サンヨー食品「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」北海道産ズワイガニ使用!

サンヨー食品

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年10月15日(月)新発売のカップ麺、サンヨー食品「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」の実食レビューです。

乃木坂46×カップスター・和ラー「日本中を、もりあげろ!」をコンセプトに、乃木坂46のメンバーとタイアップしている「和ラー」シリーズですが、たしかな実力の持ち主として定評があるブランドです。今回の新作では、シリーズ初となる「かにすき風」がリリースされました。

北海道産ズワイガニ使用ってホント?ちゃんと蟹の味がする?実際に食べてみた感想と経験をもとに評価し、その疑問を解消します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

和ラー 北海道 かにすき風

「和ラー」の「北海道」といえば以前、オレンジ色のパッケージで「根室 かにの鉄砲汁風」(2017年3月21日発売)という変わり種が販売されていたのですが、その時は「みそ」で、今回は「しょうゆ」。

新商品のリリースと同時に既存の「博多 鶏の水炊き風(しお)」と「三重 伊勢海老汁風(みそ)」がリニューアルされたので、おそらく「宮城 仙台牛使用テールスープ風」は製造終了だと思います。

2018年10月現在、フタのデザインは「乃木坂46 2019年 春ライブ(締切日2018年12月15日)」の限定告知パッケージとなっているのですが、「北海道みらい事業」及び「北海道150年事業応援企画」登録事業一覧(2018年7月31日)のNo.933が今回の「和ラー 北海道 かにすき風」となっており(実施期間:H30.10〜H31.3)、公式ホームページの写真にも「北海道150年事業」のロゴマークがフタの上に掲載されているので、そのプロジェクトとも連動しているみたいですね。

さて、パッケージにも堂々と「北海道産ズワイガニ使用」と書かれているのですが、その右にある小さな文字に注目してみましょう‥

「スープに使用しているカニエキスに北海道産ズワイガニを使用しています」まぁ当然ですよねw 原材料名には「カニエキス(北海道産ズワイガニ○%使用)」という含有量までは記載されていませんが、カニエキスの文字はバッチリありました。(ほぼ末端ですけどw)



開封

フタ裏には乃木坂46のライブが当たるキャンペーンの応募方法と配信中のオリジナル動画が見られる二次元コードが印刷されているので、ファンの方はチェックしてみてください。ただ、サンヨー食品のカップ麺はフタのフチに銀紙が残りやすいので、ビリッと破かないように注意が必要です。

別添の小袋は付属していないので、お湯を注ぐだけで大丈夫。残念ながらカニに見える大きな具材も細長い具材も魚肉練り製品(かまぼこ)なんですけど、けっこうコレが侮れない。なかなか量も多く、お湯を注ぐ前から好印象ですね。

この時点での香りは、やや油揚げ麺特有のニオイとカニが衝突している嫌いを感じるものの、和ラーは特に麺が秀逸なブランドですし、これまで甲殻類系の変わり種で大きく滑ったことはないので、仕上がりが楽しみです。

製品情報・購入価格

製品名:サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風
販売者:サンヨー食品
製造所:A(群馬県)
内容量:72g(めん58g)
発売日:2018年10月15日(月)
JANコード:4901734035558
希望小売価格:180円(税抜)

発売地域:全国(全チャネル販売)
購入価格:105円(税込)
取得店舗:ローカルスーパー(ミニフレッシュ)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:320ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、チキンエキス)、スープ(食塩、デキストリン、たん白加水分解物、しょうゆ、カニガラパウダー、糖類、チキンエキス、昆布エキス、ホタテエキス、カニエキス、野菜エキス)、かやく(キャベツ、かに風味かまぼこ、かまぼこ、ねぎ)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、クチナシ色素、レシチン、増粘多糖類、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
【アレルギー表示】
えび・かに・小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉



実食開始

おー、いい感じですね。具材のボリュームけっこうありますし、かに風味かまぼこが特に多いのも嬉しいポイント。まぁ普通に調理したら‥

こんな感じに仕上がると思うのですが、しっかり混ぜても具材が行方不明になることはありません。やや油揚げ麺の香りも混じりますが、それ以上にカニの香りが強いですね。

10月17日(水)から放送が開始されている新CMにて、今回のカップ麺を食べている生田絵梨花さん曰く、「カニに食べられちゃいそう」な味とのことなので、がっつりカニに期待しながら食べてみます。

1食(72g)当たり

カロリー:297kcal
たん白質:6.8g
脂  質:9.8g
炭水化物:45.5g
食塩相当量:5.7g
(めん・かやく:2.2g)
(スープ:3.5g)
カルシウム:303mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
熱量:297kcal(めん・かやく:250kcal)(スープ:47kcal)

めん

弊社独自の製法を用いることで、コシがあり、湯伸びが少なく密度感のあるなめらかなめんで、生めんにひけをとらない食感です。

(サンヨー食品「製品情報」より引用)

タテ型レギュラー製品の最高峰

おそらくシリーズ共通の油揚げ麺だと思うのですが、もう非の打ち所いっさい見当たらないです。丸刃でカットされた口当たりのいい中細麺で、形状は平打ちストレート。しなやかなコシと密度の高い弾力を兼ね備え、つるみのある滑らかな表面と縮れのなさが相俟って喉越しもよく、それでいてスープの掴みも悪くありません。

熱湯を注ぐ前に油揚げ麺特有のニオイが気になると書きましたが、実際に食べている時には気にならず、確かなコシとナチュラルな食感からメーカーの「生めんにひけをとらない食感」というアピールポイントにも素直に頷けます。いやぁ‥あいかわらず素晴らしい。



定価180円のタテ型レギュラーサイズに使われる油揚げ麺の中では、最高峰と言っても過言ではありません。以前、セブンプレミアムの「わかめたくさん あさりだし塩ラーメン」にも使用されていて驚いたのですが、まず基本的に和ラー以外のシリーズで見ることはないので、おそらく社内の中でも「和ラー」の開発陣だけが知っているマル秘製法なんでしょうね。

スープ

昆布エキスや帆立エキスをベースにしたしょうゆ味のスープに、北海道産カニエキスでかにの風味をきかせ、白菜の風味をプラスし、かにすき風に仕上げました。

(サンヨー食品「製品情報」より引用)

旨味凝縮系!

原材料名のカニエキスは後ろから数えて2番目に記載されているので、総体的な含有量は少ないと思うのですが、カニガラパウダーの存在感が強く、誰が食べても一口目からカニです。蟹の指標は甲殻類特有の芳ばしさに特化したタイプですが、一辺倒ではありません。しかも、ほんのりカニミソが見えたので、これがカニエキスの底力なのでしょう。

昆布とホタテの旨味が確かな出汁を打ち出し、かにすきの白だしをイメージさせる多重奏かつ調和の取れた旨味凝縮タイプ。さらに白菜の風味も下支えながら地味に目立っていて、具材のキャベツからも出る柔らかな野菜の風味も鍋の演出に効果的でした。しかし、ひとつ気になったのは塩気の強さです。

醤油は香り付けに過ぎませんが、食塩の含有量が多く、けっこう舌に刺さります。塩っぱくて食べられないようなスープではありませんが、横に白ご飯が欲しくなるような‥あ、それが狙いですかね。塩むすびとか好きな方は、事前に白ご飯の準備を忘れないでください。

かやく

2種類のかに風味かまぼことシャキシャキとしたキャベツ、さわやかな風味のねぎ、花形かまぼこを加え、彩りよく仕上げました。

(サンヨー食品「製品情報」より引用)

かにかま面目躍如

ご覧の通りネギは少量で目立っていませんでしたが、Wかに風味かまぼことキャベツでボリュームがあり、可愛気のある花形かまぼこもイイ感じですね。丸型かに風味かまぼこは同社のエビボールみたいにホロッと解れる歯触りで、カニ身(特にハサミ部分)の繊維質に通じる食感に紐付けられなくもありません。

風味はカニカマの域を出ませんが、スープのカニ風味と相俟って雰囲気の演出には申し分ないでしょう。風味に関しては細長かに風味かまぼこのほうが強く、もちろん魚介練り製品の範疇ではあるものの、さりげなく麺に絡んで口の中に飛び込み、その相乗効果から印象をグッと強めます。

スープの項目でも触れたようにキャベツの柔らかい風味は出汁としても機能しており、食べ応えアップに貢献すると同時に塩気の強いスープの中でインターバルとしての役割も果たしていました。個体差で具材の量は変動するかもしれませんが、これだけのボリュームなら文句ないでしょう。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5+)
(標準は★3です)

気になったことといえば強い食塩の主張くらいで、麺・スープ・具材それぞれのクオリティが高く、かなり優秀なカップ麺でした。かにすきを丁寧にトレースしていたので、〆の雑炊よろしく麺を食べ終わったら鍋にスープを移して白ご飯を投入し、火にかけて一煮立ちしたら卵で綴じて刻み海苔とかサイコーだと思います。

そこまでするのは面倒かもしれませんが、米粒とのマリアージュは間違いないテイストだったのと、やや麺量は58gと少なめなので、カップラーメンと白ごはんセットがデフォルトの方にも激しくオススメです。単体だと男性には物足りない量かもしれませんが、これくらいなら女性でも食べやすいピッタリサイズですよね。

余ったスープにおにぎりを入れる「おにぎり食べ合わせ おすすめランキング(サンヨー食品調べ)」では、1位「さけ」、2位「おかか」、3位「とりめし」となっていたので、興味を持たれた方はお試しください。