IPPUDO タイ トムヤムクン豚骨 @セブンプレミアム

セブンプレミアム

どうも、taka :aです。

本日の一杯は、2018年7月23日(月)新発売、セブンプレミアムIPPUDO タイ トムヤムクン豚骨」の実食レビューです。

全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武など合計約20,800店舗にて絶賛発売中のカップ麺で、製造は一風堂のコラボカップ麺で毎度お馴染みの日清食品です。いったいどんなカップ麺なのか、順に紐解いていきましょう。

バンコク店の「トムヤム豚骨ラーメン」を再現!!

「セブンプレミアム IPPUDO NY クラムチャウダーヌードル」「セブンプレミアム 山頭火 ハワイ サイミン」「セブンプレミアム IPPUDO 香港スパイシー海老豚骨」に続く “海外で進化した日本の人気ラーメン店のオリジナルメニュー” がコンセプトとなっているシリーズの第4弾で、「一風堂バンコク店」にて販売されていた人気メニューをカップラーメンで再現したそうです。

「とんこつ」と「トムヤムクン」なんて一見するとチグハグな印象を受けますが、クセのない一風堂のクリーミーな豚骨スープをベースにしたエスニック系のカップ麺で、製造は「カップヌードル トムヤムクンヌードル」を世に送り出した天下の日清食品とくれば、意外と綺麗に仕上がっているように思えませんか?

ちなみに「トムヤムクン」は “世界三大スープ” の一つとされ、「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」はエビを意味しています。トムヤムクンだと “エビの入ったトムヤムスープ” になるのですが、他にも鶏肉が入っていたらトムヤム “ガイ” 、イカが入っていたらトムヤム “プラームック” 、魚が入っていたらトムヤム “プラー” など、様々なバリエーションがあるのですが、最もポピュラーなのはエビの入ったトムヤムクンでしょう。レモングラスやコブミカンの葉(バイマックルー)による酸味、 “カー” という生姜の一種やプリッキーヌ(青唐辛子の一種)などの香辛料、仕上げにパクチーを添えるのも特徴とされており、個人的にはココナッツミルクも必須なのですが、硬派な店だと入っていないこともありますよね。ちなみに余談ですが、本場ではコブミカンの葉が入っていないトムヤムクンやグリーンカレーは邪道とされているそうです。

私taka :aはタイの一風堂には行ったことがなので、さすがに期間限定メニューの再現度に関しては評価いたしかねますが、豚骨とエスニックの兼ね合いに注目しつつ、食べてみた感想の詳細を各項目ごとに分けて解説していきます。

1食(103g)当たり

熱量:407kcal
たんぱく質:9.4g
脂質:11.0g
炭水化物:67.6g
食塩相当量:7.0g
(めん・かやく:2.5g)
(スープ:4.5g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:243mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:407kcal(めん・かやく:322kcal)(スープ:85kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、チキンエキス、植物油脂、大豆食物繊維)、スープ(豚脂、ポーク調味料、糖類、食塩、小麦粉、トムヤムペースト、クリーミングパウダー、でん粉、香辛料、香味調味料、オニオンパウダー、えび醤、乳等を主要原料とする食品、えび調味油、酵母エキス)、かやく(味付えび、味付肉そぼろ、味付卵、ねぎ、パクチー)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酸味料、香料、増粘多糖類、炭酸Ca、カラメル色素、カロチノイド色素、乳化剤、セルロース、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、炭酸Na(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

一風堂バンコク店で提供された、人気のオリジナルメニューを店主監修の元、カップ麺で再現しました。

(セブン-イレブン「商品のご案内」より引用)




めん

まさかの多加水ノンフライ麺!?

てっきり日清食品お得意の加水率が低く歯切れの良いストレートな平打ち油揚げ麺が採用されているのかと思いきや、まさかの縮れたノンフライ麺が入っていて驚きました。製造が明星食品であれば “スチームノンフライ製法” があるので、なるほど納得なんですけれども、日清食品のタテ型でノンフライ麺という組み合わせ自体、かなり珍しいケースと言えるでしょう。

形状は縮れた平打ち麺で、そこそこ厚みがあり、もっちりとした粘り気のある密度の高い弾力が魅力的な中太ノンフライ麺です。とても一風堂の豚骨ラーメンとは思えない麺の質感ですが、現地にある実際の「トムヤム豚骨ラーメン」を食べた感想を綴ったブログの記事などを調べてみると、見た感じ加水率が高そうな縮れ麺をリフトしている写真が出てきたので、もしかしたら再現性は高いのかもしれません。

麺の原材料には日清食品のノンフライ麺らしくチキンエキスなどが練り込まれており、スープとの一体感を高める工夫が見られましたが、摩擦抵抗の少ない麺肌だったので、熱湯5分だと少しスープを弾いていました。およそ7〜8分前後で気持ちよく馴染んで気にならなくなってきたので、2分ほど余裕を持って長めに待たれたほうがいいかもしれません。小麦の甘さとスープの甘さには相乗効果があり、特に後半は好印象でした。

麺の量は70gと少なめですが、もっちりとした加水率の高い麺質から食べ応えがあり、少ないとは思わなかったです。

スープ

エスニック料理の人気メニュー「トムヤムクン」と「一風堂」こだわりの豚骨スープを絶妙なバランスで組み合わせた、エスニック風味のスパイシーでクリーミーなスープ。

(セブン&アイHLDGS.「ニュースリリース」より引用)

豚骨+甘さ+ピリ辛+パクチー

驚くほどクリーミーな口当たりで、トムヤムクンの特徴である柑橘系の酸味は控えめ。あくまでも濃厚な豚骨の太さを軸に据え、それに対してエスニック側が装飾を施しているような関係です。当然のように豚骨の癖は抑えてありますが、ハッキリとポークが土台ですね。そして、けっこう甘さが目立っており、それは糖類による作用が大きかったのですが、人工甘味料を駆使して演出したような舌に纏わり付いてくる野暮ったい甘さではなく、トムヤムクンのココナッツミルクに通じる甘さとしてイメージはリンクするでしょう。

辛さはピリ辛以上、辛口未満かと思いますが、苦手な方は少し強いと感じられるかもしれません。ただ、強い甘さに適度な酸味と辣味が加わることで味にメリハリが生まれ、酸味や辣味が大人しかったからこそ豚骨の太さが喰われることなく共存し、その甘さに今回のスープに於ける中毒性の真髄を感じたので、これが大きな特徴として挙げられる項目の一つになります。そして、エスニック感の演出に関して最も主張が激しかったのは、好き嫌いがハッキリと別れるパクチーの香りでした。

やまほどパクチーを投入したような常識はずれな香りではありませんでしたが、パクチーがダメな方は余裕で拒否反応を示してしまうレベルになると思います。しかしながら柔らかい酸味と適度な辣味だけでは出せなかったインパクトとエスニック感をパクチーが確立させていた様は、実に効果的だと感じました。これも甘さ一辺倒にならない工夫として、味のメスになっていた項目です。

他にも「蝦醤(シャージャン)」や「えび調味料」などが含まれており、きちんとスープだけの状態でも海老が感じられるように配慮が行き届いていました。

別添のトムヤムペーストは「カップヌードル トムヤムクンヌードル」と同じかもしれませんが、その中にはタイの袋麺に別添されているペーストよろしく手で中身を絞り出すのには限界がありまして‥読んで字のごとく中身はペースト状なので、まずは小袋の上部を横一文字に開封して軽く手で中身を押し出し、それから箸先を小袋に突っ込んで中に残ったペーストを掻き出す必要があります。少し時間を要しますが、麺の仕様を思えば程よい面倒かもしれません。

かやく

海老、パクチーに加え、肉そぼろ、卵、ネギを使用。

(セブン&アイHLDGS.「ニュースリリース」より引用)

具材はイマイチ‥

麺が多加水ノンフライ中太麺で、重量が70gということもあり、撮影の時には麺が沈んで具材の土台が低かったんですけれども、そもそも具材の量が少ないです。

海老のサイズは「カップヌードル」に入っている海老の半分くらいで、個数は9尾と½尾が2個で計10尾。プリッとした弾力は感じられず、ちょっと安っぽくて二番手ないし三番手くらいのクオリティに思えました。卵は甘いエスニックスープと甘さの相乗効果が生まれていた優しい具材でしたが、海老の質を思えば倍ほど入れてほしいところ。肉そぼろに関しては個数が少なすぎて、かき混ぜた後は存在感ありませんでした。ネギも同じく希薄な存在感でしたが、スープの項目でも触れたようにパクチーが効果的だったので、これをカウントして不満は相殺でしょうか。

総評

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
(標準は★3です)

あまりに具材がショボかったので、少し厳しめに見ていますが、甘さに中毒性を感じたクリーミーにエスニックなスープに関しては★7を付けても差し支えないレベルで印象に残ったので、個人的には大いにリピートしたくなった一杯です。

これまでトムヤム系のカップ麺といえばヌードル系の細い油揚げ麺が主流でしたが、日清食品のタテ型カップなのにもかかわらず、まさか中太サイズの多加水ノンフライ麺が使われているとはサプライズでした。あ、これ読んじゃったらサプライズになりませんね‥スイマセン。

「カップヌードル トムヤムクンヌードル」のスープは真っ直ぐトムヤムクンなのに対し、こちらは “あくまで豚骨ラーメンが基盤” にあって「一風堂」らしさを意識。そして、それを崩さないようにバランスよくエスニックを組み込んでいるような仕上がりです。それゆえにトムヤムクンまたは豚骨ラーメンの一方に偏った視点から見ると両方中途半端な立ち位置ですが、そうではなく見事に融合して “ひとつのカタチ” になっているため、その絶妙なバランスには唸ってしまいました。

パクチーがダメな方にはオススメできませんが、例えばココナッツミルクの効いたマイルド系のトムヤムクンが好きな方や一風堂の先進的な姿勢に好感を抱いている方にとっては満足できること請け合いの一杯になるでしょう。

2018/05/28にリニューアルした定番の「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」も記事にありますので、お時間よろしければ合わせてご覧いただければと思います。

一風堂 赤丸新味博多とんこつ@セブンプレミアム ゴールド(セブンイレブン)
2018/05/28リニューアル「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」の実食レビューです。セブンプレミアム ゴールドの “日清名店仕込み” 御三家の一角として、いつもセブンイレブンに並び続けている「一風堂」のカップ麺ですが、今回のリニューアルで‥
製品名:セブンプレミアム IPPUDO タイ トムヤムクン豚骨
製造者:日清食品
内容量:103g(めん70g)
発売日:2018年7月23日(月)
発売地区:全国(セブン&アイグループ系列)
取得店舗:セブン-イレブン
取得価格:213円(税込)
希望小売価格:198円(税抜)
JANコード:4902105243770

麺の種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:450ml
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋(トムヤムペースト)

日清食品株式会社:〒160-8524 東京都新宿区新宿6-28-1
お客様相談室:0120-923-301

  1. こちら、購入済みで待機中(๑´ڡ`๑)
    評価高くてよかった◎
    豚骨は得意じゃないけど、トムヤムクンになるとどうなるの?と気になって購入してまいました(/ω\)
    好みの麺ぽいし、これはおいしそうだ〜!
    問題は、いつ食べるかだ(´ー`A;)

  2. このクリーミーなスープ、魅惑的~♪
    飲んでみたい。トムヤムクン好きだし。

  3. マイルド系…マイルド系!!(☼ Д ☼) クワッッ!!!

  4. やはり自分が買ったのは突然変異の大当たりみたいですね。
    しかし3倍近い量の差とかどうなんでしょう?って感じ。
    でも製品的にはおもしろいアイデアの製品ですよね。
    このメニューなら限定でもいいので
    日本の一風堂で展開してみるのもおもしろそうです。
    ちょっとおしゃれなビジュアルにしたら女性層の需要がありそう。

  5. 2000年に到着したばかりの深夜、ホテルでルームサービスで食べたトム・ヤム・クンが
    強烈に頭に残っていて、あれに麺をぶち込むとかちょっとイメージできましぇん!
    っていうか、豚骨と合わせるなよー、と言いたい!

  6. トムヤムクンは大好き、どっちかっていると酸っぱいがまさってるスープが好きだけど、これは甘いんだ・・しかも中毒性おある甘さってどんなんだろう??麺はノンフライ麺なんだね・・これ気になるから見つけたら買ってみよっと♪ 待ち時間プラス2分ね!了解( ̄^ ̄)ゞ

  7. ココナッツミルクの入ったトムヤムクンを食べたことない!(と思ふ)
    そしてコブミカンの葉も見かけたことない。
    てかそもそも私の住む街でタイ料理が食べられるところが殆どないーー( ;-`д´-)

    あ、このカップ麺ね、食べたよー(๑˃́ꇴ˂̀๑)。辛かったけど美味しい!と思た。