週報:今週の新商品(2019年3月第3週)

週報:新作カップ麺発売予定

どうも、taka :aです。

2019年3月18日(月)・19日(火)に新発売・リニューアルされるカップ麺をリストにして、これまでの経験に基づいた所感を交えながら各製品の解説を行ない、今週の注目カップ麺を選定しました。

カップ麺の新商品や最新情報、話題のニュースなどが気になる方は(こっそり公式未発表のタイトルも公開しているので)、お時間よろしければ最後までご覧ください。

今週の新作カップ麺情報

2019年3月18日(月)・19日(火)新発売のカップ麺

日清食品
おだしがおいしいカップヌードル 肉だしうどん 125円 全国
・おだしがおいしいカップヌードル 鶏南蛮そば 125円 全国
日清焼そばU.F.O.大盛 ホイコーロー味焼そば 205円 全国
日清麺NIPPON 京都こってり鶏白湯 220円 全国
・日清麺NIPPON 博多とんこつラーメン 220円 全国
日清焼すぱ 下町にんにくバター味 オープン価格 全国
カップヌードル 大坂なおみグランドスラムV2記念パッケージ 180円 全国
※中身は通常の「カップヌードル」と同じです。

明星食品
明星 らーめん颯人監修 焦がし味噌 210円 全国
明星 一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味 180円 全国



エースコック
(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 鴨だし香るワンタン塩ラーメン 205円全国
タテ型 だしの旨みで減塩 鶏かき玉うどん 180円 全国
・タテ型 だしの旨みで減塩 鶏南蛮そば 180円 全国

サンヨー食品
サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ じゃがいもチーズ 205円 全国
サッポロ一番 リケン ふえるわかめちゃん使用 ホタテだし塩ラーメン 180円 全国
サッポロ一番 リケン ふえるわかめちゃん使用 あごだしうどん 180円 全国
※2019年3月17日現在、サンヨー食品の新商品は公式発表前につき(リンク先のページがないので)月曜日以降、メーカーのコーポレートサイトに情報が掲載されてからリンクを追加します。2019年3月19日(火)追記:リンクの追加が完了しました。

寿がきや食品
カップしお台湾ラーメン 180円

まるか食品
ペヤング ホルモン入りやきそば 甘辛味噌味 185円 全国

ヤマダイ
ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン 210円 全国

セブン&アイグループ
セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭 198円 全国

ファミリーマート
エースコック なりたけ監修 みそらーめん 258円 全国
※2019年3月19日(火)発売予定

▼先週発売分のリスト未掲載カップ麺
サッポロ一番 一度は食べたい佐野ラーメン 93円 7&i限定
サッポロ一番 一度は食べたい山形辛味噌ラーメン 93円 7&i限定
セブンプレミアム 銘店紀行 博多だるま 198円 7&i限定
セブンプレミアム 銘店紀行 六角家 198円 7&i限定
※「銘店紀行」2品はセブン-イレブン店舗のみ限定発売(リニューアル)



▼カップスープ及びカップはるさめ各種
ハノイのおもてなし 鶏だしフォー 150円 全国
・ハノイのおもてなし トムヤムフォー 150円 全国
・ハノイのおもてなし 野菜フォー 150円 全国

▼即席袋麺
明星 中華三昧 涼麺(りゃんめん)145円 全国
・明星 中華三昧 涼麺(りゃんめん)3食パック 435円 全国
マルちゃん正麺 冷やし中華 5食パック 525円 全国
・マルちゃん正麺 ごまだれ冷し 5食パック 525円 全国
(袋)ハノイのおもてなし 鶏だしフォー 140円 全国
・(袋)ハノイのおもてなし 海鮮だしフォー 140円 全国

・掲載している表示価格は税別です
・同時発売品等の重複したURLは省いています
・上記のリンク先は販売者及び取扱店の公式ページです

解説と所感

日清食品

おだしがおいしいカップヌードル 肉だしうどん / 鶏南蛮そば

カップヌードルなのに「うどん」と「そば」!? かんすい不使用の新提案「おだしがおいしいカップヌードル」新発売! いつもはヌードルタイプの中華麺が基本スタイルのカップヌードルですが、シニア層の方に向けた手頃な価格の新商品として、和風タイプのカップヌードルが開発されました。味の決め手は、そう‥ “あの肉” です。

「おだしがおいしいカップヌードル うどん」は、オリジナルの洋風しょうゆ味に入っている茶色い謎肉 “味付豚ミンチ” の味わいを活かし、豚と鰹のW出汁を効かせた甘めの和風つゆ。「おだしがおいしいカップヌードル そば」は、チリトマトヌードルに入っている白い謎肉 “味付鶏ミンチ” の味わいを活かした鶏と鰹のW出汁を効かせたスッキリとした和風つゆがポイント。

どちらも麺量50gと少なめですが、1食あたりの希望小売価格は税別125円(通常のカップヌードルは180円)ということで、たしかに手頃な価格での展開です。1972年(昭和47年)12月に発売された「カップヌードル 天そば」が世界初の和風カップ麺と言われているのですが、それについてはカップ麺をレビューする際に詳しく触れるとして、「お椀で食べるカップヌードル」や「ミニサイズ」など、最近の日清食品はシニア層のユーザーに向けた製品開発にも力を入れていますね。

日清焼そばU.F.O.大盛 ホイコーロー味焼そば

口いっぱいに頬張りたくなる “ガッツキ” メニュー「ホイコーロー味」の日清焼そばU.F.O.で「キャベツ食おうぜ!」ということで、このカップ麺についてはレビュー済みなんですけど、まぁ裏切らないです。方向性としては日本で市販されている回鍋肉の素ど真ん中な味付けになるのですが、コンセプト通り “ガッツキ” たくなるような濃い味でした。

本場・中国の回鍋肉はキャベツではなく蒜苗(ソンミョウ / ソアンミャオ)というニンニクの芽・葉ニンニクを使うのが一般的で、味付けも豆板醤を多用した辛口が基本。それを中華料理人の陳建民さんが担担麺や麻婆豆腐のように日本人の味覚にあわせてアレンジし、それが今現在の日本で一般的に食べられている回鍋肉(キャベツと豚肉の甘辛味噌炒め)なんですけど、今回のカップ麺が意識しているのは後者です。

豆板醤(とうばんじゃん)や豆鼓醤(とうちじゃん)などの発酵系中華調味料を使ってはいるものの、ベースは親しみのある和味噌で唐辛子の辛さは皆無に等しく、しかしながらガツンと濃い味で甘さが病み付きになるような味わいでした。そして “キャベツ食おうぜ!” とパッケージにも書いてあるのですが、外装フィルムを破くと‥ネタバレになるので詳しくは私のレビュー、もしくは直接お手元の商品にて楽しんでください。

日清麺NIPPON 京都こってり鶏白湯 / 博多とんこつラーメン

“日本の麺を楽しもう。” をブランドコンセプトに掲げている「日清麺NIPPON(にっしんめんニッポン)」の「京都」と「博多」が地元の味に磨きをかけてリニューアル! というわけで今週から初めて日清麺NIPPONに追加されたニューフェイスというわけではないのですが、その構成は大幅に変わるようです。



まず「京都」に関してはリニューアル前のタイトルが「京都金色鶏白湯ラーメン」だったので、そもそも商品名から変更されるのですが、リニューアル前は京都の高級地鶏「丹波黒どり」エキスをアピールしていました。しかし、リニューアル後は “鶏ガラと野菜の旨みを凝縮したこってりとしたスープにリニューアル” としか書かれていないので、もしかすると丹波黒どりエキスは廃止されるのかも‥?

「博多とんこつラーメン」はリニューアルの前も後も同じ商品名ですが、リニューアル前は「九州産高菜使用」をアピールしていたのに対し、リニューアル後は “地元で定番の卓上トッピングであるネギ、きくらげ、すりごま、高菜、紅生姜を「全部のせ」” と産地ではなく種類の多さをアピール。さらにパッケージのイメージ写真はバラチャーシューだった肉具材が180円クラスのカップ麺に入っていそうな小さい丸型チャーシュー2枚変わっているので、ちょっとコスト調整的なリニューアルかもしれません。

日清焼すぱ 下町にんにくバター味

オープン価格のブランドなのに値段以上のクオリティで毎回驚かせてくれる「日清焼すぱ」シリーズから “にんにく” と “バター” を合わせた病み付きになるB級感あふれ‥いや、これマジで美味しそうなヤツじゃないですか。パッケージにも「明日も元気に乗り切れ! 食欲そそる香ばしガーリック」と、頼もしいコメントがイラスト付きで掲載されています。

にんにくガツンと効いてたら明日の朝とかやばいんじゃ‥ク、クライアントが‥‥などと食べる時間を連想させるパッケージの夜背景とコンセプトに若干の矛盾というか不安的ハードルが無きにしも非ずではあるものの、美味しかったら関係ないのが専業カップ麺ブロガーの強み(※フリーランス)。

もちろん「仕事中や翌朝に仕事を控えている人が食べたらヤバいかどうか」しっかり判定してお伝えしますが、にんにくとオニオンを練り込んだ太ストレート麺にフライドガーリックの香ばしさ、芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がるソースということで、かなり美味しそうな雰囲気ですね。にんにく指標は生おろしタイプでもガーリックパウダーでもなく「フライドガーリック」、という部分にも注目です。

カップヌードル 大坂なおみグランドスラムV2記念パッケージ

大坂なおみ選手のグランドスラム2連覇を記念した “今しか買えない” 期間限定パッケージのカップヌードルが新登場! 21歳の若さで次々と歴史を塗り替えていく日清食品所属の大坂選手を讃え、また活躍を力強くサポートとしてくれたファンの皆様への “ありがとう” を込めたV2記念パッケージとなっているのですが、新聞の紙面をイメージしたユニークなデザインが素敵ですね。



大坂なおみ選手は2016年のグランドスラムで躍進し、日本勢初となるWTAアワード(WTA Newcomer of the year)最優秀新人賞を受賞。日清食品ホールディングスとは2016年11月25日から所属契約を締結しているのですが、2018年9月の日本人女子シングルスでグランドスラム初優勝を飾った時にもカップヌードルの限定記念デザインパッケージに起用されました。

2018年のグランドスラム優勝時にはWTAワールドランキングを6位にまで押し上げ、2019年のV2達成後にはWTAワールドランキングを1位に押し上げるなど、目覚ましい快挙を成し遂げている大坂なおみ選手の躍動感あふれるデザインとなっているのですが、中身は通常のカップヌードルと変わりません。しかし、限定パッケージなので通常商品よりも10数円安くなることも珍しい話ではなくて、しかも中身は同じでデザインは特別なのに手頃な価格で購入できるという、ある意味二度も三度もおいしい新商品です。

明星食品

明星 らーめん颯人監修 焦がし味噌

『ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019』掲載店「らーめん颯人(はやと)」監修のカップラーメン第2弾! 2018年5月21日、「明星 らーめん颯人監修 濃厚香味焦がし味噌」というタイトルでノンフライ麺・どんぶり型の再現カップ麺がリリースされていたのですが、2019年は手軽なタテ型BIGサイズで再登場。

「らーめん颯人」は、大阪・南森町にあるミシュランガイド掲載店で、昨年は『ミシュランガイド京都・大阪』3年連続掲載店として紹介されていたのですが、みごとミシュラン4年連続掲載を達成。製品スタイルはガラッと大幅に変わりましたが、今回もお店の一番人気メニュー「みそらーめん」が再現されました。

前回お値段240円(税別)、今回お値段210円(税別)ということで、タテ型ビッグとしては少しだけ高めの値段設定ですが、ローストした香味野菜のオイルと花椒などをアクセントに、お店の特徴的な香りが広がる絶品味噌スープが味わえるとのこと。前回は「焦がし味噌」というわりに焦がし風味は弱く、花椒ではなく山椒が使用されていて、お店の特徴とされる葱油は目立っていませんでした。縦型となった2019年、前回どんぶり型との違いにも注目です。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味

こってりマヨ濃(マヨコク)なペッパーガーリックマヨが決め手の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 塩だれ味」が「明星 一平ちゃん夜店の焼そば『豚旨(ぶたうま)』塩だれ味」にリニューアル! マヨ濃仕様の特製ガーリックマヨはそのままに、より一層豚の旨味あふれるこってり濃厚仕上げに進化するそうです。

「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」ソース味が発売されたのは1995年2月、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 塩だれ味」はソース味に続く第2のフレーバーとして2006年2月に発売されたのですが、前回(2018年3月)のリニューアルから卵黄の割合が増えたマヨネーズ「マヨ濃(マヨコク)」が実装されました。

リニューアル後のパッケージにも「マヨ濃」のデザインは残っていますし、特製ガーリックマヨについては特に大きな変更点のアナウンスはないのですが、まず新たにポークオイルがソースに練り込まれるとのこと。これによって「豚旨」が強調されるそうですが、麺も硬めに調整しているらしいので、特に麺の仕様については今後の新作にも影響してきそうですね。

エースコック

(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 鴨だし香るワンタン塩ラーメン

コンビニだけのリッチなウマさ! コンビニ限定「超スーパーカップ1.5倍」シリーズより、ワンタン具材を起用した鴨だし香る濃厚な塩ラーメンがリリースされます。なんともきらびやかなパッケージでリッチなイメージ満載ですが、メーカー希望小売価格は税別205円ということで、特別に高いわけではありません。



コンビニ限定=定価購入必至が基本になりますが、税別205円なら税込216円が相場で、なおかつ麺量1.5倍の大盛ですからね。ちなみに「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍」シリーズの前回最新作は、2ケ月以上前の2019年1月7日に発売された「ワンタン味噌らーめん」だったので、その塩ラーメン版的な雰囲気です。

ただ、ニュースリリースを見ても「鴨」「リッチ」「ワンタン」くらいのキーワードしか目につかないので、ちょっと事前の公開情報量が少ない新商品になるのですが、鴨に加えて焦がしネギの芳ばしい香りも意識している模様。あいかわらずワンタンの戻り具合に懸念が否めなかったりもする反面、前回の「ワンタン味噌らーめん」は★5の高評価を叩き出しているので、実は地味な名作かもしれません。

タテ型 だしの旨みで減塩 鶏かき玉 / 鶏南蛮そば

日本で初めて機能性表示食品に認定された機能系カップめんシリーズ「だしの旨味で減塩」がリニューアル! でも、なにがリニューアルしたの? というわけで調べてみましたが、「だしの旨みで “おいしく” 減塩!」をテーマに塩分50%カットを実現! というのは前回同様、GABA配合も前回と同じ‥あ、液体つゆ!

ストレスの低減や高血圧予防に効果的とされる「GABA(ギャバ)」の配合量は前回同様12.3mg、だしの旨味を効かせることで塩分50%カット〔※日本食品標準成分表 2015 年版(七訂)和風スタイル即席カップめん(油揚げ麺)との比較〕も同じポイントになるのですが、リニューアル前は「調味油」が別添されていたのに対し、今回のリニューアルから「液体つゆ」に進化するそうです。

なるほどなるほど、たしかに粉末スープよりも出汁(だし)はリアルになりそうですし、味が薄いなど賛否両論あるシリーズだったりもするのですが、個人的には程よい塩梅で気に入っているので、けっこう好意的になリニューアルかも‥と、もう一つ大きな変化がありました。そう、「かるしお認定」じゃない。まだ現品が手元にないので断言できないんですけど、ニュースリリースや新しい商品情報ページにも「かるしお認定」の文字はなかったので、それもリニューアルポイントかもしれません。

サンヨー食品

サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ じゃがいもチーズ

まだサンヨー食品の公式アナウンス前ですが、「サッポロ一番 BESTレシピ」シリーズの新アイテムで、定番「塩らーめん」のアレンジ系カップ麺がリリースされます。このシリーズは基本的に「みそラーメン」もしくは「塩らーめん」が基本なので、そろそろ違うの来ないかな‥と思っていたのですが、今回も例に漏れずパターンの中でした。

麺は袋麺「サッポロ一番 塩らーめん」の食感を再現し、スープもオリジナルの塩らーめんスープを踏襲しつつ、チーズの風味を仕込んでいる模様。具材には北海道産じゃがいも、チーズ風味ダイス、ほうれん草を採用しているようで、じゃがバターではなく「じゃがいもチーズ仕立て」というテーマはちょっと新鮮味がありますね。

この「BESTレシピ(ベストレシピ)」シリーズは、消費者が “サッポロ一番で食べてみたいレシピ” を調査して企画・開発されているのですが、前回は2018年10月9日リニューアル発売の「みそラーメン×豚キムチ」、前々回は2018年6月18日リニューアル発売の「塩らーめん×ほたてバター風」だったので、純然たる新作としては久しぶり。なんか勝手にタイトルを見てジャガイモとモチとチーズが入っているのだと勘違いしていたのですが、モチは入っていないようです。残念w

サッポロ一番 リケン ふえるわかめちゃん使用 ホタテだし塩ラーメン / あごだしうどん

話題性のある奇抜な新商品や有名ラーメン店監修のカップ麺とは違い、スーパーなんかだと発売日初日から100円前後で発売されるタイプのタテ型レギュラーサイズのカップ麺で、何気にタイアップを重ねている「サッポロ一番」×「リケン(理研ビタミン)」の最新作。今回は「わかめスープ」ではなく、「ふえるわかめちゃん」とのコラボです。

タテ型レギュラーサイズのカップ麺ですが、なんと1食でレタス半分の食物繊維が摂取できる‥! って、ぜんぜん冷静に考えたら多くなかったんですけどw パッケージには “わかめモリッと” “シャキッとおいしい!!” などのアピールポイントがあり、「リケン」のロゴマークや「ふえるわかめちゃん」のイメージ写真を掲載しています。

「ホタテだし塩ラーメン」は、ホタテの旨味にポークのコクとガーリックなどの香味野菜を合わせた塩味スープ。「あごだしうどん」は、焼あごをベースに鰹や昆布の和風だしを配合し、濃口しょうゆで味を調えているそうです。突き抜けて個性的なインパクトはないかもしれませんが、安定して美味しそうな雰囲気ですね。

寿がきや食品

寿がきや食品の定番カップ麺「カップ台湾ラーメン」に姉妹品登場!「台湾ラーメン」といえば名古屋めしの一角で、すっかり愛知県のご当地ラーメンとして他県のファンも多い全国的な知名度を誇っている「味仙(みせん)」発祥の辛いラーメンですが、実は地元ファンの多いアレンジメニューが「塩台湾ラーメン」なんです。

通常の台湾ラーメンは醤油ベースのスープに台湾ミンチと呼ばれる挽肉、ニラなどをトッピングした辛いラーメン(場合によっては激辛)なのに対し、麺と具材は基本的に通常の台湾ラーメンと同じ店が多かったりするのですが、醤油ではなく塩ベースの‥まぁ文字通り塩味スープの台湾ラーメンなんですけどw まだ他県ではメジャーなメニューではありません。

ちなみに2013年頃にも寿がきや食品が「名古屋の味 塩台湾ラーメン」というカップ麺を発売していて、今回と同じように青唐辛子がアピールされていたのですが、あまりレビューは上がっていませんでした。おそらく今回も基本の路線は同じかもしれませんが、それは数年前の新作ですし今でも塩台湾ラーメンは新鮮味のあるテーマなので、ちょっと地味に名作の予感です。

まるか食品

ペヤング ホルモン入りやきそば 甘辛味噌味

カップ麺では珍しい乾燥ホルモン入り!? そうなんです、今回の新作ペヤングは “ホルモン焼き風のタレをイメージしただけ” の焼そばではなく、実際に “乾燥ホルモン具材を使用している” とのこと。奇抜な具材のペヤングといえば「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」が記憶に新しいところですが、今度はホルモンを放り込んでくるとは‥イイですね。

パッケージのデザインは炭火に焼き網をのせたような臨場感のあるイメージで、大きく「ホルモン入り」をアピール。さらにタレのテイストは甘辛味噌味ということで、焼肉屋さんで食べるホルモンを思わせる定番の雰囲気を漂わせているのですが、ある意味ちょっと「北海道ジンギスカン風やきそば」の続編的な立ち位置に思えなくもありません。

そのジンギスカン具材(羊肉)がけっこうリアルで印象に残っているのですが、今回の「ホルモン入りやきそば 甘辛味噌味」の原材料名を確認すると「豚モツ」の文字。実は2019年1月21日にサンヨー食品(サッポロ一番)が製造していた「蟻月」のカップ麺(セブン&アイグループ限定)にも具材に「味付豚腸」が入っていたんですけど実にリアルだったので、ペヤングの再現度が気になるところですね。いい感じに臭いといいなー(笑)。

ヤマダイ

ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン

「凄麺ご当地シリーズ」の奈良代表「ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン」がシャキシャキのデカギリ白菜にリニューアル! 今週新発売の新商品ではなく凄麺シリーズの定番品がリニューアルされるのですが、天理ラーメン最大の特徴である白菜に着目し、今まで以上に食感がよくて大きなFD(フリーズドライ)白菜具材を新開発したのだとか。

「天理ラーメン(てんりラーメン)」とは、奈良県天理市のご当地ラーメンで、通称「天スタ」と言われている「天理スタミナラーメン」、それと比較される「彩華(さいか)」というラーメン店が二大天理ラーメンと言われていて、スタミナ感あふれるニンニクの効いたピリ辛スープに大量の白菜をトッピングしたラーメンは、初めて食べた人の好き嫌いが分かれることでも有名。

天スタとサイカの違いは同じと言う人もいれば違うと断言する人もいて、しかしながら店舗による当たり外れや味のブレ幅、白菜の火入れ具合などにも差があるので、私は何とも言えません(笑)。天スタと彩華じゃないけれど、カップ麺業界の天理ラーメンといえば「ヤマダイ(凄麺)」と「寿がきや食品(全国麺めぐり)」が二強なので、これを機に食べ比べてみるのも楽しそうですね。

セブン&アイグループ

セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭

“もしも安藤百福がラーメン店を開いたら、どのようなラーメンを作ったであろうか‥” 朝ドラ「まんぷく」で注目されているインスタントラーメン発祥の地・大阪府池田市‥そこで2003年から2008年までの間に営業していた幻の名店、「麺翁 百福亭(めんおう ももふくてい)」というラーメン店がありました。

現在、「麺翁 百福亭」は「一風堂(いっぷうどう)池田店」にリニューアルして営業を続けているのですが、もともと「博多一風堂」の創業者であり「力の源ホールディングス」代表取締役会長兼CEOの河原成美氏がプロデュースし、日清食品の創業者・安藤百福(あんどう ももふく)氏に敬意を表してオープンしたお店だったんです。おそらく今回の新商品には「まんぷく」の勢いも一役買っていると睨んでいるのですが、「麺翁 百福亭」時代の看板メニューを河原成美氏監修のもとカップラーメンに再現。

一風堂×7&iグループ限定、さらに安藤百福氏の関連商品ということで製造は例に漏れず日清食品が担当。全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループ各社約21, 300店にて数量限定販売されるとのことで、私が今週もっとも注目しているカップ麺です。鶏の旨味とごぼう香る焦がし醤油、そして具材にもローストごぼうが入っているそうなので、「ごぼう」と「焦がし」に注目ですね。

ファミリーマート

エースコック なりたけ監修 みそらーめん

千葉県津田沼の名店「なりたけ」監修のカップラーメン新登場! これまでにも何度か発売されているエースコック×なりたけ×ファミリーマートのタイアップ商品になるのですが、私が最後に食べた関連商品は2017年4月25日(火)発売品で、テーマは味噌ではなく大量に背脂が浮かんでいた「しょうゆラーメン」でした。

そして昨年、2018年3月27日(火)にも再現カップ麺がリリースされていたのですが、ただでさえ多かった背脂が2017年4月発売品比さらに増量されていたようで、同じくテーマは「しょうゆラーメン」。おそらく最後に同店の「みそラーメン」が再現されたのは2016年1月26日(火)だと思うので、およそ3年ぶりの復活です。

しょうゆラーメン同様に「背脂」がポイントになっているのですが、エースコックは良質な背脂を持っていることでも有名なので、こと背脂に強いメーカーというイメージが強く、こってり感は心配なさそうな雰囲気。「こってりらーめん」の名店ということもあり、お店の評判・口コミも40代以上は厳しいとのコメントも‥というわけで背脂のインパクトに期待しましょう。

今週の展望

やはり年度末ということもあってかリニューアル販売される商品も目立っているのですが、もっとも注目したいカップ麺は朝ドラ効果も関係してくると思われる「セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭」、そして実際に豚モツをカップ焼そばの具材として起用した「ペヤング ホルモン入りやきそば 甘辛味噌味」が当ブログのレビュー最優先カップ麺。

続いて名店監修部門のファミリーマート限定「なりたけ監修 みそらーめん」とミシュラン掲載店「明星 らーめん颯人(はやと)監修 焦がし味噌」、珍しいカップヌードルの和風メニュー「おだしがおいしいカップヌードル 肉だしうどん / 鶏南蛮そば」あたりが特に注目したい新商品なのですが、残りの枠でコスパと中毒性が高そうな「日清焼すぱ 下町にんにくバター味」、あとは事前情報の少なかった「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍」や個人的には寿がきや食品の「カップしお台湾ラーメン」あたりも狙っていきたいです。

そして、以前より袋麺(即席袋めん類)もリストに入れてほしいと複数の方から言われていたのですが、私はカップ麺のプロで袋麺の専門家ではないため、申し訳ありません‥と御断りしていました。しかし、「週報」をアップする度に同じような要望が積み重なってきたので、一つずつ詳しい解説までは手が回りそうにありませんが、可能な限り調べて外部リンクを貼るかたちでお応えします。というわけで、ちょっとこの「週報」もプチリニューアルしました。

※追伸:値上げ情報に関する「まとめ」記事を作成すると前回の週報に書いていましたが、ちょっと大人の事情で無理そうなので(法的に)、ざっくり概要まとめると「ほぼ全メーカーの袋麺やカップ麺が2019年6月1日(土)から4〜8%くらい値上げされるぞー!」です。けっこうダメージは大きめですが、こればっかりは仕方ないですね。

発売が予定されているカップ麺のマル秘リスト公開

それでは、最後に私の把握している新作カップ麺の発売予定リストを公開します。中には検索しても出てこない公式非公開の未発表タイトルも混ざっているため、発売日が変動する、またはリリースされない場合もあるかもしれませんが、こんなカップ麺が出るかもしれないよー、くらいの軽い気持ちで話のネタにしていただけると幸いです。マル秘リスト追加分で気になっているのは‥なぜかペヤングに金粉を入れちゃった「ペヤング ソースやきそば 金粉入り」w これはすでに公式が発表済みなので(4月15日発売)、ほぼ確実に発売されるでしょう。

2019年03月25日
・日清のとんがらし麺 うま辛海鮮
・日清のとんがらし麺 うま辛酸辣湯麺
・日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺
・日清のどん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん
・チキンラーメンの油そば
・明星 ぶぶか 油そば
・MARUCHAN QTTA EXTRA HOTラーメン
・MARUCHAN QTTA TONKOTSU ラーメン
・マルちゃん 大島 味噌ラーメン
・エースコック タテロング リンガーハットの長崎ちゃんぽん
・寿がきや カップ岐阜タンメン
・ニュータッチ らーめんてつや背脂正油らーめん
2019年04月01日
・カップヌードル 味噌
・カップヌードル しお
・明星 中華三昧タテ型 ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺
・エースコック 産経新聞 大阪ラーメン あまから醤油
・エースコック 焼そばモッチッチ
・エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし
・エースコック THE中華 ラー油を利かせた野菜タンメン
・サッポロ一番 カップスター しょうゆ味復刻版
・ペヤング かきあげ味やきそば(一般販売開始)
2019年04月08日
・明星 らぁ麺 やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば
・エースコック でびっと監修 鶏とん塩ラーメン
・エースコック でびっと監修 煮干し醤油ラーメン
・エースコック わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て
・サッポロ一番 ShinShin博多純情炊き出し豚骨らーめん
2019年04月15日
・明星 チャルメラ 油そばカップ
・エースコック CoCo壱番屋 刺激のスパイスカレーラーメン
・エースコック CoCo壱番屋 クリーミーカレーラーメン
・サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば
・サッポロ一番 金沢カレー風ラーメン
・サッポロ一番 北九州門司港焼きカレー風ラーメン
・ペヤング ソースやきそば 金粉入り
2019年04月22日
・明星 一平ちゃん夜店の焼そば大盛 炙りいか風醤油味
・エースコック 全国ラーメン店マップ 奈良編 天理スタミナラーメン
・エースコック わかめ あさりタンメン

タイトルとURLをコピーしました