東洋水産「マルちゃん 激めん ワンタンメン」発売40周年を機に販売エリアを全国に拡大

東洋水産

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年10月1日(月)にリニューアル発売されたカップ麺、東洋水産「マルちゃん 激めん ワンタンメン」の実食レビューです。

マルちゃん「激めん」ついに全国展開

近日では販売エリアが北海道・東北・信越・関東・静岡に拡大されていた「激めん」ですが、それでも北海道の印象が強く、 “北海道民のソウルフード” とまで謳われていたロングセラーブランドが発売40周年を記念して販売エリアを全国に拡大しました。なかなか近畿では手に入らない、北海道限定だからこその特別感にも魅力を感じていたので、ファンとしては手軽に購入できるのが嬉しい反面ちょっと複雑な気持ちでもあります。

初めて「激めん」が発売されたのは、遡ること約40年前の昭和53年(1978年)11月。若者に向けて “激しく生きてほしい” というメッセージを込め、 “感激するうまさ” を伝える名前として「激めん」と命名され発足したシリーズで、しばらくの間は「40th ANNIVERSARY」のロゴがパッケージに印刷されます。同じく2018年に発売40周年を迎えた「赤いきつねうどん」を横に並べてみましたが、ほぼほぼデザインは同じですよね。

ところで同時発売品の「激めん ワンタンメン 豆乳担々麺」では製造所が「北海道工場(北海道小樽市銭函5-61-1)」となっていて安心したのですが‥

なんと、こちら定番ど真ん中の「激めん ワンタンメン」は「伊万里東洋株式会社」という佐賀県伊万里市山代町楠久にある東洋水産のグループ会社が製造を担当していました。これまでパッケージには “北海道工場からお届けします” とフタの左上でアピールされていたのですが、そのデザインは取り払われ、北海道から九州地方の北西部に位置する佐賀県に出生地変更です。

北海道のソウルフードを佐賀県で製造して北海道に輸送するコストを考慮すると明らかに効率が悪いので、もしかしたら関西・関東・北海道など、それぞれの販売エリアに分けて最寄りの製造所を利用しているのかもしれません。というのは私の憶測ですが、これ北海道から来たんじゃないのかぁ‥と、少し寂しく思いました。

開封

残念ながら即当たりキャンペーンのナウでヤングなQUOカード(500円・5,000名様)は入っていませんでしたが、ワンタンは‥あ、あれ?個体差か “3.5個” しか入っていません。小袋は先入れ「粉末スープ」、後入れ「かやく調理品(メンマ)」の合計2袋で、あいかわらずレトルト調理品のメンマは圧巻なんですけど、たしかワンタンは最低でも4個、なぜか今回のように半分だけのワンタンも追加で4.5個くらいが平均的な数だったと記憶しているのですが‥

ところでリニューアル前の製品と比較してみると、内容量は91g(めん60g)と変わっていません。それに原材料の構成も漢字・ひらがな・記号の表記方法こそ微妙に違うものの大幅な変更はないようですが、カロリーや脂質などの数値は全体的に低くなっていました。従来品を食べたのは数年前になるので、味の緻密な変化までは思い出せないかもしれませんが、クラシックな醤油味に生姜のキレ、胡椒の絶妙な効かせ方、また具材のボリュームなど、「激めん」らしさに注目しながらレビューします。

製品情報・購入価格

製品名:マルちゃん 激めん ワンタンメン
販売者:東洋水産
製造所:伊万里東洋
内容量:91g(めん60g)
発売日:2018年10月1日(月)リニューアル
JANコード:4901990021999
希望小売価格:180円(税抜)

発売地域:全国(CVS / 量販店 / 一般小売店 他)
購入価格:120円(税込)
取得店舗:イオン

麺の種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:410ml
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(粉末スープ / かやく調理品)

原材料名とアレルギー表示

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ポークエキス、香辛料、卵白、粉末野菜)、かやく(ワンタン、味付メンマ、なると、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、食塩、たん白加水分解物、砂糖、香辛料、粉末野菜、こんぶエキス、ねぎ、酵母エキス)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)
【アレルギー表示】
小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・ゼラチン

実食開始

いやぁ‥あいかわらず圧巻のビジュアルですね。ワンタンの数が減ったとはいえ、大木メンマと大きなナルトで麺が見えません。でも、なんだか麺の見た目が違うような‥

1食(91g)当たり

カロリー:372kcal
たん白質:8.3g
脂  質:16.7g
炭水化物:47.0g
食塩相当量:5.3g
(めん・かやく:2.0g)
(スープ:3.3g)
ビタミンB1:2.29mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:137mg

※参考値(調理直後に分別して分析)
熱量:372kcal(めん・かやく:346kcal)(スープ:26kcal)

めん

香味野菜とポークの旨味を練り込んだ香りの良い麺。なめらかで弾力のある中細麺。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

え、この麺ぜんぜん違う‥

メーカーのニュースリリースは前回の記事でレビューした「激めん 豆乳担々麺」と同じ解説で、原材料名も一緒なんですけど、ぜんぜん違いますよコレ‥共通しているのは中細の油揚げ麺というポイントだけで、そもそも角刃から丸刃に変わっていますし、ふかふかとした気泡の多い独特の弾力は得られず、望んでもいないのに洗練 “してしまった” ような‥いきなり製造所を北海道工場から佐賀県の伊万里東洋株式会社に移行した変化を痛感しました。

とはいえ持久力が上がっているわけでもなく、むしろ食感の劣化スピードは増しています。比較して麺の縮れが緩くなり、小麦の練りはキメ細かくなったように感じた反面、だからといってヘタれるのは早かったので、それがどうした状態。独特の芳ばしい風味も得られず、麺の変更によって食べ始めから食べ終わるまで終始 “北海道の「激めん」じゃない” という印象が付き纏うことに‥

スープ

ガーリックと生姜でメリハリをつけた、すっきりとした醤油味のスープ。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

方向性は同じなんだけど‥

おおむね味の方向性は大きく変わりませんが、従来品よりもスッキリしたような‥という印象は、おそらくワンタンの数が減ったことと、油揚げ麺から滲み出ていた独特のコクが変わってしまったからだと思います。生姜は粉末ながらもキリッとしていて、そんな生姜のキレと胡椒のパンチが心地よい、クラシカルで懐かしいレトロでシンプルな醤油味にはホッとした反面、どこか物足りない‥

その物足りなさに関しては私が過去の印象に固執しているだけかもしれませんし、あいかわらずクラシックな醤油スープは素直に美味しかったんですけど、こんなに洗練されてたかな‥って。繰り返しますが、美味しいです。でも、なんかちょっと違って感じました。

かやく

ワンタン、味付めんま調理品、なると、ねぎ。

(東洋水産「ニュースリリース」より引用)

ワンタンの数は仕様か個体差か‥

一部の麺が欠けていたので、その下に片割れのワンタン0.5個が隠れているのかも?と思ったのですが、やっぱりワンタンの数は3.5個でした。このように初めから割れている個体と巡り会うことは珍しくなかったんですけど、4個以下は初めてだったので、たまたま私の運が悪かっただけなのか、それとも仕様が変わったのか‥麺の変更も関係していると思いますが、全体のカロリーや脂質などの数値が下がっているように、もしかすると全国展開を機にリニューアルというかたちでワンタンの個数を調節したのかも‥現段階では憶測で、他の製品も何度か食べてみないことには断言できませんが。

あいかわらずレトルト調理品の大木メンマは定価180円のカップ麺に入っている具材とは思えず、でっかいナルトもインパクトがあって、麺が見えないほどの具材からは値段以上の満足感が得られたんですけど‥

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
(標準は★3です)

なんというか、本店で食べたラーメンに感動して、それから暖簾分けした店にも行ってみたけどアレ?みたいな。いや、美味しかったんですよ。具材のボリュームなんて価格破壊もいいところですし、スープの方向性も「激めん」らしかったのですが、変わってしまった麺や比較して少ないワンタンなど、全国展開を機に調整したのではないかと感じた部分はファンとして改悪に思えてなりませんでした。

たまたま個体差でワンタン3.5個を引き当てたのかもしれませんが、ちょっと寂しかったです。冒頭でも触れたように今後すべての製品を佐賀県で製造して、わざわざ北海道まで運ぶのは明らかに効率が悪いですし、同時発売品の「豆乳担々麺」は北海道工場製造で “今までの通りの麺” だったので、もしかすると北海道で販売される「激めん ワンタンメン」は今までと大きく変わらないのかも‥なんて、これはリニューアル後の製品が出回った頃に北海道から取り寄せて食べ比べる必要がありますね。

ちなみに従来品の主観的な満足感は、軽く★6以上‥いや、なんだったら★7です。そのくらい好きだったので、麺の変化とワンタンの減少が見逃せず、今回は厳しく評価してしまいました。北海道で市販されているリニューアル後の「激めん」が手に入り、今回の製品と内容に変化があったら評価を改めるかもしれませんが、とりあえず “近畿で購入可能な2018年の全国発売品” は暫定的に★4とします。もし北海道と近畿の製品に差があるのなら、ファンとしては安心なのですが‥

  1. 半年くらいまえに近所のスーパーにあるのを発見してからたまに食べていたのですが…リニューアルしちゃったんですかガ━━(;゚Д゚)━━ン!! ンタンの数が減ったなんてそんなショックな…。
    今度スーパーにいったときに製造所がどこか確認して買ってきます。 関東は北海道バージョンのままだといいなぁ。

  2. 地震のせいで今まで北海道で作っていたのを急に九州の工場に移して、九州もそんな麺知らんしって感じで手探りで作って仕様が変わったとか(゚∇゚ ; ) 北海道が落ち着いたら、元の麺に戻るってことはないだろうか(。-`ω´-)? さすがに九州で作って北海道に運ぶってコストかかりすぎでしょう(;´д`)トホホ…

  3. しょうゆ味も食べました。
    ほんとに麺のコシの無さにがっかりですね。
    メンマの味も違うかったし・・・。
    かろうじてスープとワンタンは良かったかな?
    でもちょっと「激めん」の好きさ加減が減少した・・・。