東洋水産「マルちゃん でかまる RED旨辛とんこつラーメン」2018/08/13 新発売

東洋水産

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年8月13日(月)新発売のカップ麺、東洋水産マルちゃん でかまる RED旨辛とんこつラーメン」の実食レビューです。

先週、先駆けて「RED汁なし担々麺」が発売されましたが‥

マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺@東洋水産
東洋水産「マルちゃん でかまる RED(レッド)汁なし担々麺」の実食レビューです。夏の新作は"RED"がテーマ。でかまるシリーズとしては久々の汁なしカップ麺ですが、ちゃんと辛くて美味しいのか解説します。2018/08/06新発売

美味しかったけど、たしかに美味しかったけど‥「RED」の名を冠するカップ麺としては刺激が弱く、ちょっと肩透かしを喰らいました。さて、今回の汁あり「RED旨辛とんこつラーメン」はどうでしょう。

でかまる「RED」2週連続発売!!

「RED」をテーマに唐辛子を効かせたインパクトのある「ラーメン」とのことなんですけれども、前述したように同コセンプトの「RED汁なし担々麺」は刺激が頼りなく、でも味はよかったし‥と、少し評価に悩みました。

製造メーカーの東洋水産曰く、「でかまる」ブランドから同じテーマの商品を2週連続で発売し、店頭でも目立つように2品並べることでインパクトが増す、というのも作戦だったようで、えっと‥

※撮影と掲載の許可を頂いております

こういうことですね。ただ、悲しいかな立ち寄ったコンビニで両方の「RED」を取り扱っていた10数軒のうち、メーカーの狙い通りダブルで並べて陳列していたのは1軒のローソンだけでした。(※田舎だからかもしれません)

ちゃんと「RED汁なし担々麺」から、「新発売」のポップを外しているところが良心的です。今週新発売のカップ麺じゃないのに、「新発売」とか「新商品」のポップを手当たり次第に貼り付けている店舗って、けっこうありますからね。

それはさておき、さっそく開封してみましょう。

スペック

小袋構成は、「液体スープ」「粉末スープ」「かやく」の3袋。「粉末スープ」と「かやく」が先入れで、「液体スープ」は後入れです。

そして、「かやく」に入っているスライス状の味付豚肉とは別に‥

小葱と挽肉が最初から入っていました。(静電気でネギがw)東洋水産の肉具材は味付豚肉も味付挽肉も基礎クオリティが高いので、それがダブルなのは嬉しいですね。

メーカーの希望小売価格は少し高めの210円で、コンビニで定価購入すると225円。

では、実際に食べてみましょう。


名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、香辛料、野菜粉末、卵白)、添付調味料(ポークエキス、香味油脂、豚脂、たん白加水分解物、砂糖、食塩、植物油、しょうゆ、香辛料、発酵調味料)、かやく(味付挽肉、味付豚肉、ねぎ、唐辛子)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、pH調整剤、クチナシ色素、パプリカ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

実食開始

1食(133g)当たり

エネルギー:630kcal
たん白質:15.3g
脂質:36.4g
炭水化物:60.3g
食塩相当量:6.8g
(めん・かやく:2.3g)
(スープ:4.5g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:399mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:630kcal(めん・かやく:489kcal)(スープ:141kcal)




めん

なめらかで歯切れが良く、弾力のある麺。オニオンとガーリックで風味を付け、スープとの相性を良くしました。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

かなりスナック的な油揚げ麺

縮れの強い中細の油揚げ麺で、待ち時間は熱湯3分。

たしかに歯切れの良さは得られたものの、それは博多とんこつラーメンのようにパツンッと切れるタイプではなく、スナック的な油揚げ麺を少し早めに食べた時のような食感です。

見た目も黄色っぽかったし、あまり豚骨ラーメンを意識して作られたような麺ではありませんでしたが、そのチープさは結果的に悪くありませんでした。

油揚げ麺特有の芳ばしさは強く、チープな食感に加えてオニオンやガーリックの風味でスナック感は増しているのですが、スープの方向性も安っぽかったので、けっこう相性よかったんです。

ただ、希望小売価格が210円なので、もう少し頑張って欲しかったかなぁ‥というのが正直な感想で‥というか、これは同社の「本気盛」をはじめタテ型カップ麺に使われている油揚げ麺で感じていた変化なのですが、これまでの「でかまる」汎用麺と違ったんですよね。

今までの “「でかまる」らしい” しっとりとした油揚げ麺とは違い、どこにでもあるような個性のない平々凡々な油揚げ麺だったので、それが残念に思えてしましました。麺の重量は90gでしたが、食感が軽いので、そのわりにサクッと食べ終わると思います。

スープ

豚骨をベースに、粗挽き唐辛子加えた、辛さの中にコクのあるスープ。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

やっぱり辛くない‥

けっこうハードなビジュアルですが、赤というかオレンジに近く、やっぱり実際そんなに辛くありません。というか、これ一般的に見てもピリ辛に毛も生えないようなレベルだと思います。ただ、けっこう重たいですよ。(ええ、カロリーと脂質の値に比例して‥w)

ベースは甘味のあるジャンクな豚骨スープで、クリーミーだけど人工的。本格的な豚骨スープではなく、粉末スープが旨味の中心を担っているカップ麺らしいレトロな味わいです。でもってエネルギーと脂質の値が示しているように、けっこう胃にズッシリとですね‥(苦笑)

トロミが強かったので、その重量感も影響していたのだと思います。

そのトロミと人工的な旨味が相俟って、かなりクリーミーかつジャンクで背徳的なスープに仕上がっていたのですが、その対立候補であるべきの「RED」(一応、今回の主役‥)が弱く、途中から抑揚のなさが気になりました。

もちろんカップ麺らしい人工的なスープには独特の魅力を感じた反面、「RED」の唐辛子に期待して手に取ったら確実に肩透かしを喰らいます。

粉末スープにトロミ成分が含まれているので、熱湯を注ぐ際は粉末スープに狙いを定めてダイレクトアタックを心がけましょう。

かやく

味付挽肉、味付豚肉、ねぎ。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

肉具材充実!!

東洋水産は肉具材に強いメーカーで、その強みは特に「でかまる」と「本気盛」で発揮されるのですが、今回はダブルの肉具材で遺憾無く攻めてくれていますね。

定評のある味付挽肉は肉の繊維質を意識した分厚い赤身タイプと脂身混じりのジューシーなタイプに分かれるのですが、今回は脂身の少ない赤身タイプ。脂身混じりのジューシーさは得られませんが、噛み応えのある肉質からボリュームがあります。

逆に味付挽肉はジャンクな肉具材でしたが、それだけにタイプの対比が味のバリエーションを演出しており、むしろ今回のチープなスープにはジャンクな味付挽肉のほうが合っているようにも感じました。

ネギも歯触りが食感のアクセントに効果的で、同じ大盛りバケツ型でも具材が貧弱になりがちなエースコックのスーパーカップとは一線を隠したボリュームです。まぁ麺のクオリティに関しては、圧倒的にスーパーカップが上ですけどね。

総評

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
(標準は★3です)

とりあえず「でかまる」だから食べてみるか‥くらいの気持ちで手に取られた場合は、おそらく及第点以上の手応えが得られるかもしれません。しかし、コンセプトである「RED」の刺激に期待して手に取られた場合は、確実に物足りなさを感じることになります。

そこそこ私は唐辛子の刺激に強いほうですが、それを差し引いても一般的に(贔屓目に見て)ピリ辛レベルだったので、刺激のインパクトもなにも「RED」的には頂けませんでした。

おそらく今回のカップ麺を購入される方は、少なからず唐辛子の刺激にも期待しちゃいますよね。そのスタンスで手に取ると、確実に裏切られることになるでしょう。

しかしながらカップ麺でしか味わえない人工的な旨味のオンパレードに魅了される方は少なくないと思いますし、クリーミーでジャンクなスープにピリ辛のアクセントと安っぽい麺、そして充実した肉具材には一定の需要が見出せたので、総評は及第点を付けました。

唐辛子を効かせたインパクトのあるラーメンとしてはイマイチですが、粉末的な豚骨スープが好きで、瞬時にコンセプトを無視してスイッチできる方であれば、きちんと楽しめる一杯になるかと思います。

製品名:マルちゃん でかまる REDとんこつラーメン
販売者:東洋水産
製造所:(株)東洋水産 関西工場
内容量:133g(めん90g)
発売日:2018年8月13日(月)
発売地区:全国(CVS / 量販店 / 一般小売店 他)
取得店舗:ローソン
取得価格:225円(税込)
希望小売価格:210円(税別)
JANコード:4901990361019

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:510ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋(液体スープ / 粉末スープ / かやく)

東洋水産株式会社:〒108-8501 東京都港区港南2-13-40
お客様相談室:0120-181-874

  1. takaさん、こんばんは!

    自分も食べましたが、「RED」的な刺激はほぼ皆無ですよね;
    「汁なし担々麺」と比べても、こちらの辛くなさは驚きでした!

    というか、辛さ要素が入っているのか疑問に感じるほどでしたし;
    オイルの赤もパプリカ色素などによる部分が大きい感じでしたね!(●・ω・)

    一方でカップ麺的なスナッキーなレトロ系豚骨ラーメンとしては、
    これはなかなか楽しめる仕上がりだったなと思わされました!

    そちらだけを求めればなかなか優秀な一杯だと感じましたね!

    ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

  2. お久しぶりです。ご無沙汰してごめんねぇ〜!おかげさまで新しいブログが無事に立ち上がったよ♪サポートサンキューです(≧∇≦)
    確かにこうやって並べてディスプレイすると迫力あるね!辛いものが苦手だから威圧感すら感じるよ・・この迫力で「辛い」を期待してかって刺激少なめだったら「詐欺」かもしれない(゚∇゚ ; ) 9月になったら刺激少なめのカップ麺が販売されるといいなぁ・・

  3. 静電気でカップのフチに貼り付くネギを見よ!!食べ物とは思えぬ。
    故に、今後はロッククライマーとして頑張っていただき、是非とも食べ物業界からは手を引いてほし…

    このでかまるシリーズは見た事ないんだけど、もしかして北海道にはない?と思ったけど、全国なんですね〜(๑°ㅁ°๑)
    …恥ずかしがってるのかしら?

  4. ランキングボタン回りがまた変わってます?
    (気のせいだったらすみません)
    イタリアンチリトマト今日いただきました!
    しっかりした味でおいしかった…
    おいしいと気が付くと食べ終わってるんですよね
    あれ?もう終わり?みたいな
    血糖値的にはもっとゆっくり食べないとですね

  5. こんな赤いのに辛くないんだ。辛さを期待して買うもんね、ネーミングからも。私も最近辛ーいのが好きよ♪