「セブンプレミアム 酸辣湯麺」全粒粉入り麺を使用した格安カップ麺!

日清食品

セブン&アイグループ限定の格安カップ麺ラインに全粒粉入りの酸辣湯麺が新登場!

本日の一杯は、2019年3月18日(月)新発売のカップ麺、「セブンプレミアム 全粒粉入り麺を使用した酸辣湯麺」の実食レビューです。

実際に食べてみた感想と経験に基づいて評価し、カップ麺としての総合力を判定します。お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

セブンプレミアム 酸辣湯麺

同時発売品の「セブンプレミアム 全粒粉入り麺を使用した柚子塩ラーメン」は先にレビューしているのですが、今回の「酸辣湯麺」もイトーヨーカドーのネット通販サイト「オムニ7」をチェックしていて存在を知りました。今週の火曜日以降、セブンプレミアムの商品開発コミュニティサイト「セブンプレミアム向上委員会」にも商品情報が掲載されています。

今回のカップ麺はサッポロ一番ことサンヨー食品株式会社とセブン&アイグループの共同開発商品で、セブンプレミアム向上委員会には “弊社グループのスーパーマーケット店舗のみのお取扱いになります(一部店舗ではお取扱いをしておりません)” と書いてあったのですが、念の為に販売者のサンヨー食品に電話で問い合わせてみたところ、その掲載情報に間違いはないとのことでした。



コンビニのセブンイレブンは販売対象外ですが、ネット通販サイトのオムニ7を含むイトーヨーカドー店舗、ヨークベニマル、ヨークマートなど、セブン&アイグループ系列のスーパーマーケット店舗(IYグループ)で税込100円の格安商品です。もしかすると北海道のダイイチや岡山・広島の天満屋ストア、西武・そごう、イズミ(ゆめタウン)などの系列企業でも販売されているかもしれません。

私の住んでいる地域には車で往復3時間以内の範囲に販売対象店舗が1軒もないので、オムニ7を利用して購入したのですが、ちゃんと税込100円ジャストでした(※ただしネット通販サイト経由だと配送料と支払手数料が別途かかります)。税込100円といえばオープン価格の格安PBカップ麺に匹敵する立ち位置なんですけど、安売り用のカップ麺なのに全粒粉入り麺が使用されています。

前述した「セブンプレミアム 柚子塩ラーメン」にも “全粒粉入り麺を使用した” というタイトルが付けられ、実際に小麦全粒粉を練り込んだ麺が採用されていたのですが、「酸辣湯麺」の原材料名にも「油揚げめん〔小麦粉(小麦全粒粉10%)」と記載されています。「柚子塩ラーメン」も小麦全粒粉の割合は10%だったので、もしかすると同じ全粒粉入り油揚げ麺かもしれません。

また、レタス1個分相当(レタス可食部215gを約1個分として換算)の食物繊維入りをアピールしているのですが、レタスの食物繊維は100gあたり約1.1gとされているため、ごぼう(100gあたり約5.7g)に換算すると約1/5以下。つまり食物繊維の量が多いとは言えませんが、「全粒粉入り」とか「食物繊維」と書いてあったら漠然と身体に良さそうでヘルシーなイメージがありますよね(笑)。



「酸辣湯麺」の読み方は「サンラータンメン」、もしくは「スーラータンメン」が一般的で、ネイティブに発音すると「スワァンラータンミェン(suān là tāng miàn)」になるのですがw いずれも間違いではありません。ただ、パッケージの英語表記は「Sunratan noodles」となっているので、今回の場合はサンラータンメンが正しい発音になるかもしれませんね(余談ですが私は「スーラータン」で覚えました)。

「酸辣湯」とは、たっぷりの食酢と唐辛子(または辣油)、胡椒などを加えてから片栗粉でとろみを付け、最後に溶き卵を流し込んで仕上げる中華料理(四川料理・湖南料理)の酸っぱ辛いスープです。そこに中華麺を入れたものが「酸辣湯麺」になるのですが、基本的に本場・中国で酸辣湯に麺を入れる風習はなく、酸辣湯麺は酸辣湯をベースに日本で生まれた日本発祥の麺料理なんですよ。

開封

別添の小袋はフタの上に貼り付けてある「調味油」1袋のみで、おそらく辣油(ラー油)系の成分、もしくは酢などの酸味を施す成分が入っているのかもしれません。ちなみにサンヨー食品のタテ型カップ麺に別添される小袋は、液体(スープまたはオイル)・粉末(ふりかけ等)を問わず基本的に「仕上げの小袋」と書いてあるのですが、セブンプレミアムや特定のコンビニ限定だと表記が変わる傾向にあります。ただ‥‥



この強力な接着剤はサンヨー食品らしいですねw 今回は比較的にマシだったんですけど、けっこう強烈な粘着力を誇っている個体もあるので、ちょっと苦戦するかもしれません。しかし、別添の小袋は調理前に取り外すのがセオリーなので、あらかじめ取り外しておきましょう。

フタを開封すると椎茸、たまご、ネギという酸辣湯の定番具材が出迎えてくれましたが、粗挽き唐辛子などの赤い色は目立っていません。他にも鶏肉や豆腐、キクラゲ、タケノコ、場合によってはトマトなどが具材として入ることもありますが、とりあえず椎茸と卵は必須(と、思っている)。キクラゲも入っていると申し分なかったんですけど、今回のは税込100円の手頃な価格ですからね。

ちなみにカップ底面の下段左に記載されている記号を「製造所固有記号(せいぞうしょこゆうきごう」というのですが、サンヨー食品の「A」は群馬県前橋市朝倉町に製造所を構える「太平食品工業株式会社」の本社工場を意味しています。太平食品工業の本社工場は “サッポロ一番の本社工場” と同義語なので、ご安心ください。

製品詳細情報・購入価格等

製品名:セブンプレミアム 全粒粉入り麺を使用した酸辣湯麺
販売者:サンヨー食品株式会社
製造所:太平食品工業株式会社(群馬県前橋市朝倉町555-4)
内容量:66g(めん50g)
商品コード:4901734037170(JANコード)
規格サイズ:縦100mm×横100mm×高さ110mm

発売日:2019年03月18日(月)
実食日:2019年03月23日(土)
発売地域:7&iグループ系列スーパーマーケット限定
取得店舗:ネット通販サイト(オムニ7)
商品購入価格:税込100円(配送料・支払手数料別)
希望小売価格:税別93円(オムニ7での表示設定)

麺の種類:油揚げ麺(中華麺 – 小麦全粒粉10%)
スタイル:縦型レギュラーサイズ
容器材質:紙
湯量目安:320ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(調味油)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】油揚げめん〔小麦粉(小麦全粒粉10%)(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵〕、スープ(糖類、食塩、チキンエキス、豚脂、食物繊維、植物油脂、ポークエキス、デキストリン、しょうゆ、粉末醸造酢、でん粉、香辛料、たん白加水分解物、酵母エキス、発酵調味料、椎茸エキス)、かやく(味付卵、椎茸、ねぎ)/ 調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酸味料、増粘多糖類、香料、かんすい、カラメル色素、パプリカ色素、微粒二酸化ケイ素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、カロチン色素、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
【本品に含まれているアレルギー物質】卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉(特定原材料及びそれに準ずるものを表示)

実食開始

調理時間は熱湯3分、かなり細めの油揚げ麺ですが、サイズ的にも同時発売品の「セブンイレブン 柚子塩ラーメン」と同じ雰囲気です。けっこう粉末スープの量が多いので、この段階では麺に練り込まれている全粒粉の粒が視認しづらいのですが、つけ麺専門店や自家製麺にこだわっている実際のラーメン店でも全粒粉を採用する店は多く、カップ麺でも珍しい話ではなくなってきました。しかし、全粒粉はカップ麺だとノンフライ麺に練り込まれることが多いので、積極的に油揚げ採用してくれるメーカーは今のところ日清食品とサンヨー食品くらいかもしれません。



全粒粉は小麦の表皮や胚芽などを取り除かず、丸ごと粉砕した茶色い小麦粉のことで、お米に例えると一般的な白い小麦粉は精米された白米、小麦全粒粉は玄米のイメージですね。別添の調味油は後入れ、作り方には「温めてください」とも「温めないでください」とも書いてありませんでしたが、軽くフタの上で温めたほうが香り立ちがよくなるので、小袋が再び張り付ことに抵抗がなければ温めたほうがよいでしょう。

さて、完成です。しいたけデカいなオイw というのがファーストインプレッション(笑)。撮影のために軽く具材を整えていますが、3分後にフタを開けた直後から麺が見えないほどのボリュームでした。それからトロミ成分が粉末スープに仕込んであったので、30秒くらい混ぜ続けたほうが安心かもしれません。それでは、酸っぱさや辛さレベルなどの刺激にも注目しつつ、「めん」「スープ」「かやく」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。

栄養成分表示:1食(66g)当たり

熱  量:301kcal(カロリー)
たん白質:6.2g
脂  質:13.6g
炭水化物:40.5g
(糖  質:36.2g)
(食物繊維:4.3g)
食塩相当量:3.6g
(めん・かやく:1.3g)
   (スープ:2.3g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:196mg

※当ブログに掲載している「原材料名」及び「アレルゲン情報」並びに「栄養成分表示」などの値は実食時点の現品に基づいたもので、メーカーの都合により予告なく変更される場合があります。ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品パッケージに記載されている情報を必ずご確認ください。

めん

小麦全粒粉を使用した中細麺は、張りとつるみ、歯切れのあり、

(出典:セブンプレミアム向上委員会「トップページ > 商品・口コミ > 主食類 > 麺類 > 麺類 > 酸辣湯麺 66g」)

ちょっと油揚げ麺臭が気になるけど許容範囲内

白っぽい見た目で加水率の低い中細ちぢれ低加水麺で、粘り気のある弾力よりも軽快な歯切れの良さが目立つタイプでしたが、食べ始めは意外とコシがあります。ただ、3分しっかり待っても食べ始めは所々が硬かったのと、今回の酸辣湯はマイルドだったので、いったん混ぜ終わってから余分に1分ちょっと寝かせて食感が柔らかくなってきたくらいが食べごろというか、後半の麺がスープに寄り添う段階に入ってからのほうが今回の酸辣湯に合っているように感じました。

そして調理前は視認しづらかった全粒粉の粒も調理後にはハッキリと見えますが、食感の強い具材のネギを避けながら麺だけすすった後、じっくり噛めば全粒粉特有の粒感が楽しめるので、ちょっと意識してみてください。風味に関しては全粒粉の芳ばしさよりも油揚げ麺特有の芳ばしさが手間にあるため、けっこうインスタント感は強めですが、そこまで攻撃的な風味ではありません。そして体感的にも大きな差はなかったので、おそらく「柚子塩ラーメン」と同じ全粒粉入りフライ麺でしょう。



けっこうスープが繊細だったので、可能であれば雑味のないノンフライ麺で食べてみたかった思いもありますが、スーパーメインの安売り用カップ麺ですからね。それにオープン価格の廉価版と同じような立ち位置の販売価格でも全粒粉の恩恵は得られるため、「全粒粉入り麺を使用した」というタイトルも誇張ではありませんし、ちゃんと個性的でよかったです。

スープ

黒酢のコクのある酸味と唐辛子と胡椒の辛みがきいたスープ

(出典:セブンプレミアム向上委員会「トップページ > 商品・口コミ > 主食類 > 麺類 > 麺類 > 酸辣湯麺 66g」)

かなりマイルドな酸辣湯

まず唐辛子の辛さですが、ぜんぜん大したことありません。どちらかというと私は辛い食べ物が好きなんですけど、きわめてピリ辛レベルだったので、辣油が一滴でも入ってたら無理! とかじゃなければ辛い食べ物が苦手な方でも安心してお召し上がりいただけます。それに、ピリッとした要素は赤唐辛子よりも胡椒(ブラックペッパー系)のアクセントが優勢で酸味も実マイルドという、とにかく全体的に攻撃性はありません。

「セブンプレミアム向上委員会」の製品説明では “黒酢のコクのある酸味” と表現されていますが、たしかに一般的な米酢ほどシャープな酸味ではなかったので、まろやかでコクのある黒酢のニュアンスが表現されてはいるものの、唐辛子のホットな辛さとキレのある酸味の酸っぱ辛いスープに期待していた場合、物足りなさは否めないでしょう。しかし、特筆して強い存在感を放っていたのが「ごま油」です。

製品説明では言及されていませんが、別添の特製油は特に胡麻油の含有量が多く、実際かなり存在感は強め(※しばらく部屋の中が胡麻油臭くなります注意w)。ちょっとだけ後押し用の酸味も仕込んであったんですけど、ハイライトは完全に胡麻油だったので、もし胡麻油が強いと苦手だったら厳しいかもしれません。見た目はラー油っぽい色で辛そうですが、パプリカ色素で着色されているため、調味油すべて使ってもピリ辛程度で辛くないです大丈夫。

スープの旨味はチキンをベースにポークのサポートが入り、椎茸エキスも含まれていたのですが、椎茸の旨味に関しては具材によるところが大きく‥そう、カップ麺としては巨大しいたけ(笑)。その旨味を引き出すために椎茸エキスをスープに仕込み、相乗効果を狙っているようなフレームワークですね。辣味(唐辛子の辛さ)と酸味が弱かったので、どうしても油揚げ麺特有の雑味が途中から気になってしまったのですが、とろみも過不足なく適切な粘度ですし、値段を思えば及第点以上です。

ちなみにスープの原材料にも「食物繊維」と書かれているのですが、レタス約1個分の食物繊維(4.3g)をカップ麺だけで摂取しようと思った場合、スープまで飲み干す必要があるかもしれません。全体の食塩相当量は3.6gなので、カップ麺としては非常識に多いわけではありませんが、レタス約1個分の食物繊維とか大したことないのでw 麺の量も50gときもち少なめですし、食物繊維も摂りたい方はサラダや海藻、きのこ類などと一緒に食べて補いましょう。

かやく

かき卵と椎茸、ねぎが入って、オフィスランチなどで手軽にお召し上がりいただけます。

(出典:セブンプレミアム向上委員会「トップページ > 商品・口コミ > 主食類 > 麺類 > 麺類 > 酸辣湯麺 66g」)

とにかく椎茸がデカいw

前項でも触れましたが、とにかく椎茸の存在感が凄まじく、椎茸が嫌いな人はゼッタイに回避したほうがいいレベルです。調理前は「キクラゲも入ってたら‥」などと思いましたが、ぜんぜんキクラゲなくても大丈夫なくらい椎茸の圧倒的な存在感。あんなに細かった椎茸がどうやったらこうなるんだ‥? ってくらい大きくなります。ちょっと怖い‥w

実は今回のカップ麺をレビューする際、2回実食しているのですが、両方とも同じくらい椎茸が大量に入っていたので、たまたま個体差で大当たりを引いたわけではないようです。肉厚で幅があり、噛めば噛むほど滲み出る椎茸の旨味。そしてスープに対する旨味の増幅効果も見込める優秀な存在で、酸辣湯らしさを強く表現するポイントになっていました。

かきたまもフワッフワで口当たりがよく、カップヌードルのスクランブルエッグみたいに拾って食べるタイプの具材ではありませんが、とき卵で仕上げる酸辣湯のイメージにはピッタリですよね。ネギは歯触りが食感のアクセントによかったし、とにかく椎茸のボリュームがスゴかったので、具材の満足度は値段以上に高かったです。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(★4)

あくまで税込100円かつスーパーマーケットでの販売を意識した安売り用のカップ麺ですし、全粒粉入り麺の個性も伊達ではありませんが、油揚げ麺特有の風味がスープのニュアンスをマスクする傾向があったので、もうちょっと酸味や辛味に輪郭があってもよかったかなと思いました。けれどもマイルドで食べやすい仕上がりは、スーパーマーケット向けの商品という販売ルートの観点から評価すると適切な采配とも言えます。

コンビニ(セブン-イレブン)向けだとインパクトやサイズが必要になってきますが、サクッと食べられるスーパーマーケット向けのレギュラーサイズ商品としては悪くありませんし、これなら汗だくになることもないと思うので(個人差はありますが)、製品説明にもあった “オフィスランチなどで手軽に” というシーンにも誂え向きですね。とりあえず極端に酸っぱ辛い食べ物が苦手でなければ幅広い層の方が楽しめるタイプのカップ麺ですが、ごま油と椎茸の存在感は特筆すべきレベルにあったので、その2つが苦手な方は注意してください。

おそらくイトーヨーカドーやヨークベニマル、ヨークマートなどで購入し、ご自宅で召し上がる方が多いと思うので、キリッと酸っぱ辛い酸辣湯が好きな方は、お酢やラー油のちょい足しアレンジがオススメです。「荏胡麻油(えごま油)」や「亜麻仁油(あまに油)」「しそ油」「フィッシュオイル」「ココナッツオイル(やし油)」など、中鎖脂肪酸を多く含む食品を加えると容器が変質するのでゼッタイに禁止ですが、市販の一般的なラー油であれば問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました