「セブンプレミアム スープが決め手 濃厚味噌」は味覚を掴んでくる策略家!

セブンプレミアム

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年11月5日(月)新発売のカップ麺、セブンプレミアム「スープが決め手 濃厚味噌」の実食レビューです。

冬になるとセブンイレブンの格安カップ麺コーナーに現れるスープが決め手の変わり種!

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

セブンプレミアム スープが決め手 濃厚味噌

これまでにも何度か発売されている「スープが決め手」の「濃厚味噌」ですが、どうも過去の販売履歴を調べてみると、味噌ラーメンの需要が高くなってくる冬季限定商品みたいですね。セブンイレブン限定かな? 私は今まで見たことがなかったので、2018年の冬が初めての実食になります。

パッケージのタイトル背景は現行のデザインを踏襲し、明るいグリーンで長閑な風景が描かれています。タイトルが縦長だと大幅にカットされてしまうのですが、横長だと見える風景が広くて楽しいんですよね。いつもなぜか見入ってしまうので、ああヤバい時間が‥(また見入ってたw)

すり鉢風の丼、うどん屋さんや味噌ラーメン専門店で見かける頻度の高い和風のレンゲなど、趣のあるイメージ写真が雰囲気を盛り上げてくれているのですが、実際このタイプのレンゲって少し使いにくいというか、すくいやすいんだけど口に持っていくときにあぁ‥って私がヘタなだけですかね。←

今回の「セブンプレミアム スープが決め手 濃厚味噌」は、セブン&アイグループとエースコックの共同開発商品で、発売日は2018年11月5日となっているのですが、私の行ける範囲にあるセブンイレブンでは12月第2週になってから新商品として取り扱いが始まりました。

私は兵庫県在住なんですけど(でも田舎すぎて最寄りのセブンイレブンは京都府にある)、もしかしたら地域性があるのかもしれません。いや、たまたま行き付けの店舗だけ入荷がドーンと遅れていただけなのかもしれませんがw 時期的に旬のピークど真ん中を迎える濃厚みそ系のカップラーメンなので、タイミングはバッチリですね。

ちなみに前回の記事でエースコックが製造する「ど・みそ」の再現カップラーメンをレビューしたばかりなのですが、なにやら製品説明や原材料が似ているので、ちょっと意識しながら食べてみます。それでは、開封して中身をチェックしてみましょう。

開封

別添の小袋は後入れの「液体スープ」が1袋で、エースコックのタテ型カップ麺で頻繁に多発している最初から容器の中で粉末スープまみれ状態です。これって粉末スープが手につくから厄介なんですけど、フタ上や小袋に接着剤が使用されていないので、〈フタの上で温めても再接着しない〉というメリットがあることに最近やっと気が付きました。

今回の液体スープも「フタの上にのせよく温め、お召し上がりの直前に入れてください」と小袋に書いてあるので、お湯を注いでから待っている間にフタの上で小袋を温めておきましょう。

麺は熱湯5分の油揚げ麺で、丸刃でカットされているようですが、食べる前から力強い弾力が伝わってくるような存在感。あとはレギュラーサイズのタテ型という容器の形状が相俟って、具材もわりと多めに見えますね。ただ、この肉そぼろ‥エースコックの肉そぼろはアタリとハズレがあるのですが、ちょっと怪しいです(笑)

製品情報・購入価格

製品名:セブンプレミアム スープが決め手 濃厚味噌
販売者:エースコック
製造所:自社工場(製造所固有記号「W」兵庫県加東市)
内容量:76g(めん55g)
発売日:2018年11月5日(月)
実食日:2018年12月14日(金)
JANコード:4901071287351
希望小売価格:128円(税抜)

発売地域:全国(セブン-イレブン限定?)
購入価格:138円(税込)
取得店舗:コンビニ(セブン-イレブン)

麺の種類:油揚げ麺
スタイル:タテ型レギュラーサイズ
容器材質:紙
湯量目安:320ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋(液体スープ)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、しょうゆ)、スープ(粉末みそ、みそ、糖類、植物油脂、食塩、香辛料、ポークエキス、おからパウダー、チキンエキス、ポークコラーゲン、ポーク調味料、酵母エキス、発酵調味料、香味油、全卵粉、たん白加水分解物)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、もやし、メンマ、ねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、増粘多糖類、香料、微粒二酸化ケイ素、かんすい、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごまを含む)
【アレルギー表示】卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

実食開始

別添の液体スープはペースト状の高粘度タイプではなかったので、きちんとフタの上で温めたらスムーズに出てきます。また、事前の粉末スープにも後入れの液体スープにも特別に粘性率を上げるような成分は含まれていなかったので(とろみは軽くありますが)、粉末スープさえ溶けたら大丈夫。ただ、容器の底に粉末スープが固まっている場合もあると思うので、ちょっと意識しておきましょう。

さて、完成です。細切れ具材が基本になるのですが、うまい具合に整えると麺が見えるか見えないかのボリュームは嬉しいですね。ちょっと肉そぼろの質感が不安だけどw そういえば、オレンジ色の香味油も前述した「ど・みそ」の液体スープに含まれていました。

それでは、実際に食べてみましょう。「めん」「スープ」「かやく」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。

1食(76g)当たり

カロリー:301kcal
たん白質:7.8g
脂  質:10.6g
炭水化物:44.8g
(糖質:42.3g)
(食物繊維:2.5g)
食塩相当量:4.8g
(めん・かやく:1.4g)
(スープ:3.4g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:179mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
エネルギー:301kcal(めん・かやく:244kcal)(スープ:57kcal)

めん

適度な弾力があって滑らかな丸刃の太めん

(出典:セブンプレミアム向上委員会「商品・口コミ」)

時間の経過で表情は3段階

まず熱湯5分ジャスト(液体スープを入れる前)に味見してみたところ、まだ完全には戻りきっておらず、少し軽めの食感が残ります。カタ麺が好きだからフライングがデフォルトだぜ! という方も多いと思いますが、この手の太麺は時間を守らないと逆に軽くなるので、きっちり時間を守ってください。

その後、しっかり混ぜてから液体スープを投入し、再び混ぜてから撮影の前(およそ一般的に食べ始めることになるタイミング)に味見してみると、適度な粘り気のある弾力を備えつつも完全なる多加水麺ではなく、やや硬めの食感で歯切れの良さも感じます。というわけで、きちんと5分・しっかり混ぜるで食べ頃ですね。

さらに時間が経過するとプリッとした歯切れの良さが目立ってきて、食感としては粘り気皆無で頼りないのですが、これはこれでスープとの相性も悪くありません。クオリティとしては可も無く不可も無しなんですけど、だからといってチープすぎるわけではない、値段相応の麺かと思います。

スープ

豆味噌を利かせ、ガーリックやジンジャーなどの旨みが溶け込んだ味噌スープに、花椒などの香辛料のアクセントを加え、最後まで飽きのこない味

(出典:セブンプレミアム向上委員会「商品・口コミ」)

軽く「ど・みそ」インスパイア

といわれても「ど・みそ」のカップラーメンを知らない方には伝わらないので、ちゃんと解説します。〈豆味噌〉というキーワードがあるように、味噌のベースラインは白よりも赤に寄っているのですが、きちんと輪郭のある味噌のコクと風味を打ち出しつつ、しかしながら長期熟成させた豆味噌でグイグイ押し切るようなタイプではありません。

あっさりライトなテイストではありませんが、今回のテーマは濃厚味噌。そんな味噌の濃度に期待して手に取った男性の方でも納得できるラインのコクを提供し、それでいて女性の方でも食べやすいのではないかと思える絶妙な塩梅(あんばい)。最初に少し物足りないか‥? と思ったのも束の間、徐々にコチラの味覚を掴んでリズムを整えてきます。

八丁味噌みたいなガチの長期熟成味噌ではなく、あえて少し熟成の浅い豆味噌をブレンドしているような、でも丁寧なポークのコクで動物系の旨味にも余念はありませんし、適度な香味野菜のアクセントと隠し味の花椒が絶妙に混ざり合っている、思っていたよりも花椒は強くなかったけど、これはよくできたスープですね。

かやく

肉そぼろ、メンマ、シャキシャキとした食感の良いもやし、ねぎ

(出典:セブンプレミアム向上委員会「商品・口コミ」)

もやしとメンマが好印象

残念ながら肉そぼろはスポンジみたいな食感で、味付けもイマイチの〈ハズレ系〉だったんですけど、もやしとメンマがいいですね。メンマは乾燥具材特有のコリシャキ食感ですが、いい意味で癖のある風味が心地よく、濃厚な味噌スープに映えていました。

シャキシャキもやしは食感のアクセントが嬉しく、ちょいちょい意識しなくても口の中に入ってくるので、けっこう存在感ありますよ。どの具材も細切れですが、もやしとメンマが特に好印象でした。やっぱ味噌が濃厚なラーメンにはモヤシですよね、モヤシ。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(★4)
【スープに対するウェイトが高ければ上出来!】

もうちょっと麺こだわってほしかったかなぁ‥という希望的不満が無きにしも非ずだったことと、あいかわらず具材のスポンジ肉そぼろについては感心できませんでしたが、スープの絶妙なバランスには値段以上の価値を感じました。

もともとセブンプレミアムのPBカップ麺は平均レベルが高すぎるので、ちょっと厳しめに評価しているかもしれません。でも、コスパは悪くないですよ。さすが〈スープが決め手〉というタイトルだけあって、それについては上出来でした。で、これ残ったスープに白ご飯を投入めっちゃ合います(笑)

もっとスープにパンチが欲しい! という方は「ラー油」「一味唐辛子(七味唐辛子)」「花椒」を、刺激は要らないけどパンチは欲しい! という方は「山椒」「すりごま(白)」「いりごま(黒)」で〈ちょい足しアレンジ〉してみてください。そのままでも美味しいけど、もっともっとおいしくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました