サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ(2018)@サンヨー食品

サンヨー食品

どうも、taka :aです。

ちょっと本題に入る前に、当ブログの「タグ」について解説をば‥

特定のコンビニ限定品を除いての話ですが、基本的にサンヨー食品のカップ麺には公式のタイトルに「サッポロ一番」と付きます。沖縄そばだろうが博多とんこつラーメンだろうが、容赦無く「サッポロ一番」です。ただ、すべてに「サッポロ一番」のタグを付けてしまうと、メーカー別カテゴリーの「サンヨー食品」と区別がつかなくなってしまうので‥

袋麺で定番の「塩らーめん」「みそラーメン」「しょうゆ味」「ごま味」などのカップ麺が出た際に「sapporo1ban」とタグ付けし、「塩らーめん」なら「sapporo1ban-sio」、「みそラーメン」なら「sapporo1ban-miso」‥って別にタグを覚える必要はないんですけれどもw 右側のサイドバーウィジェットにある(スマホから閲覧されている方は本文下にあるコメント欄から、さらに下のほうに表示されるので、通常あまり見られない位置にあるのですが‥)「ブランド別」の「サッポロ一番」を押すと “袋麺で定番の味がモデルのカップ麺” が表示されるよ、という説明でした。

グローバルメニューにスマホからでもメーカー別やブランド別のリンクが見られる固定ページを作って設置したほうがいいかなぁ‥要ります?(笑)

というわけで、今回のカップ麺は「サッポロ一番 塩らーめん」の変わり種‥

あの名作がリニューアル!

本日の一杯は、2018年6月18日(月)新発売、サンヨー食品サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」のレビューです。

「BESTレシピ」シリーズとしては第6弾に当たるのですが、「ほたてバター風」は2017年3月21日(火)にシリーズ第3弾として発売されていたので、2回目のリリースになります。ちなみに第1弾は「みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ」、第2弾は「みそラーメン BESTレシピ 肉味噌ラー油仕立て」、第3弾は今回の初版に当たる「塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風」、第4弾は「塩らーめん あさりバター風」、第5弾は「みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ」だったので、ちょうど「みそ」と「塩」が並びました。とは言え、今回は第3弾の焼き直しですけどねw

個人的には「ごま味」の変化球を今か今かと待ち望んでいるのですが、少なくとも私は過去数年間、一度も記事にしたことがありません。好きなんだけどなー、ごま味。そういえば、サツイチ定番の上位3本に食い込む「しょうゆ味」も変わり種が少ないんですよね。「サッポロ一番 から揚げしょうゆ味どんぶり」とか「サッポロ一番 チキンマニア フライドチキン味 タテビッグ」など、稀に大きく捻って出てくることはありますがw

2017年10月23日〜2018年1月14日の期間、スーパーマーケットを対象に袋麺のブランド・商品別の売れ筋ランキングを確認してみたところ、「サッポロ一番」の「みそラーメン」が堂々の1位、続いて同ブランドの「塩らーめん」が2位でワンツーフィニッシュ。3位は「チキンラーメン」、4位は「マルちゃん正麺 醤油味」、5位は「うまかっちゃん」、そして6位に「サッポロ一番 しょうゆ味」が食い込んでいます。「ごま味ラーメン」は72位でした‥w

さて、そんな私は定番のサッポロ一番では「塩らーめん」が一番好きなんですけど(もちろん「ごま味」も好きですよw)、2017年3月発売品では★5+を付けており、もれなくサンヨー食品の貝系は美味しいイメージが強いので、今回の実食を楽しみにしていました。初版と比較して具材の “ほたて風味かまぼこ” が肉厚UPしたらしいのですが、それに伴うビハインドが感じられないことを祈りつつ‥まぁ私が祈ったところで中身が変わるわけではないんですけどね。←

いや、もしかしたら‥(※しません)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、やまいも粉)、スープ(食塩、糖類、香辛料、植物油脂、魚介エキス、チキンエキス、でん粉、豚脂、香味食用油、バターオイル、小麦粉、油脂加工品、味付豚肉、ごま、乳等を主要原料とする食品、鶏肉野菜調理品、酵母エキス)、かやく(魚肉練り製品、ねぎ、ごま)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、香料、炭酸カルシウム、かんすい、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいもを含む)

アレルゲン情報:えび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも

1食(91g)当たり

熱量:416kcal
たんぱく質:7.8g
脂質:19.4g
炭水化物:52.6g
食塩相当量:6.6g
(めん・かやく:2.3g)
(スープ:4.3g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:220mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:416kcal(めん・かやく:350kcal)(スープ:66kcal)




スープ

ほたてとチキンのうまみに調理感のあるバターの風味と香辛料が合わさった、ほたてバター風の塩らーめんスープです。

(サンヨー食品の製品情報より引用)

あれ?どうした‥?

解説の前に、ちょっと2017年版の製品とスープの原材料を比較してみましょう‥

2017年:食塩、糖類、香辛料、豚脂、魚介エキス、植物油脂、でん粉、香味食用油、デキストリン、ごま、小麦粉、バターオイル、味付豚肉、酵母エキス、鶏脂、乳等を主要原料とする食品、鶏肉野菜調理品、チキンエキス

2018年:食塩、糖類、香辛料、植物油脂、魚介エキス、チキンエキス、でん粉、豚脂、香味食用油、バターオイル、小麦粉、油脂加工品、味付豚肉、ごま、乳等を主要原料とする食品、鶏肉野菜調理品、酵母エキス

末端にあったチキンエキスの含有量が増え、豚脂の含有量が下がっています。でもってデキストリンが消え、ちょっと気になる「味付豚肉」の存在w(※具材は「ほたて風味かまぼこ」と「ねぎ」だけです。)「鶏肉野菜調理品」は “ブイヨン” の和名っぽくて理解できるんですけどね。

さて、初版では思いのほか強かった貝の複合的かつ前線で大活躍していた旨味が印象に深く残っているのですが、今回は乳等を主要原料とする食品やバターオイルの存在感を強めに感じます。あと、なんか‥オイルの香りが「チータラ(チーズ鱈)」っぽいw(※イメージです)

それは扨措き、動物系のエキスが増えて魚介エキスの内容が変わったのか‥いや、たぶんバターをイメージした風味が強化されたように感じたんですけど、乳製品系のコクが明白(過ぎるほど)に打ち出されている反面、それが貝の旨味がマスクしているように感じました。

初版のバターは、あくまでも軽く香る程度。もはや場合によっては物足りなさを感じるんじゃないかというレベルに抑え、一見して明白な “貝の旨味で喰わせるタイプ” だったのに対し、今年はバター‥とは違う “バターを意識した” “それっぽい風味で抑え込む” タイプです。

初版でバターの存在感に物足りなさを感じていた方にとっては好印象なシフトチェンジかもしれませんが、かなり影響力が強く、それも全体に覆い被さるような存在感だったので、もはやベースの「塩らーめん」さえも太刀打ちできずボヤけてしまっているように感じました。

「サッポロ一番 塩らーめん」は、 “アレンジされることを前提として開発された” ポテンシャルの高さも売りなので、基本的にカップ麺の変わり種でも大きくコケることはないのですが、それはベースの “塩らーめんらしさ” を尊重している上で成り立つものだと思うし、今回もコレはコレでと思えるアレンジではあったものの、如何にもこうにも「仕上げの小袋」が蛇足的に思えてなりませんでした。ハッキリと貝の旨味を前線に立たせ、そっとバターで追い風を起こしていた‥あの秀逸なバランスを誇っていた初版のスープとは完全に別物です。

仕上げの小袋を入れる前に味見してみたら、袋麺で慣れ親しんだ “いつもの” スープだったんですけどね。でも、ちょっとオリジナルと比較して独特の香味が弱いようにも感じました。

めん

なめらかさとつるみが特徴のコシのある中太めんとし、袋めん「サッポロ一番 塩らーめん」の食感をタテ型ビッグカップで再現しました。

(サンヨー食品の製品情報より引用)

オリジナルを意識しているが‥

袋麺に使われている油揚げ麺と同じく、「やまいも粉」が練り込まれた白っぽい油揚げ麺で、メーカーの説明文には「中太めん」と書かれていますが、サイズ的には中細から中くらい?です。いつもサンヨー食品は麺のサイズを一回り鯖読みしてくるんですけど、もしかして私の基準がズレてるんですかねw でも、これは中太ではないと思います。

いや、中太じゃない! ←言い切ったw

少しフライングして食べ始めるとモチモチしているのですが、あっという間に柔らかくなります。でもって普段は主張の弱い油揚げ麺なんですけれども、スープとの兼ね合いかな‥いつもの奥から柔らかく上がってくる特有の甘みとは違う、妙に野暮ったい油揚げ麺臭が手前にあったので、それが気になりました。

さらにスープのバターとは違う “バターを意識した” それっぽい何かと重なるものですから、うーん‥初版では麺を食べている時にもバッチバチに主張していた貝が印象的だったのと、「サッポロ一番 塩らーめん」のアレンジ系で油揚げ麺がネガティブに作用することが少なかったので、ちょっと記事を書きながら戸惑っているカップ麺ブロガーですw

かやく

ほたて風味かまぼこの噛み応えのある食感と風味豊かな味わいが食欲をそそります。いりごまの香ばしい風味がスープとよく合い、おいしさを引き立て、ねぎを加えて彩りよく仕上げました。

(サンヨー食品の製品情報より引用)

ほたて風味かまぼk‥ねぎ多いわw

ほたて風味かまぼこは、たしかに初版と比較して縦の厚みはアップしていたんですけど、切り口の面積は狭くなっています。えっと、何て言ったらいいんだろ‥横からギュッと押さえて縦に伸ばした感じ?ですかねw 食べるとホタテの貝柱に似た食感で、厚みの分だけ弾力も感じられたのですが、1個あたりの重量は実質そんなに変わっていないかもしれません。

そして、初版ではザッと12個ほど入っていたんですけど、今回は5個。これが標準で初版に大当たりを引いただけ、というオチは否定できませんが、ちょっと寂しかったです。ただ、スープのホタテがイマイチだったので、製品の「ほたて」を実証する上では効果的な具材でした。

ネギは‥めっちゃ多いw 仕上げの小袋が蛇足的だったので、ネギの清涼感は嬉しかったです。

胡麻はブランドのアイデンティティと言っても過言ではない存在ですが、いつもの “切り胡麻” ではなかったので、ちょっとオリジナリティに欠けるかもしれません。

総評

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
(標準は★3です)

なんかこう、チータラっぽい‥っていうイメージは完全に私のアレなんでアレしてもらって構わないんですけどw(いや、なんか香りがね?それっぽいんですよ‥気になる方は食べる前に、「仕上げの小袋」に残ったオイルを少し舐めてみてください。とか言いながら「ぜんぜんチータラっぽくねーぞ」だったらスイマセン ←) “ホタテ >>> サッポロ一番 塩らーめん >> バター風味” という秀逸なバランス感を誇っていた初版のスープとは別物で、 “バター(っぽい何か‥チータラ?>>> 塩らーめん ≒ ほたて” という構成に大きなギャップを感じました。

そのギャップについては完全に主観的な評価になってしまうのですが、初版で大満足した人は注意してください。貝は疎かオリジナルの個性までをも覆うようなバターとはベクトルの違う乳成分系のコクが蛇足的な成分にしか思えなくて‥もちろん、イメージのギャップは私の勝手な期待値が空回りしただけなので、それを減算せずに評価したつもりです。

然し乍らホタテどころか二枚貝特有のアクすら感じる貝出汁メインのBESTアレンジから一変して、WORSTアレンジとまでは言いませんが、いくらなんでもオリジナルのスープそっちのけな仕上がりには芸がないと感じてしまいました。

もちろん、これはこれでと思えなくはなかったものの、初版が気に入っていた方はイメージを調整するか、なんだったらスルーしちゃってもいいと思います。しかし、「サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン」の感想をブログでアップされている方の中には「お湯でカップ麺の麺だけ食べてい感じ」という致命的な欠陥を指摘していた感想もあったので、何らかの個体差が生じている確率がゼロではありません。まだ普段から仲良くしてもらっているカップ麺ブロガー2名が記事にしていないので、比較できないのですが‥(再販だからスルーするかも‥)

評価は及第点(★3)と迷ったのですが、すいません。

商品名:サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ
販売者:サンヨー食品
製造所:太平食品工業
内容量:91g(めん72g)
発売日:2018年6月18日(月)
発売地区:全国(全チャンネル)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円(税込)
希望小売価格:205円(税別)
JANコード:4901734034599

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:420ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(仕上げの小袋)

サンヨー食品株式会社:〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町555
お客様相談室:027-265-6633

サンヨー食品
taka :aをフォローする
プロフィール

カップ麺ブロガーなのに塩気の強い食べ物が苦手で、激辛好きなのに猫舌。

実際のラーメンでは専ら豚骨派で、豚骨臭フルスロットルが好み。ジャンルを問わず食のストライクゾーンは広いが、基本的に揚げ物は苦手。アボカドと馬肉、きのこ、セロリが好き。

趣味はブログ・執筆、ワードプレス、食べること、料理、ギター。

taka :aをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
本日の一杯 -Cupmen review blog-

  1. taka :a より:

    管理人がポンコツなので、コメントの返信が追いつきません。

    不躾ながら返信不要でも差し支えなければ、お気軽にコメントしてください。

  2. かーと より:

    これ買ってはいるけど枠からはみ出てるので、
    来週以降の紹介になるか、そのまま在庫化してスルーになるかのどちらかですね(;゚ω゚)

    いくつかの感想を見ていると、どうもバター的なものが
    昨年より強くなったというのは間違いないようですね!

    とすると、昨年「もう少しバターの主張があれば」と思った人からは好印象、
    「この貝の強さがいい」と思った人からネガティブな印象になりそうですかね!

    自分はどちらかというと、後者にあたりそうな気がしますが・・・;

    ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

  3. たうい より:

    初版は美味しくいただけましたが、今回はふつうでしたね。
    ホタテかまぼこが大きくなったのは事実なのですが、
    麺量除く重量が減っているので、
    結果としておそらくホタテかまぼこのボリューム増えてないですよね。
    ちょっとインチキっぽい・・・(;一_一)

  4. ビー玉 より:

    う〜〜ん、バターがねぇ・・いや好きなんですよバターただ、大丈夫なバターとちょっと胸焼けするバターがありまして、これはたぶん、ダメな方だわ(;´д`)トホホ… 評価もイマイチだし、安心してスルーできます。ありがとうっ!
    ちなみに私はサッポロ一番塩ラーメンの袋麺が好き。ストックがないと不安になるくらい好き!!

  5. レビ より:

    ホタテ入ってるんだすごいな∑(゚Д゚)

    ネギはもちろんお湯を入れる前にふるい落とすとして…そうかぁ、カップ麺にもホタテが…そういえば、最近、乾燥貝柱食べてないなぁ。

    スーパーに寄って買って帰ろうかな…でもあれ、しょっぱいのよね…それならこのカップ麺を買った方がいいのかな?
    だって、ホタテが入っているんd…

    かまぼこってすげぇよな…カニにも、ホタテにもなれるんだぜ…

  6. みーさん より:

    おっと~~~期待度高そうなカップ麺だから手に取りそうだったけど・・・
    安売りしてたら買い置きするか・・・にしておこう!

  7. ゆー昆布 より:

    冒頭、サッポロ一番の下敷きになりながら
    腹筋をしてるヤマモト氏が素晴らしくツボりニヤニヤしました(ФωФ)

  8. たまぞう より:

    ホタテさん、スポンジみたいに見えるのは気のせいだよね/目コシコシ
    麺がのびてるように見えるのも気のせいだよね@@/ガン見
     私はスマホからブログを見ることがないのでメニューのことはよくわかりません、ごめんなさい(_ _;

  9. あすぱら より:

    ちょっと迷走しちゃったのかな!?
    塩対応一番ラーメンになっちゃった!?
    前回テストよかったけど、今回失敗しちゃった的な!?

  10. うわーサッポロ一番なのに評価ひくー。(  ̄っ ̄)ムゥ
    そして…、ブラザーが言うなら中太じゃねぇ…。食わせるタンメンもねぇ。