ボンカレーゴールド 中辛風焼そば@東洋水産(ローソン先行商品)

東洋水産

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年6月26日(火)新発売、東洋水産ボンカレーゴールド 中辛風焼そば【ローソン先行商品】」のレビューです。

ボンカレーがカップ焼きそばになりました!

ちょっと内容の解説に入る前にですね、商材写真について一言あります。というのも、ローソンの公式ページに掲載されているパッケージなんですけど‥

ローソンの公式ホームページ「商品・おトク情報/オリジナル商品」より拝借

なんか違うぞw

いや、実を言うと週報を書きながら「うどんっぽい麺だなー、でも『焼そば』だから東洋水産の “つやもち製法” を駆使したモチモチの幅広麺なのかなー」なんて楽しみにしていたのに、「※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。」ぜんぜん違うじゃねーかw しかも地味に人参とか豚肉?も一緒にリフトされていますが、現物はシンプルに麺リフトのみ。しかも麺が1/2サイズw 仮採用の嵌め込み写真なんですかね?しかも、よく見たらフタの左右、容器側面の左右にセロハンテープのようなものが‥w(やばいツボめっちゃツボww)

いやぁ‥どうも、テンション上がりました。

さて、大塚食品の「ボンカレー」といえば世界初の市販用レトルトカレーで、まさに泣く子も黙るレトルトカレーのパイオニアですが、以前にもエースコックの「スーパーカップ」シリーズとタイアップした「ボンカレー ゴールド」のコラボカップ麺がありました。その時は「中辛風 カレーうどん」と「辛口風 カレーラーメン」だったんですけれども、今回は製造メーカーを東洋水産に鞍替えし、ローソン先行商品として「中辛風ヌードル」と「中辛風焼そば」が新発売です。「ボンカレー ゴールド」の汁なしカップ麺の紹介は、今回が初めてですね。

「ボンカレー」は、今年50周年記念なので、その一環なのでしょう。エースコックの時にはコケた感満載で幕を閉じましたが、東洋水産×ローソンとのタイアップで名誉挽回なるでしょうか。「ボンカレー ゴールド」は、マイルドなスパイス感と野菜の甘味、そして深いコクが印象的なので、そのイメージをいかにカップ焼そばとして落とし込んでいるのか楽しみです。

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げ麺(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(植物油、砂糖、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、食塩、野菜エキス、ポークエキス、デーツ果汁、ソース)、かやく(ポテト、味付挽肉、にんじん、たまねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC、ローズマリー抽出物)、増粘多糖類、香料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご

1食(168g)当たり

エネルギー:802kcal
たん白質:16.0g
脂質:40.8g
炭水化物:92.6g
食塩相当量:4.4g
ビタミンB1:3.18mg
ビタミンB2:0.53mg
カルシウム:319mg

野菜のうまみをきかせ、程よい甘みと辛さのバランスをとった「ボンカレーゴールド中辛」の味をイメージしたカップ焼そばです。

(ローソンの商品・お得情報より引用)




めん

「黒い豚カレー焼そば」と同じです(たぶん)

「黒い豚カレー焼そば」の麺と似ているなー、と思って原材料名を見比べてみたんですけど、小麦粉の横に「国内製造」の文字が追記され、「醤油」が「しょうゆ」になっていますが、内容としては同じ構成ですね。実際、その質感にも大きな差は見られませんでした。

ただし、「黒い豚カレー焼そば」と明白に違うのは、麺量130gの大盛り仕様ということ。ええ、これパッケージには大体的に書かれていませんけど、がっつり大盛りです。食べる直前まで気が付かなかったw 東洋水産らしい精製ラードの芳ばしさが特徴的な断面の丸い縮れた油揚げ麺で、今回のノスタルジックなカレー味のソースと相性は‥間違いないに決まってます。

(詳しくは次の項目で‥)

「黒い豚カレー焼そば」よりも少し歯応えを強めに感じたのですが、麺の量が多かったので、おそらく熱伝導率の加減(戻り具合)だと思います。

ソース

えっと‥うんw

「黒い豚カレー焼そば」が軽く進化した感じですねw

たぶん、粉末ソースが大差ないんだと思います。

しかし、液体ソースに含まれている油の量が段違いで、よく見たら脂質が40.8gと大変なことになっているじゃないですかw ただ、油そばに匹敵する油脂の量にもかかわらず、これまた粉末ソースの量が多いので、結果わりとドライな仕上がりなんですよね。

そのタイプから見ても、実に両者よく似ています。それだけに「黒い豚カレー焼そば」を食べたことがある方にとっては新鮮味なんて皆無ですし、まぁレトロで素朴な路線という意味では「ボンカレー ゴールド」に通じる面持ちが無きにしも非ずではあったものの‥すいません、どうしても私には「黒い豚カレー焼そば」のイメージが強くてw

ただ、間違いなく美味しいです。これはね、間違いなく美味しいです(なんとなく2回)。雰囲気としては瓜二つですが、もちろんソースの構成には違いが見られますよ。

「黒い豚カレー焼そば」
植物油、砂糖、醤油、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、食塩、ポークエキス、野菜エキス

「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」
植物油、砂糖、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、食塩、野菜エキス、ポークエキス、デーツ果汁、ソース

ね?(「植物油」が増えて「デーツ果汁」と「ソース」が追加されただけだと思いますw)大盛り汁なしカップ麺のソースですが、あんまり刺々しい味じゃないので、比較的に食べやすいですよ。

かやく

やっぱり人参くったくたw

ポテト、味付挽肉、にんじん、たまねぎです。もやしっぽい具材がパッケージに写り込んでいますが、永沢k たまねぎです。さすがに具材は「黒い豚カレー焼そば」とは異なりますが、やっぱり人参くったくたくで、なんか大量w(食感くったくただから量のわりに存在感ないですw)人参に関しては、完全に共通と見て間違いないでしょう。「黒い豚カレー焼そば」では味付豚肉でしたが、こちらは挽肉。ただし、東洋水産は挽肉にも強いメーカーなので、ご安心ください。そんなに量が多いわけではないものの、ふと口に入ってきたときの援護射撃能力は凄まじく、動物系の旨味をスポット的ながらも飛躍的に高めてくれます。

玉ねぎはシャキシャキとしたフレッシュな食感が売りのタイプで、麺が大盛りでも食べ飽きない工夫に一役買っていますね。で、ポテトですよ‥各社それぞれ独自のポテト具材を持っていますが、中でも今回のカップ麺に入っている東洋水産の皮付きポテトが最強だと私は思っています。皮付きならではの芳ばしさとホクホク食感が嬉しい素材そのままタイプ、それがゴロゴロと入っていたので、とても高い満足感が得られました。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
(標準は★3です)

うーん、今回の総評は悩みました‥というのも、まるで瓜二つだった「黒い豚カレー焼そば」の存在があるので、今のところローソンでしか入手できない「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」は圧倒的にコストパフォーマンで引けを取るんですよね。

まず具材が圧倒的に違ったことと、大盛り汁なしカップ麺でも食べ飽きない工夫が見られたこと、でもって実際に最後まで食べられたし、あくまでも「ローソン “先行” 発売」なので、そのうち某ディスカウントショップにでも流れるかもしれないなー、ってことで今回の総評は上出来の★5にしました。正直、完全に二番煎じ感が否めなかったので、★4が妥当かもしれません。でも、「黒い豚カレー焼そば」が好きな方は間違いなく楽しめる味なので、麺量90gじゃ少し物足りないけど2個食べるのも‥というシーンで需要を発揮するかもしれません。

ただし!熱量は802kcalで、脂質は40.8gという油そばレベルのヘッヴィィ級。いくら比較的に食べやすいテイストだったとしても、身になる分の数値は誤魔化せませんしw 加えて麺量130gの大盛り仕様で炭水化物は92.6gと軽い気持ちで手を出してはいけないデンジャーなヤツなので、ご自身の好みや体調、胃の許容範囲と相談した上で喫食なさってください。

大盛り汁なしカップ麺なのに食塩相当量4.4gというのは珍しい低さですが、「黒い豚カレー焼そば」はナトリウム1.1g、つまり食塩相当量は約2.7g* という低さだったので、それもベースが「黒い豚カレー焼そば」であることを裏付けるポイントと言えるかもしれません。

どちらもドライなテイストのレトロで素朴なカレー味だったので、コストパフォーマンスを重視されていている方はスーパーでも購入可能な「黒い豚カレー焼そば」をチョイスし、ほくほく皮付きポテトやシャキシャキの玉ねぎが入っている具沢山な大盛りカップ焼そばを食べたい時はローソンにゴーです。「黒い豚カレー焼そば」の焼き直しみたいに書きましたが、素朴な印象や安心感の中にあるコクが味わい深いは、なるほど「ボンカレー ゴールド」のイメージにも繋がる一杯と言えるかもしれません。だいぶ「黒い豚カレー焼そば」寄りでしたけどねw

* ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

製品名:ボンカレーゴールド 中辛風焼そば【ローソン先行商品】
販売者:東洋水産
製造所:東洋水産株式会社 関東工場
内容量:168g(めん130g)
発売日:2018年6月26日(火)
発売地区:ローソン先行商品
取得店舗:ローソン
取得価格:216円(税込)
ローソン標準価格:216円(税込)
JANコード:4901990360722

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:660ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋(液体ソース・粉末ソース・かやく)

東洋水産株式会社:〒108-8501 東京都港区港南2-13-40
お客様相談室:0120-181-874

東洋水産
taka :aをフォローする
プロフィール

カップ麺ブロガーなのに塩気の強い食べ物が苦手で、激辛好きなのに猫舌。

実際のラーメンでは専ら豚骨派で、豚骨臭フルスロットルが好み。ジャンルを問わず食のストライクゾーンは広いが、基本的に揚げ物は苦手。アボカドと馬肉、きのこ、セロリが好き。

趣味はブログ・執筆、ワードプレス、食べること、料理、ギター。

taka :aをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
本日の一杯 -Cupmen review blog-

  1. taka :a より:

    管理人の返信が追いつかないので、返信不要で大丈夫な方のみ声援お願いします(ぺこり)

  2. かーと より:

    takaさん、こんばんは!

    エースコックから鞍替えしたことで再現度を高めてきたかと思いきや、
    「黒い豚カレー焼そば」みたいというのはちょっと驚きですね(;゚ω゚)

    なんだか再現度を狙って作られた商品というよりは、
    大塚側が「ボンカレーゴールド」ブランドの派生商品を作りたくて、
    「ボンカレーから焼そばが出ました」とすることが主要な狙いで、
    「ボンカレー味」であることは二の次なのかもしれないですね!

    もっとも「ボンカレー 中辛風」とは書いてあるのですが;

    普通にカレー焼そばを楽しむ感じで食べたいと思います!
    「黒い豚カレー」的なら味は安心できるでしょうしね!

    ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

  3. 社長さんに所見で気にいられるとか、カップ麺効果ってすごいなー
    私も毎日カップ麺生活しようかな?そして相変わらず馬肉会が羨ましい!(゚¬゚*)
    あ、冒頭にそんなこと書くから、大事な真ん中読み飛ばしてもーたやん!!!(;゚Д゚)
    このカップ麺気になるから戻って読み直そう(*´ω`)

  4. おう。( ^ω^ )ニコニコ
    これは美味しいヤツ。買わないかん奴。探しに行こ。ε=ε=ε=(┌ ^ω^)┘

  5. miyukitty より:

    なにこれ~人参焼きそば?ってかんじだね(^-^;
    かやく抜きでってなっちゃうなぁ。
    お値段の動向を見て考えるわ。

  6. たうい より:

    これ、甘くなかったですか??
    自分はなんとっても甘くって・・・。
    昨日のデリー食べた翌日なので余計にそう感じたのかも。
    まぁ、ボンカレー自体辛くないのはわかっているので
    こんなものかもしれませんが、ヘンな甘みが気になりました。
    なので自分の評価はもっと悪いです (^_^;)

  7. 鳥天 より:

    関空からなら長崎直行便あっていいなぁ・・・うちからだと行くだけで半日以上潰れる・・・

  8. 大塚ボンカレー 50周年ですか。奉祝です。短くも長かった半世紀。
    その間も、大塚は色んな挑戦をして来た。その姿勢は好感だし、敬愛ものですね。
    ボンカレーも、いよいよカレーの祖国インドに里帰りする様ですが、国内同様に
    人気が得られると良いですね。健闘を祈りたいです。

  9. ボンカレー、好きなんで、焼きそば、面白そう、中辛なんですね、私、ボンカレーの甘口も好きなんです~!

  10. ビー玉 より:

    「マグロほほ肉の漬け」の隠し味はスルメに心を持っていかれて本文が飛んじゃった(゚∇゚ ; )
    素敵な出会いもあったようで・・よかったねぇ٩( ᐛ )و もう人見知りビー玉として、その物怖じしない性格が羨ましくて羨ましくて・・・年内に九州、行けるといいねぇ٩( ᐛ )و
    レトロで素朴なカレー味・・最近聞いたフレーズ・・カレー焼きそばと聞くと例の納豆カレー焼きそばを思い出し、完全にトラウマ〜٩( ᐛ )و

  11. marimo より:

    ボンカレー、特徴薄いのに高得点!底力感じた~~~!!!

    でもってビー玉さんも書いてる「「マグロほほ肉の漬け」の隠し味はスルメ」にノックアウトしても~た。カイノミとともに、食べたい~はやく連れていけ~→お前が来いっていう話(´;ω;`)

    …とボンカレーの記事を読みながらまるちゃん赤いカレーうどんタイ風を食べてたら、特製油入れ忘れた~~~アホや><

  12. あいぽん より:

    あいぽん、人参はきだいだよっ(๑•́ ₃ •̀๑)
    でもちょっと食べてみてもいいかな〜って思っちゃった。
    やっぱりカロリー高いからやめとくー(๑´ڡ`๑)(なんやねん、お前は!)
    ボンカレーのうどん?ラメーン?あったでしょ?
    あっちにする!(b’3`*)

  13. あかつき より:

    ええもうこれはキッチンを空にするため
    買い物を控えてる自分には試練…
    ここんところ焼きそば系率高くないですか!
    おいしそう!食べたい!(´;ω;`)ウゥゥ
    買ってすぐ食べたら在庫にならないわけですが
    素麺とか袋麺とかが一向に減りません…
    800カロリーは一瞬引きましたが(*´ω`)メモっておいて一回は食べます!

  14. たまぞう より:

    カレーで中華風、中華風のカレー… でも中華が出てこない…
     って悩んでたら、中辛風じゃないですか!(そりゃそうだw
     カレーやきそばは、そのうちどれか食べてみたいなって思ってます♪

  15. スヤスヤ より:

    わぉ!カロリー高いッ(;´Д`)
    でも美味しそう♪ローソン行くし、買おうかな♪

  16. NickNick より:

    ボンカレーゴールドでも美味しい焼きそばとイマイチのヌードルと、いろいろなんだ。

    それにしてもカロリーが、、、 おデブの私にはきつい高カロリーだわねぇ。。。 でもどうせ食べるなら、カロリー気にせず美味しく食べるさ~♡