エースコック「スーパーカップMAX 熟成味噌ラーメン」

エースコック

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年9月24日(月)新発売のカップ麺、エースコック「スーパーカップMAX(マックス)熟成味噌ラーメン」の実食レビューです。

スーパーカップ史上最大めん重量!

すでに同時発売品の「スーパーカップMAX 濃コクとんこつラーメン」はレビュー済みで、こちらもスーパーカップ発売30周年記念商品になるのですが、いつもの “1.5倍” ではなく「MAX」の指標とは‥

1988年7月発売以来、最も多い麺の量(100g)というのが今回のコンセプトです。フタの上に描かれている「体感セヨ! 100の衝撃!」の “100” は、麺の量を表しているのですね。

(エースコックのブランドサイトより)

リニューアルされた定番の「豚キムチラーメン」をレビューした記事にも書いていたのですが、およそ1ヶ月以上も前から2018年9月24日(月)の深夜まで公式のブランドサイトが上記の画像に固定されており、「9月25日 [火] 日直 [本物 vs. 偽物] 」や「ちょい盛り」など、なんのアナウンスもないまま気になる画像が表示されていました。

一応、日付が変わるタイミングまで待っていたのですが、画面が変わらなかったので、記事を公開します。

開封

別添は、先入れの「かやく」と後入れの「液体スープ」で計2袋。

スーパーカップの熟成味噌は定番品ですが、なぜか当地方(兵庫県の某ど田舎)では希少価値が高く、めったに見かけることはありません。しかし、冬は味噌ラーメンの需要が高く、それに合わせて新作のカップ麺も味噌系が増えてくるので、今回は容易に購入できたのかもしれません。

以前、復刻版の「スーパーみそラーメン生みそ仕立て」と現行版を食べ比べたことがあるので、その情報をもとに「1.5倍」と「MAX」の違いに注目しながら比較するかたちでレビューします。

製品情報

製品名:スーパーカップMAX 熟成味噌ラーメン
製造者:エースコック
内容量:138g(めん100g)
発売日:2018年9月24日(月)
JANコード:4901071231699
希望小売価格:-

発売地域:-
購入価格:116円(税込)
取得店舗:スーパー(ローカル)

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:480ml
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋(液体スープ / かやく)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(みそ、動物油脂、香辛料、ポークエキス、食塩、植物油脂、ポーク調味料、オニオンペースト、魚介エキス、酵母エキス、香味油)、かやく(キャベツ、コーン、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、ソルビット、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酒精、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

実食開始

1食(138g)当たり

カロリー:544kcal
たん白質:11.3g
脂  質:19.5g
炭水化物:80.9g
食塩相当量:7.9g
(めん・かやく:3.0g)
(スープ:4.9g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.51mg
カルシウム:453mg

※参考値(調理直後に分別した値)
熱量:544kcal(めん・かやく:444kcal)(スープ:100kcal)

めん

カドメンではないけれど‥

ガッシリとした食感の縮れた太麺ですが、丸刃でカットされているため “カドメン” ではありません。またギュッと密度が高く、適度な粘り気もあるのですが、歯切れのよさも意識されています。そのため札幌の味噌ラーメンに使われている黄色い縮れた多加水麺とは印象が異なりますが、今回の力強い味噌スープとの相性に問題はありません。

麺重量100gの大盛りでも耐久力があったので、のんびり食べなければ最後まで食感を維持した状態で楽しめます。もちろん食べ応えはバッチリですし、存在感の強い油揚げ麺ですが、スープの馴染みも悪くありません。 “1.5倍” の味噌用カドメンも好印象だったんですけど、 “MAX” の太麺も抵抗なく縦に頷ける仕上がりです。油揚げ麺特有のニオイも控えめで、そんなところにも技術力の高さが現れていました。

スープ

太い味噌と調理感がポイント

“1.5倍” のスープはシンプルな原材料でしたが、だいぶ構成が複雑になっています。ふわっと上がってくる野菜を炒めたような調理感は共通のポイントだったんですけど、比較して明らかに味噌と豚が太くなりました。味噌の比率は赤味噌寄りですが、動物系の旨味も負けておらず、ラードが浮くほどではないものの、きっちり輪郭のある味噌を飼い慣らしています。

あまり私は味噌の濃いスープが得意ではないのですが、押しの強いテイストでも塩気は食塩によるものではなく味噌による塩分と思えるニュアンスで、 “1.5倍” の時には浅いと思った味噌の “熟成感” が体現されていました。動物油脂の量は多くありませんが、土台にある動物系の旨味は丁寧だったので、こってり味が好きな方でも不満を覚えず満足できるのではないでしょうか。

ニンニクや生姜などの香味野菜も効いていて、スーパーカップらしく力強い、それでいて質より量といった大味のスープではありませんでした。

かやく

具材は据え置き

コーンの量が少なくなったような気がしないでもありませんが、キャベツ、コーン、肉そぼろ、ねぎ、唐辛子(飾り)と同じ顔ぶれです。MAXの「濃コクとんこつ」ではスポンジ野郎(ハズレ系の「程よく味付けした肉そぼろ」)のカットという英断が見られましたが、こちらでは健在ですね。ただ、そんなに量は多くなかったので、あんまり気にならないと思います。

コーンは意識的に食べると特有の甘みが力強いスープの中で箸休めになり、けっこうキャベツは多めに入っていたので、これも濃い味スープの中でインターバルになります。みずみずしい食感が気分転換にも効果的で、食べ応えにも寄与してくれている、スーパーカップでネックになりがちな具材に貧弱なイメージは控えめでした。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
(標準は★3です)

麺はカドメンではありませんが、がっつり100gでも質を落とさず、食べ応えとクオリティの高さを両立。食感の持続性も高かったので、そこも評価できるポイントです。具材は良くも悪くもスーパーカップらしいボリュームでしたが、 “1.5” と比較して数段上の満足感が得られたスープの完成度は間違いなく改良で、想像していた以上の手応えが得られました。

製品情報にも書きましたが、私の購入価格は税込116円だったので、そのラインで捕獲できたらコストパフォーマンスにも優れます。かなり力強い一杯でしたが、一時期のスーパーカップに有り勝ちだった質より量といった大味カップ麺ではありません。

で、オススメのちょい足しアレンジなんですけど‥「生おろしニンニク」or「バター」は間違いなく合います!よりワイルドに楽しみたければ生おろしニンニクをトッピング、豪快な味噌に対してマイルドにコクを深めたければバターをトッピングしてみてください。食べ応えのある味噌ラーメンが好きなら、今冬のリピートカップ麺TOP5に入る逸材になると思います。

  1. 結局MAXのメインコンセプトは麺100gだったのですね~。
    なんか安直なコンセプトでがっかりです。
    美味しさがMAXとかを期待したのですが。
    自分はとりあえず以前を味比較できる醤油だけ買いました。

  2. 安心して食べられそうな感じやな。( ゚д゚)ウム
    迷ったら買お。

  3. 味噌味が食べたい季節になってきたねぇ!
    スーパーカップは量が多すぎて手が伸びずれいけど、味噌味のスープにニンニクはいいわぁ+.d(・∀・*)♪゚+.゚
    キスの予定がないときは…すいません見栄を張りました(^▽^;) 接客のないときは味噌味ラーメンにニンニクたっぷり入れたいなぁ!!