパーで味を引き締めた塩だれです。ふわっと香るごま油が塩こんぶのおいしさを引き立てます。

(エースコック「商品情報」より引用)

ごま油けっこう強め!!

製品説明には、ふわっと香るごま油が‥などと謙虚に書かれていますが、けっこうガツン!! と香ってますよ。ふわっと香るのは鰹だしで、ガーリックは適度に輪郭があり、ペッパーはホワイトペッパーの含有量が気持ち多めの割合でしょうか。

ごま油がガツンと香ると書きましたが、ごま油が一辺倒に支配するようなバランスではなく、きちんと鰹の旨味が活きるように配慮されていて、それを引き立てるガーリックとペッパーの囃子も絶妙です。正直、後入れかやくを入れる前の段階で完成しているとすら感じました。

わりと甘さも意識されているのですが、人工甘味料を駆使した結果、舌に纏わり付いてくるような野暮ったい甘さではなく、素直に砂糖の甘さだったのは印象がよかったです。でも、甘味の感度が鋭い方や砂糖が苦手な方は、この甘さが少し気になるかもしれません。ええ、ここで「ふじっ子」の出番ですよ。

かやく

北海道産昆布100%をじっくり炊き上げた「ふじっ子®(塩こんぶ)」、彩りの良い紅しょうが入り揚げ玉、ごまを加えて仕上げました。

(エースコック「商品情報」より引用)

誰が食べても塩昆布だけど、揚げ玉が‥

「ふじっ子」を知っている方が食べても塩昆布ですし、知らない方が食べても塩昆布です。どうしても「ふりかけ」のようにして食べると舌に塩昆布が直接のってくるので、体感的な塩分濃度が高くなりますが、粉末スープよろしく全体に馴染ませることで塩昆布の塩分が分散し、なおかつ麺の熱で昆布が少し戻るので、その旨味成分が全体に広がるんですよね。

塩昆布の塩気が甘味の効いたタレと重なることで甘過ぎず、きちんと馴染ませることで塩気がダイレクトに舌を刺してくることはありません。ただ‥

後のせかやくを全体に馴染ませると紅生姜入り揚げ玉が湿気てしまうので、後のせかやくの醍醐味であるサクサク感を捨てなければいけません‥悩ましいところです。これってサクサクしていると美味しいんだけど、湿気た途端に邪魔なんですよね。後述しますが、今回の大きなマイナスポイントです。

で、ゴマは‥よくぞ入れてくれました!! ごま油の効いたタレとも「ふじっ子」とも最強に相性がよくて、けっこう量も多かったし、主役級の脇役です。私も家で塩昆布を使った塩焼そばを作る時には必ずゴマを入れるのですが、ぜひ応用してください。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
(標準は★3です)

結論から入りますと‥もし揚げ玉が入っていなかったら、総評は★5即決だったと思います。いや、それだと少し寂しいかな‥揚げ玉じゃなくてキャベツか青のり、もしくは鰹節が入っていたら★5でしょうか。

麺は希望小売価格を思えば適材適所だったし、ほんのり鰹の旨味と胡麻油のパンチ、それを引き立てるガーリックの香味とペッパーの香りが絶妙なタレも心地好く、後のせかやくの「ふじっ子(塩こんぶ)」も存在感を放ちながらタレと上手く馴染んでいたのですが‥揚げ玉お前はw

いや、いいんですよ、揚げ玉。焼そばに揚げ玉、好きです。ただ、それって焼そばを調理する段階で味付けの時に入れる(コクと旨味が満遍なく行き渡るようにする役割として)、もしくは食べる直前にトッピングしてサクサクとした食感のアクセントを添えるかの二者択一であって、湿気て歯触りが悪くなると途端に蛇足的な存在になるんですよね。

じゃぁ後のせかやくを入れてから混ぜなきゃいいだろうって話になるのかもしれませんが、それだと塩昆布がダイレクト過ぎて味が濃すぎる‥というのは私の味覚に問題があるのかもしれませんが、どうも揚げ玉が邪魔で★5は即決できなかったです。紅生姜入りとのことですが、そんなに言うほど目立っていませんでした。

とはいえタレに関しては値段を踏まえると現状ちょっと文句を付けられないようなバランスだったし、きちんと「ふじっ子」も目立っていたので、「ふじっ子」「塩やきそば」「ごま油」のワードに魅力を感じた方は、試してみても損はなかったと言える一杯になるでしょう。

製品名:ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば
製造者:エースコック
内容量:82g(めん70g)
発売日:2018年7月30日(月)
発売地区:全国(スーパー / コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:105円(税込)
希望小売価格:180円(税抜)
JANコード:4901071207540

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:410ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(調味たれ / 後入れかやく)

エースコック株式会社:〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-12-40紙谷新御堂ビル
お客様窓口:大阪 06-6338-2745 / 東京 03-3982-9518

  1. 私も、これさっき見たなって思いましたよ(๑˃́ꇴ˂̀๑)ww
    でも、うどんがいいです♪

    最近、テレビで鯖の水煮缶がいいと聞いた母が買ってきたのは、当然のように鯖の味噌煮缶でした。
    そういう現象が起こりそうなカップ麺ですなw

  2. 焼そばに天かす(揚げ玉じゃなく)って
    けっこうふつうに入れるもんだと思いますよ。
    でもこんなに旨みのないものだったらないほうがマシ!
    ニュータッチのなにわの焼そばみたいに
    ちゃんと揚げ玉が仕事していればいいんですが・・・。

  3. もし食べる機会があったら揚げ玉は除きます=͟͟͞͞(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
    先日の塩昆布うどんの記事を読んんで、塩昆布を使って、きゅうりとトマトの浅漬けを作ったよ・・・何故か塩昆布が食べてくなる!あ・・・昆布はあんまり食べたらアカンのやった!!←taka :aさんに言われたw

  4. そして私もくらこん派^^あのパッケージが何とも言えん。
    揚げ玉、好きなんだよね、地味に。
    だからふりかけと別添で最後にかける、みたいにしたらサクサク感も残ってよかったのかな~~~と。
    そそ、塩昆布の塩はちょっと直接舌にはキビシイ、わたしも、、、(笑)